2007年05月22日

他の部品、機能との親和性について

SharePointで使える各種コンポーネントを開発するときには、他の部品、機能との親和性について考える必要があります。

・「Windows SharePoint Services 3.0 (=WSS3.0)」(無償)
・「GroupBoard Workspace 2007」(無償)
・「Microsoft Office SharePoint Server 2007 (=MOSS2007)」(有償)
・その他Microsoftパートナー企業が提供している、もしくは提供予定の各種コンポーネント群(無償、有償)

自社が開発した機能をインストールすることによって、他の機能が使用できなくなる、障害が発生する、ということがないようにする必要があります。

Webパーツやイベントレシーバ等、WSS3.0の仕組みをそのまま使用しているコンポーネントであれば特に問題はないと思いますが、WSS3.0の仕組みに基づかない独自のプログラムが入り込んでいる場合には、他の部品、機能との親和性について大いに考慮する必要があります。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

OrangeWorks(nsyste...

Ranking
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)