ディエゴ・マラドーナはサッカー、アルゼンチン代表監督。

現役時代は5人抜きゴールや神の手ゴールなど
数々の伝説を残している。
超人。天才。スキャンダラスな人生。

「とにかくボールを預けてくれるだけでいい、
あとは俺がなんとかするから。」

「俺がしたドーピングは努力だけだ。」

など数々の名言も残している。

ドライブをかける時のシュートの感覚については
「ママのオッパイの感触。」と語っている。

相手サポーターの投げたオレンジでリフティングを始めたこともある。

よく死亡説を流される「神の子」と呼ばれた男。
サッカーの歴史を語る上で外すことのできない男。