ボアタールデ!(こんにちは!)みなさん、お元気ですか?
東ティモールに恋をしている、海外事業担当の坂下有起です。
さて、8月末に1週間、東ティモールに出張にいってきました。独立間もない2003年から約2年、この国に駐在していたことがあり、今回13年ぶりに東ティモールの地を踏むことになった私。この10年、ティモール海で見つかった天然ガスのおかげで急速に経済成長をしていると話にきいていたこともあり、その変化を見るのも楽しみでした。
楽しみのあまり、首都ディリの空港に到着したとたん、飛行機の窓を突き破って「一秒でも早く、東ティモールの大地を踏みしめたい!!!」と、はやる気持ちを抑えるのが大変でした(笑)。
ということで今回は、東ティモール今昔ものがたり「Before and Now」をご報告します!

20180912-1
 学校インスペクターと

*****************
<車と道路事情>
2003、4年ごろの首都ディリは、2002年の独立から日が浅かったこともあり、道を走る車は、国連(UN)や国際NGOなど援助機関のものがほとんどでした。日本からも自衛隊が道路を作りにきており、銃をかまえた迷彩色の軍服に身を包んだ人たちの乗る各国の軍隊の車もよく見かけました。
ところが2012年末に、国連(UNMISET)も完全撤退し、各国の軍隊も規模を縮小・撤退しており、今はWHOやUNICEFが残って活動を続けているのみです。今回の出張ではそれら関係車両をみかけることはなく、かえって昔は見られなかった東ティモールの人たちが車やバイクを運転している姿が増えていました。それだけ治安が安定し、一般の人たちが車両を所有できるまでになったのですね。
また、道路もデコボコがなくまっすぐなことにも驚きました。昔はアスファルトが敷かれた道のあちこちに穴があいていて、ゆっくり進まないと車の天上で頭を打って大変だったのです。最近は、中央線が敷かれたり、道路標識や、一方通行が(突如)できたりと、ディリ市内の交通量の増加とともに、試行錯誤も見られるそうです。2003年当初は1台しかなかったと記憶している信号機も、数が増えて街中のあちこちに設置されていました。
ただ昔も今も変わらない乗り物に、ミクロレットがあります。今回は時間がなく残念ながら乗ることは出来ませんでしたが、25セントで乗りたい場所で手をあげて、おりたい場所にくると、コインを鳴らして知らせると運転手がその場所で止めてくれるという市民の足です。たいてい、音楽をフルボリュームで鳴らして、ちょっとやんちゃをしたようなお兄ちゃんたちが運転しています。

20180912-2
 空港から市内への道中

<町から消えた!?おさんぽ豚と、おさんぽ牛とおさんぽヤギ>
2003年当時、駐在していた事務所の近くには、空芯菜を育てているどぶ川があり、お散歩にでかけると、ヤギや、ブタが草を食べているのに遭遇しました。道では子どもたちが遊んでいたりする自然な光景のなかに豚やヤギや牛がのっそり歩いていたのです。もちろん家畜としてだれかの所有物ではあるのですが、首輪がついていることもなく、自由にされていて、おもむろに、目の前にあらわれるお散歩中の動物の姿は、これぞ東ティモールだ!と私にとっては好きなシーンでした。
ところが、今回ディリの中心部では、お散歩ヤギやブタをほとんど見かけることがなくなっていました。懸命に車窓から目を凝らしていると、人里離れた場所や、車通りが少ない家屋のそばで、少しみることができて、「あ!いた!」と嬉しくなりました。

20180912-3
 アタウロ島の小学校のすぐ裏手でみかけたブタの親子)

