在日外国人支援事業担当の廣野です。
シェアの東京事務所は台東区東上野にあります。そして今、この上野界隈は赤ちゃんパンダの誕生でちょっとしたお祝いムードです。私と机を並べているスタッフの山本は上野駅でパンダのシールとクッキーを貰ったとのこと。幸せのおすそ分け、といったところでしょうか。今回は無事に育ってくれることを願っています。


外国人療養支援セミナーの概要

さて、facebookでも速報させていただいた通り、6月3日(土)に新宿区の早稲田奉仕園において、医療従事者向け外国人療養支援セミナー「知っていますか?医療通訳を活用するメリット−医師、病院の経験を通じて−」を行いました。このセミナーは、昨年10月にクラウドファンディングを実施した際、開催を約束していたものです。当日は医師、看護師、助産師、視能訓練士、薬剤師、臨床検査技師、そして、医療通訳の方などさまざまな職種から17名の参加がありました。

今回のセミナーではシェアから副代表の沢田、在日外国人事業担当の山本が外国人医療の概要や既存の通訳制度の成り立ち、医療通訳活用のテクニックなどについて話をしました。また、通訳ユーザー(医師、患者など)と通訳者双方を体験するロールプレイの機会も設けました。

医療者向けセミナー質疑応答

活発だった質疑応答。講師陣は右から沢田、河北総合病院講師、山本


地域病院での外国人対応への取り組み

そして、今回はゲストスピーカーを外部から招くことができました。社会医療法人河北医療財団河北総合病院経営統括部の広報担当者です。同院がある東京都杉並区は2013年にネパール人学校が開校したこともあり、現在ネパール人の集住地域になっています。それに伴って同院でも外国籍の患者が増加する中、この講師や医療ソーシャルワーカー(以下、MSW)からシェアに医療通訳派遣依頼やケースの相談が寄せられるようになりました。また、母子保健事業の活動候補地を調査していた私達も、講師やMSWから地域の在日外国人の状況やニーズについて教えてもらうなど情報交換の機会が増えていきました。こうしたやりとりから、同院の外国人対応の経験をこのセミナーで参加者に伝えてもらいたいと考えたのです。

当日、講師からは、同院には外国人患者受け入れに対する戸惑いはあったものの、現状を分析して課題を明確にしたこと、目標をたてることで現状とのギャップを埋めるための具体的なアクションに繋げてきたことなど、これまでの対応の経緯の紹介がありました。具体的なアクションの第一歩として英語・ネパール語の受付票の作成、そして、医療通訳を活用したことなどがあげられました。通訳活用には、院内の理解や費用負担の問題などの難しさはあるようです。しかし、初めて訓練を受けた通訳を導入したことによって、それまで親族や知人が通訳をしていたことで家族が患者の状況を正確に理解していなかったことが把握できたなど、通訳導入が治療や療養支援の情報収集に欠かせないことが具体的に語られました。


信念を持った人を支えるシェアでありたい

今回講師のお話から医療機関が地域のニーズを把握し外国人対応の取り組みをしてきた経緯が、参加者の皆さんにもよく伝わったと思います。それと同時に、外国人対応の取り組みを「外国人患者の医療を支える上で必要なこと」として、こつこつと諦めずに前向きな姿勢で臨んできた講師やMSWの熱意に心を動かされた参加者は多かったのではないでしょうか。ゼロから何かを始めるには財源など大切なことがいろいろありますが、まずは信念を持った「人」がいるかどうかが物事を大きく左右すると改めて感じました。
同院や今回の講師のように、こうして地域で外国人対応に孤軍奮闘している病院や医療従事者はいると思います。シェアは情報発信をしながら、ニーズのある病院や医療従事者と繋がり、必要な情報や資源を提供できるようになりたいと考えます。今回のようなセミナーもそうした試みのひとつであり、外国人対応に意欲のある医療従事者が横のつながりを作って自身をエンパワーする一助になればうれしいです。

