在日外国人支援事業部 外国人医療相談担当の廣野です。
今年の夏休みは、家族で東北を旅行しました。雨上がりは緑が一段と深みを増す平泉の中尊寺、かさ上げ工事で多くの車両が行き交う南三陸町など、地域のいろいろな表情に触れることができました。


丁寧な対応が求められる、妊娠・出産や子どもに関する相談
シェアでは、週3日(月、水、金)に外国人の医療に関わる相談を電話で受け付けています。全体からすると数はそれほど多いわけではありませんが、より丁寧な対応が求められると感じるのは妊娠、出産を含めた子どもに関する相談です。
寄せられる相談には、超過滞在の妊婦を受け入れてくれる医療機関はないか、児童相談所に保護されている児童に関する会議に言葉が通じないので通訳を派遣してもらえないかなど、さまざまなものがあります。

相談対応の際に心がけていること
このような子どもに関する相談に対応する際、注意を払うようしているのは、その子どもの身分の保障や証明に直結すること、例えば、国籍、在留資格などについてです。
国籍はその国から法的な保護を受けることができる根拠になるものです。また、日本に在留できる期間や在留中に行う活動が定められている在留資格に関しては、在留期間や活動内容によって、国民健康保険や年金制度の加入資格が決まるひとつの要素になるなど、将来に渡っての社会保障を支える上で重要なものです(子どもの場合、教育や福祉のなど、在留資格に関わらず行政が柔軟に対応することが認められている分野もあります)。
ですから、医療機関のソーシャルワーカーや自治体の保健師など子どもに直接関わっている相談者には、相談内容と関連がないように思われたとしても、国籍の有無や在留資格をこの機会にしっかり確認することが大切であることをお伝えします。さらに、もしこれらがなかったとすれば、これからでも取得するにはどうしたらよいか、一緒に考えていきます。

母子手帳(ブログ用)

【母子手帳:出生届出済証明など、大切な情報収集源のひとつ】

事例
少し、具体的に見てみましょう。
例えば、国籍についてですが、婚姻関係にない日本人の父親と外国人の母親の間に子どもが生まれているケースでは、父親が認知をしたかを確認します。認知をすれば、届け出によって子どもは日本国籍を得ることができます。また、父親の存在も明確になるのです。
あるいは、生物学的な父親は外国人ですが、日本人と婚姻関係にある外国人の母親から生まれた子もいます。出生時には嫡出推定で父親の戸籍に入っていたものの、戸籍上の両親は離婚し、戸籍上の父親からの「親子関係不存在」の訴えも認められた場合、子どもは国籍を失います。その場合は、子どもの在留資格を取ることや、母親の国籍国の大使館に出生届などを提出していたか、また、それに伴って子どもの国籍が取ること出来るのかなどについて確認することを提案します。
当事者だけで対応が難しい場合は、専門知識を持つ外国人支援団体を紹介したり、弁護士などの情報を提供します。
もちろん、それぞれに事情がありますので、当事者がどの国の国籍保持を望むか、どこに居住を希望するかなどで、対応は大きく異なります。

不利益のないスタートを目指して
妊娠、出産のケースでは、いずれの国籍を取ることも簡単ではないとか、生まれた時から在留資格がないなど先行きに課題があることも稀ではありません。それでも、無事に生まれたと聞くと、心から安堵し、嬉しい気持ちになります。赤ちゃんのケースに携わるちょっとしたご褒美のように感じます。
人は生まれる場所や親の国籍、在留資格などを選ぶことはできません。これから人生を歩む幼い人達が、国籍や在留資格の違いを根拠にした不利益をできるだけ受けることなく、人生をスタートさせるお手伝いができればと思います。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


hirono

在日外国人支援事業担当
廣野 富美子
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。

シェア東京事務所の在日外国人支援事業部で4月よりインターンとして勤務をしております、中村美穂と申します。現在は都内の大学で看護師の勉強をしています。
どうぞよろしくお願いします。