<ビーチサンダル>
皆さんは、ビーチサンダルが、草履を原型にして、日本人がその発明に加わっていたということを、ご存じですか? 2003年当時の私は、東ティモールの人たちが山の奥地にいっても、どこにいってもビーチサンダルを履いて生活していることを、誇らしく思っていたものです。その頃は、東ティモールの子どもも大人も裸足か、ビーチサンダルで生活をすることが主流で、コーヒー林の急な斜面を滑らないようにと私がしっかりした靴を履いていったりすると、
「靴をはいてる!靴だ、靴だ!」と珍しがられ、それこそ、指をさされてしまい、ビーチサンダルで急斜面を駆け上がれない自分を不甲斐なく思ったものでした。その記憶もあり、今回の出張では、学校訪問、保健センター、県保健局、保健省など省庁訪問にも、迷わずビーチサンダルで参上しようとしたわけですが・・・・
まずは、ディリから25kmの距離にあるアタウロ島の学校(シェアの活動地のディリ県の離島) と、保健センターを訪問しました。すると中には、ビーチサンダルの子どももちらほら見かけますが、ほとんどが靴を履いて、真っ白な靴下をまとっている子までいるのです。女性の先生方はサンダル、男性の先生は靴を履かれていました。保健センターの職員や医師も同様でした。翌日に訪問したビケリ村の小学校は少しアクセスが悪い場所なので、もしかしたら状況が違うかもしれない、とまたビーチサンダルで訪問したわけですが、どうやら学校はこのごろ靴を履いていく、ということが一般的になってきたようです。赤いビーチサンダル履きで出かけた私は身をもって、その変化を感じ取ることができました。

20180912-4
 アタウロ島 シェアが作成した保健教材で授業を受けている子どもたち

<まちがった保健行動>
昔駐在していたのは、1600mと標高の高いコーヒー生産地の山の中でした。首都ディリからも遠く、電気も水もない場所で、通信手段は日本から持ちこんだ「衛星電話」経由。それが、現代では携帯電話が普及して、皆がSNSで連絡を簡単に取り合っているというから、大した進歩です。
その当時から、私が心に引っかかっていた東ティモール人の行動がいくつかあります。
その1つが間違った保健の知識に基づいた歯磨きでした。
東ティモールでは、今も昔も歯医者は無く、虫歯になってしまうと、処置として歯を抜くしか手立てがありません。
そのため歯磨きはとても大切な習慣の一つです。ところが、その方法が間違っているのです。13年前は、寝る前には歯を磨かず、朝起きて口のなかの汚れが気になってから磨くという習慣を持っている人たちが多かったように思います。
いくら私が「歯は寝る前に磨かないと、寝ている間に虫歯菌が増えてしまう」と話しても、「寝る前は、歯はツルツルしていて汚れていないから、朝、歯が汚れたら磨けばいいんだよ。」といって、一緒に働いていた東ティモール人たちは、朝プラークでいっぱいの歯を一生懸命に磨いていました。
それを思い出して、「今はどうなっているだろう?」と気になり、今回、アタウロ島で小学校を訪問した時に、コーディネーターの秋山さんを通して、生徒たちに聞いてみました。
すると、「寝る前には磨く。」けど「朝ごはんを食べたあとには磨かない。」という答えが多くの子供たちから返ってきました。
なるほど、ちょっと惜しい!ですね。
眠る前に磨くことを家庭でも教えられていることは、歯の健康のためにとてもよいことです。
ぜひとも朝ごはんのあとにも、磨くようになってほしいです。
*****************
以上、ご紹介したのは、2003年ごろと比較した「東ティモールBefore and Now」を4つでした。他にも色々気づいたことがあるのでまた、別の機会をみつけてご報告致しますね!
最後に。シェア東ティモール事務所では、東ティモールの小中学校で保健の授業につかえる教材を開発して首都ディリの全98校に配布したり、健康診断を導入するお手伝いをしたりと、子ども達の健康をまもれるように、日々活動を続けています。ご紹介した歯磨きの習慣もそうですが、人々の習慣を変えていくということはとても骨がおれることです。
これからもシェアが活動を続けられるように、引き続き東ティモール事業への応援をよろしくお願いします!


