現地カウンターパートの自立支援

シェア・カンボジアでは現地カウンターパートの自立、自助努力支援を行っています。

シェアの長年の活動に対して、郡保健局長をはじめ副長、母子保健担当官は
「これまで長い間シェアは村人から自分達まで多くの人々を支援してくれた」、
「多くの指導、教育、スキルを教えてくれた」と、会議などの集まりの席でよく言ってくれます。

2015年までは、5つの保健センターと保健ボランティア、そして彼らを監督する郡保健局を対象に、コミュニティに近いところで活動してきました。しかし2016年からは、郡保健局を中心にそれぞれが子どもの健康増進活動を継続していけるよう、一歩下がったところから、彼らを支援をしています。


郡保健局による離乳食教室の実施拡大&自立

離乳食教室を実施する地域を増やすことが、支援活動の一つになっております。
昨年末、郡の保健局は離乳食教室を実施する地域を、シェアがこれまでプロジェクトの対象としてきた地域だけでなく、スヴァイアントー郡にある全ての地域に広めることを決めました。

その拡大にあたって、郡保健局の母子保健担当官は、女性省の傘下にある「郡自治体女性子ども委員会」と一緒に離乳食教室を実施する合意を取り付けました(注)

この合意に基づき、郡保健局の下部組織である保健センタースタッフ、そして「郡自治体女性子ども委員会」の下部組織である「地域の女性子ども委員会」に対し、シェアのサポートのもと郡保健局の母子保健担当官が中心となり、12月に合同離乳食教室研修を行いました。

さらに今年の1月には、研修を受けた保健センタースタッフとコミューン女性子ども委員会が、今度は先生になり、村々の保健ボランティアに離乳食教室の研修を行いました。


Bobo-4
村のお母さんたちに栄養について話す、女性子ども委員会のメンバー


とある保健センターでは、この研修に参加したお母さんから
「こういう集まりに参加するのは初めてで、とてもよかった!」と喜んでもらい、
各スタッフはとても励まされました。

スヴァイアントー郡では、今年の9月まで、離乳食教室の予定が組まれています。
様々な立場にある人たちが繋がって動いているこのプロジェクト、これからも、それぞれが子どもの健康増進活動を継続していけることを強く強く望みます。がんばれ!


(注)
カンボジアでは、母子保健改善や向上にあたる政府役員は、保健省だけではありません。女性省という省庁があり、全国で各州・郡・コミューンレベルでそれぞれ責任者がおかれています。郡自治体女性子ども委員会はこの郡レベル責任者にあたります。独自の予算を持ち、村のお母さんたちと働く機会を持つ女性子ども委員会のメンバーは、離乳食教室を実施・拡大するにあたり重要な役割を持つ人たちです。



シェア・カンボジア事務所代表
モーガン三恵子
morgan