あなたの心を惹きつけるキーワードは以下にありますか?
『国際協力、国際保健、NGO、国内、海外、在日外国人支援、広報、イベント…』
これらキーワードに関心のある方、そして勿論ない方も!シェアでのインターン活動ではたくさんの学びや経験、人との出会いがあります!
そんなシェアでのインターン活動の全貌をお伝えするべく、そして2014年度新規インターンを募集するにあたり、2月17日にシェアインターン説明会を開催しました。
この時期はまだまだ大雪の跡が残る足元の悪い中でありましたが、胸に秘めた様々な想いや夢を持った10名の学生や社会人の方々にお越し下さいました。

当日のプログラムは、シェアの活動紹介、募集要項といったインターンに関する説明、現役インターンによる各職種の話、OGインターンの話、座談会で構成されました。

インターンに関する説明や現役インターンの各職種の話では、インターンの具体的な活動内容や、各職種の特色、どのような想いや目的を持って活動に取り組んでいたか、インターンを通して成長したこと等…を紹介しました。
その後、OGインターンの移川さんから、インターン後に看護師として青年海外協力隊で赴いたザンビアでの活動や、インターンでの経験が協力隊で活かされたことについて話がありました。
参加者の方々からは、具体的な業務内容が分かって良かった、不安が解消された、インターンで培ったものをその後どう生かすのか具体的に知れて良かったとの声が聞かれました。

現役/OGインターンがインターン活動について語り合った座談会では、どのインターンも、インターン活動を通じて様々なバックグラウンドや刺激を受ける沢山の人々と出会い、共に活動し学び合う様々な場に出会えたことが良かったと語り合いました。
DSCF0673
<座談会の様子>

そして説明会の最後には、OGインターンの移川さんより青年海外協力隊で活動したザンビアの料理が振る舞われました。ザンビア料理は、トウモロコシの固粥’シマ’に鶏肉入りのトマトソースやキャベツ炒めが盛られたものでした。料理に舌鼓を打ちながら、アフリカと日本料理の違いや、今後国際協力に携わる上での質問などで話しが盛り上がりました。

説明会を通じて、同じ夢や想いをもった人々が集ったからか、自然と参加者間での交流が生まれていたことが印象的でした。また、インターン説明会を通じて初めてシェアを知り関心を持って下さった方もおり、インターンの活動を切り口にシェアの良さを伝えられて嬉しい気持ちになりました。

このブログを読んでインターンに興味を持って下さった方、2014年度の新規インターン募集は2月28日まで受け付けておりますので、ご応募お待ちしております!
また、インターンについて分からないことがあれば、お気軽にシェアまでお問い合わせ下さい。
シェアインターンというフィールドで、あなたの夢や想いを紡ぐ一歩を歩みましょう♪

写真
東京事務局インターン 辻本幸子


**応援よろしくお願いいたします**

募金バナー_一般

たくさんの感動と勇気をもらったソチオリンピックが2月24日に閉幕しました。
この冬季オリンピックに、東ティモールも出場していたことをご存知でしたか?
今大会には、他に雪の降らないトンガやドミニカ、パラグアイ、ジンバブエからも初出場したそうです。東ティモールからは、フランス人の父と東ティモール人の母の元に生まれた、ヨアン・グー・ゴンカルベス選手がアルペンスキーの種目で参加しました。

さて、日本では昔から準備運動や健康づくりと言えば、「ラジオ体操」ですが、
東ティモールにも「ティモール体操」があるんです。
野山を駆けまわっている子どもたちに、体操や運動なんて必要なの?と思うかもしれません。
いつも使っていない筋肉を動かすことは健康の保持増進や、けがをしにくい体づくりになるのです。
東ティモール事務所で保健省や教育局と一緒に取り組んでいる学校保健活動には、手洗いなどの衛生習慣の普及だけでなく、こうした保健体育の授業が定着することも目指しています。