海外事業担当(東ティモール)
坂下有起

このエントリーをはてなブックマークに追加
ある土曜日の午後、ディリ市の中心部に住む小学校5年生の女の子「アブイ」が家で寝ていました。学校で急にお腹が痛くなり、早退したのです。

20180822-2

アブイに話を聞いてみると、なんと彼女は学校で手を洗わないどころか、トイレも使っていないと話します!なぜならアブイの学校には水が無く、トイレも壊れて使えないから。さらに、アブイの学校では保健の授業も無いそうです。

実はこれ、シェアが作成中の「学校保健推進ムービー」の中での出来事です。でも残念ながら、これは東ティモールでは全く珍しい話ではありません。安定した水の供給があり、十分に機能するトイレが整っているのは、東ティモールの全学校のうち4割程度と言われています。保健が一つの教科として教えられ始めたのも去年です。

20180822-5
一般的な学校のトイレ。水が無くて使えないことも多い。


東ティモール政府と歩んできたシェア
シェアは東ティモール政府が学校保健プログラムに本格的に取り組みだした2007年から、政府と共に学校保健の仕組みづくりを支援してきました。10年以上経った今、保健が独立した教科になったり、教育局による学校モニタリングに保健の内容が盛り込まれたりと、ようやく学校保健が重視されるようになってきました。首都のディリではシェアの支援により教員対象の学校保健研修が行われたり、保健教材が学校に配布されたりと、教員が保健教育をしやすい環境もだいぶ整ってきました。しかし、政府がこの様な活動の持続性を確保し、全国へ普及させるには、学校保健に関する政策の策定、予算の増大などが必要不可欠です。「政府のそんなコミットメントを引き出したい!」という願いを込めて作成しているのが、このムービーです。

このムービーでは、保護者を巻き込み、創意工夫しながら学校環境を整えてきた学校や、保健研修で学んだことを最大限に活かしている学校など、「ぜひ他の学校も見習ってほしい!」という模範的な学校を紹介しています。他にも、学校保健に関わる様々な関係者の仕事ぶりを紹介。

20180822-3
研修で学んだ知識を他の教員と共有する、アイムティン小学校の先生

このムービーのシナリオ作成から撮影、編集までの全てのプロセスを担ってくださったのは、長年日本で報道番組のディレクターを務めた門上淳子さん。「学校保健って具体的には何をするの?」という疑問をスッキリ解消してくれる、分かりやすい内容に仕上げてくださいました。

20180822-4
素晴らしいムービーを作成してくださった門上さん

20180822-1
冒頭のシーンの撮影現場


撮影現場の裏では・・・
撮影現場の裏では・・・
全ての関係者はとても協力的で、撮影はスムーズに進みました。一方、カメラを回すとニワトリが鳴いたり、近所の子どもが泣き始めて何度も撮り直しをしたりと、東ティモールならではのハプニングもありました。また、学校の先生や保護者が子どもたちの健康を願う気持ち、学校での保健活動が地域住民に与える良いインパクトなど、取材して初めて知ったこともあり、嬉しい発見が多かったです。

完成後は教員研修、学校保健全国担当者ワークショップなど様々な場面で上映します。
日本のご支援者の皆様ともYoutubeで共有しますので、楽しみにしていてください!

東ティモール プロジェクト・コーディネーター
秋山真輝



このエントリーをはてなブックマークに追加
Botardi kolega sira iha Japau! (日本の皆さんこんにちは!)
学校保健プロジェクトのスタッフ、マリナです。日本の皆さんは東ティモールでの生活ってどんな感じだか想像できますか?今日は、私が毎日どんな生活や仕事をしているのか紹介したいと思います。


20180718_1

6:00 起床 
最初にすることは、バイクで5分の野菜市場に行って、夕食分の野菜調達。この日は空心菜、
ほうれん草、トマトを買いました。全部で2ドル50セントでした。

