こんにちは。おいしいコーヒーが大好きで、休日に娘と一緒にカフェめぐりにはまっている、在日外国人支援担当の横川です。おすすめのカフェをご紹介しますので、いつでもお声をかけて下さい。

さて、今回は結核における通訳の必要性についてお話したいと思います。

新登録結核患者における外国出生数及びその割合いの増加
 東京都において、平成28年新登録結核患者のうち外国出生数の割合は13.2%となっています。全国平均である7.6%と比較すると、約2倍です。さらに、東京都において、平成23年の新登録結核患者における外国出生数の割合は6.4%(全国平均4.1%)だったのに対し、5年で倍近く増加していることになります(下記グラフ参照)。
ブログ
(出典:東京都結核予防推進プラン2018)

外国人結核患者に対する治療・服薬支援員の派遣数の増加
 シェアは、東京都からの委託事業として、外国人結核患者に対する治療・服薬支援員(医療通訳)の派遣・育成事業を行っています。この事業の目的は、結核に罹患した外国人出生者の言葉の壁や心理的不安を軽減し、治療を促進、服薬中断を防止することです。上記に記したように、東京都における新登録結核患者における外国出生数の割合が、過去5年で倍近く増加していること、さらに、平成23年の通訳派遣数は147件だったのに対し、平成28年の通訳件数は228件となり、過去5年で通訳派遣数は1.5倍に増加していることからも、今後の通訳派遣事業の必要性がご理解いただけるかと思います。

治療・服薬支援員研修実施
 この事業では通訳派遣と共に医療通訳の育成事業にも力を注いでおり、1月17日に医療通訳に対してのフォローアップ研修を行いました。現在、医療通訳は、16言語49名が登録をしています。研修では、結核の最新治療情報や外国生まれの結核患者の課題と対策などを勉強し、知識向上に役立てました。また、通訳からは、日々、疑問に思っていた結核に関する沢山の質問が出たため、講師からその一つ一つに丁寧な説明がありました。医療通訳は、派遣された時に自分のベストが尽くせるように、結核の勉強をしたり、通訳技術を磨いたりと努力を惜しみません。そのような姿にいつも頭が下がる思いです。



IMG_20190117_192908グループワークをしながら、結核に対する疑問を皆で出し合っている様子。

通訳派遣の意義
 統計的に見ても通訳派遣の必要性はわかると思いますが、結核の治療完了を促していくために通訳の存在が欠かせません。結核の治療は最短6ヶ月の服薬とその後のフォロー期間も含めると2年半かかります。これは、とても長い治療期間です。そのため、結核の治療をする意義や服薬の必要性を十分に患者さんが理解していないと、長い期間を乗り切ることが非常に難しくなります。薬の副作用が出た時、薬が変更になる時、退院した時などに、母国語での説明が治療を継続する鍵となります。また、通訳が入ることで、患者さんがいつもより多くのことを話してくれたり、笑顔を見せてくれることもあります。今後も通訳と共に、患者さんの笑顔が見られるような支援を目指し努力していきたいと思います。




在日外国人支援事業部
横川 峰子
こんにちは。シェア・カンボジア、プロジェクトリーダーのフンです。

先日、シェア・カンボジアの活動を題材としたミュージカル、「カンボジアの夢」が上演されたそうですね。実は、ミュージカルに出ていたシェアスタッフ「フン」のモデルは、何を隠そう私です。
私は2002年にシェアに入職し、今は9名のプロジェクトスタッフをまとめるプロジェクトリーダーを務めています。ミュージカルは大盛況だったと聞きました。ホットジェネレーションのみなさま、カンボジアのプロジェクトについて取り上げてくださり、ありがとうございます。
また見に来て下さった皆さまも本当にありがとうございます。ぜひこれからも、シェア・カンボジアの応援をよろしくお願いします。

さて、今日のブログでは、私からみなさんに活動の報告をさせていただきます。

2018年の前半に、プレアビヒア州の子どもの栄養状態を把握するため、ベースライン調査を実施したことはすでにブログなどでお伝えしている通りです。今後はその調査結果を様々な機会を利用し、発表していく必要があります。そこで、シェア・カンボジアでは、昨年の12月、カウンターパート(事業の共同実施者)である州保健局および郡保健局の栄養担当官と一緒にわかりやすい発表資料の作成に取り組みました。

IMG_6175
「ワークショップの様子」


このワークショップで実施したことは、
(1)ベースライン調査のプロセス(準備、実施、データ入力、分析)を共有する。 
(2)調査結果(身体計測の結果、養育者による子どものケアについて一般的な特徴、妊産婦の食事行動についての特徴)の分析をする
の2点です。

州保健局栄養担当官のDr. メーンも、郡保健局の担当官トン氏も、シェアとのワークショップに熱心に取り組んでくれました。二人とも調査の準備・実施の段階から積極的に関わっていたため、実際に自分で経験したことも多く、内容もスムーズに理解できていたようです。

IMG_6176
「ワークショップに取り組む州保健局栄養担当官(写真手前)と郡保健局栄養担当官(写真奥)」


最終的には調査の結果を深く理解し、自身の言葉を使って発表することができるようになりました!(ワークショップ最後の発表のすばらしさに、シェアスタッフから思わず拍手喝采がおきたほどです)

州保健局の栄養担当官Dr. メーンと郡保健局の栄養担当官トン氏によると、彼らは今までに様々な団体が実施する調査に協力したことはあったけれど、今回のように結果の分析に参加するのは初めてだったということです。
シェアでは、プロジェクトはカウンターパートと一緒に実施するものだと考えています。ですから、彼らに「プロジェクトは自分たちのものだ」と認識してもらうためにも、こうした分析や結果共有にも積極的に参加してもらうようにしています。

