今年も1年間、シェアは「火曜(通う)ボランティア」の皆さんにいろいろな形で支えていただきました。発送作業や切手の整理、バザー品の仕分けなど、細かな作業を気持ちよく行って下さるボランティアの皆さん。イベントとなれば、お手伝いを自ら申し出て下さったり、積極的に参加して下さったり。いつもシェアの心強いサポートメンバーです。

シェアからの感謝の気持ちを込めて「火曜ボランティア感謝のつどい」が昨日行われました。


IMG_20191217_123941
【写真】ボランティアの皆様と一緒にランチの時間を持ちました。


IMG_20191217_124034
【写真】皆様と一緒にお弁当をを食べました〜^^


ボランティアの皆さんとスタッフが一緒に、わいわいとお弁当を食べた後、ボランティアの皆さんから、ご自身にとっての火曜ボランティア参加の意義などを伺いました。毎週のように来て下さる方、お仕事をしながら合間を見つけては来て下さる方、遠方から時間をかけて来て下さる方、皆さん様々な形でかかわって下さっています。シェアを支えて下さりたい気持ちはもちろんですが、ボランティ
アの皆さんは魅力的な方が多いので、そんな方たちが集まる週に一度のコミュニティとして楽しまれている方も多いのかもしれません。シェアとしても、そんな場を提供しつつ、シェア自体が応援したいと思えるよう、いつも魅力的でなければならないなと改めて思いました。

その後、恒例の感謝状授与式。事務局長よりひとりひとりに手渡されました。そして、インターンの五十嵐さんから、火曜ボランティアに関わるクイズが出され、みんなで食後の頭の体操をしました。


IMG_20191217_134035
【写真】インターンの五十嵐さんからの楽しいクイズの時間を持ちました。


IMG_20191217_132934
【写真】感謝状を持った皆様と写真を撮りました。


今回の感謝のつどいの目玉は、「東ティモールとつながって話を聞こう!!」でした。東京事務所と東ティモール事務所をスカイプでつなぎ交流を行いました。ボランティアの皆さんと東ティモールのスタッフがお互い自己紹介を行った後、東ティモール事務所の様子、食べ物のこと、2002年の東ティモール独立当時の話を聞きました。現地の人から直接聞ける話はとても新鮮でした。またプロジェク
トにおいて現地のボランティアと関りのある東ティモール人スタッフからは、「毎週ボランティアに参加するそのモチベーションはどうしたら生まれるの?」といった、熱心な質問も飛び、盛り上がりました。


IMG_20191217_135550
【写真】東ティモール現地のスタッフと画像通話しました。^^


現地にいる日本人スタッフの吉森さんと柿本さんが上手に通訳してくれましたが、東ティモール人スタッフからは日本語で「こんにちは!」とか「ありがとう!」。火曜ボランティアの皆さんからは「ボタルディ(テトゥン語のこんにちは)!」「オブリガード(ポルトガル語のありがとう)!」と、複数の言語が飛び交い、楽しい雰囲気に包まれました。

火曜ボランティアの皆さん、今年も本当にありがとうございました。

またシェアでは火曜ボランティアの新しい仲間をいつでも募集しております。
2020年の第1回は1月14日です。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。



*****************************
毎月定額募金「いのちのリレー募金」のご紹介

NGOシェアの目指す、現地の人材を育て、地域の課題を根本から解決するためには、
継続した支援活動と皆さまからの息の長いご支援が必要です。
毎月継続してご支援をいただく「いのちのリレー募金」へのお申込みをお待ちしております。
シェアは認定NPOとして登録されており、シェアへのご寄付は寄付控除の対象となります。

いのちのリレー募金についてはコチラ▼

>>>いのちのリレー募金ページへ移動<<<
*****************************


文責:支援者サービス 森本 由布子
みなさんこんにちは。
10月にプログラム・オフィサーとしてシェア・カンボジアに入職したピルムです。

シェアに入ってから、乳幼児健診や保健センター、自治体の会議に参加させて頂き、忙しい日々を過ごしています。今回は、私が初めて関わった活動の一つであるとりわけ離乳食のレシピ本作成についてご紹介したいと思います。

レシピ作成自体は、過去のブログでもご紹介させて頂いていますが、11月後半に製本に向けた最終調整を行いました。

シェアが作成しているレシピ本に出てくる料理は、私自身も慣れ親しんでいるメニューがたくさんあります。しかし、今回この編集作業を通して今まで知らなかった多くのことを学びました。特に、どんな食材が子どもにとって必要で、どのように調理をして行くのかは、このメニューを見ながら初めて知った点です。


pumpkin soup


最後に郡保健局の栄養担当官であるトン・トーン氏と一緒に本の内容・レイアウトについて再確認を行いました。村での活動に長く携わっているトン・トーン氏からのアドバイスも含めて、どのようにしたら村の人々がこの本を参考にできるか、より分かりやすい表現は何か、熱い議論が交わされました。

