ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、2019年最初の記事になります。簡単に2018年を振り返りますと、”古き良きジャズ”に関してましては、John Coltraneの未発表音源のリリースというそれなりのビッグニュース【過去記事】はありました。当然レコード会社は世紀の大発見のようなおおげさな宣伝文句を連発しますし、提灯記事も数多く見られました。が、これはあくまでも埋もれていた歴史の一部が明らかになったということ。充実期を迎えていたコルトレーンのディスコグラフィに一枚追加になったということで、貴重な音源であることはたしかですが、それ以上でもそれ以下でもありません。「歴史が変わった」訳ではなく、一部修正された程度と考えるべきではないでしょうか。私個人は楽しく聴きましたし意義のあるリリースではありますが、「ジャズの歴史を変えた!」というわけはないという印象です。


オン・タイムのジャズ・シーンを詳細まで追っている訳ではありませんが、ここ数年続いているHIp-Hopカルチャーとの融合を目指した潮流は続いているようです。それほど多くはありませんが、昨年もオン・タイム・ジャズ作品を取り寄せて聴いてみましたし、Kamashi Washington作品を紹介してみたりもしました。それなりに盛り上がっていると感じておりますが、内外を問わず商業音楽シーンが停滞しつつある現在、ジャズに限らず、これからの展開が難しいのかなぁと少々悲観的に感じてもみたり。現在進行形のムーヴメントに注目し、新作を楽しみに待つというのも音楽の醍醐味ですので期待はしておりますが。


とは言え、未だ「ジャズを聴く」ということは、半世紀以上前のモダン・ジャズ黄金時代に録音された音源を引っ張り出して聴く作業を意味している、と個人的には思っております。何よりも黄金時代の作品群は刺激的ですし、系統立てて聴くことができます。聴いている作品が、どのジャズメンのどの時代の作品で、どういった意図を持ち、どのような歴史的価値があるのかが把握できるという意味です。現在進行形で活躍するアーティストを”発見”し、自分だけが知っているという密かな歓びを感じるみたいな楽しみ方はできないかもしれませんが。


今回取り上げるのは、モダン・ジャズ黄金時代のど真ん中に録音されたThelonious Monkの"Misterioso"【1958】というライヴ録音盤です。大変著名な作品です。セロニアス・モンクについては過去に何作か紹介しております・


天才の系譜【4】Thelonious Monk/セロニアス・モンク


Jazz探究【10】Thelonious Monk "Brilliant Corners"【1958】


ジャズメン御一行様、来日ス【5】Thelonious Monk In Tokyo"【1963】


モンクは作曲家としてもスタンダード化した曲を多数残しております。


名曲列伝【32】"'Round Midnight"【1944】


名曲列伝【39】"Straight ,No Chaser"【1951】


セロニアス・モンクというジャズ演奏家については、これまでの記事中で繰り返し私見を述べて参りましたが、念押しを兼ねて少しだけ。モンクはピアニストですが、通常のピアニストとは異なります。流麗ですとか、いわゆる「技巧」とは無縁。時に、ふざけているのではないか、酔っぱらっているのではないか、ミスタッチだらけじゃないかと思わせるような際どい演奏もあります。ですが、もちろん、ふざけている訳ではありませんし、ミスタッチに聴こえてもそれはミスから生じたものではなく、敢えてミスを犯していると考えるべき。ちなみに酔っぱらっていないのかどうかはわかりません。もしかすると酔っぱらっている可能性は否定できません。


モンクは誰かに合わせることもありません。モンクはいつもモンク。だからマイルスとは合いませんでした【喧嘩セッション】。当然です。モンクが悪い訳では全くなく、マイルスが悪い訳でもありません。敢えて言えばモンクをセッションに呼んだマイルスの落ち度というべき。ジミー大西に流暢な漫談を期待するようなものです。


モンクは他のどのピアニストとも異なるスタイルを確立しました。天然です。変人を装っているタイプでもありません。素です。天然としかいいようがありません。「天然」という表現が一番しっくりくるように思えます。


何度も紹介している音源ですが、晩年のモンクが独奏した"Satin Doll"【1969】。「通常のサテン・ドール」の確認は、名曲列伝【3】Satin Doll 「サテン・ドール」で。

この時期のモンクは少し神経をやっちゃっていたとも言われますので、本人の意図せぬミスタッチが含まれている可能性はあります。ですが、ミスタッチに聴こえる音の多くは意図的なものであるはず。ですが、変人の装っている訳ではもちろんありません。


