ある朝、いつものようにプレイベンの事務所から、活動先に向けて出発の準備をしていました。
玄関の鍵も閉め、運転手が車のエンジンをかけ・・・

おっと。。

エンジンが「スカッ」っていってる気がしたのですが

まあ、気のせいかも、ともう一度エンジンかけてみるのですが

「スカッ・・・・・・・・」

反応せず。


こんな時は、みんなで車を押しながら、エンジンをかけてみるといい!
と、ミンナで押しながら再度トライ。

「・・・・・」

もう、音もでず。。

「はい、じゃあ、原付バイクで(行きましょう)」
と、スタッフは即決。
仮に今からエンジンかかって車が動き出したとしても、この調子では途中で止まるでしょうからね。


活動地までの道のりは、いつも車に乗ってて悪路の衝撃を受けつつ
でもそばをすぎていく原付バイクを見ると、小回りが利いていいなあ、と思ってました。
バイクだったら、穴ぼこの道も上手く避けて通れそうですしね。
ですが、みると乗るのとでは大違い・・ということが今回判明。

今日の活動現場まで、通常、車であれば一時間弱の道ですが
原付では1時間半かかりました。
車に比べて原付はタイヤが小さい=悪路から受ける衝撃がそのまま伝わってきやすい。
車に乗ってた時は感じなかった、小さなクボミすらも、すべて衝撃が伝わってきます。

ということで、原付にしがみつく様に乗っていないと
ほぼ振り落とされる寸前の状態。
P9090002

クボミにはまる度に、はね飛ばされそうになるし、つかまってるだけで、必死です。
それに雨季のため、道路のあちこちがぬかるんでて、何度もスリップしそうに。
P9090003

それでもなんとか現場に到着し、アウトリーチを済ませ
来た道をまた一時間半かけてバイクで戻ってきました。
事務所についた頃には、ほぼ放心状態。
運転してくれたスタッフもさすがに、ボソッと「疲れた。。」

ふうっ。。終わった。。。と思いつつ、なんだか顔がおかしい・・・
顔をちょっと動かすたびに、パリッっとした感じが。
唇もバリバリになってます。
目が乾燥するなあ、と思って目をこすると

ぎゃっ!

目から真っ黒の砂が出てくる!?

そうなんですよね。活動地までの道のりは未舗装道路で、田んぼの中を抜けていくので、
砂まみれになるんです。
でも、フルフェイスのヘルメットをかぶっていたんですがね、それでも顔が真っ黒に。

車って、本当にありがたいなあと、痛感しました。

皆様のご協力により、来月からは新しい四駆車が稼動開始です!

16 September, 2010 カンボジア・ボランティア 久米 由美子
先日、うれしいお客さまが!

現在産休中のシェアスタッフ、
森本さん(写真左から2番目)、青木さん(写真左から3番目)です。

忙しい育児の合間をぬって、息子さんを連れて
シェアに遊びにきてくれました。

小さいお客さまもいっしょです。
けいすけくんとせあんくん。

二人は人気を独り占め。

性別、国籍、年齢…いろいろなお客さまが訪れる
シェアですが、こんなに小さいお客さまはめずらしい!

さっそく、飯沢さん・裕子さん・シェーちゃん&アーちゃんと
記念撮影。

DSCF5324


みなさん、またいつでもシェアに遊びにきてくださいね。

インターン やばし
9月12日〜20日まで10期インターン田口と9期インターン移川がケマラートにあるシェアタイを訪問し、現地での活動を見学させていただいていました。

CIMG3834


CIMG3934

シェアタイってどんなところにあるの? 
今どんな活動をしているの?
ケマラートの人たちはどんな生活をしているのだろう???
シェアタイで見聞きし、感じたことをブログで発信していきます!

こんにちは、インターンの岡本です。

ある朝、事務所に訪れたら事務所長の小林がなにやら道具を持っていました。
何を始めるのだろう・・・?
と思ったら、
雨漏りの修理でした!

小林さん2


そう、雨漏りしたのです、事務所が!
でも、そんなところをすぐに修理する事務局長!
事務局長自ら修理・・・。さすが、という感じでした^^
小林さん1

日曜大工シリーズは果たしていつまで続くでしょうか・・?
次はいつだか未定ですが、
次回をお楽しみ(?)下さい。

支援者サービスインターン 岡本

先月、一時帰国をされていた東ティモールの現地スタッフ、吉森さんの
インタビューをYoutubeにアップしています。
東ティモールでの活動について、オフの日の過ごし方・・・など、
現地からの生の声はこちら!!




インターン やばし