在日外国人支援事業部 外国人医療相談担当の廣野です。
今年の夏休みは、家族で東北を旅行しました。雨上がりは緑が一段と深みを増す平泉の中尊寺、かさ上げ工事で多くの車両が行き交う南三陸町など、地域のいろいろな表情に触れることができました。


丁寧な対応が求められる、妊娠・出産や子どもに関する相談
シェアでは、週3日(月、水、金)に外国人の医療に関わる相談を電話で受け付けています。全体からすると数はそれほど多いわけではありませんが、より丁寧な対応が求められると感じるのは妊娠、出産を含めた子どもに関する相談です。
寄せられる相談には、超過滞在の妊婦を受け入れてくれる医療機関はないか、児童相談所に保護されている児童に関する会議に言葉が通じないので通訳を派遣してもらえないかなど、さまざまなものがあります。

相談対応の際に心がけていること
このような子どもに関する相談に対応する際、注意を払うようしているのは、その子どもの身分の保障や証明に直結すること、例えば、国籍、在留資格などについてです。
国籍はその国から法的な保護を受けることができる根拠になるものです。また、日本に在留できる期間や在留中に行う活動が定められている在留資格に関しては、在留期間や活動内容によって、国民健康保険や年金制度の加入資格が決まるひとつの要素になるなど、将来に渡っての社会保障を支える上で重要なものです(子どもの場合、教育や福祉のなど、在留資格に関わらず行政が柔軟に対応することが認められている分野もあります)。
ですから、医療機関のソーシャルワーカーや自治体の保健師など子どもに直接関わっている相談者には、相談内容と関連がないように思われたとしても、国籍の有無や在留資格をこの機会にしっかり確認することが大切であることをお伝えします。さらに、もしこれらがなかったとすれば、これからでも取得するにはどうしたらよいか、一緒に考えていきます。

母子手帳(ブログ用)

【母子手帳:出生届出済証明など、大切な情報収集源のひとつ】

事例
少し、具体的に見てみましょう。
例えば、国籍についてですが、婚姻関係にない日本人の父親と外国人の母親の間に子どもが生まれているケースでは、父親が認知をしたかを確認します。認知をすれば、届け出によって子どもは日本国籍を得ることができます。また、父親の存在も明確になるのです。
あるいは、生物学的な父親は外国人ですが、日本人と婚姻関係にある外国人の母親から生まれた子もいます。出生時には嫡出推定で父親の戸籍に入っていたものの、戸籍上の両親は離婚し、戸籍上の父親からの「親子関係不存在」の訴えも認められた場合、子どもは国籍を失います。その場合は、子どもの在留資格を取ることや、母親の国籍国の大使館に出生届などを提出していたか、また、それに伴って子どもの国籍が取ること出来るのかなどについて確認することを提案します。
当事者だけで対応が難しい場合は、専門知識を持つ外国人支援団体を紹介したり、弁護士などの情報を提供します。
もちろん、それぞれに事情がありますので、当事者がどの国の国籍保持を望むか、どこに居住を希望するかなどで、対応は大きく異なります。

不利益のないスタートを目指して
妊娠、出産のケースでは、いずれの国籍を取ることも簡単ではないとか、生まれた時から在留資格がないなど先行きに課題があることも稀ではありません。それでも、無事に生まれたと聞くと、心から安堵し、嬉しい気持ちになります。赤ちゃんのケースに携わるちょっとしたご褒美のように感じます。
人は生まれる場所や親の国籍、在留資格などを選ぶことはできません。これから人生を歩む幼い人達が、国籍や在留資格の違いを根拠にした不利益をできるだけ受けることなく、人生をスタートさせるお手伝いができればと思います。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


hirono

在日外国人支援事業担当
廣野 富美子
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。

シェア東京事務所の在日外国人支援事業部で4月よりインターンとして勤務をしております、中村美穂と申します。現在は都内の大学で看護師の勉強をしています。
どうぞよろしくお願いします。

