こんにちは。シェア海外事業担当の末永です。

去る10月、カンボジアのプレアビヒア州にて、これから始まる事業開始の式典を開催しました。この事業では、プレイベン州での経験を活かし、プレアビヒア州で子どもの栄養改善を目指します。


今回のキックオフセレモニー式典

前事業地であるプレイベン州スバイアントー郡の郡保健行政局長トン・トール氏、JICAカンボジア事務所から水沢氏、新プロジェクトのカウンターパートである州保健行政局長のクン・ロー氏が国立栄養プログラムの副長であるチア・マリー氏がゲストで登壇してくださいました。


PA050011
前事業地であるプレイベン州スバイアントー郡の郡保健行政局長トン・トール氏


シェアとこれまでどのように働いてきたか、地域にどのような良い変化があったか、
自分たちはそれをどう続けるか、といった内容を話してくださいました


PA050021
JICAカンボジア事務所から水沢氏(写真左)、シェア事務局長の岩崎(写真右)


JICAカンボジアで最初のパートナーシッププログラムが、
なんとシェアのコンポンチャム州でのプログラム(1998年)だったそうです!


PA050020
プレアビヒア州保健行政局長のクン・ロー氏


栄養不良はその子の健康だけでなく、将来の教育・経済状況にも影響します。
プレアビヒア州の保健状況についてスピーチをいただきました。


PA050027
国立栄養プログラムの副長であるチア・マリー氏


カンボジアの健康指標は改善されつつあるものの、子どもの栄養状態はまだ目標に達成していません。
シェアの栄養プロジェクトに対する期待を話していただきました。


ゲストスピーチの後

シェアのプロジェクト・マネジャーのフンから、プロジェクトの内容について
参加者のみなさまにご説明を差し上げました。


PA050031
プロジェクト・マネジャーのフン(写真一番左)


PA050015
通訳として活躍したシェアスタッフのセレイ。かなりがんばりました。


PA050012
式典の様子


PA050035
最後の集合写真


これから4年間のプロジェクトです。どうぞよろしくお願いします。

海外事業部
末永 明日香