シェアは今年度後期にも医療従事者向けのセミナーを実施する予定です。次回のセミナーのご案内を楽しみにしていただければと思います。


hirono

在日外国人支援事業担当
廣野 富美子



このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、代々木公園で開催されたタイフェスで念願のドリアンを丸ごと1個購入し、3日かけて完食しました。ドリアンのお蔭で幸せいっぱいの在日外国人支援事業担当の横川です。


シェアの外国人医療電話相談

 シェアにおける外国人医療電話相談は在日外国人支援事業が始まった、1990年初めに活動を開始しました。統計を取り始めた2006年、シェアにおける医療談話相談の相談対応回数は67回でした。その後、うなぎ昇りに相談対応回数は増加し、2010年は541回の相談に応じています。東日本大震災後は300回前後で推移し、昨年の2016年は347回となっています。相談者は外国人の方よりも病院に勤めているソーシャルワーカーや保健師さんなど保健医療従事者が多くを占め、相談内容は出身国の医療情報、健康保険、在留資格や外国人の療養支援のことなどで、特に多い相談は医療通訳派遣や言語の障壁に関することです。


医療通訳の大変な側面:重病で難しいケースの通訳が求められる

医療通訳を派遣することは、大変な側面があります。
「患者さんは末期がんです。告知とこれからの話をお願いしたい。」
「患者さんの意識がなく、今後意識がもどる可能性はありません。家族はもどると思っているようです。ちゃんと説明を入れたい。」
「移植をしないと助からない。移植について説明をするので通訳をして欲しい。」
このように、シェアに寄せられる医療通訳派遣の相談は、重病なケースが多くを占めます。結核やHIVなど感染症を中心に派遣されているシェアの医療通訳者にとっては、負担が増えます。しかし一方で、このような相談者からの悲痛な声を聴くと、通訳を通して、外国人の患者や家族の方にきちんとした説明が入り、安心して治療や療養に取り組んでほしいと願うばかりです。現状では、上記のような通訳依頼がくると、東京都の結核患者に対する医療通訳として活躍している人でかつシェアの医療通訳としてもお願いをしたことがある人に個別に声をかけて派遣しています。初めて聞くような病名の時には、通訳内容の詳細や、病気についての説明をすることで事前準備をしてもらい通訳派遣にのぞんでもらっています。


最低限の医療通訳派遣体制を整えるために、今できることを

シェアとしては、シェアの医療通訳派遣システムを整え、通訳者の方々にもっと様々な疾患に関する勉強の機会を増やし、医療用語や医療知識に対する不安を軽減したい、きちんと謝礼を払いたい、傷害保険をかけてあげたいと思う気持ちが常々ありました。そんな折、平成29年度日本郵便の年賀寄付金配分助成の支援を得ることができることになったため、医療通訳者に研修を開く機会と通訳への謝礼や傷害保険にかけることが可能になりました。そこで、2017年5月14日に第一回シェア医療通訳研修を開催しました。参加者は今までにシェアの通訳派遣に協力して下さった方々15名。また、講師にはシェアの理事やシェア支援者の医師、3名にお願いをし「がんについて」「AIDSの基礎知識」「難病」の話をして頂き、和気あいあいとした、楽しく学べる機会となりました。

IMG_0212シェアの理事である仁科さんが「がんについて」講義をしているところ

私たちが目指すこと

 私たちシェアは、医療通訳者が少しでも不安なく派遣先に行けるように知識向上の研修を組んだり、医療知識を共有したり通訳への補償を整えていくことも大切と考えていますし、それをサポートしてくれる医療者を巻き込んでいく事も、非常に大切だと考えています。シェアが現在通訳派遣をしている理由のひとつは、医療通訳の意義を保健・医療従事者に知ってもらい、医療通訳の活用の道を開くことにもあります。1本の相談電話から、困っている外国人の方や保健・医療従事者の声が聞こえてきて、私たちシェアとせっかくつながったのですから。私たちシェアにも、通訳派遣を行うにあたり制約があり、今後どこまでできるのかわかりませんが、
「私は日本のお金で大学に行かせてもらいました。だから、日本のために恩返しになることをしたい。」
「お金は関係ありません。」
などと言ってくれる、シェアの医療通訳者の熱い情熱に支えられながら、在日外国人の健康に関するサポートを今後も一緒に頑張っていきたいと思います。




