日本の皆さん、お元気ですか?

東ティモール事務所のロジーニャから、今週実施したばかりの「学校保健ワーキング・グループ会議」の様子をお伝えします。


なぜ必要?「学校保健ワーキング・グループ会議」

学校保健ワーキング・グループとは、学校保健の政策や実施に関わる、教育省、保健省、国連機関、NGO、その他省庁機関の集まりです。学校保健の促進には、教育・保健セクター間や関係機関間の連携がとても大切なのですが、セクター間のコミュニケーションはまだまだ充分とは言えません。例えば、東ティモールでは数年前に全県の小中学校に身体測定の機材が配られましたが、教育省・保健省間の調整が不十分だったため、身体測定の実施方法の研修は行われませんでした。そのため、配布した機材が活用されているのは、ディリ県では3割程度の学校のみです。また、保健に関する活動は様々なNGOがそれぞれの県で実施していますが、省庁がその活動を把握していないことや、複数のNGOの活動や教材が重複してしまっていることもあります。この様なことが起きないようにするには、定期的な情報交換の機会を設けることが有効と考え、シェアは教育省と保健省による「学校保健ワーキング・グループ会議」の実施を支援しています。参加機関は行政機関、医療専門機関、NGO、国連機関など多岐に亘ります。


議題の一つ「学校保健国家戦略計画」

今回のワーキング・グループ会議の主な議題は二つ。そのうちの一つは「学校保健国家戦略計画」の案に関する意見交換です。国家戦略は今後5年間の指針となる非常に重要なもので、それに基づいて教育省と保健省が人材、予算、設備などの資源を投入します。今回の会議では、この戦略計画の案の最終化に向けて意見交換をしました。様々な機関からの参加者からは、それぞれ経験や知見に基づいたアイディアが多く出ました。

戦略計画について話し合う参加者

戦略計画について話し合う参加者_2
戦略計画について話し合う参加者


グループで出た意見を発表する参加者
グループで出た意見を発表する参加者


二つ目の議題「学校健診手引きの共有」

この会議のもう一つの目的は、シェアとディリ県学校保健委員会が中心となって作成した「学校保健手引き」を関係機関と共有することでした。日本の学校ではお馴染みの学校健診ですが、東ティモールではまだ一部の学校でしか実施されていません。子どもやその家族が、普段から自分たちの健康について知ることができるようになることを目指し、私たちは健診が学校教員や保健センターのスタッフによって定期的に実施される仕組みづくりに取り組んでいます。1年前から取り組み始め、一部の学校での試験的な実施や、様々な専門機関との協議を重ね、ようやく手引きの案が完成しました。この手引きでは、身長・体重測定、視力検査、歯科健診の実施方法を記載しています。

視力検査の手引きを発表する保健省の職員
視力検査の手引きを発表する保健省の職員


会議の参加者からは、「障がいのある子どもにも対応できるような手引きにした方が良い」、「今後は聴力検査の実施手引きも作ってはどうか」などといったアイディアをたくさんもらいました。手引きの作成に中心的な役割を担ってきたのは、ディリ県保健局の職員で、ディリ県学校保健委員会のメンバーでもあるアナクレートさん。東ティモールで初の学校健診実施手引きを作成したことは、今回の会議で省庁やその他関係機関から高く評価されました。この機会を通してアナクレートさんが学校保健活動へのやる気をより高め、今後さらにリーダーシップを発揮してくれることを信じています。


関係機関間のより強い連携を目指して

シェアを含めた個々の機関ができる活動や支援できる地域は限られているため、皆で力を合わせて役割を分担しないと充分なインパクトを生み出すことはできません。学校保健は関わる関係者がとても多く、関係者をまとめるのはとても大変ですが、シェアは引き続き教育省、保健省と協力し、関係者間の情報交換が活発に行われるように働きかけていきます。


多様な機関の職員が参加したワーキング・グループ会議
多様な機関の職員が参加したワーキング・グループ会議


ロジーニャ
現地スタッフ ロジーニャ