寒い夜に猫2匹と寝るのが習慣になりつつある、在日外国人支援事業部の横川です。


技能実習生の立場
 11月1日(水)にシェアで、「★技能実習制度」とういうテーマの勉強会をNGO労組国際共同フォーラムとの協働で行いました。皆さん、新聞などで「技能実習生」という言葉を目にする機会が増えているのではないでしょうか。私たち在日外国人支援事業部も、外国人医療電話相談や東京都の外国人結核患者への通訳派遣を行う中で、相談者や患者の立場が「技能実習生」であることを、ここ1,2年でよく耳にします。


患者さんの思いを裏付ける根拠とは
 ある時、「患者(技能実習生)さんが結核になったからという理由で、国に帰るように言われているが、患者さんは帰りたくないと思っている」という話を耳にしました。シェアとしては、結核と診断をうけた患者(技能実習生)さんは、日本できちんと治療を完了できることを願って支援しています。しかし、病気を理由に契約期間途中で帰国させられてしまう状況に対して、どのような根拠をもってして、日本で治療継続する権利を主張できるのか判断つかない状態でした。自分の知識不足が患者さんの治療を中断させてしまうかも知れないと思い、技能実習生の権利保障と制度の見直しを求める活動を行っている「外国人研修生権利ネットワーク」とういう団体があることを知り、早速、電話をかけてみました。


病気を治す権利と仕事を継続する権利
 相談した電話口で「技能実習生も労働者の一人です。労働者として、働き続ける権利や病気を治す権利は誰にでもあります。」という言葉にホッとしました。ホッとしたのもつかの間、自分が正しい情報を知らないがゆえに、今までにもサポートできた人を見過ごしてしまったのではと不安になりました。勉強をして、自分の置かれている立場で何ができるのかを考えなくてはと思い、シェアの勉強会を開くことを思い立ちました。講師には、電話で相談にのって下さった、外国人研修生権利ネットワークのメンバーでもあり、全統一労働組合の佐々木さんをお招きしました。

DSC_0775
勉強会の様子

白熱する思い
 参加者はシェアのスタッフやインターン、NGO労組、外国人支援でシェアと関係のある医師などが参加し15名ほどの会となりました。佐々木さんのお話は、技能実習制度の仕組み、概要、制度的な問題、ケース紹介など多岐にわたりました。佐々木さんの話が衝撃を受ける内容で考えさせられることが多く、参加者と質疑応答は白熱したものとなり、予定時間が30分もオーバーしました。

共に考え、共に行動する
 私がその場にいて感じたことは、参加者の皆さんがそれぞれの置かれた立場で何ができるのかを模索しているように思えました。1人で出来ることは小さいかも知れませんが、それぞれの立場でするべきことを努力し、周りの共通する思いを持っている方々とつながっていくことで、「技能実習生」における問題もすっきり解決はできなくとも、前進できることがあるのではと考えさせられました。
来年度も皆さんのお力を借りて、共に考え、共に頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

★「技能実習制度」は技能移転を目的とし、途上国の外国人に対し、期間を区切って実習生として労働者を受け入れる制度です。国際貢献の建前に対し、割安な労働確保ではないかという批判があり、11月から新制度が始まったところです。




在日外国人支援事業部
横川 峰子


シェアでは冬の募金キャンペーンを行っております。
この冬も、どうかあたたかいご支援をよろしくお願いします。

南半球の、真夏のクリスマスが近づいている東ティモールからこんにちは。

今年は2018年までの3年間のディリ県での学校保健プロジェクトの中間年です。
先週2日間にかけて、今年の成果や課題を全国の県保健局・県教育局の関係者や支援団体と共有する「学校保健国レベルワークショップ」を開催しました。


DSC_3225
人数が多かったので地域別に分けて記念撮影しました

国レベルワークショップの目的

シェア東ティモールが進めている学校保健プロジェクトは、首都のあるディリ県の98校の小中学校を対象にしていますが、プロジェクトの最終的な目標は「ディリ県での学校保健をもとに、行政によって全国で学校保健が実施される」ことです。

そのため全国13県から、学校保健を担当する保健局や教育局の関係者が一堂に会しました。すでに各県で実施している学校保健活動や、シェアがディリ県で省庁と共に進めている学校保健の政策づくりや保健活動の事例、学校保健モニタリングの様式などを共有し、今後各県で学校保健を進めていくために必要なことなどを話し合いました。

今年は、主に以下のような成果がありました。
ゞ軌蘊覆行う教師への学校保健研修体系の確立しつつあること 
県教育局による学校保健モニタリングの実施されるようになったこと
8修を受けた教師たちによって、ディリ県内の多くの学校で、学校保健活動が広まっていること

