みなさんこんにちは。シェア東京事務所インターンの野瀬と申します。

今回は10月1、2日にお台場で開催された、グローバルフェスタJAPANでのシェアテントの舞台裏についてレポートしたいと思います。


P1010003
グローバルフェスタの会場様子


Q、グローバルフェスタJAPANって?

A,1年に一回行われる国際協力のお祭りで、政府レベルからNGOなどの草の根レベルまで、様々な分野で国際協力に関わる団体が集まります。今年は10月1、2日に開催され、240以上の団体が出展し、来場者は10万人を達したそうです。会場では各団体の国や支援先のクラフトやローカルフードの販売や歌やトークショーなどの催し物が行われ、とても盛り上がります。

シェアはこのグローバルフェスタに毎年出展して、活動をみなさんに知って頂く場にしています。そして何と言ってもこのテント内の展示や出し物など、シェアでは毎年インターンがメインで企画、運営をすることにしています。

一人でも多くの人にシェアの活動を知ってもらい、シェアのファンを増やしたい。
そして各活動地での人々の健康を守る役に立ちたい。そんな思いを皆さまへお伝えしています。


P1010007
シェアテント


今年のシェア企画

インターンで相談して、今年の企画の相談をするも、あれこれと意見はでるもののまとまらない!
あれもやりたい、これもいい、これはできない・・・。
結局一番みんなが関心を持っていた、以下を出し物としてやることになりました。
・ 在日外国人の診療現場の保健劇
・ 東ティモール手洗い衛生教育の保健劇
・ 東ティモール寄生虫、栄養クイズ大会
・ 2016年度夏、カンボジアスタディーツアーの報告

テント内の展示では実際に見て触ってシェアの活動を身近に感じてもらえるように東ティモールの手洗いステーションやカンボジアの乳幼児検診で使う体重計と健康教育教材を展示し、それに合わせて解説用のパネルを設置することにしました。

各出し物の担当を決めてそれぞれ資料や問題を揃えたり、保健劇では毎年“シェア劇団”として女優ボランティアを務めて下さっている、パワフルなベテランさん達と共に劇の稽古をしたり、瞬く間に時間は過ぎていきました。


P1010035
東ティモール手洗い衛生教育の保健劇

P1010156
東ティモール寄生虫、栄養クイズ大会

P1010072
カンボジアスタディーツアーの報告


そして当日

頼もしい助っ人、当日ボランティアさんも来て下さりイベントスタート。

さすが1年に1度の国際協力のお祭りとあって、大勢の人!2日間、共に多くの方がテントに来て下さり、ボランティアの方々も呼び込みからパネルの説明まで一生懸命頑張ってくださいました。

通りかかった人が手洗いステーションに関心を持ったことをきっかけに、現地での活動に興味を示してくださったました。そして劇やクイズ大会の出し物ではでは多くの人が集まって下さり、拍手や笑顔を頂き、その後シェアの活動をさらに尋ねて来てくださる方もいました。特設テントのスタディーツアー報告では、実際にツアーに参加して下さった方に経験談をお話して頂くこともでき、満席・大盛況のうちに終えることができました。

一人でも多くの人にシェアの活動を知ってもらい、共感してもらい、少しでも活動に繋げることができたかなと思っています。


P1010124
グローバルフェスタ当日の集合写真


シェアのスタッフさん、インターンさん、そしてボランティアさん、
来場者の皆さん、ありがとうございました!


シェア インターン
野瀬 友望


現在、シェアではクラウドファンディングに挑戦しています!

クラウドファンディング終了で残り僅か!応援宜しくお願いします。

こんにちは!
SHARE Cambodiaインターンの佐々です。
今回はカンボジアの一大行事、お盆についてお伝えします。

カンボジアのお盆:プチュンバン
 
 カンボジアは国民の90%以上が仏教徒。9月の下旬から10月の初旬までお盆を迎えます。お盆は会社も学校も全てがお休みで、国全体がプチュンバン(カンボジアのお盆)モード。故郷に帰省して家族で過ごします。そして毎日のようにパゴダ(お寺)にお参りに行きます。

プチュンバンを目前にして、プチュンバンの準備のため現地スタッフと市場へ。普段決して無駄遣いをしない現地スタッフが、プチュンバンに向けてたくさんお買い物をしているのをみて、カンボジアの人々にとって、プチュンバンが一大行事だと実感しました。


プチュンバンへ向けての買い物
プチュンバンに向けて買い物をした現地スタッフのチャンティーさん
(普段決して無駄遣いをしません)


 私もプチュンバン休みを利用して、元シェア現地スタッフのペアさんの家に滞在させてもらいました。電気も水道もない村での生活と、プチュンバンの過ごし方を初体験しました!


