今回訪問したゴム農園でHREIBの活動に関わるミャンマー人のボランティアの方たちと話をする機会がありました。
彼らにHIV/AIDS等を学ぶことができてどのような感想を持っているか聞いたところ、「HIV/AIDSのことを詳しく知ることが出来てよかった」、「学校に行ったことがないので、感染経路について知らなかった、今まで偏見があったのが無くなった」「母国に帰って人々にHIV/AIDSの知識を伝えたい」などの意見が出ていました。

今まで学ぶ機会が無かった彼らにとって、この保健教育はとても新鮮であり、学ぶことの楽しさを知り、とても生き生きとして嬉しそうでした。(東京事務局タイ事業担当 西山)

ボランティア
このエントリーをはてなブックマークに追加
今回訪問したゴム農園でHREIBの活動に関わるミャンマー人のボランティアの方たちと話をする機会がありました。
彼らにHIV/AIDS等を学ぶことができてどのような感想を持っているか聞いたところ、「HIV/AIDSのことを詳しく知ることが出来てよかった」、「学校に行ったことがないので、感染経路について知らなかった、今まで偏見があったのが無くなった」「母国に帰って人々にHIV/AIDSの知識を伝えたい」などの意見が出ていました。

今まで学ぶ機会が無かった彼らにとって、この保健教育はとても新鮮であり、学ぶことの楽しさを知り、とても生き生きとして嬉しそうでした。(東京事務局タイ事業担当 西山)

ボランティア
このエントリーをはてなブックマークに追加
今回のモニタリングの内容はこのような内容でした。タイ事務所の代田さんと私西山の2名で参加しました。

1日目
午前 HREIBスタッフとの打合せ、パワーポイントにて説明を受ける。
午後 Dottan村 のゴム農園にてミャンマー人ボランティアとピアエデュケーターとの意見交換
        
2日目
午前 Kho Khao島のやし農園にて保健教育活動に参加(船で移動)
 この島は、津波の被害が非常に大きく、島の半分が壊滅したそうです。
 多くの漁業関係で働いていたミャンマー人が亡くなった地域と言われています。エイズについて

右の写真はエイズ教育をこの島のやし農園で行なっている様子です⇒

午後 Bansak村のゴム農園でのミーティングに参加

(東京事務局タイ事業担当 西山)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回のモニタリングの内容はこのような内容でした。タイ事務所の代田さんと私西山の2名で参加しました。

1日目
午前 HREIBスタッフとの打合せ、パワーポイントにて説明を受ける。
午後 Dottan村 のゴム農園にてミャンマー人ボランティアとピアエデュケーターとの意見交換
        
2日目
午前 Kho Khao島のやし農園にて保健教育活動に参加(船で移動)
 この島は、津波の被害が非常に大きく、島の半分が壊滅したそうです。
 多くの漁業関係で働いていたミャンマー人が亡くなった地域と言われています。エイズについて

右の写真はエイズ教育をこの島のやし農園で行なっている様子です⇒

午後 Bansak村のゴム農園でのミーティングに参加

(東京事務局タイ事業担当 西山)

このエントリーをはてなブックマークに追加
HREIBはミャンマー人移住労働者が多く住む海岸近くの建設現場やゴム農園において、これまでのマラリアに対する予防教育と蚊の幼虫駆除などの予防における実践だけでなく、現在はHIV/AIDSを含む性感染症や結核、リプロダクティブ・ヘルス、子どもの栄養改善についても焦点を当て活動をしています。

写真は農園で働いているミャンマー人男性中心に集まってもらい、家族計画についてHREIBのスタッフが話をしている様子です。このスタッフも元々は、ミャンマーから出稼ぎに来ていた人で、HREIBのボランティアを昨年からしていて、今年から正式なスタッフとなっています。(東京事務局タイ事業担当 西山)
家族計画について
このエントリーをはてなブックマークに追加