南半球の、真夏のクリスマスが近づいている東ティモールからこんにちは。

今年は2018年までの3年間のディリ県での学校保健プロジェクトの中間年です。
先週2日間にかけて、今年の成果や課題を全国の県保健局・県教育局の関係者や支援団体と共有する「学校保健国レベルワークショップ」を開催しました。


DSC_3225
人数が多かったので地域別に分けて記念撮影しました

国レベルワークショップの目的

シェア東ティモールが進めている学校保健プロジェクトは、首都のあるディリ県の98校の小中学校を対象にしていますが、プロジェクトの最終的な目標は「ディリ県での学校保健をもとに、行政によって全国で学校保健が実施される」ことです。

そのため全国13県から、学校保健を担当する保健局や教育局の関係者が一堂に会しました。すでに各県で実施している学校保健活動や、シェアがディリ県で省庁と共に進めている学校保健の政策づくりや保健活動の事例、学校保健モニタリングの様式などを共有し、今後各県で学校保健を進めていくために必要なことなどを話し合いました。

今年は、主に以下のような成果がありました。
ゞ軌蘊覆行う教師への学校保健研修体系の確立しつつあること 
県教育局による学校保健モニタリングの実施されるようになったこと
8修を受けた教師たちによって、ディリ県内の多くの学校で、学校保健活動が広まっていること

東ティモールの国土は東西に長細く、飛び地のオイクシ県を含めた13県が集まるのは大きなイベントです。私たちも日頃なかなか会うことのできない他県の担当者に学校保健への関心を高めてもらうために、県からの発表の場や掲示物などを工夫して準備してきました。


DSC_3198

DSC_3347
教育省の職員へ、学校保健最新情報が詰まったニュースレターを説明するプロジェクトコーディネーターの秋山。今年2回発行し、ディリ県内98校の学校に配布したものを今回他県へ配布しました


10年近く、東ティモールの学校保健プログラム普及活動をしてきたシェア

近年、学校保健プログラムは教育省や保健省の間で、重要性への認識が高まっていると感じます。
例えば、今年改訂された小学校の教育カリキュラムではこれまでの「保健体育」ではなく「保健」として独立した教科になり、地域の保健センターの職務にも学校での保健教育が追加されるなど

「Saude Eskolar」(学校保健)という単語を見聞きする場面が増えています。
学校保健を進める政策として「学校保健戦略計画2018-2022」の策定も進んでいます。
こうした流れを後押しに、シェアが直接支援できない他県の学校でも積極的に取り組んでほしい。 そんな思いで、こうしたワークショップを開いています。


今回のワークショップでは印象に残ったことが3つ。

ひとつは、90名近い人数が集まったのにも関わらず、時間通りに開始したこと。2つめは、圧倒的に男性の参加者が多かったこと。3つめは、参加者のみんながアツすぎることでした。

ひとつめの「定刻の開始」。日本では当然のことですが、東ティモールでは極めて珍しいのです。開会の挨拶をする役職の高い方々が遅れて始められないことはしばしば。南国タイム?なのか、特に参加者が多い時には、予定の1時間後にようやく開始・・・ということも珍しくありません。

この日も私は「まだまだ始まらないだろうな」と他の仕事でもやろうかと思っていたところ、時間ぴったりに、しかも用意していたイスが足りないくらいの参加者が集まって開始したので、逆に慌ててしまいました。学校保健プログラムへの関心が高いのだろうと思うことにしました。(たまたまかもしれませんが!)


DSC_3392


ふたつめは、会場の9割近くが男性だったこと。母子保健に関する全国会議などでは女性が4割ほど占め、保健センターなどには多くの女性が働いています。しかし今回のような県の教育局・保健局の中核職員で学校保健を担当する職員には男性が多いことを実感しました。

学校現場では、地方でも女性の先生はたいてい3割から4割はいる印象で、各省の大臣や保健局長などの要職は日本よりも女性の比率が高いです。

学校保健では、女子生徒も使いやすいトイレの設置や学校での対応なども必要なため(生理期間中は学校を休む生徒も多い)各県で学校保健を推進していく際には女性の職員とも協力して進められるような配慮が必要と感じました。