さて、本日は8月13日に板橋区で開催しました、日本に住む外国人を対象とした無料出張健康相談会の様子を皆さまにお伝えしたいと思います。


シェアの健康相談会について

シェアの無料健康相談会は、26年という長い歴史があります。対象となる外国人相談者は日本で働いている、あるいは日本で働く家族と共に来日したなど、目的はさまざまです。近年は東南アジア圏から日本語を学ぶために来た留学生や技能実習生の数が急増しており、街中で外国人を見かけることも増えてきたのではないでしょうか。外国人の数が増加する一方で、外国人の病院へのアクセスは未だスムーズには行われていないのが現状です。それは、「言葉が通じない」、「健康保険に加入できていない」、「相談できる相手がいない」、「病院にかかるお金がない」などの理由が複雑に絡み合っているためです。

シェアではこれまで外国人相談者と病院との橋渡し役として、母国語での相談、病状や治療の説明、病院に行く必要があるかどうかを理解できるように通訳を整備し、必要に応じて無料で紹介状を渡すなど活動を行ってきました。


翻訳チラシ
多言語に翻訳されたチラシ 左からベンガル語、中国語、ネパール語


今回の相談会では、板橋区を拠点として外国人住民に対して相談活動を行っているAPFS(ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY)との共催のもと、問診、血圧測定、身体計測、尿検査、医科・歯科相談などのほか、希望者に母子健康相談や在留・生活相談、栄養相談を実施しました。相談ブースでは、相談者の悩みや疑問に対して、医師、歯科医師、看護師、助産師を始めとした、それぞれの専門家による丁寧な説明やアドバイスが行われました。また相談会の当日運営は、シェアのボランティアさん達が担ってくださいました。

私はこの相談会で、問診のブースを担当させて頂きました。比較的、在日期間が数年から数十年と、長い方が多いため、日本語で対応できる相談者も多いように感じました。一方で、来日から数ヵ月という方や、職場等で日本語を用いる機会が少ない方々との日本語でのコミュニケーションは難しく、通訳者を介する場面も度々ありました。今回の健康相談会を通して、「言葉の壁」を強く感じ、日々シェアの通訳として奔走してくださる皆さまの存在が改めて大きく感じられました。

当相談会にはネパールを始め、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピン、インドなど、合計41名の相談者が参加をされました。相談者の多くの方々が、ホッと安心されたお顔で帰って行かれました。この相談会が在日外国人の方々の生活を支える一つの重要な役割を今後も担い続けることを願っています。


シェアでは天の川募金キャンペーンを行っております。
みなさまのご支援、よろしくお願いします。


インターン
中村 美穂
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。在日外国人支援事業を担当しています、山本です。
私は、昨日まで地元の熊本に戻り、蜂楽饅頭といきなりだんごなど、熊本の名物を食べられて満喫気分です。熊本に行かれる際は是非お召し上がりください!
さて、今日はシェアの活動に長年通訳ボランティアとして協力してくださっている、長沼ニーダさんをご紹介します。今回は、インタビューの中から、シェアの活動に関わり始めたきっかけや、通訳ボランティアとしての想いなどについて、長沼さんとの会話に近い形でお伝えします。


来日されたきっかけ
もともとは、外交官っていうでっかい夢を持って日本に来ました。日本語学校で勉強して、日本語能力試験1級をとったらフィリピンに帰ろうと思っていましたが、夫と出会い、今に至っています。当初は、結婚までは考えていませんでした。日本とフィリピンの間でできる仕事をしたいと思っていました。


シェアのボランティアを始めたきっかけ
CTICちば(カトリック東京国際センターちば。現在は活動終了)とシェア、カトリック五井教会などとが協力して、五井で外国人を対象に無料健康相談会を開催しており、2004年3月、当時ボランティアをしていたCTICちばから勧められて、参加したのが最初です。
たまたま友人の通訳のボランティアとしてCTICに行っていたら、このようなことをやっているので一緒にやりませんか、という感じでした。その後は、毎回五井での健康相談会開催の際は参加させてもらっていました。
シェアの活動に深くかかわり始めたのは、2006年の結核支援員(通訳)育成研修・選考会(東京都の委託事業)に参加してからです。


