こんにちは!海外事業部の佐久間です。
新しい2020年を迎え、いかがお過ごしでしょうか?
今年1年も、皆さまにとって健康で幸せな1年になりますことを、スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。


そして、この度、皆様にぜひご紹介させて頂きたい情報がございます!
シェアが実施している「子どもの栄養改善1000日アプローチプロジェクト」がJICA広報誌「mundi」1月号の栄養改善特集に取り上げられました!民間連携・市民参加の取り組みとして紹介されています。


202001-1
【写真1.JICA広報誌「mundi」1月号】


202001-12
【写真2.下部:栄養改善特集ページの記事「子どもの栄養改善1000日アプローチプロジェクト」紹介】


とりわけ今年は、東京オリンピック・パラリンピックに合わせて開催される「東京栄養サミット2020」に向けて、栄養改善のテーマが注目を集めています。
シェアの現在の活動は、SDGSの目標3「すべての人に健康と福祉を」、国際栄養目標の低体重・発育阻害・消耗症の子どもを減らす取り組みに大きく関わっています。


以下のリンクからもお読みいただけますので、ぜひ、ご覧ください!

▶▶JICA広報誌「mundi」1月号

現地での持続的・自発的な取り組みに重きを置いた活動の結果、各自治体が独自の予算獲得をし、離乳食教室の運営・実施していく流れが生まれていることは本当に嬉しい限りです。

国際的な潮流を感じながら、これからもよりよい活動を目指していきます。今年1年も、どうそ、カンボジア事業の応援をよろしくお願いします!


*****************************
毎月定額募金「いのちのリレー募金」のご紹介

NGOシェアの目指す、現地の人材を育て、地域の課題を根本から解決するためには、
継続した支援活動と皆さまからの息の長いご支援が必要です。
毎月継続してご支援をいただく「いのちのリレー募金」へのお申込みをお待ちしております。
シェアは認定NPOとして登録されており、シェアへのご寄付は寄付控除の対象となります。

いのちのリレー募金についてはコチラ▼

>>>いのちのリレー募金ページへ移動<<<
*****************************



文責:佐久間(シェア 東京事務局 海外事業部)