logo_lifenet
やや旧聞に属するが、ライフネット生命が興味深い採用方法を行っている。

ライフネット生命 2013年新卒採用
http://recruit.netseiho.com/assignment/index.html

「皆さんには『重い課題』に挑戦していただきます」と、本当に重い課題を応募者に課している。以下、課題Aの内容だ。

「A.あなたは内閣総理大臣から突然呼び出しを受け
  「インターネットの力を活用して、日本の少子化問題の解決に取り組む方法」について提案することになりました。

[1]日本における少子化の現状とその原因を明らかにしてください
[2]そのうえで、あなたが解決すべき課題をあげてください。
[3]インターネットを使ってその課題を取り組むためのプランを立て、費用対効果とともに提案してください。

[注]あなたは現在の少子化担当大臣の政策実行チームとはまったく別に依頼されています。」

もう1つの課題Bでは、1000万円の費用であなたが学んでいる学校をより魅力適する方法を考えて下さい、という課題が示されている。採用を希望する人はA・Bいずれかに関してレポートを作成し、提出する事になる。

過去の情報を調べると、2012年にも同じような採用方法を行い、5161人のエントリーに対して提出者は僅か39人、0.8%程度だったという。今年はさらにエントリー数が増えて8000人以上となったが、実際に課題を提出したのは100人程度だという。

これだけ沢山の応募者がいても、本気で応募した人は1%未満という事だ。普通はここまで絞り込んでしまうと優秀な人を逃してしまうのではと心配するだろうが、優秀でも他業種を志望していれば、せっかく採用しても本命の業種で採用されれば辞退されてしまう。結果としてその人にかけた採用の手間は全て無駄になる。優秀であるほどそうなってしまう可能性が高いだろう。

しかも、城繁幸氏によればどれ位辞退するかは事前にわからないため、ちょっと多めに採用したら辞退が少なくて困ってしまい、内定辞退を強要する、などというわけの分からない事が採用の現場で起きているという。ライフネット方式ならば、ライフネットに入りたい人だけを審査する事が出来る上に、採用に至って辞退をする人はほどんどいないだろう。応募者の側も無駄な期待を持つ前に早期に辞退をするので、双方にとってプラスだ。

このやり方であれば、学生側はタダでさえ忙しい就職活動の中で他業種志望者は真っ先に辞退するだろう。金融業界志望であっても、辞退する人の方が多いだろうし、保険業界志望者もほとんどが辞退したに違いない(0.8%しか応募していないのだからそう考えるのが普通だ)。となると、ライフネット生命にどうしても入りたいという人だけが残る事になる。中には手抜きで課題を提出した学生も居るだろうが、これだけ数が少なければふるい落とす事は容易だ。

100社エントリーが珍しくないと言われるようになったが、実際に入社するのは当然の事ながら1社だけだ。応募を受ける企業でもエントリーが増えたからといって採用者数を増やすわけでもない。つまり、エントリー数の増加は純粋に双方にとって「無駄な手間の増加」となる。しかもこれだけ数が多ければ間違って入ってしまったケースや間違って採用してしまったケースも当然増えるだろう。不況が続く中で「3年で3割」が辞める状況に大きな変化がない裏にはミスマッチも大きく関係しているに違いない。

無駄な手間に加えてミスマッチによる退職は企業と学生、双方にとって大きなマイナスだ(個人的には3年で辞めるのは大いに結構だと思うが、少なくともこのご時世に3年で辞めたい人や3年で辞めさせたい企業は少数派だろう)。

ある経営者も「採用活動をしたところ応募者の数が多かったので簡単な課題の提出を求めたところ、課題を提出した人はごくわずかだった。おかげでウチに入社するために、この程度の手間もかけようと思わない人を間違って採用せずに済んだ」といった話を著書に書いている。

個人レベルで考えれば「どうにかしてどこかに滑り込むために大量にエントリーをしよう」というのは正しい選択だが、全体で見ればそのような学生が増えれば採用コストやミスマッチが増えてしまい、合成の誤謬に陥る。

適切なふるいのかけ方は採用側としては悩むところだろうが、ライフネット生命の手法は一つの正解を示しているだろう。

大学生のための、会計知識を使わない企業分析テクニック その1
大学生のための、会計知識を使わない企業分析テクニック その2

学生や転職活動中の方であれば、上記の記事も参考にされたい。就職氷河期は今後も続くだろうが、多少の役には立つかと思う

中嶋よしふみ
シェアーズカフェ・店長
ファイナンシャルプランナー
シェアーズカフェのブログ
ツイッターアカウント @valuefp (ブログ更新は不定期なのでツイッターで告知します)

*レッスンのご予約・お問い合わせはHPからお願い致します*
*レッスンの内容はこちら*


●住宅購入の本を書きました。
住宅ローンのしあわせな借り方、返し方 (日経DUALの本)
中嶋 よしふみ
日経BP社
アマゾンランキング: 住宅ローン部門最高1位 総合最高141位 
楽天ブックス:住宅ローン部門最高1位




シェアーズカフェからのお知らせ
 ■シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、お金に関するレッスンを提供しています。中嶋が直接指導します。
 ■シェアーズカフェが士業・企業・専門家向けのウェブ・コンサルティングを行います。


著者プロフィール


シェアーズカフェ店長 ファイナンシャルプランナー
中嶋よしふみ。現在、34歳(FPとしては多分若手)。

2011年4月にファイナンシャルプランナーのお店・シェアーズカフェを開業。

2012年2月に開設した「シェアーズカフェのブログ」は5ヶ月で月間アクセス14万件を突破。2013年は総アクセス500万件超(配信先も含む)、ヤフーのトップニュースに4回掲載される。ファイナンシャルプランナーとしてブログのアクセス数はダントツの日本一を誇る。

2013年4月にはアゴラ研究所主催の連続金融セミナーに登壇。山崎元氏、ライフネット生命現会長・出口治明氏、元マネックスユニバーシティ代表取締役・内藤忍氏など、金融業界を代表するメンバーと共にセミナー講師として参加(担当は住宅購入)。

2014年は住宅金融支援機構(フラット35)でセミナーを2回行う他、日本FP協会・長野支部にてFP向けセミナー(継続教育研修)に登壇。

現在、シェアーズカフェのブログのほか、日経マネー、日経DUAL、言論プラットフォーム・アゴラ、ブロゴス、ヤフーニュース個人、ハフィントンポスト等で執筆中。老舗情報サイト・オールアバウトでは住宅カテゴリでガイドを務める。

その他、日経新聞でコメントが掲載されるなど、多数の媒体で情報発信を行う。

対面では新婚カップルやファミリー世帯向けにプライベートレッスン・セミナー・相談等のサービスを行う。生命保険の販売や住宅ローンの仲介等を一切行わず、FP本来のスタイルで営業を行っている。

プライベートレッスンでは、お客様ごとに最適化したレッスンと適切なアドバイスを組み合わせて高度なコンサルティングを提供中。他に無い独自のサービスがお客様の支持を得ている。

現在は専門家が書き手として多数参加するウェブメディア、シェアーズカフェ・オンラインを編集長として運営するほか、ブログ執筆による集客の経験とノウハウを生かして士業・企業向けにウェブコンサルティングも提供する。

お金よりも料理が好きなFP。パティシエも兼任。

メディア掲載・取材協力の詳細はこちら。

※レッスン・セミナー・相談は全て中嶋が直接対応します。ご予約・お問い合わせはシェアーズカフェの公式HPからお願い致します。


このページのトップヘ