こんにちは。おいしいコーヒーが大好きで、休日に娘と一緒にカフェめぐりにはまっている、在日外国人支援担当の横川です。おすすめのカフェをご紹介しますので、いつでもお声をかけて下さい。

さて、今回は結核における通訳の必要性についてお話したいと思います。

新登録結核患者における外国出生数及びその割合いの増加
 東京都において、平成28年新登録結核患者のうち外国出生数の割合は13.2%となっています。全国平均である7.6%と比較すると、約2倍です。さらに、東京都において、平成23年の新登録結核患者における外国出生数の割合は6.4%(全国平均4.1%)だったのに対し、5年で倍近く増加していることになります(下記グラフ参照)。
ブログ
(出典:東京都結核予防推進プラン2018)

外国人結核患者に対する治療・服薬支援員の派遣数の増加
 シェアは、東京都からの委託事業として、外国人結核患者に対する治療・服薬支援員(医療通訳)の派遣・育成事業を行っています。この事業の目的は、結核に罹患した外国人出生者の言葉の壁や心理的不安を軽減し、治療を促進、服薬中断を防止することです。上記に記したように、東京都における新登録結核患者における外国出生数の割合が、過去5年で倍近く増加していること、さらに、平成23年の通訳派遣数は147件だったのに対し、平成28年の通訳件数は228件となり、過去5年で通訳派遣数は1.5倍に増加していることからも、今後の通訳派遣事業の必要性がご理解いただけるかと思います。

治療・服薬支援員研修実施
 この事業では通訳派遣と共に医療通訳の育成事業にも力を注いでおり、1月17日に医療通訳に対してのフォローアップ研修を行いました。現在、医療通訳は、16言語49名が登録をしています。研修では、結核の最新治療情報や外国生まれの結核患者の課題と対策などを勉強し、知識向上に役立てました。また、通訳からは、日々、疑問に思っていた結核に関する沢山の質問が出たため、講師からその一つ一つに丁寧な説明がありました。医療通訳は、派遣された時に自分のベストが尽くせるように、結核の勉強をしたり、通訳技術を磨いたりと努力を惜しみません。そのような姿にいつも頭が下がる思いです。



IMG_20190117_192908グループワークをしながら、結核に対する疑問を皆で出し合っている様子。

通訳派遣の意義
 統計的に見ても通訳派遣の必要性はわかると思いますが、結核の治療完了を促していくために通訳の存在が欠かせません。結核の治療は最短6ヶ月の服薬とその後のフォロー期間も含めると2年半かかります。これは、とても長い治療期間です。そのため、結核の治療をする意義や服薬の必要性を十分に患者さんが理解していないと、長い期間を乗り切ることが非常に難しくなります。薬の副作用が出た時、薬が変更になる時、退院した時などに、母国語での説明が治療を継続する鍵となります。また、通訳が入ることで、患者さんがいつもより多くのことを話してくれたり、笑顔を見せてくれることもあります。今後も通訳と共に、患者さんの笑顔が見られるような支援を目指し努力していきたいと思います。




在日外国人支援事業部
横川 峰子