こんにちは!来年度の計画づくりを着々と進めているアイレウからインターンの井上です。
今回はアイレウの日常をご紹介。
アイレウ事務所の近くにある市場です。

ET市場1


売り子はほとんどみんなお母さんたち。
子どももお店番を手伝います。
朝は6時頃からパンが売られていて、野菜も次々と並べられていきます。
夜も7時過ぎまで開いている、コンビニに負けない便利さです。
お母さんたちにとっては、野菜を売りつつ、楽しいお喋りの場でもあります。

ET市場2

ET市場3


にんじん、なす、いんげん、トマト…などなど。
白い小さなかたまりはにんにく、紫色の野菜はミニ赤タマネギ。

一山が50セントから1ドル。葉っぱものは25セントから。
(ティモールの通貨は、米ドルなのです)
カンクン(空芯菜)やキャベツなど、菜っ葉類はとってもポピュラー。
ちなみにテトゥン語で野菜は「modo(モド)」といいます。

ET市場4
直前まで笑っていたのにカメラを向けると固まってしまうお母さんたち…。カメラマンの力量不足です。

ここで売っているのは豆腐と、「テンペ」という大豆の発酵食品。
買うときは鮮度確認必須ですが、おいしくて、ティモールでもなじみ深い食材の一つです。


これでどんな料理ができるのか?
こちらの食事とエルメラの市場についてはまた!

東ティモール事務局 インターン井上
DSCF3638どーんと積み上げられた、本『医者のいないところで』。10月25日の発売から1週間で、シェアでは異例の60件の注文が入りました。その後も注文が続々!


DSCF3634そんなわけで、インターンさんは発送作業にてんてこ舞い! でも、今日は助っ人、ボランティアさんの登場です。注文は嬉しいけれど、忙しいよ〜!!と、嬉しい悲鳴をあげてています。


ショップ>『医者がいないところで』
皆さん、ぜひお手に取ってください!

東京事務局 飯沢
100_0059食料を届けた後、ボランティアさんのお家におじゃましました。奥さんと子どもたちが出てきて、お家の前でパチリ。


お家を案内してもらいました。

100_0061100_0064

裏庭にか果樹が植わっていて、実をつけていました。鶏も飼っています。


100_0072台所は・・・、
素敵な電磁調理器です!
電気もガスもないお家があると聞いていたから、ちょっとびっくり!


100_0066でも結局、昔ながらの方法、お外で薪を使うほうが多いんだって。
理由は、電気代かかるから。
それと、薪を使ったほうがおいしい“パップ”ができるから、だって。


さて、“パップ”ってなんだろう?
「スタッフさーん、パップって何?」
「あれ、シェーちゃんまだパップ食べていないの?」
「昨日の夜はカレーだったし、ジョバーグでは“ショマ”をがぶり・・・」
「じゃあ、お昼はパップを食べようね」
「わ〜い!!」

次回は、“パップ”を紹介するよ!

シェーちゃん
先日、エイズの研究班の一環として茨城県で、在日外国人の保健・医療・福祉に役立つ「外国人HIV陽性者療養支援セミナー」が行われました。

参加者ソーシャルワーカーをはじめ医師看護師などの茨城県で働く医療関係者の方々が多く参加されていました。

ちょっとセミナー風景をご紹介します。

茨城県でのHIV/AIDSの動向など茨城県の病院スタッフから講義。
県内にはどのくらいの陽性者がいてどんな問題を抱えているのか等々にはじまり、ラテンアメリカやアフリカ、タイでのHIV/AIDSの動向や治療について。
また、日本でどのような支援をすることができるのかや、帰国支援はどうなっているのか等々・・・。

事例検討!
今回は日本に住む外国人女性で出産と同時にHIV陽性がわかり、彼女が医療を受ける場合、どんな問題があってどんな制度を使えば医療が受けられるのか、各グループで事例をもとに話し合いました。

すべての外国人の方が医療をうける時に困難があるわけではないと思いますが、外国人患者さんが医療にアクセスする場合、私たちが病院で医療を受ける時と違い、言葉・お金、保険等の問題があることが少なからずあります。
医師・看護師だけではなく、ソーシャルワーカーや医療通訳の他職種間連携のほかに、NGO・国際交流協会などなどの他機関の連携も必要!

私も初めて参加して、協力体制があることとそれを知って活用できる時間があることが地域で外国人の健康を守ことに役立つことを知ったセミナーでした。

                        インターン 移川
こんにちは。インターンの桑山です。

先日、シェアに珍しい(?)方がいらっしゃいました。
元シェアスタッフであり、元東ティモールアドミニストレーターの池田さんです。
シェアが東ティモールでの活動を始めた当初より、現地で精力的に活動をされていた方です。

そんな池田さんが、年内にバングラディシュに行かれるということで
シェアにいらっしゃってくれました。

スタッフの皆さんと久しぶりの再会。
思い出話に花が咲いていました。
東ティモールの話から、シェアでの活動の話まで・・・


実は私も、池田さんとは1度お会いしたことがあります。
私がまだ学生だったころ、東ティモールに行ったことがあるのですが、
その際シェアの事務所を訪れました。

そこで対応していただいたのが、池田さんでした。
その節はありがとうございました。

NGOという名前は聞いていても、実際に何を行っているかまでは分からなかった私にとって、池田さんから伺った内容は非常に有意義なものであり、
またその経験があったから、今シェアでインターンを行っていると感じています。

個人的な話になってしまい恐縮ですが、懐かしい出会いでした。

池田さん、本当にありがとうございました。



インターン 桑山




池田さん