さて、本日は8月13日に板橋区で開催しました、日本に住む外国人を対象とした無料出張健康相談会の様子を皆さまにお伝えしたいと思います。


シェアの健康相談会について

シェアの無料健康相談会は、26年という長い歴史があります。対象となる外国人相談者は日本で働いている、あるいは日本で働く家族と共に来日したなど、目的はさまざまです。近年は東南アジア圏から日本語を学ぶために来た留学生や技能実習生の数が急増しており、街中で外国人を見かけることも増えてきたのではないでしょうか。外国人の数が増加する一方で、外国人の病院へのアクセスは未だスムーズには行われていないのが現状です。それは、「言葉が通じない」、「健康保険に加入できていない」、「相談できる相手がいない」、「病院にかかるお金がない」などの理由が複雑に絡み合っているためです。

シェアではこれまで外国人相談者と病院との橋渡し役として、母国語での相談、病状や治療の説明、病院に行く必要があるかどうかを理解できるように通訳を整備し、必要に応じて無料で紹介状を渡すなど活動を行ってきました。


翻訳チラシ
多言語に翻訳されたチラシ 左からベンガル語、中国語、ネパール語


今回の相談会では、板橋区を拠点として外国人住民に対して相談活動を行っているAPFS(ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY)との共催のもと、問診、血圧測定、身体計測、尿検査、医科・歯科相談などのほか、希望者に母子健康相談や在留・生活相談、栄養相談を実施しました。相談ブースでは、相談者の悩みや疑問に対して、医師、歯科医師、看護師、助産師を始めとした、それぞれの専門家による丁寧な説明やアドバイスが行われました。また相談会の当日運営は、シェアのボランティアさん達が担ってくださいました。

私はこの相談会で、問診のブースを担当させて頂きました。比較的、在日期間が数年から数十年と、長い方が多いため、日本語で対応できる相談者も多いように感じました。一方で、来日から数ヵ月という方や、職場等で日本語を用いる機会が少ない方々との日本語でのコミュニケーションは難しく、通訳者を介する場面も度々ありました。今回の健康相談会を通して、「言葉の壁」を強く感じ、日々シェアの通訳として奔走してくださる皆さまの存在が改めて大きく感じられました。

当相談会にはネパールを始め、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピン、インドなど、合計41名の相談者が参加をされました。相談者の多くの方々が、ホッと安心されたお顔で帰って行かれました。この相談会が在日外国人の方々の生活を支える一つの重要な役割を今後も担い続けることを願っています。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


インターン
中村 美穂
このエントリーをはてなブックマークに追加
去る7月19日、浅草文化観光センターにおいて、カンボジア現地代表のモーガンより、カンボジア事業の報告をさせていただきました。都内での報告会開催となってしまい、離れた地域にお住まいの支援者のみなさまには大変失礼いたしました。

そこで当日の報告内容を、ブログの場を借りてお伝えしたいと思います。


モーガンからの事業報告

IMG_0996
報告会会場の様子


最初に、カンボジア現地代表のモーガンより、プレイベン事業の報告をさせていただきました。
カンボジアでは現在プレイベン州において、母子保健事業の現地へ引継ぐ為のプロジェクトを実施しています。プレイベンでの事業は9月に終了しますが、シェアがいなくなった後でも、プレイベンの人たちの手によって子どもの健康を守る活動が続けられていくよう、シェアは側面からサポートしています。

モーガンからは、この引継ぎ事業によってシェアと活動する人々にどのような変化があったかを中心に、みなさまにご報告しました。

IMG_0986
モーガンからの報告の様子


たとえば、これから子どもの健康を守る活動を中心となって担っていく郡保健行政局長からは、子どもの健康管理を重視した発言が見られるようになりました。同じく郡保健行政局の母子保健担当官からは、「(実際に人々に保健サービスを提供する)保健センタ―スタッフやボランティアが、活動を継続していくモチベーションをもちつづけられるようにしていきたい。その資金も探していきたい」といった発言が出るようになりました。