20180718_2

その後、10分歩いて公共の水道まで水汲みに行きます。家でも水は出るのですが、私が住む
タシトルという地域は海の近くで、海水交じりの水しか出ないのです。トイレや洗濯にはこ
の水を使いますが、料理用の水はわざわざ汲みにいかなくてはいけません。

20180718_3

20180718_4

7:00
朝食の準備を済ませ、掃除をします。一息つく間もなく水浴びし、仕事に行く準備をします。

20180718_5

7:30
10才、12才の娘と朝食をとります。今朝のメニューはチリソースをつけた揚げ豆腐と紅茶。
夫は地方出張に行っていて不在です。

20180718_6

8:00
「ママ、行ってらっしゃい!」娘たちに見送られて自宅を出ます。娘たちは午後から学校なので、午前中はお留守番です。その間妹と弟が家を見ててくれます。

20180718_7

私の家からシェアの事務所までは、ミクロレットという公共の乗り物を2本乗り継ぎ、1時間近くかかります。1回の運賃は距離に関わらず25セントです。

20180718_8

8:45
事務所到着。シェアでの一日が始まります。

20180718_9

毎週月曜の朝に最初にすることは、「To do list」の作成。何を誰が担当するのか確認します。

20180718_10

9:15〜
学校モニタリングに出発。この日は事務所から車で15分程のところにあるメティアウト小学校を訪問。モニタリングの時は県教育局の学校インスペクターと一緒に行きます。校長、インスペクターと一緒に校内の衛生環境を見てまわります。

20180718_11

「水はいつもあります」と見せてくれる先生


20180718_12

「爪はちゃんと短く切ってる?」と私も児童の爪をチェックしました。

20180718_13

最後に校長室で、モニタリング結果をインスペクター(中央)と一緒に校長に共有し、改善が必要な点について話し合います。

12:00-13:00
事務所でクリーナーさんが作ってくれる美味しい昼食を皆で食べます。この日のメニューは白飯、鳥の唐揚げ、野菜スープ。

20180718_14

13:00-16:45
午後は事務所で報告書作成。終わったらプロジェクトマネージャーのロジーニャに内容をチェックしてもらいます。

20180718_15

16:45
今日は定時で仕事終了!
ミクロレットの中はこんな感じです。ドアが開いたままで走るので、ちょっとスリルがあります。

20180718_16

18:00
帰宅。渋滞で家に着くまで1時間ぐらいかかることも多いです。家に着くと近所の子ども達が迎えてくれます。家の中には大抵近所の子ども達がいて、とても賑やかです。

20180718_17

18:15
家でも休む時間はあまりありません。部屋の片付け、掃き掃除、食器洗い、30羽のニワトリと1匹の豚へのエサやり、娘たちの宿題の手伝いと、家事に追われます。夕食の支度が終わるとやっとテレビを観ながら一休みできます。特にインドネシアのテレビドラマが好きです。色々してると夕食を食べるのは20時ぐらいになってしまいます。今夜のメニューは白飯、鳥モツのトマト煮、空心菜、サラダ。

22:00
今日も一日いっぱい働いて疲れたので早めに寝ます。おやすみなさい!

日本の皆さん、今日はどんな一日を過ごしましたか?東ティモールとの共通点はありますか?

DSC_0021
東ティモール事務所スタッフ マリナ




このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の皆さんこんにちは!東ティモール事務所のエミリアです。
今回は、この1〜2ヵ月特に力を入れて実施している学校保健モニタリングの進捗状況をお伝えします。
でもその前に学校保健モニタリングとは何か、おさらいです。


誰がモニタリングをするの?

実施するのは教育局の学校インスペクターという職員。普段から学校の巡回指導が仕事です。シェアの学校保健推進プロジェクトに関わるようになってからは、保健教育・活動の実施状況もモニタリングするようになりました。


モニタリングでは何を見るの?