製本も間近に迫ったレシピ本作成。日本の皆さんの温かい支援に感謝をしながら、ラストスパートをかけていきます。


*****************************
毎月定額募金「いのちのリレー募金」のご紹介

NGOシェアの目指す、現地の人材を育て、地域の課題を根本から解決するためには、
継続した支援活動と皆さまからの息の長いご支援が必要です。
毎月継続してご支援をいただく「いのちのリレー募金」へのお申込みをお待ちしております。
シェアは認定NPOとして登録されており、シェアへのご寄付は寄付控除の対象となります。

いのちのリレー募金についてはコチラ▼

>>>いのちのリレー募金ページへ移動<<<
*****************************


22
文責:ピルム (プログラム・オフィサー)
皆さんこんにちは!シェア東ティモール事務所の柿本です。

今年は雨期が遅れており、なかなか雨が降らず暑い日が続いています。そんな中、ディリの町ではクリスマスに向けて、クリスマスツリーの建設ラッシュとデコレーションが、いたるところで行われています。東ティモール人の99%がキリスト教信者と言われています。

さて、東ティモール事務所は先月、日本から地域保健のスペシャリスト、工藤専門家をお迎えし、プライマリ・ヘルス・ケアとPRA(Participatory Rural Appraisal=参加型農村調査法)を教えて頂きました。


地域保健専門家による研修の様子1
地域保健専門家による研修の様子1

※本事業は外務省による日本NGO連携無償資金協力の助成の他、皆さまからのご寄附やご支援を受けて実施しています。

地域保健の専門家が東ティモールに
東ティモール事務所には、今年新たに5名のスタッフが働き始めました。シェアの活動で大切にしているプライマリ・ヘルス・ケア、そして住民主体の地域保健活動を進めるためのPRA手法を学び、現在実施している事業に活かしていくことが目的です。

まずはワークショップ形式の座学で学んでから、その後村へ行き、実際にPRAの活動を行いました。


地域保健専門家による研修の様子2
地域保健専門家による研修の様子2

カレンダーとマッピング
村では、お母さんたちと村のカレンダーとマッピングを作成しました。はじめの村ではシェアスタッフが中心に作成を進めてしまい、お母さんたちの学びにつながらないという反省から、次の村ではできるだけお母さんたちが中心になれるよう工夫しました。

カレンダーづくり(メティナロLebutun集落)
カレンダーづくり(メティナロLebutun集落)

カレンダーには、野菜の収穫時期や教会の行事などを記入しました。カレンダーづくりによって、どの時期に食物が少なくなるのか、水の確保が難しくなるのかなど、お母さんたちが自分たちの1年の流れを視覚的に理解できるようになります。

カレンダーづくり(アタウロ島Uaroana集落)
カレンダーづくり(アタウロ島Uaroana集落)

マッピングでは、一緒に村を歩き、畑や水タンク、井戸の場所、ごみ箱の場所などを確認しました。その情報をマップに落とし込んでいきます。お母さんたちは絵を描いたり、色を塗ったりして、とてもカラフルに仕上げていました。

マッピング(アタウロ島Uaroana集落1)
マッピング(アタウロ島Uaroana集落1)

マッピング(アタウロ島Uaroana集落2)
マッピング(アタウロ島Uaroana集落2)

私たちも村を歩くことで、村人たちが限られた資源を有効活用して、水を溜めたり、畑を作ったりしていることがわかりました。

村の資源活用(小規模野菜栽培)
村の資源活用(小規模野菜栽培)

村の資源活用(竹や木を使った鶏舎)
村の資源活用(竹や木を使った鶏舎)

自分たちの保健の問題に気づき、そして取り組んでいくために
作ったカレンダーやマップをもとに、病気の流行る時期や健康リスクになりえる要因をお母さんたちと話し合いました。村にある資源を再確認することにもつながりました。

こうした活動を通して、自分たちが暮らす村の生活に対する理解を深め、どういった保健の問題があるのか、どのように解決していけるかを一緒に考える機会となります。今回の活動を通して発見した保健の課題に、どう取り組んでいくか、引き続き村人たちと考えていきます。

今年も東ティモール事業を応援していただきありがとうございました。来年も引き続き応援よろしくお願いします。


*****************************


*****************************



文責:柿本 彩(シェア 東ティモール事務所 コーディネーター)