日本でボランティア活動を始めた経緯
日本でのボランティア活動に関わり始めたのは1992年ぐらいからです。ちょこちょことプライベートでボランティア活動を始めていました。身近で困っているフィリピン人がいたら、市役所についていって欲しいとか、ビザ関係の書類とか、なぜかくちこみで、個人的に相談が来て、通訳をしていました。
また、結婚後住んでいた地域に、日本の伝統的な井戸掘りをフィリピンで役立てようと活動していたボランティアグループがあって、その団体のフィリピンと日本とのやり取りのお手伝いとかもしていました。お手紙や電話でのやり取りです。そのときは専業主婦でした。上の子どもが生まれてからも、そのグループを通じてフィリピンに通訳に行ったことがあります。子どもの初めてのフィリピンの里帰り先は、そのボランティア活動地でした(笑)。ボランティア先に行ってから実家に帰ったのを覚えています。
結婚してから、家のことをやりながら、自然と小さなところから、そういう風に繋がっていったりする。出会いって本当に不思議だなと思います。

KIMG0355ブログ用

シェアのインタビューを受ける長沼さん


通訳は生きがいを感じさせてくれる
通訳ボランティアとしてかかわり始めた1990年代は、ちょうど時期的にも、個人的にも、主人が病気で亡くなったこともあり、いろいろありました。主人が亡くなったときは、3歳と1歳の子供がいましたからね、本当に大変でした。主人が亡くなって、働き続けました。主人の負債を相続したんです。だから、それを払わなきゃいけなかった。
でもね、不思議なんですけど、自分の身に起きていることもすごい大変、大変って思いながら、そうやって自分よりも困っている人とかに助けてっていわれると、あ、まだ自分は大丈夫なんだって。私はまだ言葉もできるし、伝えたいことも伝えられるし、何が起きても通訳がいなくても対応できるような自分がいるから。
自分はもう本当に大変だなって思いながらも、結局必要とされていることがあるから、すごい、やりがいとか生きがいとかもらえたような気がするんです。綺麗ごとかもしれないけど、結局救われるのは自分だったんだなって思っていました。だから、不思議。こんな私でも人の役に立てて。こんなすごい居心地が良くて、生きがいを感じさせてくれるのって、本当に、大変でも全然不幸ではない。


夫の病気の経験が「医療通訳」に活きる
主人が病気になったことで、病院に行ったり来たり、一日に2回行ったりすることもありました。で、分からない医療用語にぶつかったりしてたから、自分なりに辞書を引いたりしていました。そして、どういう意味だとか、疑問だと思っていたことを、主治医からそういう説明があるときに、分からないことを聞いたりしていました。おかげさまでその時に、自分は通訳いらなくてもなんとか対応できました。自分もちゃんと聞くし、だから、不思議なんですけど、主人が病気になったおかげで、と言ったらおかしいけど、今があるのかなぁと思っています。
その当時、家に「家庭の医学書」とかあったじゃないですか。今みたいにネット検索とかはなかったから、私はそれをいろいろ読んだり、調べたり、調べた言葉を英語に書き換えてどういう意味なのかとか確認していました。そういうときの大変さとか、辛さなどが、まさか10年後にシェアの医療通訳に繋がるとは思っていませんでした。
でも、まだまだ奥が深いから、きちんと勉強しないといけない。病気だからこそ、きちんとどの分野のどの通訳もきちんと正確に伝えないといけない。病気の場合には命にも関わることがあるから、きちんと正確に、もっと伝えなきゃいけないから、その辺ももっと気を付けなきゃいけないと思っています。


インタビューを終えて−病気だけでなく言葉でも不安にならずに済むように−
長沼さんは、以下のような言葉もおっしゃっていました。
「例えば、健診でも、何をされるか分からないし、もし病気が発見されると思うと怖いでしょ。だから健診でいろいろ聞くこと自体躊躇する人もいるわけでしょ。病気だけで不安なのに、言葉でも不安になったりすると、ダブルじゃない。だから、分かってくれる言語できちんと伝える、説明できる、説明してもらえる、アドバイスできる。母国語でアプローチすると、相手を安心させられるようになれる気がする。親近感も沸いてくる。」
想像力を働かせることで、誰でもこのような外国人の立場に立って感じることができると思います。これは、医療通訳に限らず、手話通訳が必要な人々などにも通じる課題だと思います。長沼さんの想いを胸に、活動に一層力を入れていきたいと思います。