学校保健モニタリングの目的は、個々の学校で保健教育や活動がどれだけ実施されているかを把握し、さらなる改善に向けた助言指導を行うことです。具体的には次の内容をチェックします。

1. 保健に関する規則があるか
2. 保健施設と連携してサービスを提供しているか
3. 保健教育をどの程度実施しているか
4. 衛生環境はどうか(水の有無や衛生施設の状態、掃除が行き届いているか、菜園があるかなど)
5. 子ども達が清潔な身だしなみをしているか

そして、最後にインスペクターは校長先生と結果を共有し、どうすれば改善できるのか話し合います。


さてここで、2018年に訪問した学校のうち、3校の様子を紹介します。

【事例1:アタウロ島ビケリ小中学校】
児童保健委員会の活動が活発になりました。以前は自分たちの学校だけで活動していましたが、近隣の小学校を訪問して手洗い装置の設置や清掃を手伝うなど、他の学校の児童のお手本にもなっています。


2018.06.21(1)
簡易手洗い装置「Tippy Tap」を設置


2018.06.21(2)
近隣のファトゥー小学校児童の爪を切るビケリ小中学校の児童保健委員


【事例2:ディリ市内 シンコ・デ・コモロ小学校】
シンコ・デ・コモロ小学校では児童が家から持って来た苗木を校舎前に植え、校内の緑化に取り組みました。校舎を囲む木々は、砂埃や暑さ対策にも一役買ってくれるようになるでしょう。


2018.06.21(3)
【Before】緑化前の様子


2018.06.21(4)
【After】 緑化後。木々を守るためのフェンスまで設置されました。


また、この学校は2000人以上の児童を抱えているにも関わらず、以前は機能している蛇口が1〜2個しかありませんでした。そこで保護者の協力を得て設置したのが、パイプに複数の穴をあけただけの手洗い装置。蛇口をひねると穴から水が一斉に出て、一度に6人以上の児童が手を洗うことができます。この装置は、特に給食時などに活躍しているそうです。


2018.06.21(5)
パイプを使った簡易手洗い装置


【事例3:ディリ市内 マヌレウアナ小中学校】
ディリ市内のマヌレウアナ小中学校が抱えていた問題の一つは、地域住民が学校の敷地に侵入し、校内を汚してしまうことでした。そこで校長先生は保護者に事情を説明し、児童1人につき毎月1ドルの支援を呼びかけました。

その結果、1メートル程の高さだった外塀を2メートルにすることができました。今後は学校の環境をきれいに保ちやすくなることが期待できます。


2018.06.21(6)
Before: 簡単に侵入されてしまっていた以前の外塀


2018.06.21(7)
After: 高くなった現在の外塀


では最後に、ディリ県のインスペクター5人のうち、遠隔地を担当するお2人を紹介します。

ディリ市内から車で1時間程のところにある、メティナロ郡を担当するのはスパルジョさん(写真左端)。

2018.06.21(8)


どんなに暑い日でも常にレザージャケット着用で、バイクで颯爽と登場します。

2018.06.21(10)


続いて、ディリ市の沖の離島を担当するシプリアーノさん。(写真中央)

2018.06.21(9)


島民から絶大な信頼を寄せられる、優しいシプリアーノさん。海岸から山道まで、どんな悪路にも屈することなく、日々学校を訪問しています。

2018.06.21(11)


引き続きシェアは、インスペクターの学校保健モニタリングに同行し、それぞれの学校の状況に合った学校保健活動を展開するにはどうすればよいのか、共に考えていきます。

エミリア
東ティモール事務所スタッフ
エミリア


このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の皆さん、D‘iak ka lae (お元気ですか)?