またモーガンは、このプロジェクトの大きな成果として、それぞれのポジションや位置づけにこだわらず、他セクターと協働で作業をするようになったことをあげました。

具体的には、保健省の管轄にある郡保健局と、女性省の管轄にある女性子ども委員会との協働です。女性子ども委員会は自治体から予算を確保しているのですが、彼女たちを協働することにより、離乳食教室にその予算を充てられることとなりました。郡の女性子ども委員会のメンバーからは、「もっと自治体と協議を継続し、来年は各地域が最低7村の離乳食教室の予算を確保することを目標にしています」と、心強い言葉をもらったと、モーガンから報告がありました。

IMG_1017
モーガンへの質問も参集者の方から多くあがっていました。


スペシャル対談

第二部は、モーガンと元シェアカンボジアスタッフのチャンパによるスペシャル対談でした。モーガンはカンボジアで子育てをする日本人のお母さん、一方のチャンパは日本で子育てをするカンボジア人のお母さんです。この少し不思議な二人の組み合わせで、それぞれの国の子育て事情について、対談形式でみなさんにお話をしました。

IMG_1035

IMG_1048
スペシャル対談の様子


二人のお母さんからの話は面白く、意外なこともたくさんありました。

たとえば、子どもの健康を祈るおまじないとして、カンボジアでは赤ちゃんが生まれたら、お母さんは赤ちゃんのそばにハサミを置いておきます。これは悪い魔物から赤ちゃんを守るためだそうです。
日本では七五三などがありますが、モーガンはこれをカンボジアで(しかもアンコール・ワットで)したとのこと。スケールの大きいエピソードに、会場は大盛り上がりでした。

他にも、二人がそれぞれの国に来て驚いたこと、医療事情の違いなど、様々な話題で盛り上がりました。

ただ二つの国で違うところはたくさんありますが、どこの国のお母さんでも、自分の子どもに健康に育って欲しいと願う気持ちは一緒なのだということが、二人の話からよくわかりました。

モーガンからの報告、そしてスペシャル対談で報告会は終了しました。
当日会場にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


海外事業担当
末永 明日香
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。在日外国人支援事業を担当しています、山本です。
私は、昨日まで地元の熊本に戻り、蜂楽饅頭といきなりだんごなど、熊本の名物を食べられて満喫気分です。熊本に行かれる際は是非お召し上がりください!
さて、今日はシェアの活動に長年通訳ボランティアとして協力してくださっている、長沼ニーダさんをご紹介します。今回は、インタビューの中から、シェアの活動に関わり始めたきっかけや、通訳ボランティアとしての想いなどについて、長沼さんとの会話に近い形でお伝えします。


来日されたきっかけ
もともとは、外交官っていうでっかい夢を持って日本に来ました。日本語学校で勉強して、日本語能力試験1級をとったらフィリピンに帰ろうと思っていましたが、夫と出会い、今に至っています。当初は、結婚までは考えていませんでした。日本とフィリピンの間でできる仕事をしたいと思っていました。


シェアのボランティアを始めたきっかけ
CTICちば(カトリック東京国際センターちば。現在は活動終了)とシェア、カトリック五井教会などとが協力して、五井で外国人を対象に無料健康相談会を開催しており、2004年3月、当時ボランティアをしていたCTICちばから勧められて、参加したのが最初です。
たまたま友人の通訳のボランティアとしてCTICに行っていたら、このようなことをやっているので一緒にやりませんか、という感じでした。その後は、毎回五井での健康相談会開催の際は参加させてもらっていました。
シェアの活動に深くかかわり始めたのは、2006年の結核支援員(通訳)育成研修・選考会(東京都の委託事業)に参加してからです。


