少し前の記事になるが、興味深いブログ記事を拝見した。

四半世紀繰り返されてきた「インデックス vs アクティブ論争」のテンプレート
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-2004.html

ブログの著者は経済評論家の山崎元さんとインデックス投資に関する本を共著で出すなど、言ってみればインデックス投資界の教祖の一人だ。ブログではインデックス投資を批判する記事を見つけた人から「こんなことを言ってる人がいます!反論して下さい!」という報告が来て困っているという。教祖になってしまうとこんな役目まで負わされてしまうのかと気の毒になってしまう。多少なりとも投資の勉強をした事がある人ならばインデックス運用とアクティブ運用の違いは知っているとは思うが、簡単に説明してみたい。

インデックス運用は日本ならば日経平均やTOPIX、アメリカならばダウ平均やS&P500など、市場の平均を示す値と同じ値動きをするように運用する手法のことを指す。その理論の背景は、市場は効率的なので株価の予想は出来ず、いくら情報を集めて分析・予想をしても他人を出し抜く事は多くのプロですら出来ない、ごくまれにしか存在しないインデックスを上回り続ける凄腕ファンドマネージャーを事前に見分ける事も出来ない、ならば株式投資でリターンをあげるにはインデックスファンドを買えば良い、というものだ。

一方、アクティブ運用はプロのファンドマネージャーが素人では出来ない情報収集と分析によって、銘柄の選択、売買のタイミング、配分の割合などで高度な投資判断を行う事により、他者を出し抜いて高い収益を上げることを客に約束する。その対価として高い手数料を貰う、という仕組みだ。

結果としては一般的な予想に反して、インデックス運用の方がアクティブ運用よりリターンは勝っているというのが統計的な数字だ。その差はある文献によれば2%程度で、これはアクティブ投信とインデックス投信の手数料の差とほぼ同じだという。つまり、プロの平均点は市場の平均点と同じという事で、プロに運用をお願いすると割高な手数料の分だけ損をするという何とも皮肉な結論だ。

もちろん、中にはインデックスを上回るアクティブ投信もあるが、それを事前に見分ける事は出来ない。成績の良かったアクティブ投信はその後低迷し、成績の悪かったアクティブ投信はその後のリターンはよくなる、というデータまである。事前に良いアクティブファンドを見分ける事が出来るというのは事前に株価は予想できるという話と同じくらい眉唾ものだろう。

前述の共著で山崎氏は「投資が趣味でも仕事でもない人に向けた運用方法」としてインデックス投資をお勧めしているが、これは完璧な売り文句だろう。一般的に、どんな分野でも平均点を取るにはそれなりの努力・経験・勉強が必要だが、こと投資に至ってはインデックスファンドを買うだけで良い。もちろん多少の裁量の余地はあるが、それ位インデックス投資はお手軽だ(初心者に向けて注意しておくが必ず平均が取れる事と必ず儲かる事は全く意味が違うのでご注意を)。

結論として、ベストではないがベター、というのがインデックス投資の位置付けであり、それ以上でそれ以下でもない。上記のリンク先で書いてあるように、インデックス投資を批判する人は、この微妙な位置づけの「ベストではない」という部分だけを切り取ってあーだこーだとケチをつけているので、意味のある批判にはならない。

以前、「私は『現在日本で売られている』アクティブ投信のリターンを厳密に全部チェックした結果、インデックスを上回るアクティブ投信の方が多かった。一部の株式評論家を名乗るインチキな人間の情報には騙されるな!」といったコラムも読んだ事があるが、これも勉強不足だ。

成績の悪い投信は販売が中止されてしまう事もあるので、現在売られている投信をチェックするだけでは意味がない。これは生存バイアスといわれるもので、生き残った物だけをみて、失敗したり負けたりして消えていった部分を無視して判断してしまう間違いの事だ。

さて、では上で紹介したブログで論争になっているように、インデックス運用とアクティブ運用はどちらがすぐれているのかと対立するものなのだろうか? そもそもインデックス運用とアクティブ運用は水と油のような別物なのか?

これは明らかに間違った問題設定なので、次回は自説を述べつつ、インデックスvsアクティブの論争に決着をつけてみたい。

中嶋よしふみ
シェアーズカフェ・店長
ファイナンシャルプランナー
シェアーズカフェのブログ
ツイッターアカウント @valuefp (ブログ更新は不定期なのでツイッターで告知します)

*レッスンのご予約・お問い合わせはHPからお願い致します*
*レッスンの内容はこちら*


●マネーリテラシーの本を書きました。 ●住宅購入の本を書きました。



シェアーズカフェからのお知らせ
シェアーズカフェでは住宅・保険・投資・家計管理など、個人のお金に関するレッスン・相談・アドバイスを提供しています。SCOL編集長でFPの中嶋が直接指導します。
シェアーズカフェ・オンライン編集長の中嶋が士業・企業・専門家向けの執筆指導・ウェブコンサルティングを提供します。


著者プロフィール


シェアーズカフェ店長 ファイナンシャルプランナー
中嶋よしふみ。現在、37歳(FPとしては多分若手)。

2011年4月にファイナンシャルプランナーのお店・シェアーズカフェを開業。

2012年2月に開設した「シェアーズカフェのブログ」は5ヶ月で月間アクセス14万件を突破。2013年は総アクセス500万件超(配信先も含む)、ヤフーのトップニュースに4回掲載される。ファイナンシャルプランナーとしてブログのアクセス数はダントツの日本一を誇る。

2014年は住宅金融支援機構(フラット35)でセミナーを2回行う他、日本FP協会・長野支部にてFP向けセミナー(継続教育研修)に登壇。

現在、シェアーズカフェのブログのほか、日経DUAL、ブロゴス、ヤフーニュース個人、ハフィントンポスト等で執筆中。

その他、日経新聞でコメントが掲載されるなど、多数の媒体で情報発信を行う。

対面では新婚カップルやファミリー世帯向けにプライベートレッスン・セミナー・相談等のサービスを行う。生命保険の販売や住宅ローンの仲介等を一切行わず、FP本来のスタイルで営業を行っている。

プライベートレッスンでは、お客様ごとに最適化したレッスンと適切なアドバイスを組み合わせて高度なコンサルティングを提供中。他に無い独自のサービスがお客様の支持を得ている。

現在は専門家が書き手として多数参加するウェブメディア、シェアーズカフェ・オンラインを編集長として運営するほか、ブログ執筆による集客の経験とノウハウを生かして士業・企業向けにウェブコンサルティングも提供する。

お金よりも料理が好きなFP。パティシエも兼任。

メディア掲載・取材協力の詳細はこちら。

※レッスン・セミナー・相談は全て中嶋が直接対応します。ご予約・お問い合わせはシェアーズカフェの公式HPからお願い致します。


このページのトップヘ