前回の続きで今度は今十勇士の萌え語りをば。
相変わらず妄想大爆発。
disってるように見えるかもですが決して嫌いなわけではないです。
むしろlutamestaなりの愛の示し方です。かわいがりです。

■根津

 十勇士陰謀編一のヘタレこと根津君。
 最後は暴走自爆するし救いようのない根津君。
 でもあれはあれで仕方ないんじゃないかなと思っているlutamesta。
 だって根津君平民出身(推定)じゃないですか。
 望月・穴山・海野と違って、主に仕える戦闘のプロとしての誇りだなんだって、
 わかんないと思うんですよね。根津君には。
 警察にとっつかまって、服役して出所しても
 あの刺青だらけの風体じゃ堅気の世界には戻れなさそうですし。絶望しますって。
 (先日ブログで書きかけたことを数行にまとめてしまった!)

 彼は最終決戦のあたり、"夢"という言葉を連発するんですよね。
 今十勇士で、明治政府の転覆を、という方向性が倫理的によろしくないにせよ、
 あの組織の中では誰よりも未来に固執していたとも言えるんじゃないかと思います。
 (…過去の再来を求める人たちの集団で未来に希望を抱くとかいう頭悪そうな感じがいかにも根津君) 

 幕末の動乱で親を亡くし、以降「一人でいきていかなきゃなんなかった」根津君。
 何して生きてきたんだろう。きっとロクな人生じゃなかったんだろうな。
 見た目的にはチンピラとかやってたんでしょうかね。
 根津君って多分十勇士の中でも地位が低い方だと思うんですよね。
 元侍とか忍者とかがゴロゴロしている中で、戦闘の経験も特殊能力もない根津君が
 あまり大きい顔できるようにも思えませんし。
 竹林の戦いで「後がない」と言うのは、技能がないのを自覚していて実力で貢献しないと…
 …そんなこと思ってるわけないか。根津君だし。
 もしくは竹林戦前に水晶球を奪われたことを相当責められてたりして。
 水晶球だけは他の催眠術を操る十勇士の損害にもなりますし、責められるでしょうなあ。
 根津君の特殊技能、"周りを巻き込む損害を出すこと"では。
 必殺技も、初期状態で1つだけ…それも中段必殺。
 でも頑張って下段必殺も覚えたんだよね根津君。せめて乱打だったらよかったのにね。

 行動は何かとアレな根津君ですが、その扱いはかなりいいような。
 何度もちょこちょこ出番があるし、戦闘回数も多いし、、
 アニメには2回出演(左之登場と聖ED)してるし、
 そのうちの1回はパズル絵草子になってるし、
 EDの方では真田様にお姫様抱っこしてもらえるし!!!←ここ重要

 一時期根津×由利というカップリングを推していた時期があります。今でもですが。
 根津由利ってか、根津→由利ですかね。
 由利姐さんが助けに来てくれたのと神爪の里で仲良く大虐殺している以外で
 この二人接点ないはず…接点多い方だこれ。

 それにしてもあのつんつんヘアー、下ろしたところが超見てみたいのですが。



■穴山

部下を庇う上司の鑑のような存在。
 (うちの上司も見習ってほしいものd…おおっとなんでもないなんでもない)

 小糸さんは穴山にとってどういう存在なのかがものすごく気になるところ。
 個人的には小糸さんは部下だけど相思相愛…みたいなのだったらいいなと。
 でもそうだとしたら、小糸さんの見た目的なセンスがアレというか…
 イケメンだけなら他にいっぱいいるのに…中身に惚れたんだろうなあ、きっと。

 穴山のビジュアルは幕末期の侍にしてはあまりに戦国ちっく過ぎやしませんか?
 いや僕衣装関係はド素人なんで適当なこと言ってますけど。
 あとあの槍、ああいうデザインのは和槍として本当にあるのかな。
 …あれ一突きされたら普通に考えて死にますよね?

 今十勇士は基本的にオカルト的な恐怖の喚起を作戦の中心にしている感がありますが、
 穴山はその方針の犠牲になったのかな…と思います。
 新座村の鬼婆作戦とか見ててもそうですが、場末の寒村でちまちま村人を脅迫してるとか、
 全く穴山向きの仕事じゃないように見えて泣ける。
 もっとこう、人の持ち味に合わせた作戦を考えたりとかできなかったんだろうか。
 確かに表立って暴れたり破壊工作したりはできなかったんだろうけど。

 

■清海

 園芸坊主。
 花の栽培に幹部2人も割くのは、それだけ重要な仕事だったのかもしれませんが、
 元僧侶のふたりが前線での活動を望まなかったからというのも考えらえますよね。
 いや、後方支援なら罪が許されるかってそんなことはないんですけどね。花の性質上。

 チビの兄とデカい弟いうのは色々とお約束なのですが、
 この2人が今十勇士に入ったのは廃仏毀釈だけでなくて、
 その異形の見た目も理由なんじゃなかろうかと妄想。
 寺院という居場所を失った後、きっとどこにも受け入れられなかったんじゃないかなと。

 あと清海の死因は全然納得がいかないlutamesta。
 何かと粛清の多いイメージのある今十勇士ですが、実際に粛清されたのは3人だけ。
 その粛清組も清海以外はざっくばらんに
  筧→いろいろとやり過ぎててダメ
  由利→裏切ったのでダメ
 という全うな理由があるのですが(ざっくばらんすぎる)、清海だけはそうでもないんですよね。
 逃げ出すことがダメならば、望月が負けた海野・根津を回収したりしませんし、
 由利が根津を助けたりもしないはずですし。
 敵に捕まり口を割られない為、なら割符ごと闇に葬るべきなのですがそれもなし。
 (それやっちゃったらゲーム進行が…という野暮なツッコミはダメです)
 それともあの「逃げ出す」ってのは、今十勇士から逃げ出すってことだったんですかね。
 でもそれなら幸吉も即時的に粛清されるべきだったのでは。
 やはりアレですか。ゲームプレイング中に見える各々の罪状に比例した末路ですか。


■伊三

 園芸坊主のデカい方。
 頭の悪いゴリラ系男子が"じょうろ"でお花に水をやるビジュアルとか好いです(妄想)

 伊三の戦闘時グラフィックって、清海が肩に乗っているんですよね。
 しかも伊三は戦いながら清海が落ちないよう右手で支えているっていう。
 すごい無駄だけどきっと何か理由があるんでしょうなあ…清海が司令塔やってるとか?
 或いは伊三が頭に血が上って暴走しないよう精神浄化機能を担ってるとか?
 戦闘後、肩から清海が落ちた瞬間に暴走し出すので、だいたいそんな感じなんでしょうね。

 またまた清海が殺された理由ですが、伊三を喪ったからというのはどうでしょう。
 清海は人並み外れた馬力の伊三をコントロールできる、という役どころを買われていたとして、
 その伊三を喪ったら、もうお前にできることはない…的な。
 ううんでもやはり無理があるか。うん。

 伊三、もっと見た目に見合った能力値だったらよかったのになあ…
 清海の方は大分攻撃力控えめなのですが。
 (…そもそもかなり低レベル進行で行かない限り今十勇士全体的に弱いですよね)