日本でボランティア活動を始めた経緯
日本でのボランティア活動に関わり始めたのは1992年ぐらいからです。ちょこちょことプライベートでボランティア活動を始めていました。身近で困っているフィリピン人がいたら、市役所についていって欲しいとか、ビザ関係の書類とか、なぜかくちこみで、個人的に相談が来て、通訳をしていました。
また、結婚後住んでいた地域に、日本の伝統的な井戸掘りをフィリピンで役立てようと活動していたボランティアグループがあって、その団体のフィリピンと日本とのやり取りのお手伝いとかもしていました。お手紙や電話でのやり取りです。そのときは専業主婦でした。上の子どもが生まれてからも、そのグループを通じてフィリピンに通訳に行ったことがあります。子どもの初めてのフィリピンの里帰り先は、そのボランティア活動地でした(笑)。ボランティア先に行ってから実家に帰ったのを覚えています。
結婚してから、家のことをやりながら、自然と小さなところから、そういう風に繋がっていったりする。出会いって本当に不思議だなと思います。

KIMG0355ブログ用

シェアのインタビューを受ける長沼さん


通訳は生きがいを感じさせてくれる
通訳ボランティアとしてかかわり始めた1990年代は、ちょうど時期的にも、個人的にも、主人が病気で亡くなったこともあり、いろいろありました。主人が亡くなったときは、3歳と1歳の子供がいましたからね、本当に大変でした。主人が亡くなって、働き続けました。主人の負債を相続したんです。だから、それを払わなきゃいけなかった。
でもね、不思議なんですけど、自分の身に起きていることもすごい大変、大変って思いながら、そうやって自分よりも困っている人とかに助けてっていわれると、あ、まだ自分は大丈夫なんだって。私はまだ言葉もできるし、伝えたいことも伝えられるし、何が起きても通訳がいなくても対応できるような自分がいるから。
自分はもう本当に大変だなって思いながらも、結局必要とされていることがあるから、すごい、やりがいとか生きがいとかもらえたような気がするんです。綺麗ごとかもしれないけど、結局救われるのは自分だったんだなって思っていました。だから、不思議。こんな私でも人の役に立てて。こんなすごい居心地が良くて、生きがいを感じさせてくれるのって、本当に、大変でも全然不幸ではない。


夫の病気の経験が「医療通訳」に活きる
主人が病気になったことで、病院に行ったり来たり、一日に2回行ったりすることもありました。で、分からない医療用語にぶつかったりしてたから、自分なりに辞書を引いたりしていました。そして、どういう意味だとか、疑問だと思っていたことを、主治医からそういう説明があるときに、分からないことを聞いたりしていました。おかげさまでその時に、自分は通訳いらなくてもなんとか対応できました。自分もちゃんと聞くし、だから、不思議なんですけど、主人が病気になったおかげで、と言ったらおかしいけど、今があるのかなぁと思っています。
その当時、家に「家庭の医学書」とかあったじゃないですか。今みたいにネット検索とかはなかったから、私はそれをいろいろ読んだり、調べたり、調べた言葉を英語に書き換えてどういう意味なのかとか確認していました。そういうときの大変さとか、辛さなどが、まさか10年後にシェアの医療通訳に繋がるとは思っていませんでした。
でも、まだまだ奥が深いから、きちんと勉強しないといけない。病気だからこそ、きちんとどの分野のどの通訳もきちんと正確に伝えないといけない。病気の場合には命にも関わることがあるから、きちんと正確に、もっと伝えなきゃいけないから、その辺ももっと気を付けなきゃいけないと思っています。


インタビューを終えて−病気だけでなく言葉でも不安にならずに済むように−
長沼さんは、以下のような言葉もおっしゃっていました。
「例えば、健診でも、何をされるか分からないし、もし病気が発見されると思うと怖いでしょ。だから健診でいろいろ聞くこと自体躊躇する人もいるわけでしょ。病気だけで不安なのに、言葉でも不安になったりすると、ダブルじゃない。だから、分かってくれる言語できちんと伝える、説明できる、説明してもらえる、アドバイスできる。母国語でアプローチすると、相手を安心させられるようになれる気がする。親近感も沸いてくる。」
想像力を働かせることで、誰でもこのような外国人の立場に立って感じることができると思います。これは、医療通訳に限らず、手話通訳が必要な人々などにも通じる課題だと思います。長沼さんの想いを胸に、活動に一層力を入れていきたいと思います。




在日外国人支援事業担当
山本 裕子


このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、支援者サービス担当 アシスタントの足立です。

シェアに入職してはや5ヵ月がたとうとしております。以前は上野といえば息子と上野動物園に来たことしかなかった私ですが、上野事務所への通勤にもだいぶ慣れ、事務所周辺の多国籍な雰囲気も楽しんでおります。


企業からのボランティアのみなさんにご協力いただきました!