日本では当たり前のように行われている保健体育や体操が、東ティモールの学校でも根付いていくように、学校の先生方や学校保健県レベルトレーナーが頑張っています。
そんな様子が、東ティモール事務所のスタッフから届きました。
----------------------------------------------------
こんにちは。皆さんお元気ですか?
シェア東ティモール・エルメラ事務所に勤務しているフィロメノ・マルティンスです。ニックネームはアミノです。
今回は、学校保健活動の実施状況を確認する「学校モニタリング活動」で、レブツ小中学校に訪問した時のことをお伝えします。
レブツ小中学校は、エルメラ県ハトリア郡にある小中一貫校です。この地域では、他の5校は小学部のみで、中学部からは皆、このレブツ小中学校へ通います。
「学校モニタリング活動」では、各学校で保健の授業が実際に行われているのか、どのように、どんな内容が行われているか、などをシェアと学校保健トレーナーたちと一緒に視察します。今回では、視察だけでなく、校長先生の発案で学校保健トレーナーや周りの5小学校の先生も招き、体操の練習を行いました。
この体操は、近年、国が作ったものです。

なぜ今回レブツ小中学校の校長先生がこのような練習を企画したかというと、
先生たちはすでにこの体操の研修を受けているのですが、自分が教える側に立って学校の授業で実践するにはまだ十分な理解がありませんでした。そこで、この体操を教えられる学校保健トレーナーを呼んで、あらためて体操の練習をしようということになったのでした。
この日は学校保健トレーナーがお手本となって、レブツ小中学校と近隣の5小学校の先生方と、合計320名もの生徒で練習をしました。
DSC06038

写真:レブツ小中学校の広い校庭で、みんなで一緒にやりました。

先生や生徒達に感想を聞いたところ、「体操の練習をしてとても良かった。みんなが覚えられるように、これから毎週金曜日にはこの体操を行いたい」と言っていました。体操や体育は体を丈夫にして、病気にかからないためにも重要なものです。この体操や保健体育の授業が東ティモールの全ての学校にひろがっていくといいなと思っています。

→こちらの動画で、東ティモール体操の様子が見られます。
アップテンポの曲が好きな東ティモール人らしい、エアロビクスに近い体操です。
----------------------------------------------------

保健体育が定着したら、「エルメラ県出身のオリンピック選手」が登場するかも?
皆さんもぜひシェアの活動を通じて、たくさんの可能性を秘めている東ティモールの子どもたちの未来を応援してください。

スタッフ アミノ
104



**応援よろしくお願いいたします**
募金バナー_ティモール1
Sochi Olympic closed on the 24th of February, it inspired many of us and gave us courage. Did you know that a Timorese participated in this winter game? His name is Yohan Goncalves GOUTT. His father is French and his mother is Timorese. He participated in alpine skiing competition. Players from snowless countries such as Tonga, Dominica, Paraguay and Zimbabwe also made their debut.

In Japan, "radio gymnastic exercise" (Radio Taiso) has been popular for a long time as warm- up exercises and to promote health. But Timor-Leste also has their own exercise program as well. You may be wondering why children of Timor-Leste who's running over the field all the time need to exercise, but to move the muscles that you don't use all the time helps healthy living and building physical strength. We are trying to establish health and physical education class as well as sanitary practice such as hand-washing as a part of school health project, and we are working with Ministry of Health and Education department. In Timor-Leste, teachers and school health trainers are working hard so that health and physical education and gymnastic exercise that are generally taken place in Japan will become familiar in Timor-Leste. We would like to report the progress of their effort from a staff member of SHARE.

****************************
Hi, how do you do? I'm Filomeno Martins, working for SHARE Ermera office. People call me Amino. I would like to report on a "school monitoring activity" visit to Lebutu primary and junior high school.

Lebutu primary and junior high school is in Hatoria sub-district of Ermera district. There is only one (1) junior high school and all the graduates from all the 6 primary schools (including Lebutu primary school) in this area go to this junior high school. We visited this school with school health trainers as a part of "school monitoring activity" to see if the school is really holding health and physical education class, how they are conducting the class and what students are learning. On that day, in addition to school monitoring, school principal suggested that we practiced gymnastics along with invited teachers from other five primary schools.

The school principal was afraid that teachers don't have enough knowledge about the exercise to teach children. So he thought this school monitoring was a good chance to improve this situation because one of the monitoring members was a school health trainer who could teach this exercise and show them how to practice exercise. The health trainer demonstrated in front of 320 children and teachers from 5 primary schools.

