image


年末年始の音楽番組をいくつか見たが、もれなくAKB48が出演していた。昨年のシングルは全てミリオンを突破し、CDの年間売り上げ上位5位を独占するなど、芸能界では圧倒的な強さを誇っているようだ。

キライな人も随分多いようだが、これはある意味芸能界で起きたイノベーションの1つだろう。当初AKB48は全く人気が無かったというが、売れない状態で何十人ものアイドルを抱えていてはコストも尋常ではなかったはずで、売れるまで我慢できたプロデュース側も賞賛に値する。 これは赤字のベンチャーに出資を続けた結果、出資先が大ヒット商品を開発し上場益で大儲けした投資ファンドと良く似ている。

●「AKB商法」はビジネス的に正しい。
先日アゴラの記事でも「AKB商法」を擁護する記事があったが、売れたモノ勝ちのビジネスの感覚で考えれば、自分も非難する気にはなれない。48人という従来の感覚からするとありえない大人数も戦略としては凄い(実際はもっと多いようだが)。

例えば一人のアイドルやアーティストに10万人のファンが付き、そのうちコアなファンである1割がCDを買えば1万枚の売上となる。今の音楽業界で考えれば十分なヒットだが、この程度で世の中は全く動かない。しかし、これが48人の塊となり、しかもCDのバージョン違いやオマケに握手券をつけてコアなファン層が1人3枚買えば売上は100万枚を超え、世の中は大きく動く(当然メンバー間での人気は大きな差があるはずなので、あくまで理屈の上での考え方として)。

ファンであってもお金を全く使わないライトな層は何をやってもお金を使わない。現在はウェブ上に何でもころがっている時代だ。そうであればお金を使うコアな層に絞って販売戦略を立てるならば握手券というのはある意味で最強のオマケだろう。100人からそれぞれ1000円の売上をあげるより、10人から1万づつの売上を上げる方が効率が良い、という考え方はアイドル業界に限らず、「ファン」を相手に商売をやっている業界ではセオリーと言っていい戦略だ。これを徹底して、なおかつ大規模に行ったのがAKB48という事になる。

●AKBにはじき出されるグラビアアイドルは「ビジネス」を体現している。
先日見たバラエティ番組では、とあるグラビアアイドルが「AKBのせいで仕事が激減した」と話していた。TVなのでどこまで本当なのか分からないが、これはあながち冗談ともいえないだろう。雑誌の表紙やグラビアはある意味で「枠」に限りがあり、そこに数十人のアイドルが割って入れば当然押し出されるアイドルもいるにちがいない。AKB以外にも48を冠するグループは名古屋・大阪・博多と三つもあるようだ。秋元康氏は乃木坂46という公式ライバル(?)まで自らプロデュースしたというのだからこの徹底ぶりには驚くばかりだ。全員合わせれば300人近い人数となり、ここまで大量の人数が短期間で供給されれば完全に弾き出されるアイドルも多数いるだろう。

実はこれと似た状況にあるのがブロゴスやアゴラだ。いずれも多数の書き手が記事を掲載し、政治・経済関連のウェブサイトとしては圧倒的な集客力を誇る。中には全く読まれない記事もあれば、爆発的に読まれてツイッターやフェイスブックで拡散するものもある。自分が大晦日に書いた「国が1兆円もかけて電機メーカーの設備を買い取るらしい ~エコポイントの斜め上を行く、呆れた仕組みについて~」はアゴラ・ブロゴスを合わせてこの3日間で5万件以上のアクセスを集めた。両サイトにとってこの程度のアクセスは全く珍しい事ではないが(月間PVがブロゴスは2500万、アゴラは250万)、自分にとっては歴代で5本の指に入る位にはアクセスの多い記事となった。

