こんにちは。

シェア東京事務所の在日外国人支援事業部で4月よりインターンとして勤務をしております、中村美穂と申します。現在は都内の大学で看護師の勉強をしています。
どうぞよろしくお願いします。

さて、本日は8月13日に板橋区で開催しました、日本に住む外国人を対象とした無料出張健康相談会の様子を皆さまにお伝えしたいと思います。


シェアの健康相談会について

シェアの無料健康相談会は、26年という長い歴史があります。対象となる外国人相談者は日本で働いている、あるいは日本で働く家族と共に来日したなど、目的はさまざまです。近年は東南アジア圏から日本語を学ぶために来た留学生や技能実習生の数が急増しており、街中で外国人を見かけることも増えてきたのではないでしょうか。外国人の数が増加する一方で、外国人の病院へのアクセスは未だスムーズには行われていないのが現状です。それは、「言葉が通じない」、「健康保険に加入できていない」、「相談できる相手がいない」、「病院にかかるお金がない」などの理由が複雑に絡み合っているためです。

シェアではこれまで外国人相談者と病院との橋渡し役として、母国語での相談、病状や治療の説明、病院に行く必要があるかどうかを理解できるように通訳を整備し、必要に応じて無料で紹介状を渡すなど活動を行ってきました。


翻訳チラシ
多言語に翻訳されたチラシ 左からベンガル語、中国語、ネパール語


今回の相談会では、板橋区を拠点として外国人住民に対して相談活動を行っているAPFS(ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY)との共催のもと、問診、血圧測定、身体計測、尿検査、医科・歯科相談などのほか、希望者に母子健康相談や在留・生活相談、栄養相談を実施しました。相談ブースでは、相談者の悩みや疑問に対して、医師、歯科医師、看護師、助産師を始めとした、それぞれの専門家による丁寧な説明やアドバイスが行われました。また相談会の当日運営は、シェアのボランティアさん達が担ってくださいました。

私はこの相談会で、問診のブースを担当させて頂きました。比較的、在日期間が数年から数十年と、長い方が多いため、日本語で対応できる相談者も多いように感じました。一方で、来日から数ヵ月という方や、職場等で日本語を用いる機会が少ない方々との日本語でのコミュニケーションは難しく、通訳者を介する場面も度々ありました。今回の健康相談会を通して、「言葉の壁」を強く感じ、日々シェアの通訳として奔走してくださる皆さまの存在が改めて大きく感じられました。

当相談会にはネパールを始め、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピン、インドなど、合計41名の相談者が参加をされました。相談者の多くの方々が、ホッと安心されたお顔で帰って行かれました。この相談会が在日外国人の方々の生活を支える一つの重要な役割を今後も担い続けることを願っています。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


インターン
中村 美穂
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、支援者サービス担当 アシスタントの足立です。

シェアに入職してはや5ヵ月がたとうとしております。以前は上野といえば息子と上野動物園に来たことしかなかった私ですが、上野事務所への通勤にもだいぶ慣れ、事務所周辺の多国籍な雰囲気も楽しんでおります。


企業からのボランティアのみなさんにご協力いただきました!

さて、少し前のことになりますが、企業にお勤めの方々にもご参加いただいた、「火曜(通う)ボランティアデー」の報告をさせていただこうと思います。今年の梅雨は関東地方では雨の少なかった印象ですが、珍しく時折強い雨の降る6月13日、11名のボランティアさんが上野の事務所に集まって下さいました!!


シェアでは「天の川募金」・「年末年始募金」と年2回、募金のお願いをお送りしています。

この日は、天の川募金のお願いチラシを封入する約3000通の封筒に、宛名ラベルを貼る作業を行っていただきました。シェアにこれまでご縁のあった方々や支援者の方々にお送りするものです。スタッフだけでこの作業を行うことを考えると、貴重な時間を使い作業をしてくださるボランティアさんには感謝の思いか尽きません・・・。

そして、この日と前週の6月6日の火曜(通う)ボランティアデーには、日本ロレアル株式会社 様より計6名の方にもご参加いただき、宛名ラベル貼りや使用済み切手の整理作業を行っていただきました。


宛名ラベル貼り
宛名ラベル貼り作業。一枚一枚丁寧に貼って頂いています!


切手整理
和気あいあい、使用切手の整理中!