在日外国人支援事業部
横川 峰子


このエントリーをはてなブックマークに追加
在日外国人支援事業で医療電話相談を担当している廣野です。
母子事業や医療相談でもご縁があるネパールに、この春休みに行ってまいりました。初めて訪れた28年前はゆったりと穏やかだった町並みが、インド製のバイクと車であふれかえっていたのには驚きました。


シェアの外国人医療電話相談と前職で経験した相談対応との違い
さて、私が外国人医療電話相談の担当になってから約1年がたちます。私は前職でも在日外国人(主に難民や難民申請者)からの相談に対応する仕事をしていましたが、シェアに寄せられる相談は医療関連に特化したもので、前職で得た知識だけでは対応しきれないことも少なくありません。ケースひとつひとつから学ぶ毎日です。

シェアの外国人医療電話相談は、月・水・金の週3日間、専用電話で受けています。昨年の2016年は142ケースの相談に対し、300回以上の電話対応を行っています。シェアの相談の特徴は、外国人から直接相談が寄せられることもありますが、多くは外国人患者に関わる医療従事者からの相談です。主な内容は通訳派遣の問合せ、出身国の医療事情、在留資格やそれに伴う社会保障についてなどです。

前職では、外国人当事者からの相談が主で、電話や対面相談の両方のスタイルで直接相談対応をしてきました。一方で、シェアの相談は、当事者である外国人の直接的な支援者は、シェアに相談を寄せる“相談者”で、例えば医療従事者、ということになります。シェアは、“相談者”を通して、間接的に当事者である外国人患者をサポートする、というスタイルになります。このような、前職との経験の違いから、当事者と直接的な関わりが無いまま相談に対応するのは戸惑うことがあります。

相談電話
廣野が相談を受けている様子


“間接的支援”で感じる限界と葛藤
シェアに寄せられる相談の中には、外国人患者が抱える疾患に対する特定の治療について、出身国での事情に関する問合せも少なくありません。国内外の関係者から情報を集め、結果として、出身国では、日本で受けられるレベルの治療は経済的に恵まれた一部の人しか受けられない、という状況があります。一方で、日本では、その外国人患者が不安定な在留資格で、健康保険加入が現在できていても長期的に継続可能かが不明な場合、日本で治療を開始したとしても、将来多額の自己負担で生活を大きく圧迫することが見込まれる、というようなケースがあります。帰国、在留のどちらを選択しても厳しい現実が待ち受け、難しい選択を当事者は迫られることになります。
このような相談の場合も、外国人当事者の直接的な支援者は“相談者”である医療従事者です。できる限り、アドバイス等を行いますが、外国人患者である“当事者”の最終的な決断を後日知ることができることもあれば、できないこともあります。特にこうしたケースでは、会うことの無い当事者に、思いをめぐらせる事があります。
当事者にはどのような形で情報が伝わったのだろう、当事者はどのような表情でそれを受け止めたのだろう、全ての情報が伝わった上での決断だったのだろうか、そして、果たしてその決断は当事者自身のものだったのだろうか、と。

相談対応のスタイルはいろいろですが、基本姿勢は「問題解決のプロセスを共に歩み、当事者の自己決定を支援する」ことと考えています。間接的な関わりではありますが、医療相談はその現状のもとで、当事者が正確な情報をもとに自己決定をすることができるよう、これからも真摯に相談に向き合っていきたいと思います。


hirono

在日外国人支援事業担当
廣野 富美子



このエントリーをはてなブックマークに追加
最近は、ネパール人の方々とお話をする機会が多くなり、「ナマステ」とネパール語での挨拶にだんだんと慣れつつある、在日外国人支援事業部の横川です。


