今さらながらで大変恥ずかしいのですが、昨日...



ecb25f45.jpg






映画『七人の侍』を観ました!
(タイトルでバレてたとは思いますが!)



僕はけっして映画の事を語れる程、映画を観てないんですが、その中でも一般的に名作と言われる作品は観て来ました。
(特に50,60年代のアメリカ映画)



昨日思った事。




なぜ今まで『七人の侍』を観なかった!?



まあ理由はわかってます。


1つ目は、長い。



2つ目は、これ僕の勝手なあれなんですが、夜中テレビ観てたらたまに昔の白黒の日本映画があってて、正直昔の言葉が多くて何を言ってるかよく聞き取れない。


なので、理解出来ない(゜o゜)



そんな理由で、日本の昔の映画はちょっと避けてるとこがありました。



しかし、昨日実際に『七人の侍』を観てびっくり!



字幕が出るよ〜(゜o゜)/




漢字何個か読めなかったけど(俺何歳かちゃ!)、雰囲気で十分理解出来ました!笑



いや〜、『七人の侍』びっくりした!


約50年前の映画なんですが、すごい、圧倒されてしまいました!!!



中でもやはり...





85189d18.jpg






三船敏郎!



さすが世界の三船です。



これは三船敏郎に対してだけではないですが、なんか全てにものすごい力強さを感じました!



まあ、『七人の侍』を観てない方にはこれただの僕の感想なんでなーんもおもしろくないと思います。


なので、簡単なあらすじを!笑



戦国時代に戦により行き場を失い盗賊と化した野武士がある農村を狙っていた。

その農村は前年も襲われ、収穫した麦やさらには多数の命も失われていた。


村が絶望に包まれる中、若い百姓が我慢の限界に達し野武士を殺すべきだと主張する。

村の長老と話し合い、村を守る為に侍を雇おうとなる。

しかしお金などはなく、出来ることは米をたらふく食わせる事だけ。

町に出て侍を探し申し出をするがことごとく断わられ途方にくれる。

そんな中、無防備な僧に化けて盗人の人質に取られた子供を助け出し、礼も取らず去っていく初老の浪人の姿を目撃する。

百姓達はその浪人に野武士退治を頼み込み、引き受けてもらう。


そこで、その初老の浪人が言った事。


「七人の侍が必要だ」


その後、侍を集め村に戻り...




といった内容です。



ちょち長くなった。



では...



12766f73.JPG





この画面が10分位続きます!


すごくね!
(なんか新鮮でした!)



で、この『七人の侍』は2部に分けられてて、さっきのあらすじが第1部です。
(1時間半位)



第2部の内容は書きません。



是非自分の目で観て下さい!!!



痺れ上がる事間違いなしです!!!


間違いなく日本映画の最高傑作!



そういえば、映画の中でこんな言葉がありました。



「人を守ってこそ自分も守れる。
己のことばかり考える奴は己をも滅ぼす奴だ!」



心に響き渡りました。


世界の黒澤にハマっちまいそうです。




観まくろ〜っ!!!




あっ、黒澤映画だけじゃなく日本の昔の映画でオススメなんあったら是非教えて下さい!
(仁義なき戦いシリーズは全部10回以上観てるんで、それ以前のにしてつかーさい)


よろしゅうに。



では、このBLOGを見てくれた方で『七人の侍』観てないという方、是非是非観て下さい!!!



ちなみに





fd3d4bbd.jpg






は、全然ダメだそうです。







0bf34574.JPG