こんにちは!海外事業部の佐久間です。ここ最近は一気に寒さが増してきました。日本の冬も、毎年暖かくなっているとは言われているものの。

11月も終わりに近づき、シェアでも1年の活動の振り返りと来年度の計画を検討しています。カンボジアの現地事務所でも毎年10月にReview & Planの会議を実施し、シェアの1年の活動の振り返りと次年度の予定をスタッフ全員で話し合います。今回は、その様子を少し紹介させていただきます。

「子どもの栄養改善1000アプローチ」プロジェクトで掲げている2歳児未満の子どもたちの栄養状態の改善に向けて、目標としている成果(15項目)と実施している活動(35項目)の一つひとつの達成状況を確認していきます。普段は、現場で活動することが多いスタッフも、この時だけは事務所に詰めてみんなで会議に参加しました。

1
写真1:Review & Planの会議の様子


このReview & Planを通して、群レベルの保健行政局と保健センターとの連携における課題を認識しつつも、これまでシェアが継続して取り組んできた、対象村の2歳児未満の子どものリストと村マップ作成、乳幼児健診と離乳食教室については、ほぼ全村で実施ができました。特にシェアの強みとしては、自治体の女性子ども委員会の方とは、特に離乳食教室を一緒にやっていますが、シェアが自治体予算に関するワークショップを実施することで、各自治体での予算を獲得して、自発的に離乳食教室を行っていく動きが見え始めました。

そして、10月と11月にはカンボジアの現地インターンの溝口さんと現地代表のモーガンさんの活動報告会を実施しました。直前に日程が決まったので、十分にお知らせができませんでしたが、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

IMG_9766
写真2:11/8(金)モーガンさん報告会


2
写真3:10/4(金)海外インターン報告会


皆さまに支えられての1年の活動の感謝とともに、今後も引き続き、カンボジア事業の応援をよろしくお願いします!


*****************************
毎月定額募金「いのちのリレー募金」のご紹介

NGOシェアの目指す、現地の人材を育て、地域の課題を根本から解決するためには、
継続した支援活動と皆さまからの息の長いご支援が必要です。
毎月継続してご支援をいただく「いのちのリレー募金」へのお申込みをお待ちしております。
シェアは認定NPOとして登録されており、シェアへのご寄付は寄付控除の対象となります。

いのちのリレー募金についてはコチラ▼

>>>いのちのリレー募金ページへ移動<<<
*****************************



文責:佐久間(シェア 東京事務局 海外事業部)