第1回医療通訳者会議に触発されて

 2016年8月に第1回医療通訳者セミナー(「医療通訳者セミナー」実行委員会主催)が東京で開催されました。このセミナーは医療通訳者自らが現場の視点を大切にプログラムされたもので、テーマに分かれて意見交換などを行われました。医療通訳者の地位が社会的にもっと向上するべきだと強く感じたと同時に、医療通訳者の意識や技術のさらなる向上の必要性を感じました。そして、シェアとしてできることは、現在、東京都外国人結核患者に対する治療・服薬支援員(以下、結核支援員)として活躍している結核支援員の「医療通訳者」としての意識や技術を高めていくことではないかと考えました。


医療通訳(支援員)の背景から考える、フォローアップ研修のテーマ

 東京都の結核支援員として登録している方の中には、コツコツと自分で勉強して難しい日本語試験をパスしている方や登録言語の国に留学や仕事で滞在し語学を習得した方もいます。そのため、通訳学校を卒業していない方もいますし、また、通訳をした経験はあるけれど、医療通訳が初めての方もいます。ですので、「医療通訳とは何か」ということを学ぶ機会がほとんどなかった方がいます。そこで、通訳者としての意識と技術の向上につなげたいと思い、2017年1月のフォローアップ研修で「医療通訳とは何か」というテーマを取りあげました(シェアでは結核支援員に対して、毎年2回、フォローアップ研修を開催しています)。


P1010060
講師の森田さんが講義をしている様子


医療通訳者としての専門職意識を考える>

 講師には、結核支援員の英語通訳者であり、第1回医療通訳者セミナーの実行委員会のメンバーでもある、森田直美さんにお願いをしました。研修の内容は「医療通訳とは」「行動規範とは」「専門職とは」といった幅広い内容をわかりやすく、また、情熱的に説明してくださいました。研修終了後のアンケートからは、

「通訳としてのプロ意識の重要性を学んだ。」
「通訳の技術面での疑問点などを明らかにすることができた。」
「医療通訳としての意識を改めることができ、良い時間になった。」

などの声が聴かれ、改めて結核支援員(医療通訳)は医療通訳の意味を考える時間となったようです。
さらに、

「友人などの付き添いで通訳するのとは異なる。患者の気持ちに寄り添うことは大事だが中立の姿勢を保つことが大事。」
「受けた仕事を完遂することはプロとしての第一歩。わかりません、できません、を言わない。しかし、自分の能力を明らかに上回る仕事や内容については明確な理由を告げて断わる。」
「自分の意見をはさまない。勉強・予習をして、医療用語をきちんと把握する。」

など、専門職として活躍している方々の意識の高さを聴く機会となり、私自身も医療者としての専門職意識を考えさせられました。


P1010087
結核支援員がグループワークをしている様子


本当に必要なのは医療関係者側の意識の変容?

 医療関係者の中には医療通訳の必要性を認識し、診療において医療通訳を同席できるように努力して下さっている方々が多くいます。一方、同じ医療関係者の方から以下のような言葉が聞かれます。

「通訳にお金は払えない。」
「日本語がわかる家族や友人で通訳は大丈夫。」
「通訳が何を話しているのか理解できないから、信用できない。」

実際には医療通訳が入らなかったことによって、薬の飲み間違い、検査の受け間違い、病名すら正確に伝わっていないケースについてシェアに相談がよせられています。医療通訳が診療場面に同行し、在日外国人患者自身が自分の病気を理解し、治療の選択肢を与えられることは基本的人権の一つであると思います。医療通訳の方々が意識や技術を高めると同時に、医療者側の意識も変わることを願い、私自身も在日外国人に対する医療の質が向上できるように今後も努力していきたいと思います。




在日外国人支援事業部
横川 峰子


このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。在日外国人支援事業を担当しています、山本裕子です。
今年も編み物ブームが続いており、没頭するあまり、部屋の片付けがおろそかになり反省の日々です。

シェアは、2016年4月から、Rei Foundation Limitedというニュージーランドの助成金の支援を得て、東京都内で外国人のお母さんたちが日本の母子保健サービスについて知ることができ適切なサービスを受けられるように、通訳や資料などの多言語支援体制の整備に向けて、少しずつですが活動を進めています。