支援者の方々から送っていただいた使用済み切手の整理作業も、シェアの活動資金につながる大切な作業です。使用済み切手をコレクターの方々に買っていただくことで、活動資金の一部となります。

また、使用済み切手として送っていただいたものの中には、未使用切手が混ざっていることがあります。未使用切手は、シェアからの郵送物などに利用させていただきます。

そんな仕分け作業の中、日本ロレアル株式会社 様からご参加いただいたボランティアさんの切手の山から、次々と未使用切手が見つかったようで…。歓喜の声と拍手が起こる寄る場面もみられました♪♪

作業後は、ボランティアさんからいただいた旅行土産やスタッフのカンボジア出張土産のお菓子を囲みながら、両日ともに和やかな雰囲気の中、火曜(通う)ボランティアデーを終えることが出来ました。ご参加いただいたボランティアの皆様、ご協力ありがとうございました!!そして、皆様のおかげもあり、6月下旬に無事発送を終えることが出来ました。


現在、シェアでは「天の川募金」キャンペーン中です。テーマは「いっしょに守ってください。母と子の「はじめの1000日」です!皆様のご支援、ご協力よろしくお願いします。


シェアでのボランティアにご関心のある方はこちらをご覧ください。


支援者サービス担当
足立 千晃

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週の7/11(火)Dr.本田徹の健康居酒屋2017夏を開催しました!

まだ梅雨明け宣言もされていないですが、東京はかなり暑く、みなさん暑い中平日の
お仕事終わりに足を運んでいただきました。参加者のみなさま、ありがとうございました!

IMG_0419
店主の本田徹より乾杯の挨拶


今回のゲストスピーカーは、シェア カンボジア現地代表のモーガンです。

IMG_0424
ゲストスピーカー モーガンの発表の様子


参加者のみなさんは、国際協力に関心がある方が多く、
シェアが活動地としているカンボジアの事業に関しても、
関心を寄せている方が多くいらっしゃいました。

モーガンからはカンボジア事業を含め、カンボジアの生活など様々なことをご紹介しました。

カンボジアで既に20年以上暮らし、生活をしているモーガンはカンボジアに精通しており
首都の状況や、地方の人たちの暮らしなどみなさんの知らないカンボジアを
知って頂けたのではないでしょうか。


さまざまな方が今回の健康居酒屋に参加してくれました。

医療関係の方、金融関係の方、医学生の方、外資系関係の方、
地域活動に取り組んでいる方、会社経営の方、などなど。

IMG_0429


IMG_0431
参加者みなさんの様子


IMG_0435
最後に集合写真を撮りました


シェアは国際保健のNGOですが、この健康居酒屋を通じて
様々なバックグラウンドの方に集まっていただき会話を交わす中で、
多くの方が繋がりあり、互いに支えあう社会にすることができればと思っております。

また、シェアの事業を理解して頂くことにより、ご支援して頂ければ幸いです。


最後に

カンボジア事業では今年度、カンボジア国内での貧困率が一番高いといわれる
プレアビヒアに活動地を移し、活動を開始します。

子どもがお母さんのお腹にいる頃から、生まれて2歳になる頃までは
「はじめの1000日」と言われています。

人間の脳は、一生の中でこの時期に最も発達します。
この時栄養が不足したり、暴力や虐待にさらされたりすると、こどもの脳は発達できません。

シェアは今年もカンボジアで乳幼児健診の活動を続け、
お母さんたちに「はじめの1000日」がいかに大切か、伝えていきます。

シェアといっしょに母と子の「はじめの1000日」守ってください。

この夏も「天の川募金」へのご協力宜しくお願いします。

天の川募金はこちら


広報担当
比田井 純也


このエントリーをはてなブックマークに追加
先月の6月24日に三井住友フィナンシャルグループのみなさまが、
シェア東京事務局にボランティアとして作業のお手伝いをしに来てくれました。

昨年に引き続きシェアにお越しくださった方、今回がシェアで初めてのボランティアという方、
また親子でのご参加もあり、活気のある中で作業が行われました。


今回のボランティアの作業内容は「天の川募金チラシ」の封入作業でした!