DSC06038
(Practicing with everybody at the school field ground of Lebutu primary and junior high school)

Participants' gave us comment that it was a good opportunity to practice exercise and they wanted to do this exercise every Friday. Exercise helps improving our health and it is important for disease prevention. I hope this exercise and health and gymnastic class would reach out to all schools in Timor-Leste.


*You can see video of Timor-Leste exercise here. Just like a Timorese who loves up tempo music, this exercise is almost aerobics exercise.

I wonder maybe someday, an olympian will be born from Ermera District after this exercise!
Please give your continuous support to children in Timor-Leste.

Amino, a staff member of Ermera office, Timor-Leste

donate_now
昨年12月から開始した「書き損じハガキキャンペーン」。

目標の2014枚、達成しました!
みなさん、ご協力大変にありがとうございました!

1月16日のブログ「書き損じハガキで国際協力♪」でご報告した時は、目標2014枚に対して、まだ572枚という状況でした。

しかし、ブログ効果もあってか、毎日毎日全国から「書き損じハガキ」が届き、もったいない係の私は、毎日楽しみに封書を開けてハガキ数えをしていました。

1月30日時点 1441枚

2月13日時点 1960枚

そして、、、

2月25日現在で、、、 

なんと2014枚を大幅に超える3378枚まで到達しました!

みなさん、見てください。この宝の山!

hagaki1

そして何よりも嬉しいのが、添えられているみなさまからの励ましの言葉。

「活動の足しに使っていただければと思い、送りました。季節の厳しい折、お体ご自愛ください」
「いつもHPおよびメールを楽しみにしております。お役に立てていただければ幸いです」
「応援しています。がんばってください!」
「皆様のご活躍を願っております」
「家にあっても使い道がなく、切手にかえても使いきれないので、よろしければお使いください」

「いつもお世話になっております」 なんて書いてあると、お手紙に向かって
「いえいえこちらこそ」 と頭をぺこりとしたくなります。

もったいない精神をお持ちの72名の全国の支援者のみなさま、本当にありがとうございました。みなさまのご協力に心から感謝し、国内外の「いのちを守る」ための活動をより充実していけるように大切に、大切に使わせていただきます。


あ、まだ送ってなかった!という人も、まだ間に合います。お待ちしています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

110-0015 東京都台東区東上野1-20-5 丸幸ビル5F 
シェア「もったいない係」宛

*書き損じハガキに記載されている個人情報は厳重に管理し、シェアおよび第三者が使用 することはありません。




支援者サービス担当 青木美由紀



**応援よろしくお願いいたします**

募金バナー_一般
Hello, everyone. This is Miwa Omori from Kesennuma office.

s0209大雪
(The trailer house on February 9)

As I have reported you little by little in this blog since last year, SHARE has been looking back on the joint project with Livelihood Project K to end earthquake restoration activities.

One of the pillars of these activities is support for temporary housing communities. We have been communicating with the chairman and members of the community of Hashikami district through interviews and questionnaires. We asked them, not only about our activities, but also about the current situation and problems of the community.

Though we have not finished all the interviews, most of the members of the community, including the chairman, had health problems, such as high blood pressure, weight loss or gain, and respiratory problems after earthquake disaster. In addition to having bad health conditions and difficulties rebuilding their lives, I think they must also have had a huge burden managing the new temporary housing community. At first, many of the residents cheered up and cooperated with each other to rebuild their community. But as they got busy putting their own lives back in order, it became harder to gain cooperation of the residents. This is not a common feature of all temporary housing; it depends on the residents' age group, location, and the number of people. Cooperation is one of the significant challenges in the decreasing number of residents in temporary housing.

A board member of the community told us that he appreciated that Livelihood Project K worked together with them for a long period. They understood that Livelihood Project K and the new community developed together as neighbors, and it has not been a one-sided relationship of support. Ms. Saijo, a member of Livelihood Project K, felt happy about that.

Livelihood Project K decided to continue working on the activities that they conducted with SHARE. I feel it is necessary to grasp what is going on in the community each time, and make a strong relationship with the community members and residents so that we can help each other whenever we need to.

I will collect up all the information that I have got from the questionnaires and interviews and share them with the community members to make good use of Livelihood Project K activities.

Miwa Omori, Coordinator of Kesennuma Project

donate_now