ところで、杉並区に、ネパール人学校があるのはご存知でしょうか。
2013年にできた学校で、学校に子どもを通わせるために、今杉並区に移り住むネパール人家族が増加しています。その影響もあり、杉並区の保健医療機関では日本語も英語も流暢でないネパール人とコミュニケーションをとるために言葉の支援の需要が増えてきています。
先日、その学校の協力を得て、ネパール人妊産婦さん5人に集まってもらい、日本での妊娠出産、育児で困ったことについていろいろと教えてもらえる機会を得ました。
今日はそこで話題に上ったことから、一部をご紹介したいと思います。


日本の病院のお医者さんはなぜ英語が話せないの?
上の質問のように、日本の病院で出会った医師が英語が話せなくて驚いたということが最初に議論になりました。
「大きな病院で働いている医師なら英語が話せると思ってた」
という発言もありました。
ネパール人のお母さん達が、”先進国”日本の病院で働いている医師なのだから英語は話せるのではないかと思っていたことには驚きました。今回集まってくれたお母さん達によると、ネパールの医師は、基本的に英語が話せるらしいのです。また、それ以外にこのような発言がありました。
「仕事で使う言葉は分かるけど、病院の言葉は分からない。漢字は難しくて読めないし、英語でも書いてないし・・・」
「(ひとりで病院に行ったとき)日本語が分からないときは先生に日本語で書いてもらって、家に帰って夫に説明してもらう」
このように、言葉で困ったときにどうしているかについても議論になりました。

ネパール人のお母さんたちの中には、日本に来日してそんなに年数が経つ前に妊娠し出産を迎えるという人たちが多くいます。彼女達が来日するときは、夫は来日後数年たっていて日本の環境にある程度なじんでいる、という状況の人たちが多く、当然夫の方が、日本語が話せます。母子手帳をとりに行くところから、妊婦健診、出産のとき、乳幼児健診などに至るまで、夫が同席をして全て妻の代わりに話すことが多いようです。日本語でのやり取りだと夫に任せるしかないから、夫に説明があったであろう日本の母子保健サービスについて、お母さんはよく知らないまま過ごすことになります。
日本語だと夫と医師が何を話しているか分からないけど、保健医療関係者が英語を話せると、お母さん自身でコミュニケーションが取れる機会が持てる、またお母さん自身英語がそこまで流暢でなくても、英単語から理解を広げることができる、ということを今回の集まりで知ることができました。

IMG_0153

学校の先生や日本語が流暢なお母さんの協力を得て議論を深める様子


英語の方が、アルファベット表記の方が、なじみがある
以前、ある病院でネパール人の産後のお母さんへインタビューした際には、「日本の保健医療サービスにおける英語環境の未整備」について、指摘を受けたことがあります。
「日本にはこれだけ外国人が住んでいるのに、英語表記すら整備されていないのはなぜ?」との疑問が投げかけられました。私達は、英語が通じないネパール人ケースに多く対応してきた経緯から、ネパール人のお母さん達から、ネパール語の整備を希望されるのかな、と思っていました。「日本はまず英語をなんとかしたほうが良い」と指摘をしてもらい、ハッとしたのを覚えています。

世界中からみると「日本語」は特殊であり、とても小さな国の1言語でしかないのです。しかも、ひらがな、カタカナ、そして漢字まである。普段英語を使わないアジアの国ネパールの人からしても、当然日本語以上に英語の方が馴染みのある言語だということ、アルファベット表記の方が分かりやすいということ。想像を膨らませると誰でも理解できることなのかと思うのですが、私達は忘れてしまいがちです。
日本語も英語もあまり通じないネパール人の皆さんがたくさん日本に住んでおられることも活動から把握しているので、ネパール語資料等の必要性もあるのですが、それ以前に整備すべき環境としては、英語でしょ、と実感させられた機会となりました。私達は、ネパール人のお母さんたちの協力を得ながら、外国人のお母さんたちが日本の母子保健サービスについて理解できるような環境の整備に向けて、まずは母子保健サービスを知ることができるツールの検討を進め、英語版から作っていけたらと考えています。




在日外国人支援事業担当
山本 裕子




このエントリーをはてなブックマークに追加