kitei084 これは平成25年4月より施行となる高年齢者雇用安定法に対応した就業規則本則のサンプル(画像はクリックして拡大)です。社内規程の幹の部分にあたる重要規程であるので、定期的に見直し整備を行うことが求められます。
重要度:★★★★★


[ダウンロード]
WORD
Word形式 kitei093.doc(92KB)
PDFPDF形式 
kitei093.pdf(30KB)


[ワンポイントアドバイス]

 就業規則には様々な機能や目的があります。もっとも基本的な機能は、労働条件を明確に定めることによってその疑義をなくすということでしょう。そこから少し発展すると服務規律などを定めることにより社員としての基本的な行動指針などを示す社員ハンドブックといった機能を持つようになります。また最近では「リスク対応型就業規則」などといって、問題社員や労働トラブルの発生に備え、法的な取り扱いを厳格に定めることによって会社を守るという就業規則も流行っています。就業規則というと、休日や賃金など社員に有利な内容が書かれているというイメージがあり、就業規則の作成を躊躇われる方もいらっしゃいますが、場合によっては会社を無用な労働トラブルから守ってくれるという機能もあるのです。更に進むと、そこに会社のビジョンやクレドなどを記載し、より良い会社を作っていくための約束事としても活用できます。


 このように就業規則には様々な発展段階があります。みなさんがどのような目的をお持ちかは分かりませんが、やはり労使双方が安心して働くことができる環境を作るためには、就業規則において基本ルールを決めておくことが必要です。労働基準法で作成義務があるから作るのではなく、ここは是非、社員のみなさんの意見を積極的に取り入れながらルールの明確化をしていって頂きたいと思います。なお、ここでダウンロードできるのは、非常に汎用性の高いベーシックな内容になっていますので、自社特有の事情や会社ビジョンなども織り込んでいって頂きたいと願っています。 


関連blog記事
2010年8月11日「育児・介護休業規程(平成22年6月30日施行対応版:改定)」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55410230.html
2010年7月21日「モデル労働条件通知書(平成22年4月1日改訂版)」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55404570.html
2010年7月14日「労働条件通知書(平成22年4月1日改訂版)」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55402502.html 

 (福間みゆき)

人事労務の最新情報は「労務ドットコム」をご利用ください。
就業規則作成のご相談・コンサルティングのご依頼は名南経営まで。