東ティモールの国土は東西に長細く、飛び地のオイクシ県を含めた13県が集まるのは大きなイベントです。私たちも日頃なかなか会うことのできない他県の担当者に学校保健への関心を高めてもらうために、県からの発表の場や掲示物などを工夫して準備してきました。


DSC_3198

DSC_3347
教育省の職員へ、学校保健最新情報が詰まったニュースレターを説明するプロジェクトコーディネーターの秋山。今年2回発行し、ディリ県内98校の学校に配布したものを今回他県へ配布しました


10年近く、東ティモールの学校保健プログラム普及活動をしてきたシェア

近年、学校保健プログラムは教育省や保健省の間で、重要性への認識が高まっていると感じます。
例えば、今年改訂された小学校の教育カリキュラムではこれまでの「保健体育」ではなく「保健」として独立した教科になり、地域の保健センターの職務にも学校での保健教育が追加されるなど

「Saude Eskolar」(学校保健)という単語を見聞きする場面が増えています。
学校保健を進める政策として「学校保健戦略計画2018-2022」の策定も進んでいます。
こうした流れを後押しに、シェアが直接支援できない他県の学校でも積極的に取り組んでほしい。 そんな思いで、こうしたワークショップを開いています。


今回のワークショップでは印象に残ったことが3つ。

ひとつは、90名近い人数が集まったのにも関わらず、時間通りに開始したこと。2つめは、圧倒的に男性の参加者が多かったこと。3つめは、参加者のみんながアツすぎることでした。

ひとつめの「定刻の開始」。日本では当然のことですが、東ティモールでは極めて珍しいのです。開会の挨拶をする役職の高い方々が遅れて始められないことはしばしば。南国タイム?なのか、特に参加者が多い時には、予定の1時間後にようやく開始・・・ということも珍しくありません。

この日も私は「まだまだ始まらないだろうな」と他の仕事でもやろうかと思っていたところ、時間ぴったりに、しかも用意していたイスが足りないくらいの参加者が集まって開始したので、逆に慌ててしまいました。学校保健プログラムへの関心が高いのだろうと思うことにしました。(たまたまかもしれませんが!)


DSC_3392


ふたつめは、会場の9割近くが男性だったこと。母子保健に関する全国会議などでは女性が4割ほど占め、保健センターなどには多くの女性が働いています。しかし今回のような県の教育局・保健局の中核職員で学校保健を担当する職員には男性が多いことを実感しました。

学校現場では、地方でも女性の先生はたいてい3割から4割はいる印象で、各省の大臣や保健局長などの要職は日本よりも女性の比率が高いです。

学校保健では、女子生徒も使いやすいトイレの設置や学校での対応なども必要なため(生理期間中は学校を休む生徒も多い)各県で学校保健を推進していく際には女性の職員とも協力して進められるような配慮が必要と感じました。


DSC_3371
ディリ県を筆頭に進めている県学校保健委員会を、昨年から自主的に設立し活動内容を発表したビケケ県保健局の職員


みっつめは、時にはケンカしているのかな?と思うほど議論が白熱しました。特に教育関係の参加者は、長年学校教師として勤めてからこうした役職についている人も多いからか、発表や議論するときの声も非常に大きく、勢いがあったのが印象的でした。県からは国に対して学校保健関連の予算がなかったり遅配に対する意見や、学校保健モニタリング方法についてなど多くの意見が交わされました。

特に、独立運動も活発だったという東部地域の県は、活動家のように熱のこもった話しぶりの人も多く、学校保健もぜひ熱い闘志と勢いで進めてほしい!!と願わずにいられませんでした。


DSC_3304
保健省のヘルスプロモーション課長からも、多くの男性陣に負けじと、勢いのあるプレゼンが行われました


明日からいよいよ学校保健最終年次のスタートです。
東ティモール政府が学校保健プログラムを広めて行けるように、力を合わせて頑張ります。
これからもご支援よろしくお願いします。

※シェアの学校保健プロジェクトは、会員の皆様からのご寄付や、外務省NGO連携無償資金のご支援をいただき実施しています。


DSCF2966
東ティモール現地代表 吉森悠


シェアでは冬の募金キャンペーンを行っております。
この冬も、どうかあたたかいご支援をよろしくお願いします。

こんにちは。シェアの看板お友達担当のシェーちゃん・アーちゃんです。

シェーちゃんアーちゃん
シェーちゃんアーちゃん

今年のインターンは全員で4名になりますが
今回は、岩波薫さん、齋藤愛美さんの2名のインターンさんにインタビューをしたいと思います。


IMG_3576
グローバルフェスタにてシェアの事業について紹介するインターンの岩波

【プロフィール】
名前:岩波 薫(いわなみ かおる)
担当事業:支援者サービス、在日外国人支援事業
所属:政治学研究科 国際政治学専攻修士
趣味:音楽(Goosehouseというグループの大ファン!)、電車に乗ること