村での生活

 シェアの活動地プレイベンのオフィスから村の家まではバイクで片道1時間と少し。途中で雨が降ってきたため、カッパを購入しつつ村へ。泥跳ねでズボンは泥まみれ… それくらいオッパニハー(問題ない)です!

 村の家に到着すると、ペアさんの家族が温かくお出迎えしてくれました。ペアさんは4人兄弟の末っ子。長女と次男の家族は隣の家に住んでおり、ごはんはいつもみんなで一緒に食べます。シェムリアップに住む長男家族も帰省してきており、一家勢揃い!終始賑やかで、笑いが耐えませんでした。

 お家は電気・水道は通っておらず、電気はバッテリー、水は井戸水と雨水で生活しています。お家は高床式の作りで、夜は扇風機を回さなくても十分涼しく快適でした。日が沈むとあたり一面真っ暗に!男性陣はご近所さんも交えて酒盛り。女性と子供は家の中でおしゃべりをしたりテレビを見た後、8時頃就寝(笑)。早すぎでしょう!と思いましたが、虫とカエルの声を聞きながらいつのまにか心地よい眠りにつきました。


高床式の家
ペアさんの家。村の一般的な高床式のつくり

バッテリー
バッテリーを買って家で家電製品を使います

スープ&プラホック
魚のスープとプラホック。おいしい!


 翌朝、ニワトリの鳴き声とこどもの遊ぶ声で目が覚めました。早朝に家族全員でお寺参りへ。お寺へは正装をしていきます。女性は伝統的なサンポットという巻きスカートに白のトップス。男性はシャツにスラックス。各家庭で僧侶のための食事を調理して持参します。お参りをして、皆でお経を唱えます。お経の後、僧侶が食事を終えたら家族みんなで持参した食事を食べます。


パゴダへお参り
正装を着てパゴダへお参り

僧侶へ食事を献上
僧侶へ食事を献上します


 お参りを終えて帰宅すると、子供たちが家の裏にある田んぼで釣りを始めました。もちろんお父さんお手製の釣竿で、餌はプラホックというカンボジアの魚を発酵させた伝統的な料理を使いました。その後はハンモックでお昼寝をしたり、読書をしたり、おしゃべりをしたりと各々自由にゆったりと過ごしました。


魚釣り
こどもたちと家の裏で魚釣り。2匹連れました!


 翌日は、子供達を連れて水浴びに遊びに行きました。地元では有名なレジャースポットのようで、雨にも関わらず大にぎわい。屋台も沢山でており、日本の海の家を連想させる休憩所も設けられていました。カンボジアでは水着を着る文化はなく、大人も子供も私服のまま水浴びをします。トラックの荷台(カンボジアではよくみかける光景で、やってみたかった!)に乗せてもらい、帰りました。

 村の生活は私にとって全てが初めてで刺激的でした!幸せそうな家族、子供が元気に遊ぶ声、自然に囲まれて穏やかに過ごす時間。温かく受け入れてくれたペア一家に心から感謝。いつの日かまた行きたい!


SHARE Cambodia インターン
佐々 美保


現在、シェアではクラウドファンディングに挑戦しています!

引き続き応援よろしくお願いいたします

(以下は、シェアのクラウドファンディングの内容を英訳して掲載しています)

Imagine being sick in a foreign country where you cannot understand the language.
How difficult it must be to communicate your symptoms in a language that is not your own while enduring the pain and sickness.
Did the Doctor understand what I said? Are there any misunderstandings? What is this shot for? How much money will this cost? What happens if I don’t have medical insurance?