IMG_6177
「ワークショップの内容をまとめるシェアスタッフのフン」


現在はまだまた最初の準備段階なので、これからさらに内容をブラッシュアップさせていく必要があります。しかし、高いやる気と能力を持ったカウンターパートなので、きっとシェアと協力して前向きに取り組んでくれると期待しています。
これから、まずは2月の州関係者会議での発表に向けて、準備を進めていきます。そして、3月には年に1回の「州保健総会」の場での発表という大舞台が待っています。州保健総会では、州の年間の活動計画なども話し合われますから、ぜひ発表を成功させて、州の活動計画にこの調査の結果とプロジェクトの内容が反映されるようになってほしいと思います。


Huon
シェア・カンボジア プロジェクトリーダー
ソク・フン(Sok・Huon)
1月13日、新宿角筈ホール会場にて行われたフレンドシップミュージカル「カンボジアの夢」、皆様の来場ありがとうございました!

IMG_7859


開演の時間前、沢山の方々が集まって下さり会場はにぎやかで活き活きとした雰囲気でした。

IMG_7895

IMG_7870
来場客様を案内するホットジェネレーションのスタッフ



当日、シェアのスタッフは、物販ブースを出してカンボジアのドライマンゴやお土産などを用意しました。

IMG_7967

IMG_7903
カンボジアマンゴの試食を手伝っているシェアボランティア



今回は特に、カゴメ株式会社の「カゴメの野菜ジュース」と株式会社コンジュトレードジャパンの「コンジュプリンセスソープ」を協賛頂きまして、シェアブースに来て下さった方々にお渡し出来ました。ご協賛、ありがとうございます!

IMG_7885
協賛品を渡しているシェアボランティア

IMG_7994


ミュージカルは素晴らしく感動的な内容で、ご来場の方々もシェアスタッフも感動の涙を流しました。

IMG_8140

IMG_8132

演じた出演者の皆さんを始め、企画演出、脚本、舞台や照明、音響など全ての所から関わって下さった関係者方々は本当に素晴らしく作り上げて下さいました。

IMG_8100

IMG_8112


寄付を下さった皆様、大変ありがとうございます!

IMG_7977

--------------------------------------------------------

*シェアは、2017年8月から、「子どもの栄養改善1000日アプローチプロジェクト」を、カンボジア北部のプレアビヒア州にて開始しました。プレアビヒア州はカンボジアの平均値と比べても栄養状態が悪く、慢性的な栄養不良を意味する発育阻害の子どもの割合は44.3%と、全国で最悪です。プロジェクト開始直後は、対象地域の保健センターや自治体を訪問し、信頼関係の構築に取り組みました。
また、州保健局の栄養担当官とともに、保健センター・保健ボランティア・自治体女性子ども委員会への、乳幼児健康診断に関する研修も実施しました。
2018年、対象地域の妊婦と子どもの栄養状態把握のため、現地調査に取り組みます。得られた結果をもとに、関係者とともに活動計画を作り、今年は乳幼児健康診断や保健教育のような子どもの健康をまもる活動が定期的に開催されることを目指すほか、離乳食教室も併せて実施できるように研修を行っていきます。


IMG_8148
公演後、シェアのカンボジアでの活動を紹介する、本田代表



シェア 東京事務局
日本の皆さん、こんにちは。シェア東ティモール事務所のスタッフ、ロジーニャが
2018年12月に行われた「学校保健国レベルワークショップ」の様子を報告します。

2009年から毎年、学校保健プログラムを全国に普及する重要な活動として保健省と教育省と開催してきました。

最終回となる今年は、3年間の学校保健プロジェクトで構築した、国の学校保健。
例年に増して準備を進めてきましたが、
「保健省の年末の会議が重なると連絡が。開催日を変えないと・・・」「日にちを変えるとクリスマス休暇が近づいていて、出席者が来ないかもしれない・・・」「招待状を配ってしまったけど、省庁の担当者が会場を予約していなくて、使えなくなった!他の会場も空きがない・・・」「当日に配布したい教材の最終確認が、まだ省庁から連絡が来ない・・・」

様々なハプニングを乗り越えて、無事に開催できたのがクリスマス休暇の直前の12月18日、19日でした。

今回の主な対象者は、中央省庁や東ティモール全国13県で学校保健プログラムを推進する、県の教育局と保健局の担当者。今年は約80名が2日間にわたって参加しました

ワークショップの様子を、一部写真でお伝えします。


「学校保健実施の手引き」「学校健診の手引き」など、関連教材の完成披露式典。保健省や教育省の事務次官らが出席して、プロジェクトを通じて作成した国の公式な手引きが公開となりました。

写真1

写真2


学校保健の現状と課題の発表と、グループワーク。教育と保健それぞれの分野ごとにグループワークで協議と発表を行いました。教育側では学校給食の衛生管理について、保健側では保健スタッフによる学校モニタリングでの記録用紙について、具体的な討議が行われました。また学校保健でいつも課題となっている、保健と教育のセクター間が連携した良い事例の紹介などもありました。

写真3

写真4


教育省事務次官の挨拶では、シェアが長年にわたり東ティモールの学校保健プログラムの発展に大きく貢献したと感謝の言葉が述べられました。学校保健の予算はあまりついていないけれど、今回完成披露した「学校保健の手引き」を参考にして、学校保健の課題に取り組んでいってほしいという話もありました。

写真5


最後に全国13県からの参加者へ、学校保健の手引きなどを配布しましたが、それぞれが各県に戻って今回の国レベルワークショップで学んだことを学校での実践に生かしてくれることを願っています。


シェア東ティモール スタッフ
ロジーニャ