IMG_8124
「天の川募金」チラシを含んだ封入物一覧のチラシ


IMG_8116
ボランティア作業の様子


毎年行われていますシェアの「天の川募金」。夏の時期に合わせてご寄付を募っています。
このキャンペーンはとても重要なもので、募金をどのくらい頂けるかにより
シェアの活動状況も変わってくる可能性もあります。

この天の川募金チラシは、毎年この時期に支援者の方々に発送されます。
大量のチラシの発送作業になるため、シェアのスタッフだけでは作業を終わらすには
相当な時間を要してしまいます。

しかし、このように三井住友フィナンシャルグループの社員のみなさまが、
プライベートの時間でシェアへボランティアとして作業に来ていただくことは、
とてもありがたいことです。

またシェアに活動に関しても、ボランティアを通じて知っていただく貴重な機会になりました。


作業の様子

ボランティア当日は、毎週火曜日に行われています火曜(通う)ボランティアの方々も
応援に駆けつけて下さいました。

IMG_8126


IMG_8128


IMG_8131

ボランティア作業を行う三井住友フィナンシャルグループの社員のみなさん


当日、事務局が入っているビルでは電気メンテナンスが入ってしまい、
作業の途中でエアコンが使用できないトラブルなども発生してしまいましたが、
みなさん、作業に没頭し、もくもくと作業をこなしてくれました!

3時間半のボランティア作業を行っていただき、2000通近くの封入作業を
終えることが出来ました!
みなさま、本当にボランティア作業のお手伝いありがとうございました。

IMG_8138
ボランティア作業終了後、みさなんと集合写真!

こちらのチラシ、みなさまのお手元に届きましたでしょうか?

このようにボランティアの方々のお力を借りて、毎年チラシの封入作業が行われ
みなさまのお手元にチラシが発送されております。

今年も天の川募金のご協力よろしくお願いします!

天の川募金はこちらから


シェア広報担当
比田井
このエントリーをはてなブックマークに追加
ワニのぬいぐるみ&マラカス作りのワークショップ

先週、GW中になりますが5月3日(水・祝)にJICA市ヶ谷にて
幼児から小学生向きの東ティモールのコーヒーを使った、
ワニのぬいぐるみ&マラカス作りのワークショップを開催しました!

現在、小学校教諭として活躍されていて、青年海外協力隊としてタンザニアへ
赴任経験のある山中先生と、シェアからは海外事業部の吉森が講師として参加しました。


東ティモールイベント
JICA市ヶ谷 地球ひろばのスタッフの方々がイベントの説明をしてくれました。

東ティモールイベント
子どもたちへ東ティモールについて質問をしてみました。


イベントには、保育園や幼稚園児から小学校中学年くらいの
沢山の子ども達が参加してくれ、みんな事前に東ティモールについて勉強してきてくれたのか、
吉森からの東ティモールのクイズにも、正確な答えが沢山でていました。

まだまだ知名度が低い国の東ティモールですが、
東ティモールの正確な国の位置も答えられる小学生もいて、驚きました。

こういったイベントを通して、小さい子にも東ティモールという国を知ってもらう
ということは、とても嬉しく感じました。


東ティモールイベント
東ティモールの「タイス」といった伝統的な布で作られた民族衣装も着てみました。


クイズのあとは、いよいよワニのぬいぐるみづくりです。

なぜ「ワニ」のぬいぐるみかというと・・・
東ティモール人はワニに人間が食べられたとしてもワニを殺すことはしません。
ワニを神聖な動物として崇めているからです。ワニを形どったモニュメントやワニの絵、
ワニの柄が入った製品などを至る所で目にします。

お父さんやお母さんと一緒になって、消臭剤になる東ティモールの使用済みコーヒーかすがぬいぐるみの中に入るよう一生懸命、時間いっぱい使って、ぬいぐるみを作ってくれました。


東ティモールイベント
お母さんと楽しみながら、ぬいぐるみ作ってくれました。

東ティモールイベント
男の子も夢中になって、ぬいぐるみに綿やコーヒーを詰めてくれています。

東ティモールイベント
イベント中の全体の様子

ワニ人形
子ども達が作ったワニのぬいぐるみ


みんな、ワニのぬいぐるみを楽しく作ってくれ、
一人ひとり個性のある「ワニ」のぬいぐるみを作ってくれました。

これをきっかけで東ティモールを身近に感じてくれたら嬉しいです。

5/20(土)には上智大学で、東ティモールフェスタが開催されます。
詳細はこちら

東ティモールにご興味のある方も、ない方でも是非東ティモールを体感しに来て下さい!


広報担当
比田井 純也



このエントリーをはてなブックマークに追加