I am a nurse that provides health support to foreign migrants living in Japan.
I am Yuko Yamamoto, working at a Non-Governmental Organization called Services for the Health in Asian & African Regions (SHARE). While I was studying to be a nurse, I volunteered to teach Japanese to foreign migrants. From my new foreign migrant friends, I heard many stories about the difficulties they faced when they became sick. In one story, a migrant went to the hospital suffering from back pain. While not understating anything the healthcare service provider was saying, the migrant took many medical tests, and ended up with a JPY 500,000 (approximately USD 5,000) medical bill. In another story, a migrant asked the son attending a Japanese Evening High School to provide translation at the numerous hospital visits, as the migrant could not afford to hire a translator. The son, who missed too many school days in order to support his migrant parent at hospital visits, could not graduate.


From that experience, I realized I wanted to do something to help migrants facing barriers to healthcare.
While working at the hospital, I began to volunteer at place that provides free medical consultation to foreign migrants. Furthermore, as a Japan Overseas Cooperation Volunteer, I went to Honduras to work at a health center. In Honduras, I became ‘sick patient in a foreign country’. That experience hit home for me as for the first time, I understood the fear of being sick in a country where I could not understand the language. Through this experience, I decided on my lifework to help foreign migrants facing healthcare barriers.
YAMAMOTA07a



With your support, we would like to carry out the following to help foreign migrants:
1) Dispatch Medical Translators in Emergency Cases.
In countries such as the US and Australia, the provision of medical translators is guaranteed by law.* However, we have yet to realize the same in Japan. Beginning with Tokyo and surrounding prefectures, we set out on a challenge to dispatch medical translators as soon as we receive contact from a health service provider. We would like to use the know-how we gained from this challenge to help us when we eventually bring the medical translator system nationwide.
*laws may vary by state
gaikokujin_zainichi


2)Improve Health Telephone Consultation Services
I currently provide health consultation as a staff of the Migrant Health Program at SHARE. Consultation phone line opens 3 days a week from 10:00-17:00. Majority of the calls comes from healthcare service providers nationwide, facing difficulties with foreign migrant patients. Although the number of calls continue to rapidly increase, we only have two staffs that can provide health consultation. SHARE would like to increase the number of staff,
医療電話相談(イメージ画像)



3) Provide Seminars for Healthcare Service Providers
Where can we ask for translators? What are the differences among residency status? Can a migrant patient register for health insurance if he/she currently do not have one? How can we be culturally sensitive?
Healthcare service providers encounter a variety of problems and questions with a foreign migrant patient. They consult with SHARE to get information and find measures to overcome the problems. At the seminar, health care service providers will learn about the problems faced by migrant patients and learn the know-how to support the migrant patient. Furthermore, the seminars are a good opportunity for them to learn about medical translators. SHARE would like to hold two seminars a year to increase the number of healthcare service providers to understand migrant health.
DSCF8055



I Want to Be Proud of a Country that is Kind to Foreigners!
I decided on Crowdfunding because I want as many people as possible to learn about the problems faced by migrants in accessing quality health care in Japan. I hope that by sharing this problem with many people, we can come together to create a solution. The Tokyo Olympics takes place in less than 4 years. Many people from all over the world will come to Japan, and some will need healthcare support. Until that time comes, we need to build up our ability to support the health of foreigners. Even a small amount will make a difference. Please provide your support!


Message from the Dr. Toru Honda, Chair of SHARE
The National Migrant Health Program of SHARE began in 1991. SHARE provides face-to-face consultations and support activities with health care providers and migrants; free health consultations in Tokyo, Chiba and Kanagawa Prefecture; telephone consultations in multiple languages; and dispatch of medical translators. For over 25 years, throughout all our activities, we have always continued to emphasize quality, and understanding of the rights, needs and unique situation of each migrant living in Japan.

With agreement by the United Nations and international society, Universal Health Coverage (UHC) is seen as a pillar of healthcare provision. The Japanese Government has been championing UHC worldwide as Japan has a proud historical legacy of providing national health insurance coverage for all its citizens after World War II. (However, the national health insurance does not necessarily include non-citizens depending on residency status.) SHARE is working for Universal Coverage that includes migrants so that Japan can be a more generous and prosperous society that can live together with people of different ethnicities. Please provide your support!