DSC_3371
ディリ県を筆頭に進めている県学校保健委員会を、昨年から自主的に設立し活動内容を発表したビケケ県保健局の職員


みっつめは、時にはケンカしているのかな?と思うほど議論が白熱しました。特に教育関係の参加者は、長年学校教師として勤めてからこうした役職についている人も多いからか、発表や議論するときの声も非常に大きく、勢いがあったのが印象的でした。県からは国に対して学校保健関連の予算がなかったり遅配に対する意見や、学校保健モニタリング方法についてなど多くの意見が交わされました。

特に、独立運動も活発だったという東部地域の県は、活動家のように熱のこもった話しぶりの人も多く、学校保健もぜひ熱い闘志と勢いで進めてほしい!!と願わずにいられませんでした。


DSC_3304
保健省のヘルスプロモーション課長からも、多くの男性陣に負けじと、勢いのあるプレゼンが行われました


明日からいよいよ学校保健最終年次のスタートです。
東ティモール政府が学校保健プログラムを広めて行けるように、力を合わせて頑張ります。
これからもご支援よろしくお願いします。

※シェアの学校保健プロジェクトは、会員の皆様からのご寄付や、外務省NGO連携無償資金のご支援をいただき実施しています。


DSCF2966
東ティモール現地代表 吉森悠


シェアでは冬の募金キャンペーンを行っております。
この冬も、どうかあたたかいご支援をよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の皆さん、お元気ですか?

東ティモール事務所のロジーニャから、今週実施したばかりの「学校保健ワーキング・グループ会議」の様子をお伝えします。


なぜ必要?「学校保健ワーキング・グループ会議」

学校保健ワーキング・グループとは、学校保健の政策や実施に関わる、教育省、保健省、国連機関、NGO、その他省庁機関の集まりです。学校保健の促進には、教育・保健セクター間や関係機関間の連携がとても大切なのですが、セクター間のコミュニケーションはまだまだ充分とは言えません。例えば、東ティモールでは数年前に全県の小中学校に身体測定の機材が配られましたが、教育省・保健省間の調整が不十分だったため、身体測定の実施方法の研修は行われませんでした。そのため、配布した機材が活用されているのは、ディリ県では3割程度の学校のみです。また、保健に関する活動は様々なNGOがそれぞれの県で実施していますが、省庁がその活動を把握していないことや、複数のNGOの活動や教材が重複してしまっていることもあります。この様なことが起きないようにするには、定期的な情報交換の機会を設けることが有効と考え、シェアは教育省と保健省による「学校保健ワーキング・グループ会議」の実施を支援しています。参加機関は行政機関、医療専門機関、NGO、国連機関など多岐に亘ります。


議題の一つ「学校保健国家戦略計画」

今回のワーキング・グループ会議の主な議題は二つ。そのうちの一つは「学校保健国家戦略計画」の案に関する意見交換です。国家戦略は今後5年間の指針となる非常に重要なもので、それに基づいて教育省と保健省が人材、予算、設備などの資源を投入します。今回の会議では、この戦略計画の案の最終化に向けて意見交換をしました。様々な機関からの参加者からは、それぞれ経験や知見に基づいたアイディアが多く出ました。

戦略計画について話し合う参加者

戦略計画について話し合う参加者_2
戦略計画について話し合う参加者


グループで出た意見を発表する参加者
グループで出た意見を発表する参加者


二つ目の議題「学校健診手引きの共有」

この会議のもう一つの目的は、シェアとディリ県学校保健委員会が中心となって作成した「学校保健手引き」を関係機関と共有することでした。日本の学校ではお馴染みの学校健診ですが、東ティモールではまだ一部の学校でしか実施されていません。子どもやその家族が、普段から自分たちの健康について知ることができるようになることを目指し、私たちは健診が学校教員や保健センターのスタッフによって定期的に実施される仕組みづくりに取り組んでいます。1年前から取り組み始め、一部の学校での試験的な実施や、様々な専門機関との協議を重ね、ようやく手引きの案が完成しました。この手引きでは、身長・体重測定、視力検査、歯科健診の実施方法を記載しています。

視力検査の手引きを発表する保健省の職員
視力検査の手引きを発表する保健省の職員


会議の参加者からは、「障がいのある子どもにも対応できるような手引きにした方が良い」、「今後は聴力検査の実施手引きも作ってはどうか」などといったアイディアをたくさんもらいました。手引きの作成に中心的な役割を担ってきたのは、ディリ県保健局の職員で、ディリ県学校保健委員会のメンバーでもあるアナクレートさん。東ティモールで初の学校健診実施手引きを作成したことは、今回の会議で省庁やその他関係機関から高く評価されました。この機会を通してアナクレートさんが学校保健活動へのやる気をより高め、今後さらにリーダーシップを発揮してくれることを信じています。