東ティモールの事務所のライムンドです。東ティモールでは蒸し暑い雨季が終わり、一年で一番涼しい時期が近づいてきました。とはいえ、ディリでは日中は30度以上になります。そんな中、エアコンも扇風機も無い暑い学校で実施した「教員対象学校保健研修」について報告します。


200名の教員集合
県内全小中学校から200人近くの教員が集合

より大きなインパクトを目指して

今回のプロジェクトで3回目になる教員研修。目的は以前と同じ、「小中学校教員が保健教育や活動に必要な知識や実践力を身に付けること」ですが、今回は対象者が少し異なりました。東ティモールには「拠点校」という大規模な学校と、「分校」という小規模な学校があり、個々の拠点校は2〜4校の分校を管轄しています。

シェアは、国の研修制度に従って、教員研修機関→拠点校教員→分校教員という研修の流れを整えてきました。しかし、教育省が作った拠点校・分校の仕組みが始動したのは2015年で、研修を受けた拠点校教員から分校教員への情報共有が未だ十分にできていないことが分りました。

そこで、分校の教員にも直接情報を届けるため、拠点校34校に加え、今年は思い切って分校54校も対象に加えました。郡ごとの各グループに4日ずつ実施し、合計195人の教員が参加しました。内容は教育省の指導要領に基づいて決め、子どもが罹りやすい病気、栄養、思春期の性と生殖に関する健康、健診の実施方法などの計16科目でした。


教材の使用演習
シェアが新たに開発した教材の使い方も練習


紙芝居の演習
さすが学校の先生、紙芝居も面白おかしく読んでみせます


食品ピラミッド型教材
初めて取り入れた、食品ピラミッド型教材


水の交換ゲーム
HIVエイズの授業では、HIV感染の広がりを知る「水の交換ゲーム」もしました


チームで一丸となって研修を運営

講師を務めたのは、教育省の教員研修機関の職員。学校保健研修の講師を務めるのも3年目になり、安心して任せることができました。


身体測定の方法説明
教員研修機関のドミンガさん。身長体重測定の方法を説明しています。


また、学校との調整や研修中の司会は、日々学校を巡回して指導や助言をしている「インスペクター」が担いました。教員から一目置かれているインスペクター達は、研修を計画通りに進行させ、その後教員が学んだことを学校で実践するように働きかける、という大きな役割を担っています。

また、保健研修機関や県保健局のスタッフも毎日研修会場に来て、参加者からの難しい質問に答えるなど、講師のサポート役として活躍しました。私はこの研修を担当しましたが、あまり大変だと感じなかったのは、それぞれの関係者が協力し合い、自分の役割を果たしていたからだと思います。


歯科医のジルダさんとライムンド
研修の実施をサポートした郡保健センターの歯科医のジルダさん(右)と、スタッフのライムンド(左)


今回はチームワークの良さを発揮できましたが、これは以前の研修の反省点を活かした結果です。以前は多様な機関からの関係者を上手くまとめることができなかったり、講師と保健スタッフの人間関係がこじれてしまったりと、頭を抱えることが多かったです。そのため今年は、事前の打ち合わせの際にそれぞれの関係者の役割をはっきりさせるようにしました。


学んだことの発表
学んだことを発表することで知識の定着を目指します


研修に参加するのが3年目のクリスタル中学校の教頭先生は、「毎年の学校保健研修への参加を通して、生徒に教える自信がつきました」と話してくれました。


重要なのは研修後のフォローアップ

研修は終わりましたが、私達にはさらに大きな仕事が待っています。これまでの経験から学んだのは、研修を受けただけで十分な保健教育や活動をできる教員は多くないということ。これから私達はインスペクターや郡保健センターのスタッフと一緒に学校を訪問し、それぞれの学校の状況に合わせた助言をしていきます。


今後の研修の持続的な実施を目指して

私たちが最終的に目指しているのは、東ティモール全13県の教員がこの様な研修を受けることができるようになることです。そのために、教育省自身がディリ県以外での研修を実施できるよう、今後は予算確保に向けた働きかけを行います。また、教育省自身が研修の予算を出せるようになるまでは、他のNGOや国連機関が支援できるよう、シェアは他の団体とも連携していきます。


ライムンド顔写真
東ティモール事務所 学校保健プロジェクト担当 ライムンド

このエントリーをはてなブックマークに追加