自分はどこかで記者修行を積んできたんだろうとか、ずっと昔からブログを書いてきた人気ブロガーなんだろうなどと勘違いされる事もあるが、ブログを始めたのは昨年の2月からで、まだ1年も経っていない。記者修行も積んでいない。自分の実力はブログ開設時に1日1ケタのアクセスしか無かった頃と大きくは変わっていないだろう。それにもかかわらずこれだけアクセスを集められる理由はアゴラ・ブロゴスに掲載してもらえているからだ。

●アゴラ・ブロゴスの強さとは。
ウェブに接する時間は多くの人にとって限りがあり、ウェブサイトを運営する側はジャンルを問わずユーザーの時間を奪い合っている。そのような中でアゴラ・ブロゴスは圧倒的な強さを誇る。政治・経済関連の記事を読みたい人にとっては、どこかに面白いブログは無いかと探すまでも無く、アゴラ・ブロゴスにアクセスをすれば毎日のように大量の記事が更新される。客が集まる所にはさらに集まるのがウェブの特性だ。

ツイッターやフェイスブックで偶然流れて来たアゴラやブロゴスの記事にアクセスをする。それが面白ければ自身もツイート・イイネで拡散に協力し、他にも面白い記事があればその記事も読む。結果としていくつも記事を読んでウェブにアクセスする時間の多くをこれらのサイトにつぎ込むことになる・・・という流れが両サイトとも現在完全に出来上がっている。また、書き手同士の間でも意図しない連携プレイで相乗効果が生まれる事もある。自分が記事を書く際にはアゴラの記事を引用する率は高く、先ほど紹介した記事もアゴラ主催・池田信夫氏のブログにおいて「よみがえる政治的景気循環」という記事内で引用された。

現在アゴラ・ブロゴス型の個人が発信する記事を束ねたウェブサイトは、ヤフーニュースの個人カテゴリやオールアバウト・ニュースディグなど、最近始まったものがいくつかある。いずれも自分を含めたアゴラ・ブロゴスの書き手が多数参加しているが、複数の書き手が集まる事によるパワーを大手のサイトも無視出来なくなってきたという事だろう。

●今後はブロガー間で圧倒的な格差がつく。
この流れによって起きうる事は、こういったサイトに参加をしていないブログがどんどん不利になる事だ。自分の周りでもブログを書いている経営者や自営業者は少なくないが、その多くが開店休業中だ。理由は簡単でアクセス数が少なく、書いた所で何の効果も見込めないので、最終的には書く意味も気力も無くなるからだ。ブログのアクセスが増えない理由は様々だろうが、大きな原因はアクセスを集める手段が無く、多くの読者にとってもアゴラやブロゴスのようなサイトで記事を読めればわざわざ他にブログを探す必要も理由も無いからだ。このような状況はAKB48と、AKB48にはじき出されたグラビアアイドルの関係に良く似ている。どこかが突出すれば他がワリを食う、という状況は業界内でも業種間でも競争の激しいビジネスでは珍しくない。

今後アイドルを目指す人にとってはAKB関連のグループに入る事が芸能界への一番の近道になるだろう。それと同じようにブログでアクセスを集めたい人にはブロゴス・アゴラのようなサイトに参加出来るかどうかが大きな境目となる。もちろん、AKBも上記のようなサイトも参加は簡単ではない。自分は無名のFPにも関わらず運良く参加出来たが、険しい道である事は間違いない。

また、SNS全盛の時代にあっても個人に限らずブログのアクセスアップは法人にも重要だ。発信した情報が流れていってしまうツイッター・フェイスブックだけでは何も蓄積されない。企業がブログで情報発信を行う事で記事を蓄積して多くのアクセスを集めれば広告費換算で数千万、数億のコストが削減できる他、ファンも獲得出来る。他者・他社との差異が出しにくい業種、中々理解されにくいビジネス(FPはまさにこれ!)であれば、啓蒙しながらファンを獲得出来るかどうかはビジネスで明暗を分けるだろう。