関係機関間のより強い連携を目指して

シェアを含めた個々の機関ができる活動や支援できる地域は限られているため、皆で力を合わせて役割を分担しないと充分なインパクトを生み出すことはできません。学校保健は関わる関係者がとても多く、関係者をまとめるのはとても大変ですが、シェアは引き続き教育省、保健省と協力し、関係者間の情報交換が活発に行われるように働きかけていきます。


多様な機関の職員が参加したワーキング・グループ会議
多様な機関の職員が参加したワーキング・グループ会議


ロジーニャ
現地スタッフ ロジーニャ



このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の皆さん、こんにちは!今回は東ティモールからオクタビオ、マリナ、エミリアが学校保健プロジェクトの最新情報をお届けします。まずは学校で行った保健クイズ大会の報告から。

なぜクイズ大会?

保健教育や保健活動が徐々に定着してきているディリ県の小中学校ですが、中には活動がマンネリ化している学校も・・・。そこで、新しい取り組みを試みようと県学校保健委員会とシェアが思いついたのが、学校内の保健クイズ大会。

児童保健委員会の生徒同士で保健知識を競い合い、保健活動へのモチベーションを高めてもらおうという狙いです。まずはモデル校の3校で試しました。質問はマラリア、デング熱、寄生虫、貧血、風邪、結核、栄養、喫煙、飲酒など、多岐のトピックにわたりました。


子ども達だけではなく先生も真剣

楽しみながら保健知識を身に付けてほしい・・・そんな願いで企画したイベントだったのですが、当日私たちが到着すると、思いのほか真剣で、緊張した面持ちでスタンバイしている児童保健委員会の子ども達の姿が見られました。


3人一組のチームで協力し合って答えを考えます
3人一組のチームで協力し合って答えを考えます


特に早押しクイズは白熱し、他のチームに先を越されると悔しそうな様子でした。クイズの内容は難しすぎるのではないかという心配もありましたが、どの学校の参加者も優秀な成績をおさめました。


白熱した早押しクイズ
白熱した早押しクイズ


それもそのはず、先生も児童生徒も、1ヵ月も前から準備を進めていたのです。子ども達を指導していたのは、去年と今年、シェアと教育省が実施した保健研修に参加した先生達。

ビダウマサウ小学校で1位になったグループの児童の担任であるフェルナンダ先生は、「私のクラスはいつも保健の歌を歌うなど、研修で学んだことを実践しています。だから1位になったのよ」と得意気に話してくれました。

ビダウマサウ小学校の参加者の中には「分からない質問もいっぱいあった」と悔しそうな表情を見せる子もいましたが「引き続き児童保健委員会として学校の健康を守ってくださいね」という私たちからのメッセージに対し、元気に「はい!」と返事をしてくれました。


ビダウマサウ小学校の参加者と学校保健研修を受けた先生達
ビダウマサウ小学校の参加者と学校保健研修を受けた先生達

マヌレウ小学校の参加者と校長先生
マヌレウ小学校の参加者と校長先生


クイズ大会の実施に関わった様々な関係者

このイベントを当日仕切ったのは、県学校保健委員会のメンバーであり、普段は県教育局や保健局、保健センターで勤務している職員達。緊張した参加者達を和ませながら、イベントを盛り上げてくれました。


審査委員として活躍した県学校保健委員会メンバーとシェアスタッフ
審査委員として活躍した県学校保健委員会メンバーとシェアスタッフ


賞品の提供には保健省も協力してくれました。また、歯磨き粉でおなじみのColgate(コルゲート)社や大学の歯科学生の協力も得て、全児童生徒への歯ブラシと歯磨き粉の配布、歯のケア方法の指導もしました。


歯ブラシと歯磨き粉のセットを受け取ったマヌレウ小学校の児童達
歯ブラシと歯磨き粉のセットを受け取ったマヌレウ小学校の児童達


「世界手洗いの日」

さて、続いて10月15日の「世界手洗いの日」を記念して行った啓発イベントの様子を報告します。教育省、保健省、学校、ユニセフ、ユニリーバ社、その他開発パートナーと共に企画したこのイベントの今年のテーマは「Our hands, our future!(私たちの手は、私たちの未来!)」。地域住民の手洗いへの意識の向上を目指して開催しました。