さて、少し前のことになりますが、企業にお勤めの方々にもご参加いただいた、「火曜(通う)ボランティアデー」の報告をさせていただこうと思います。今年の梅雨は関東地方では雨の少なかった印象ですが、珍しく時折強い雨の降る6月13日、11名のボランティアさんが上野の事務所に集まって下さいました!!


シェアでは「天の川募金」・「年末年始募金」と年2回、募金のお願いをお送りしています。

この日は、天の川募金のお願いチラシを封入する約3000通の封筒に、宛名ラベルを貼る作業を行っていただきました。シェアにこれまでご縁のあった方々や支援者の方々にお送りするものです。スタッフだけでこの作業を行うことを考えると、貴重な時間を使い作業をしてくださるボランティアさんには感謝の思いか尽きません・・・。

そして、この日と前週の6月6日の火曜(通う)ボランティアデーには、日本ロレアル株式会社 様より計6名の方にもご参加いただき、宛名ラベル貼りや使用済み切手の整理作業を行っていただきました。


宛名ラベル貼り
宛名ラベル貼り作業。一枚一枚丁寧に貼って頂いています!


切手整理
和気あいあい、使用切手の整理中!


支援者の方々から送っていただいた使用済み切手の整理作業も、シェアの活動資金につながる大切な作業です。使用済み切手をコレクターの方々に買っていただくことで、活動資金の一部となります。

また、使用済み切手として送っていただいたものの中には、未使用切手が混ざっていることがあります。未使用切手は、シェアからの郵送物などに利用させていただきます。

そんな仕分け作業の中、日本ロレアル株式会社 様からご参加いただいたボランティアさんの切手の山から、次々と未使用切手が見つかったようで…。歓喜の声と拍手が起こる寄る場面もみられました♪♪

作業後は、ボランティアさんからいただいた旅行土産やスタッフのカンボジア出張土産のお菓子を囲みながら、両日ともに和やかな雰囲気の中、火曜(通う)ボランティアデーを終えることが出来ました。ご参加いただいたボランティアの皆様、ご協力ありがとうございました!!そして、皆様のおかげもあり、6月下旬に無事発送を終えることが出来ました。


現在、シェアでは「天の川募金」キャンペーン中です。テーマは「いっしょに守ってください。母と子の「はじめの1000日」です!皆様のご支援、ご協力よろしくお願いします。


シェアでのボランティアにご関心のある方はこちらをご覧ください。


支援者サービス担当
足立 千晃

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。普及啓発インターンの須田です。

今回は7月15日にJICA地球ひろばで開催した、国際看護・保健のためのキャリアナビ講座についてレポートしたいと思います。

キャリアナビ講座とは?

自分が看護師で、国際看護・保健に携わりたいと想像してみてください。
どんなスキルや知識を身につけるべきか、どんなキャリアステップが必要かを明確にイメージできますか?