本田さん写真1

Toru Honda
Chair of SHARE. Doctor at Taito-Ku Asakusa Hospital. Volunteer at Sanya Sanyu Clinic.

Thoughts of Dr. Toru Honda
http://blog.livedoor.jp/share_jp/archives/cat_342979.html
Appearance on NHK Professional: Sanya o Sasaeru, Iryou no Magokoro
http://www.nhk.or.jp/professional/2013/0617/

Services for the Health in Asian & African Regions (SHARE)
SHARE is an international health NGO founded by doctors, nurses and students in 1983. SHARE strives to create a society where everyone has access to healthcare. SHARE currently works in Cambodia, East Timor and Japan.
http://share.or.jp

Breakdown of Expenses
1) Dispatch of medical translators: interpreter fee and transportation
2) Health telephone consultation: personnel and communication
3) Convene seminars for healthcare service providers: venue, transportation, speaker's fee and print materials


We, SHARE, are challenging "CROWDFUNDING", since we started it from Oct. 1, 2016.
Your kind donation is most appreciated to enable us to start the activities introduced here.
Please click the following Link for donation.





Yuko Yamamoto
Program officer, Migrant health program in Japan

医療通訳が入って初めて分かったこと。
泣きながら、日本語がほとんど話せない女性患者さんが発した言葉。

”何ヵ月も、自分の病気が何なのか誰も教えてくれなかった”
”今、自分がどういう病気にかかっているのか分からずに、入院していたので不安でしかたなかった・・・”


病名も知らされずに入院生活を続けるしかなかったBさん
こんにちは。在日外国人支援事業を担当しています、山本裕子です。
この女性患者さん(Bさんとします)に起きたような悲しいケースは、日本の世の中にあふれているのですが、このような状況がどうして起きたのでしょう。
本日は、このような状況がおきてしまった経緯を少しお伝えしたいと思います。

Bさんは、ある日体調が悪くなって、急いで病院を受診しました。
いろいろな検査をして、病名が判明しました。
風邪とかのレベルではなく、入院治療が必要な、患者さん本人に慎重に病状説明をを行う必要のある病気でした。

”日本語がほとんど通じないBさんに、どうやって病名や治療の説明をしたらいいだろう・・・”
病院のソーシャルワーカーは悩みます。
シェア、という団体が外国人医療相談をやっていると調べて、相談してみることにします。

DSC_0861

外国人医療電話相談に対応しているシェアスタッフの廣野


ソーシャルワーカーは、シェアから、”医療通訳”とはどういうものなのか初めて聞くことになります。
医療通訳派遣というのは、本来は”タダ(無料)”ではない、ということも、初めて知ります。
告知は重要で急を要しているので、今回は病院が通訳費用を負担できなくても派遣を検討することも、シェアから提案を受けます。
”自分では決められない”とソーシャルワーカーは病院内で話し合ってから結論を出すことにし、電話を切ります。

しばらくたって、シェアに折り返しの電話がかかります。

「Bさんの夫が日本人で、さきほど、その方に主治医が病気の告知をしました。
これからは、夫が通訳をしてくれることになったので、通訳派遣はいらなくなりました」と。
シェアの交渉も虚しく、シェアからの通訳派遣は叶いませんでした。

それから、数ヵ月後、病院が転院となります。
そして、縁あってシェアとまたつながり、私たちは、上記のような状況を知ることになります。

Bさんの夫は、実はBさんの母国語をほとんど話せず、Bさんへ病状説明など全くできていなかったのです。


言葉の障壁を理由にプライバシーが守られず、病気を知る機会を奪う
さて、このケースはそもそも何が問題だったのでしょう。
今回は2つの問題について取り上げたいと思います。

1つ目の問題は、Bさんが「日本語が通じない」患者さんだったことで、患者さんへまず説明する、という大原則が守られなかったことだと思います。
このようなケース、本当にたくさんあります。

日本語が流暢でないというだけで、本人の意思を確認せずに、勝手に配偶者に告知するのは、プライバシーを侵害する行為だと思います。
自分の病気・治療なのに、理解する機会すら与えられないなんで、どう思われますか。