在日外国人支援事業担当
山本 裕子


このエントリーをはてなブックマークに追加
在日外国人支援事業担当の廣野です。
シェアの東京事務所は台東区東上野にあります。そして今、この上野界隈は赤ちゃんパンダの誕生でちょっとしたお祝いムードです。私と机を並べているスタッフの山本は上野駅でパンダのシールとクッキーを貰ったとのこと。幸せのおすそ分け、といったところでしょうか。今回は無事に育ってくれることを願っています。


外国人療養支援セミナーの概要

さて、facebookでも速報させていただいた通り、6月3日(土)に新宿区の早稲田奉仕園において、医療従事者向け外国人療養支援セミナー「知っていますか?医療通訳を活用するメリット−医師、病院の経験を通じて−」を行いました。このセミナーは、昨年10月にクラウドファンディングを実施した際、開催を約束していたものです。当日は医師、看護師、助産師、視能訓練士、薬剤師、臨床検査技師、そして、医療通訳の方などさまざまな職種から17名の参加がありました。

今回のセミナーではシェアから副代表の沢田、在日外国人事業担当の山本が外国人医療の概要や既存の通訳制度の成り立ち、医療通訳活用のテクニックなどについて話をしました。また、通訳ユーザー(医師、患者など)と通訳者双方を体験するロールプレイの機会も設けました。

医療者向けセミナー質疑応答

活発だった質疑応答。講師陣は右から沢田、河北総合病院講師、山本


地域病院での外国人対応への取り組み

そして、今回はゲストスピーカーを外部から招くことができました。社会医療法人河北医療財団河北総合病院経営統括部の広報担当者です。同院がある東京都杉並区は2013年にネパール人学校が開校したこともあり、現在ネパール人の集住地域になっています。それに伴って同院でも外国籍の患者が増加する中、この講師や医療ソーシャルワーカー(以下、MSW)からシェアに医療通訳派遣依頼やケースの相談が寄せられるようになりました。また、母子保健事業の活動候補地を調査していた私達も、講師やMSWから地域の在日外国人の状況やニーズについて教えてもらうなど情報交換の機会が増えていきました。こうしたやりとりから、同院の外国人対応の経験をこのセミナーで参加者に伝えてもらいたいと考えたのです。

当日、講師からは、同院には外国人患者受け入れに対する戸惑いはあったものの、現状を分析して課題を明確にしたこと、目標をたてることで現状とのギャップを埋めるための具体的なアクションに繋げてきたことなど、これまでの対応の経緯の紹介がありました。具体的なアクションの第一歩として英語・ネパール語の受付票の作成、そして、医療通訳を活用したことなどがあげられました。通訳活用には、院内の理解や費用負担の問題などの難しさはあるようです。しかし、初めて訓練を受けた通訳を導入したことによって、それまで親族や知人が通訳をしていたことで家族が患者の状況を正確に理解していなかったことが把握できたなど、通訳導入が治療や療養支援の情報収集に欠かせないことが具体的に語られました。


信念を持った人を支えるシェアでありたい

今回講師のお話から医療機関が地域のニーズを把握し外国人対応の取り組みをしてきた経緯が、参加者の皆さんにもよく伝わったと思います。それと同時に、外国人対応の取り組みを「外国人患者の医療を支える上で必要なこと」として、こつこつと諦めずに前向きな姿勢で臨んできた講師やMSWの熱意に心を動かされた参加者は多かったのではないでしょうか。ゼロから何かを始めるには財源など大切なことがいろいろありますが、まずは信念を持った「人」がいるかどうかが物事を大きく左右すると改めて感じました。
同院や今回の講師のように、こうして地域で外国人対応に孤軍奮闘している病院や医療従事者はいると思います。シェアは情報発信をしながら、ニーズのある病院や医療従事者と繋がり、必要な情報や資源を提供できるようになりたいと考えます。今回のようなセミナーもそうした試みのひとつであり、外国人対応に意欲のある医療従事者が横のつながりを作って自身をエンパワーする一助になればうれしいです。

シェアは今年度後期にも医療従事者向けのセミナーを実施する予定です。次回のセミナーのご案内を楽しみにしていただければと思います。


hirono

在日外国人支援事業担当
廣野 富美子



このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、代々木公園で開催されたタイフェスで念願のドリアンを丸ごと1個購入し、3日かけて完食しました。ドリアンのお蔭で幸せいっぱいの在日外国人支援事業担当の横川です。