当日はまず、シンコデコモロ小学校から近くの町役場まで、郡内の小中学校6校の代表の児童生徒がマーチをしました。


マーチに参加するコモロ郡の小中学校の児童生徒達
マーチに参加するコモロ郡の小中学校の児童生徒達

町役場ではシンコデコモロ小学校の児童保健委員会の子ども達23人が、手洗いの大切さを訴えるスピーチや手洗いの歌、劇、人形劇の披露をしました。特に観客の関心を引き付けたのは、手洗いをせずに下痢になってしまった男の子の劇。


劇を披露する児童保健委員会
劇を披露する児童保健委員会


立派な発表をしてくれた児童保健委員会の子ども達ですが、実はこの学校の保健委員会は数週間前に設立されたばかりでした。シェアはこの短期間の間に、劇や歌、教材の使い方の指導をしました。子どもたちは当日も自主的に練習するなどやる気に溢れていて、私たちもとてもやりがいを感じました。


当日自主練習に励む児童保健委員会
当日自主練習に励む児童保健委員会


イベントには大統領夫人を含めた大勢の観客の前で大役をこなし、大きな自信がついたようです。


大統領夫人を迎える
大統領夫人を迎える、シンコデコモロ小学校の児童保健委員会委員長の児童

児童保健委員会としてさらに力と自信を身に付けた子ども達が、今後学校でよりリーダーシップを発揮して活動できるように、シェアは引き続きサポートしていきます。


東ティモール事務所スタッフ
オクト顔写真 DSC_0021 エミリア
左よりオクタビオ マリナ エミリア




このエントリーをはてなブックマークに追加
東ティモール事務所からこんにちは。今回の担当はプロジェクトスタッフのライムンドです。

8月前半に東ティモールにお越しいただいた豊川専門家からの統計ワークショップについてご報告します。学校保健プロジェクトで構築している学校保健モニタリング結果のデータをどのように効果的にまとめて分析するかということを教えて頂くためです。


スケジュールは以下のような内容でした!

前半の8月7日。東京大学で医療統計学をご専門としている豊川さんに、県学校保健委員会のメンバーが行うマンレウ小学校と、ディリ市内で一番規模の大きなトリンタデアゴスト中学校に学校モニタリングの現場に同行していただきました。

そして8日には、シェアスタッフと県学校保健委員会メンバーを対象に、モニタリング結果の分析方法のエクセル作業などのワークショップを実施。

9日から10日かけては、県学校保健委員会メンバーの中でも、特にデータ入力などを書記官として担当している県教育局と保健局の職員に対して集中講義をして頂きました。

11日には、これらの研修から学んだ研修の成果として、分析した学校モニタリング結果をわかりやすい図表にまとめ、書記官の2名から保健省や教育省や県保健局の統計担当者などの関係職員への最終発表会を行うことができました。

事務所での集中講義の様子
事務所での集中講義の様子


今回、なぜシェアがこのようなデータ研修を企画し、専門家にお越しいただいたのか?

それは、集まってきた学校モニタリングの結果を有効活用するために、
関係者のデータ分析能力の強化が不可欠だからです。

昨年より、県教育局に所属し、各学校を巡回指導している学校インスペクターと呼ばれる人たちが学校保健モニタリングを実施し、報告書に記入、県教育局にそれらのデータが提出されるシステムが出来上がってきました。

しかし、せっかく集まってきたデータを的確に集計・分析し、その結果を関係者と共有して改善点を話し合うまでには、まだなかなか至っていませんでした。また、私たちシェアの東ティモールスタッフもそれらをサポートするスキルが不足していることを実感していたのです。


今回のワークショップでは・・・

シェアスタッフや県学校保健委員会のメンバーがデータの基本的な集計方法を改めて学ぶことができました。例えば、エクセルを使ったクロス集計や、結果をわかりやすくて見やすい図表やプレゼンテーションにまとめる能力が向上しました。

そしてそれらの結果を、どのように保健省や教育省の職員に効果的に発表をするかということも学びました。


プレゼンをする県保健局の職員
プレゼンをする県保健局の職員

保健省や教育省の職員への最終発表会
保健省や教育省の職員への最終発表会


前半のワークショップでは、学校モニタリングデータを現場で集めている学校インスペクターや保健スタッフたちにもエクセル集計なども体験してもらいました。普段業務ではあまりパソコンを使っておらず、作業に慣れていない人もいましたが、提出したデータの集計や分析のプロセスや活用方法、そして正しくデータを記録して集めてくることの重要性などは理解してくれたようでした。

