在日外国人支援事業を担当しています、山本裕子です。
今週末は参院選の投票日ですね。私は期日前投票の場所が遠かったので、当日に投票する予定です。投票権のある方はぜひ、1人でも多くの人が投票に行かれますように!

紹介が遅くなりましたが、今回は、5月12日に開催した母子保健活動報告会でビデオ参加してくれた、一緒に母子保健活動に取り組んでくれているネパール人女性普及員(保健ボランティア。以下女性普及員)、ジャヌカさんの夫について紹介した記事を皆さんにご紹介します。
私はこのジャヌカさんの夫に何度か活動でお会いしたことがありますが、今年の5月、この記事が新聞で掲載されたとき、いつも、穏やかでやさしい笑顔のだんなさんを思い出し、胸が熱くなったのを覚えています。
朝日新聞記事(janukaさん夫)

2019年5月22日朝日新聞朝刊より

日本に生活している外国人の皆さんは、一人ひとり様々な経験を積み、日本という異国の地で多くの困難を乗り越えてきた、パワーあふれる貴重な人々です。私は、彼ら/彼女らが、日本の社会を良いものに変えてくれる力を持っている人たちだと活動を通して実感しています。「外国人」「労働者」とひとくくりにして考えるのではなく、同じ国に住む住民、隣人としてみんなが接していけるといいなと思います。一人ひとり、いろいろな可能性を持った、グローバルな社会を支える人たちであり、彼ら/彼女らと共により良い社会を作っていけたらいいなと思います。


在日外国人支援事業担当
山本 裕子