シェアの外国人医療電話相談

 シェアにおける外国人医療電話相談は在日外国人支援事業が始まった、1990年初めに活動を開始しました。統計を取り始めた2006年、シェアにおける医療談話相談の相談対応回数は67回でした。その後、うなぎ昇りに相談対応回数は増加し、2010年は541回の相談に応じています。東日本大震災後は300回前後で推移し、昨年の2016年は347回となっています。相談者は外国人の方よりも病院に勤めているソーシャルワーカーや保健師さんなど保健医療従事者が多くを占め、相談内容は出身国の医療情報、健康保険、在留資格や外国人の療養支援のことなどで、特に多い相談は医療通訳派遣や言語の障壁に関することです。


医療通訳の大変な側面:重病で難しいケースの通訳が求められる

医療通訳を派遣することは、大変な側面があります。
「患者さんは末期がんです。告知とこれからの話をお願いしたい。」
「患者さんの意識がなく、今後意識がもどる可能性はありません。家族はもどると思っているようです。ちゃんと説明を入れたい。」
「移植をしないと助からない。移植について説明をするので通訳をして欲しい。」
このように、シェアに寄せられる医療通訳派遣の相談は、重病なケースが多くを占めます。結核やHIVなど感染症を中心に派遣されているシェアの医療通訳者にとっては、負担が増えます。しかし一方で、このような相談者からの悲痛な声を聴くと、通訳を通して、外国人の患者や家族の方にきちんとした説明が入り、安心して治療や療養に取り組んでほしいと願うばかりです。現状では、上記のような通訳依頼がくると、東京都の結核患者に対する医療通訳として活躍している人でかつシェアの医療通訳としてもお願いをしたことがある人に個別に声をかけて派遣しています。初めて聞くような病名の時には、通訳内容の詳細や、病気についての説明をすることで事前準備をしてもらい通訳派遣にのぞんでもらっています。


最低限の医療通訳派遣体制を整えるために、今できることを

シェアとしては、シェアの医療通訳派遣システムを整え、通訳者の方々にもっと様々な疾患に関する勉強の機会を増やし、医療用語や医療知識に対する不安を軽減したい、きちんと謝礼を払いたい、傷害保険をかけてあげたいと思う気持ちが常々ありました。そんな折、平成29年度日本郵便の年賀寄付金配分助成の支援を得ることができることになったため、医療通訳者に研修を開く機会と通訳への謝礼や傷害保険にかけることが可能になりました。そこで、2017年5月14日に第一回シェア医療通訳研修を開催しました。参加者は今までにシェアの通訳派遣に協力して下さった方々15名。また、講師にはシェアの理事やシェア支援者の医師、3名にお願いをし「がんについて」「AIDSの基礎知識」「難病」の話をして頂き、和気あいあいとした、楽しく学べる機会となりました。

IMG_0212シェアの理事である仁科さんが「がんについて」講義をしているところ

私たちが目指すこと

 私たちシェアは、医療通訳者が少しでも不安なく派遣先に行けるように知識向上の研修を組んだり、医療知識を共有したり通訳への補償を整えていくことも大切と考えていますし、それをサポートしてくれる医療者を巻き込んでいく事も、非常に大切だと考えています。シェアが現在通訳派遣をしている理由のひとつは、医療通訳の意義を保健・医療従事者に知ってもらい、医療通訳の活用の道を開くことにもあります。1本の相談電話から、困っている外国人の方や保健・医療従事者の声が聞こえてきて、私たちシェアとせっかくつながったのですから。私たちシェアにも、通訳派遣を行うにあたり制約があり、今後どこまでできるのかわかりませんが、
「私は日本のお金で大学に行かせてもらいました。だから、日本のために恩返しになることをしたい。」
「お金は関係ありません。」
などと言ってくれる、シェアの医療通訳者の熱い情熱に支えられながら、在日外国人の健康に関するサポートを今後も一緒に頑張っていきたいと思います。




在日外国人支援事業部
横川 峰子


このエントリーをはてなブックマークに追加