書記官たちの集中講義や最終発表では、日頃データを扱っているスタッフであることや、シェアスタッフからのサポートもあり、スムーズに進みました。彼らこそが、現場から集まってきた貴重なデータを有効に活用させるために重要な役割を担っています。

書記官の一人である、県教育局のサトリーノさんからは「今回のように、業務で活用できる、データの分析方法などの能力強化の機会があり、大変うれしいです。」とのコメントをもらいました。


書記官の二人と豊川専門家と一緒に
書記官の二人と豊川専門家と一緒に


私自身はこの1週間を通して、ピボットテーブルやクロス分析を新しく学ぶことができました。今回学んだことを毎日の業務だけでなく、来年実施する事業の終了時評価の結果分析の時にも生かしたいと思っています。

これからもシェア東ティモールのご支援をよろしくお願いします。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。


ライムンド顔写真
東ティモール事務所 学校保健プロジェクト担当 ライムンド
このエントリーをはてなブックマークに追加
先日の6月17日(土)に東ティモール事業報告会が品川で開催をしました。
当日は19名の多くの方にご参加いただきました!参加者のみなさま、ありがとうございました。

東ティモールの音楽が流れる会場に一歩入ると、伝統織物の色とりどりのタイスや、
村人やこどもたちの笑顔あふれる パネル写真が展示しました。

東ティモール産プレミアムコーヒーを参加者のみなさまに飲んでいただきながら、
東ティモールの報告会をさせていただきました。


報告会のスピーカーはシェア 東ティモール事務所代表の福山修次とプロジェクトコーディネーターの秋山真輝が務めました。

IMG_7996
スピーカーの福山と秋山


報告会のはじめは、東ティモールに関するクイズに挑戦していただきました。
参加者は出会ったばかりの人たちですが、3人1チームで相談しながらクイズを問いていくうちに、笑顔がみえ始めます。 まるでクイズを通して、東ティモールへの関心の扉がぐんとひらいていくようです。

IMG_7928

IMG_7924

IMG_7927
クイズをグループごとに相談する様子

クイズの一部をご紹介すると、東ティモールで神聖な生き物といえば?
答えは、「わに」。

この国が「わに」からできたのだと人々は信じていることや、
「わに」に食べられても、「わに」を殺さない彼らの信じる気持ちなど
東ティモールの文化に触れながら、紹介されました。

その後、現地代表の福山は、彼自身の仕事は大変なことも多いけれどやりがいが大きいと語り、
駐在員の秋山も、できたばかりの国だからこそ、日本生まれの小さなNGOシェアが
東ティモールという国の「保健分野の政策作り」に関わることができ、 その責任と喜びは大きいと語りました。


シェアが東ティモールで活動を始めて今年で18年・・・。

事業開始当初も今も「すべての人に健康を」というシェアのモットーは変わらない軸となっています。

東ティモールがインドネシアからの独立15周年を迎えてもなお、5才未満の子どもたちの約半数が栄養不良児であり、下痢、肺炎、マラリアなど予防可能な病気が原因で亡くなる子どもの数は少なくありません。

シェアの小・中学校での保健教育活動を通して、子どもたちが「手洗いの歌」を家でも歌うようになり、家庭のなかでの感染症予防に繋がっています。加えて、手洗いの大切さを学んだ子たちの中には、水がでない学校に家から水をタンクにいれて運んでくるようにもなりました。

今までは、感染症をどのように予防するかを知らなかったために、命を亡くしてしまったり、病気になってしまったりする人たちの数を減らすためには、未来を担う子どもたちへの予防医学を学ぶ機会、そして学校保健での実践が大きな成果につながります。

報告会に参加された人たちからは、
「クイズが楽しかったです」「東ティモールに興味がわきました」、「コーヒーがおいしかったです」 「8月の東ティモールスタディツアーに参加します!」
などなど、嬉しいお声を頂いています。

ゆるやかな歩みですが、東ティモールの子どもたちの笑顔を、そして「すべての人に健康を」を叶えられるよう、今日もシェアは頑張ります。

そして、シェアスタディツアー東ティモール 「アジアで一番新しい国 東ティモールを知る旅」の
申込み締切りがいよいよ明日7/13(水)になっております!
ご興味のある方はこちらから詳細を確認下さい。


海外事業部
坂下 有起




このエントリーをはてなブックマークに追加