訓練を受けていない人に医療通訳なんて無理
2つ目の問題は、通訳の訓練を受けていない配偶者に通訳をお願いしたことです。
日本語が通じる家族がいると、その人がいれば通訳の代わりをしてもらえる、と考えてしまいがちですが、「通訳」は訓練していない人では果たせない役割です。医療の現場ではなおさらです。

私も、スペイン語が多少しゃべれるということだけで通訳をお願いされたことがありますが、
医師の説明を10としたら、1も伝えられませんでした。
通訳できる範囲の文章で切ってもらえるよう医師にお願いしたり、会話をコントロールしながら、一語一句漏らさずに通訳する、ということは、相当の能力とスキルが必要です。

そして、万が一、Bさんが夫からDVを受けていたとしたらどうなると思いますか。
日本語が分からないことをいいことに、意図的に、夫にとって不都合な情報は伝えない、ということも起こります。第3者である医療通訳をきちんと準備することが、とても大事です。


医療現場での、言葉の障壁を超えたコミュニケーションを実現するために
このような医療現場で、ソーシャルワーカーや医師、看護師など、医療従事者の皆さんが困って通訳の助けが必要!となったときに、安心して通訳を依頼して活用できるような仕組みが、1日も早く日本にも作れることを切に願っています。そのために、シェアは、目標に向ってこつこつと活動を続けながら、外国人の医療の現場で起きている状況を発信し続け、1人でも多く、活動に共感してくださる方を増やすことが大事だと思っています。

10月1日から1ヵ月間、“病気になっても、安心して医療を受けられない外国人を助けてください!”というメッセージを掲げて、私たちに共感してweb上でご寄付いただく「クラウドファンディング」にチャレンジしています。
現在、50名を越すサポーターの皆さんがくださった温かい応援に励まされながら、目標達成に向けて頑張っているところです。
この取り組みを初めて知ったという方は、このURLhttp://japangiving.jp/p/4756から、もしくはインターネットから、「ジャパンギビング、シェア」と検索して、ページを開いてみてもらえるとうれしいです。



在日外国人支援事業担当
山本 裕子

現在、シェアではクラウドファンディングに挑戦しています!

引き続き応援よろしくお願いいたします!


ある外国人住民の患者さん。日常生活でつかう日本語は、ある程度話せる人でした。
外来通院をしていましたが、一度も通訳が準備されることはありませんでした。

gaikokujin_zainichi
シェア代表理事・医師の本田が通訳を介し、治療を行う様子

一見日本語が話せている人も、医療通訳なしで理解するのは難しい

ある日、担当医が代わることになり、それに合わせて治療方針が変わりました。
患者さんは、治療方針が変わったことで、新しい担当医に不信感を抱いてしまいました。
そのため、患者さんは「病院を変えたい」と転院を希望し医師も承諾したのですが、間で調整していたソーシャルワーカーや看護職は、きちんと通訳を介して話し合ったほうが良い、と判断し医療通訳を手配しました。

通訳を介して話し合ってみて分かったことは、医師の説明に対して「分からない」と言えずに、どんな質問に対してもうなずいていたことが分かりました。うなずいていたから、関係者はみんな理解しているものだと、思い込んでいたのです。
突然転院を希望したりして、”気難しい患者”と誤解されかけていましたが、どこが分からなかったのか、患者さんが通訳を介して伝えることができ、そして治療方針が変わった理由も理解できたことで、信頼関係は深まり、転院することなく治療を継続できました。

私も、ホンジュラスという国で、スペイン語で生活したとき、理解できない言葉が多すぎると、「わからない」と言えなくなり、思わずうなづいてしまう、という経験は多々ありました。「分からない」と言えたとしても、語学力の問題で、分からないところが「分からない」ときや、「どこがどのように分からない」と表現できなかったりすると、どうしようもなくなります。相手が、「医師」であればなおさらだと思います。

診察時や病状説明などの重要な場面で、必ず医療通訳の助けを得て、スムーズに会話ができるような世の中に、少しずつ近づけて行きたいです。
そのためにも、私たちのクラウドファンディングでのチャレンジを、1人でも多くの方から応援していただけるよう、発信していきたいと思っています。


在日外国人支援事業担当
山本 裕子


現在、シェアではクラウドファンディングに挑戦しています!

現在27%と、まだまだ多くの方のご支援が必要です。
引き続き応援よろしくお願いいたします!