先日の6月17日(土)に東ティモール事業報告会が品川で開催をしました。
当日は19名の多くの方にご参加いただきました!参加者のみなさま、ありがとうございました。

東ティモールの音楽が流れる会場に一歩入ると、伝統織物の色とりどりのタイスや、
村人やこどもたちの笑顔あふれる パネル写真が展示しました。

東ティモール産プレミアムコーヒーを参加者のみなさまに飲んでいただきながら、
東ティモールの報告会をさせていただきました。


報告会のスピーカーはシェア 東ティモール事務所代表の福山修次とプロジェクトコーディネーターの秋山真輝が務めました。

IMG_7996
スピーカーの福山と秋山


報告会のはじめは、東ティモールに関するクイズに挑戦していただきました。
参加者は出会ったばかりの人たちですが、3人1チームで相談しながらクイズを問いていくうちに、笑顔がみえ始めます。 まるでクイズを通して、東ティモールへの関心の扉がぐんとひらいていくようです。

IMG_7928

IMG_7924

IMG_7927
クイズをグループごとに相談する様子

クイズの一部をご紹介すると、東ティモールで神聖な生き物といえば?
答えは、「わに」。

この国が「わに」からできたのだと人々は信じていることや、
「わに」に食べられても、「わに」を殺さない彼らの信じる気持ちなど
東ティモールの文化に触れながら、紹介されました。

その後、現地代表の福山は、彼自身の仕事は大変なことも多いけれどやりがいが大きいと語り、
駐在員の秋山も、できたばかりの国だからこそ、日本生まれの小さなNGOシェアが
東ティモールという国の「保健分野の政策作り」に関わることができ、 その責任と喜びは大きいと語りました。


シェアが東ティモールで活動を始めて今年で18年・・・。

事業開始当初も今も「すべての人に健康を」というシェアのモットーは変わらない軸となっています。

東ティモールがインドネシアからの独立15周年を迎えてもなお、5才未満の子どもたちの約半数が栄養不良児であり、下痢、肺炎、マラリアなど予防可能な病気が原因で亡くなる子どもの数は少なくありません。

シェアの小・中学校での保健教育活動を通して、子どもたちが「手洗いの歌」を家でも歌うようになり、家庭のなかでの感染症予防に繋がっています。加えて、手洗いの大切さを学んだ子たちの中には、水がでない学校に家から水をタンクにいれて運んでくるようにもなりました。

今までは、感染症をどのように予防するかを知らなかったために、命を亡くしてしまったり、病気になってしまったりする人たちの数を減らすためには、未来を担う子どもたちへの予防医学を学ぶ機会、そして学校保健での実践が大きな成果につながります。

報告会に参加された人たちからは、
「クイズが楽しかったです」「東ティモールに興味がわきました」、「コーヒーがおいしかったです」 「8月の東ティモールスタディツアーに参加します!」
などなど、嬉しいお声を頂いています。

ゆるやかな歩みですが、東ティモールの子どもたちの笑顔を、そして「すべての人に健康を」を叶えられるよう、今日もシェアは頑張ります。

そして、シェアスタディツアー東ティモール 「アジアで一番新しい国 東ティモールを知る旅」の
申込み締切りがいよいよ明日7/13(水)になっております!
ご興味のある方はこちらから詳細を確認下さい。


海外事業部
坂下 有起