昨年のアクセストップ5の記事はこちら(アゴラ・ブロゴスのイイネ・ツイート合計数で計算)。
●1位 国が1兆円もかけて電機メーカーの設備を買い取るらしい ~エコポイントの斜め上を行く、呆れた仕組みについて~
●2位 正しすぎるライフネット生命の新卒採用
●3位 「持ち家と賃貸はどっちが得か?」とか「家賃を払うのはもったいない」とかいまだに言ってる不動産業者やファイナンシャルプランナーは、相当ヤバイ
●4位 持ち家は資産か? 持ち家に関する二つの幻想
●5位 日本の不景気は女性差別が原因だ

AKB48の好き嫌いはそれぞれの趣味嗜好だが、AKBのような無茶苦茶なやり方を面白がれる感覚はあった方がきっとビジネスも上手く行くように思う。

中嶋よしふみ
シェアーズカフェ・店長 ファイナンシャルプランナー
●シェアーズカフェのブログ
●ツイッターアカウント @valuefp  フェイスブックはこちら ブログの更新情報はSNSで告知しています。フォロー・友達申請も歓迎します^^。

※レッスン・セミナーのご予約・お問い合わせはHPからお願いします。
※レッスン・セミナーのご案内はこちら



●マネーリテラシーの本を書きました。 ●住宅購入の本を書きました。




シェアーズカフェからのお知らせ
 ■シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、お金に関するレッスンを提供しています。中嶋が直接指導します。
 ■シェアーズカフェが士業・企業・専門家向けのウェブ・コンサルティングを行います。


著者プロフィール


シェアーズカフェ店長 ファイナンシャルプランナー
中嶋よしふみ。現在、34歳(FPとしては多分若手)。

2011年4月にファイナンシャルプランナーのお店・シェアーズカフェを開業。

2012年2月に開設した「シェアーズカフェのブログ」は5ヶ月で月間アクセス14万件を突破。2013年は総アクセス500万件超(配信先も含む)、ヤフーのトップニュースに4回掲載される。ファイナンシャルプランナーとしてブログのアクセス数はダントツの日本一を誇る。

2013年4月にはアゴラ研究所主催の連続金融セミナーに登壇。山崎元氏、ライフネット生命現会長・出口治明氏、元マネックスユニバーシティ代表取締役・内藤忍氏など、金融業界を代表するメンバーと共にセミナー講師として参加(担当は住宅購入)。

2014年は住宅金融支援機構(フラット35)でセミナーを2回行う他、日本FP協会・長野支部にてFP向けセミナー(継続教育研修)に登壇。

現在、シェアーズカフェのブログのほか、日経マネー、日経DUAL、言論プラットフォーム・アゴラ、ブロゴス、ヤフーニュース個人、ハフィントンポスト等で執筆中。老舗情報サイト・オールアバウトでは住宅カテゴリでガイドを務める。

その他、日経新聞でコメントが掲載されるなど、多数の媒体で情報発信を行う。

対面では新婚カップルやファミリー世帯向けにプライベートレッスン・セミナー・相談等のサービスを行う。生命保険の販売や住宅ローンの仲介等を一切行わず、FP本来のスタイルで営業を行っている。

プライベートレッスンでは、お客様ごとに最適化したレッスンと適切なアドバイスを組み合わせて高度なコンサルティングを提供中。他に無い独自のサービスがお客様の支持を得ている。

現在は専門家が書き手として多数参加するウェブメディア、シェアーズカフェ・オンラインを編集長として運営するほか、ブログ執筆による集客の経験とノウハウを生かして士業・企業向けにウェブコンサルティングも提供する。

お金よりも料理が好きなFP。パティシエも兼任。

メディア掲載・取材協力の詳細はこちら。

※レッスン・セミナー・相談は全て中嶋が直接対応します。ご予約・お問い合わせはシェアーズカフェの公式HPからお願い致します。


このページのトップヘ