去る7月19日、浅草文化観光センターにおいて、カンボジア現地代表のモーガンより、カンボジア事業の報告をさせていただきました。都内での報告会開催となってしまい、離れた地域にお住まいの支援者のみなさまには大変失礼いたしました。

そこで当日の報告内容を、ブログの場を借りてお伝えしたいと思います。


モーガンからの事業報告

IMG_0996
報告会会場の様子


最初に、カンボジア現地代表のモーガンより、プレイベン事業の報告をさせていただきました。
カンボジアでは現在プレイベン州において、母子保健事業の現地へ引継ぐ為のプロジェクトを実施しています。プレイベンでの事業は9月に終了しますが、シェアがいなくなった後でも、プレイベンの人たちの手によって子どもの健康を守る活動が続けられていくよう、シェアは側面からサポートしています。

モーガンからは、この引継ぎ事業によってシェアと活動する人々にどのような変化があったかを中心に、みなさまにご報告しました。

IMG_0986
モーガンからの報告の様子


たとえば、これから子どもの健康を守る活動を中心となって担っていく郡保健行政局長からは、子どもの健康管理を重視した発言が見られるようになりました。同じく郡保健行政局の母子保健担当官からは、「(実際に人々に保健サービスを提供する)保健センタ―スタッフやボランティアが、活動を継続していくモチベーションをもちつづけられるようにしていきたい。その資金も探していきたい」といった発言が出るようになりました。

またモーガンは、このプロジェクトの大きな成果として、それぞれのポジションや位置づけにこだわらず、他セクターと協働で作業をするようになったことをあげました。

具体的には、保健省の管轄にある郡保健局と、女性省の管轄にある女性子ども委員会との協働です。女性子ども委員会は自治体から予算を確保しているのですが、彼女たちを協働することにより、離乳食教室にその予算を充てられることとなりました。郡の女性子ども委員会のメンバーからは、「もっと自治体と協議を継続し、来年は各地域が最低7村の離乳食教室の予算を確保することを目標にしています」と、心強い言葉をもらったと、モーガンから報告がありました。

IMG_1017
モーガンへの質問も参集者の方から多くあがっていました。


スペシャル対談

第二部は、モーガンと元シェアカンボジアスタッフのチャンパによるスペシャル対談でした。モーガンはカンボジアで子育てをする日本人のお母さん、一方のチャンパは日本で子育てをするカンボジア人のお母さんです。この少し不思議な二人の組み合わせで、それぞれの国の子育て事情について、対談形式でみなさんにお話をしました。

IMG_1035

IMG_1048
スペシャル対談の様子


二人のお母さんからの話は面白く、意外なこともたくさんありました。

たとえば、子どもの健康を祈るおまじないとして、カンボジアでは赤ちゃんが生まれたら、お母さんは赤ちゃんのそばにハサミを置いておきます。これは悪い魔物から赤ちゃんを守るためだそうです。
日本では七五三などがありますが、モーガンはこれをカンボジアで(しかもアンコール・ワットで)したとのこと。スケールの大きいエピソードに、会場は大盛り上がりでした。

他にも、二人がそれぞれの国に来て驚いたこと、医療事情の違いなど、様々な話題で盛り上がりました。

ただ二つの国で違うところはたくさんありますが、どこの国のお母さんでも、自分の子どもに健康に育って欲しいと願う気持ちは一緒なのだということが、二人の話からよくわかりました。

モーガンからの報告、そしてスペシャル対談で報告会は終了しました。
当日会場にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


海外事業担当
末永 明日香