ツアーを終えて、今思うことは、思い切って参加して本当に良かったということです。
もともと国際協力に興味があり、現場ではどのような支援活動が行われているのか、そして現地の人たちはそれをどう思っているのか知りたいと思い、ツアーに応募しました。

首都プノンペンには、私の想像をはるかに上回る風景が広がっていました。4車線の太い道路に、数多くの車が走っており、近代的な高層ビルも建っていました。トレンサップ川沿いには整備された歩道と公園があり、たくさんの人々が集って思い思いの時間を過ごしていました。現在のカンボジアのGDPは高度経済成長期の日本のそれと変わらない値だそうです。ただ、4人乗りのバイクを目にしたり、活気漲る市場を散策したりすると、どこか懐かしい発展途上国ならではのエネルギーを感じることができます。なにより、現地の皆さんが、素直で嘘のない心からの笑顔をしていたことが印象的でした。

現地に足を運んでみて、国際協力は、何よりも彼らの価値観を変えることなく、彼らが自主的に動けるよう長期的かつ継続的に支援することが大切であり、難しいと改めて感じました。より快適な生活を求めて、当たり前の日常を変える。それには、労力や、精神力に加えて、経済力も要ります。自主性を重要視すると、その必要性を感じてもらうことが大きく関係すると考えられます。表面だけでなく、根本的なところにアプローチしないと、改善しません。そのうえで大切なことは、相手を知り、自分について知ってもらい信頼関係を築くこと、支援する側にも受ける側にも同じ強い思いがあることだと思いました。

10代でこのような経験ができたことをとてもうれしく思います。カンボジアで過ごした日々は、私の人生の中で一番充実していました。今の自分は、日本や世界について知らないことがたくさんあるなと思い、その知識を身につけ、自分の考えをしっかり持つ必要があると感じました。そして、コミュニケーション能力を高めて、自分の意見を発信して、周囲から共感や自分とは違う考えを得ることが、自分を成長させる大きな鍵なのではと思いました。

今回のスタディツアーは、これから自分がどうしたらいいか、具体的なことが思い浮かんだ旅でした。帰国してさっそく、カンボジアについて書かれている本を探しに図書館へ行ったり、久しぶりに英会話の参考書を開いたりしてみました。ツアーに参加しなければ、このような自分はいなかったと思います。そして、出会いを大切にしていきたいと感じました。

現地での出会いはもちろんですが、ツアーメンバーとの出会いは私にとって大きな刺激になりました。職種や年齢は様々でしたが、みなさんの考えや相手を思いやる気持ち、コミュニケーションのとりかたは、心から尊敬できるもので、私の目標です。そのような方たちとツアー期間を過ごせたことに感謝します。普段の生活の中では味わえない貴重な経験ができました。

カンボジアスタディツアー、ありがとうございました。

IMG_6295


2012年カンボジアスタディツアー参加者 
関 沙織里さん

**応援よろしくお願いいたします**

募金バナー_カンボジア1

sDSC03281
もし歯が痛くなったら、あなたはどうしますか?
おそらく、皆さん歯医者に行きますよね。
しかし、東ティモールでは・・・・?

実は、「その痛みに耐える」か「痛い歯を抜いてしまうか」のどちらか。東ティモールには、人口約120万人に対し歯科医が7人しかいません。日本のように腕のいい歯医者を探すどころか、歯医者に行く事すら困難な状況なのです。歯磨きに対する意識も薄く、歯ブラシも手に入りにくいため、家族で1本の歯ブラシを使いまわしていたり、毛が痛んだものを使い続けていたり、充分な予防ができていません。

「なんで歯を磨かないの?」
東ティモールの子どもたちに尋ねてみると、こんな答えが返ってきました。

「だって、自分の歯ブラシがないんだもん」

そこで、シェアでは東ティモールの人々に歯磨きを習慣づけてもらうため、2012年10月、日比谷公園で開催されたグローバルフェスタにて、メッセージ付きの歯ブラシを教材として送る≪歯ブラシキャンペーン≫を行いました。
1



皆さんにご協力いただき集まった525枚のメッセージ。
2


ボランティアさんが、そのメッセージをひとつひとつ歯ブラシにつけてくださいました。3


そして、スタッフが東ティモールに行く機会を利用して少しずつ、運んでいます。第1弾は、2012年11月。そして第2弾として、今まさに、今週、一時帰国していた現地駐在スタッフが東ティモールに戻るのと一緒に、歯ブラシを東ティモールに運んでいます。グローバルフェスタで協力してくださった、ボランティアさんも同行しています!
6


はじめて手にする「MY歯ブラシ」で、もっと歯磨きが身近なものになって欲しい・・。私たちは、保健衛生や病気予防などの保健教育を通して、 子どもたちの健康を守るための支援をしています。

子どもたちに歯ブラシを手渡すのは、歯ブラシ全部が運び終わってからになるため、まだ少し先になります。歯ブラシと日本からのメッセージを手にした子どもたちの様子は、ブログやFacebookで報告いたします。楽しみにお待ちいただければと思います!
5