IMG_3692
(中央)グローバルフェスタにてシェアのブースを紹介するインターンの齋藤

【プロフィール】
名前:齋藤 愛美(さいとう まなみ)
担当事業:海外事業、普及啓発事業
所属:看護学部3年
趣味:歌、のんびりすごすこと




Q.シェアでインターンをしようと思ったきっかけはなんですか?

岩波
障がい児者と交流する活動を10年位していて、同じ社会的弱者に手を差しのべる活動に興味を持ったからです。

齋藤
発展途上国での医療に関心を持ち、実際活動を行うまでの流れを学びたいと思ったからです。


Q.インターンのお仕事はどんなことをしているんですか?

岩波
支援者サービスでは火曜ボランティアの方々と活動を一緒に行い、全国から寄せられる使用済み切手や書き損じハガキなどのご寄付品を集計し、お礼ハガキを出すなどしています。在日外国人支援事業では、イベントの告知やお礼のメールを作成したり、在日外国人の方々とのミーティングで使う資料の英訳をしています。

齋藤
ワークショップで必要な物品を準備したり、イベントを行う施設を探したり、報告会の際に使用する資料を準備したりなど、事務的な作業を中心に行っています。


Q.インターンが終わる3月、どんな自分になっていたいですか?

岩波
国際保健の知識が身に付け、自分が伝えたいことを多くの方に伝えられるようになりたいです。

齋藤
色んな人の意見を聞くことで、広い視野を持てるようになりたいです。


Q.最後に一言お願いします!

岩波
事業部を兼任なので、各事業部には週1の勤務です。もどかしさもありますが、両方の事業をインターンさせていただくことで見えてくることもあり楽しいです。

齋藤
積極的に動けばそれだけ学びが多い場所であると感じます。限られた勤務日数の中、自分なりに多くのことを吸収していきたいです。


インターンのお二人ありがとうございました。2度のインターン紹介企画を通して少しでも今年度のインターンのことを知っていただけたら嬉しいです!

第一弾 2017年度インターン紹介はちら

インターン4名、国際保健に対して熱い思いを持っていて、それぞれがシェアの活動を通してさらに自分の活動範囲を広げていけるよう日々過ごしていることが感じられましたね。残りの活動も、インターン一同、精一杯取り組んでいきます。

2月頃にはインターン企画を考えています。皆さんに興味持っていただけるような企画を考えて参りますので、今後もFacebook等で情報チェックしていただけたら幸いです☆


シェーちゃんアーちゃん
お友だち担当
シェーちゃん&アーちゃん


シェアでは冬の募金キャンペーンを行っております。
この冬も、どうかあたたかいご支援をよろしくお願いします。


子どもの栄養改善1000日アプローチプロジェクトが開始

カンボジアでは保健センター・保健ボランティア・自治体の女性子ども委員会の人びとへの研修を実施しています。研修では、なぜ命が始まってからの1000日が大事なのか・母乳の大切さ・乳幼児に適切な離乳食とは・3大栄養素・成長発達モニタリングの方法といったテーマについてふれています。


IMG_0740
研修の前にはリハーサルをして内容を確認します。



シェアカンボジアスタッフのダナーのプレゼンテーション


研修はテーマも重要ですが、どのように対象者にメッセージを伝えるかということも工夫が必要です。歌・視聴覚教材・ゲーム・実践等を組み合わせながら、参加者が楽しく体験を通して学ぶ手助けをします。



シェアカンボジアスタッフのセレイの歌


IMG_0747


IMG_0828
実際の成長曲線を拡大するなど、わかりやすい資料にするため工夫します。


栄養すなわち食事は人々の生活に直結していますので、いつでもここの人びとは何を食べているのということにアンテナを張ります。市場で売られている食材・村の食堂のメニュー・スタッフが業務後に釣ってくる魚等々、プレアビヒアでの生活が少しずつ見えてきます。


IMG_0807
プレアビヒアの市場の様子


IMG_0819
イナゴも食べるようです


IMG_0757
業務後に夕ご飯を釣りにいくシェアスタッフ


IMG_0858
ヌンメンチョッという、米の麺料理です。私のお気に入りのカンボジア料理です


海外事業部
虎頭 恭子