こんにちは。2019年度から海外事業部のインターン生になりました、大塚いずみです。これから一年よろしくお願いします!

今回は5月18日に上智大学で開催された東ティモールフェスタについてレポートします

東ティモールフェスタとは

東ティモールフェスタは、東ティモールに関与しているNGOや学生団体などが共催しています。映画上映、写真展、東ティモール人留学生等によるトーク、ライブコンサート、グルメコーナーなど、東ティモールの魅力を幅広く感じることができるプログラムが組まれております。

フェスタの会場は、終始たくさんの来場者でにぎわっていました。


IMG_8830

シェアのブースの様子


フェスタでシェアは何をした?

シェアは東ティモールフェスタに毎年参加しています。今年は、東ティモールコーヒーやピアスなどの物販と、栄養ワークショップ、新聞バッグワークショップを実施しました。

栄養のワークショップでは「世界のおやつを知ろう!」というテーマで、普段自分たちがおやつとして食べているものと、他の国で食べられているものを比較する、参加型のワークショップでした。参加者の皆さんは、東ティモールでは海藻に砂糖をまぶしたものをおやつとして食べることなど驚いた様子で楽しまれていました。



準備から本番まで担当した新聞バッグワークショップ

もう一つシェアのブースで開催した新聞バッグワークショップも大反響でした。このワークショップは、新聞紙とのりだけでバッグを作ろう!というものです。

プラスチックバッグ(コンビニなどのビニール袋)の多用が問題となっている昨今、古新聞で作ったバッグで少しでも環境問題に取り組もうという目的で行いました。東ティモールのアタウロ島で、女性グループが新聞バッグを作る活動を行っていたことからヒントを得ました。

普段、シェアではボランティアさんがこのバッグを作って下さっており、物販のときに入れるバッグとして使用しています。


IMG_8909

新聞エコバッグを作成している様子


IMG_8924

完成した新聞バッグ


現地の人々の過酷な歴史を知った映画上映『カンタ!ティモール』

シェアの企画以外も、私はイベントとして上映されていた映画『カンタ!ティモール』を鑑賞しました。中高生の時世界史が苦手だった私は、この国でどのような歴史があったのか無知だったのですが、この映画を見て、過酷な紛争被害にあってきたその実際を学び、自然と共生する東ティモール人のこころの豊かさに涙を流しました。

映画の公式ホームページを見ると、上映スケジュールが書かれています。とてもおすすめの映画です!ぜひ見てみてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。また、イベントに参加したらレポートさせて頂きます!次回のレポートをお楽しみに。




文責:インターン 大塚いずみ