03

東京事務局 飯沢幸世


**応援よろしくお願いいたします**
募金バナー_ティモール1

sDSC03281
私がこのスタディーツアーに参加しようと思った理由は、「将来国際保健に携わっていきたいから」、そのために「自分に何ができるのか」ということを考えたく、参加させていただきました。

このツアーで一番印象に残ったのは、プレイベンの村での乳幼児健診の見学、そしてお母さんたちとの意見交換です。
集まったお母さんは十数人。子供たちは誰が誰の子どもか分からないくらいたくさん!
私が何よりも驚かされたのは、SHAREのスタッフが行う健康教育をお母さんたちが真剣に聞いて、すごく反応も良いということ、そしてSHAREのスタッフはもちろんですが、保健ボランティアさんと保健センタースタッフなどその村の住民たちが中心となり、協力し合って実施していることでした。
正直、日本で同じことをやっても、反応が薄かったり、まず参加しないお母さんもたくさんいますし、このように地域の人が中心となって行われることは少ないと思います。

1


もちろん、村では、予想以上に衛生環境の悪い生活も見られました。ひとつ屋根の下に豚と村人が一緒に暮らしていたり、蚊やハエがたくさんいるトイレ、裸足で外を歩く子供たち…。日本との違いに驚かされるばかりでしたが、「ものがない」「知識がない」「技術がない」、そんな環境だからこそ、コミュニティの力を使って、限られた資源の中で、自分たちで考えながらやっていかなければならない。日本のようにものが十分に揃った環境でなくても、SHAREのサポートを受けながら、少しずつ知識を持つことができ、それによって自然と意識も変わり、コミュニティの力で乳幼児健診ができるようになった。これだけの力があれば、これからもっともっと良い保健活動が自治的に行われるようになるのではないかと感じました。しかし、そのためにはまだSHAREのようなNGOから大きなサポートをしていく必要があるなと思いました。

このようなコミュニティの力は、日本にはないものだなと思います。私は、「自分が何ができるか」ということを考えるために参加しましたが、逆にさまざまなことを学ばせていただきました。今回のツアーで学んだことを無駄にしないよう、今後も国際保健に対する学びを深めて、いつかまたカンボジアに行けたらいいなと思います。

2


2012年カンボジアスタディツアー参加者 
鳥越千翔さん


**応援よろしくお願いいたします**

募金バナー_カンボジア1

sDSC03281
1月16日から18日まで、乳幼児の適切な栄養について保健センタースタッフ対象のToT(Training of Trainers)研修が開かれました。

今回の研修対象は、サムロンおよびテッックトラー保健センターのスタッフと新人保健センター・スタッフです。
乳幼児の適切な栄養について、保健ボランティアへの研修ができるように準備することが今回の目的です。
既に、保健ボランティアへの研修を終えたチョンアンピル・アンコールトレッ・ダムレイプオンの保健センター・スタッフが、ピア・エデュケーターとなってサポートしました。

2

写真:皆で研修教材を確認

TOT研修で習ったことを教えられるようになるには、指導方法の練習が必要です。
講義の内容だけでなく、どのように指導するのか、講義後にレッスンプランを確認しながら復習します。
ピアエデュケーターにとって、保健センタースタッフに対して研修を行うのは初めてであり、緊張したようです。

「レッスンプランに沿ってはいたけれど、もう少し声が大きい方が良い」
「教材の見せ方は、参加者みんなに見えるようにしよう」
「参加者にもっと質問して、コミュニケ−ションをとろう」

1

写真:レッスンプランを確認しながら練習する保健センター・スタッフ

ピアエデュケーター同士が互いの講義を、非常に良く観察し、サポート的なアドバイスをしていたのが印象的でした。
また参加した新人保健センタースタッフは、先輩スタッフの講義を受けて、自分たちも研修ができるようになりたい!と積極的に練習に取り組んでいました。

教える人と教えられる人の関係ではなく、皆で学ぶことを分かち合う研修になったと思います。


虎頭恭~1

シェア・カンボジア
プログラムアドバイザー
虎頭恭子

**応援よろしくお願いいたします**

募金バナー_カンボジア1

sDSC03281
A TOT (Training of Trainers) seminar on proper nutrition for infants was held on for health center staff. Participants were the staff of Samrong and Tek Thlar Health Center and new staff of other health centers. The objective of this seminar was to teach staff to properly training health volunteers on proper nutrition for infants. The staff of Chong Ampil, Angkor Tret and Damrei Poun Health Center who had experienced training health volunteers, participated TOT as peer educators.

2
(Checking training materials)

It takes practice for staff to teach what they learned in TOT to health volunteers. Participants reviewed not only the content of the lecture, but also lesson plans, making sure how to teach. Peer educators were nervous because it was the first time for them to train health center staff.

"Try to speak a little more loudly. You followed the lesson plan well, though."
"Let's show materials to all the participants."
"Let's get communication with them by asking questions."

It was impressive that peer educators carefully observed their training and gave supportive advice to each other. The new staff practiced hard so they could become trainers. The training gave them a chance to share learning, not just the relation between teacher and learner.

Kyoko Koto, Program Adviser, Cambodia office

donate_now