このような悩みを抱えている方が夢に向かってできることを見つけるために、
キャリアナビ講座を実施しました。


IMG_0487
キャリアナビ講座の様子


講座では、初めに国際保健の歴史的変容や潮流を学びました。
その後JICAや大学、NGOで活躍している看護師の先輩の講演では、
看護師としての経験、現在の仕事に至った経緯、実体験からの教訓を詳しく伺いました。


IMG_0511
講演の様子


そしてグループワークでは、講演で学んだことや経験、悩みをざっくばらんに共有して、
夢に向かって明日からできること、長期的な目標を話し合いました。


キャリアナビ講座を通して

稚拙な表現ですが、単純にイベントが成功して良かったと全体を通して思っています。
私がインターン業務で、広報文を考えたり様々な掲示板に拡散したりするのはこの講座が初めてでした。

どれだけ参加者さんが集まるか、参加者さんの期待に応えるべく柔軟に運営に貢献できるか、
不安はありました。

しかし当日には、参加者さんが自分の悩みと向き合いながら、一歩踏み出すためのヒントを見つけ出そうとする本気さが伺えました。

特にグループワークの中で、
「家族のこともあり、国際協力への一歩がなかなか踏み出せない」
「国内でも海外でも国際看護に関われる。だからこそ、どの道に進めば良いのか悩む」
「看護師の仕事で忙しくて、資格の勉強が進まない」
という意見が出たのが印象的でした。


IMG_0780


IMG_0786
グループワーク


初対面の相手で、短い時間ではあったけれど、本気で自分の悩みや思いをぶつけ合う。
そしてコメントを交し合い、明日から一歩踏み出す術を共に見出す。
こうして等身大の自分にもできること、すべきことを持ち帰る。


IMG_0891
グループワーク後の発表

そのような学びの機会が提供できて、そしてその運営や準備に携われて良かったです。
参加者の皆さんも、スタッフの皆さんもありがとうございました。

次回は今回のキャリアナビ講座の応用編の実施も予定しています。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


シェア インターン
須田 拓実
このエントリーをはてなブックマークに追加
先週の7/11(火)Dr.本田徹の健康居酒屋2017夏を開催しました!

まだ梅雨明け宣言もされていないですが、東京はかなり暑く、みなさん暑い中平日の
お仕事終わりに足を運んでいただきました。参加者のみなさま、ありがとうございました!

IMG_0419
店主の本田徹より乾杯の挨拶


今回のゲストスピーカーは、シェア カンボジア現地代表のモーガンです。

IMG_0424
ゲストスピーカー モーガンの発表の様子


参加者のみなさんは、国際協力に関心がある方が多く、
シェアが活動地としているカンボジアの事業に関しても、
関心を寄せている方が多くいらっしゃいました。

モーガンからはカンボジア事業を含め、カンボジアの生活など様々なことをご紹介しました。

カンボジアで既に20年以上暮らし、生活をしているモーガンはカンボジアに精通しており
首都の状況や、地方の人たちの暮らしなどみなさんの知らないカンボジアを
知って頂けたのではないでしょうか。


さまざまな方が今回の健康居酒屋に参加してくれました。

医療関係の方、金融関係の方、医学生の方、外資系関係の方、
地域活動に取り組んでいる方、会社経営の方、などなど。

IMG_0429


IMG_0431
参加者みなさんの様子


IMG_0435
最後に集合写真を撮りました


シェアは国際保健のNGOですが、この健康居酒屋を通じて
様々なバックグラウンドの方に集まっていただき会話を交わす中で、
多くの方が繋がりあり、互いに支えあう社会にすることができればと思っております。

また、シェアの事業を理解して頂くことにより、ご支援して頂ければ幸いです。


最後に

カンボジア事業では今年度、カンボジア国内での貧困率が一番高いといわれる
プレアビヒアに活動地を移し、活動を開始します。

子どもがお母さんのお腹にいる頃から、生まれて2歳になる頃までは
「はじめの1000日」と言われています。

人間の脳は、一生の中でこの時期に最も発達します。
この時栄養が不足したり、暴力や虐待にさらされたりすると、こどもの脳は発達できません。

シェアは今年もカンボジアで乳幼児健診の活動を続け、
お母さんたちに「はじめの1000日」がいかに大切か、伝えていきます。

シェアといっしょに母と子の「はじめの1000日」守ってください。

この夏も「天の川募金」へのご協力宜しくお願いします。

天の川募金はこちら


広報担当
比田井 純也


このエントリーをはてなブックマークに追加