モンクを表現するのに「天才」という言葉はあまりにも平凡すぎるように思えます。別次元なんです。技術的に一段階上という意味ではなく、そもそも依って立つポジションが他のピアニストとは違うといいますか、目指す方向が全く異なるといいますか。アート・テイタムとオスカーを比べることは可能ですし、レッド・ガーランドとウイントン・ケリーのどちらかが好みかという議論であれば、結論は異なったとしても議論はかみ合うはず。ですが、モンクとテイタム、モンクとオスカー、モンクとケリーを比較しても意味がありません。シュガー・レイ・ロビンソンとヨハン・クライフを比較するようなものです。そもそも競技が異なります。いやいや、モンクとテイタムは同じジャズ・ピアニストじゃないか!というツッコミは入って当然です。ですが、モンクの特殊性をご理解頂くには、これくらいアクロバティックな論法が必要という意味です。モンクが通常のジャズ・ピアニストから孤立しているのか、他のジャズ・ピアニストがモンクから孤立しているのかはわかりませんが。とにかくモンクは特殊な存在だという前提に立って聴いて頂くと彼の特殊な素晴らしさがより理解できるはずです。


今回取り上げる"Misterioso"【1958】という作品はライヴ録音盤。1950年代のモンク・グループのサックス奏者はなかなか固定できませんでした。契約の問題か、モンクの好みの問題かは微妙なところ。Sonny RollinsやJohn Coltraneが彼のグループでサックスを吹いたこともありましたが、いずれも短期間のみに終わりました。1960年代に入るとモンクはCharlie Rouse【過去記事】という「同志」と幸福な出会い果たしますが、それまで彼のグループでフロントを務めたサックス奏者はコロコロ変わったという印象があります。


1958年にモンクが発表した2作"Thelonious Monk In Action"【wiki】および今回紹介する"Misterioso"でサックスを吹いたのはJohnny Griffin【wiki】でした。グリフィンというとどちらかと言うと吹いて吹いて吹き捲るブロウワーというイメージがありますので、モンクとは少し相性が良くなさそうな印象も抱きつつ聴いた記憶がありますが、面白いもので恐るべき化学反応が起こっております。印象としては、モンクがグリフィンに好き勝手に吹かせているといった感じ。モンク作品というよりも、モンクとグリフィンの共同名義作と言って良いのではないかと思うほどグリフィンが大活躍します。


71枚目:Johnny Griffin "A Blowing Session"【1957】


115枚目:Johnny Griffin/Eddie "Lockjaw" Davis "Tough Tenors"【1960】


151枚目:Johnny Griffin "The Kerry Dancers"【1962】









Thelonious Monk "Misterioso"【1958】
セロニアス・モンク 「ミステリオーソ」【1958年】


パーソネルは以下の通り【参照:wiki "Misterioso"】。

p:Thelonious Monk

ts:Johnny Griffin

b:Ahmed Abudl-Malik
ds:Roy Haynes



ジャズ・ピアノの常識を超越しつつあったモンクのピアノと気分よく吹き捲るグリフィンに注目して頂くと面白いはずです。


3曲目収録"Let's Cool One"。

モンクらしい風変わりなメロディの繰り返しでスタート。1:15過ぎでグリフィンが吹き始めますが、通常のソロ奏者がそうされるように、彼にスポットライトが浴びさせる気がモンクにはないのでしょうか。ゴチャゴチャしているというか、猥雑というのでしょうか。ヘインズもごちょごちょと絡んできます。ですが、4:10過ぎバンドが止まりグリフィンの独奏に。例え小さなジャズ・クラブ(Five Spot)であったとしても、これはプレッシャーであったはず。ですが、グリフィンは見事にモンク・グループの顔役を果たします。6:05過ぎ再びバンド・ミュージックへ。その後、モンクのソロになりますが、いわゆるアドリヴ・ソロではなく、強弱で同じメロディを繰り返すだけ。ですが、何でしょう、このグルーヴは。
   



4曲目収録"In Walked Bud"。

この曲も基本的には同じ構造。モンクらしい独特のメロディが執拗に繰り返され、グリフィンが飄々と吹き続けます。グリフィンはずーっと吹いているのですが、特に5:00過ぎ辺りからヒート・アップ。6:20からモンクのソロ。その後、マリク、ヘインズにもソロが割り当てられます。



このレヴェルの作品を聴くと改めて痛感します。モダン・ジャズ黄金時代がいかに充実したムーヴメントだったかということを。優秀な技術を持った演奏家が、その都度集められ、声ではなく楽器の演奏で才能をぶつけ合う。こんなスタイルの音楽はもう二度と出現しないのではないでしょうか。


最後に、もうひとつ例を挙げてモンクの特殊性、超越性を明らかにしてみたいと思います。"Lulu's Back In Town"というスタンダード曲のオスカー・ピーターソン版とモンク版を紹介します。


Oscar Peterson "Lulu's Back in Town"。

簡単に行っちゃえば、オスカーは「神」であり、「天才」。このウキウキ感。躍動感。ジャズ・ピアノを突き詰めた最高峰がオスカーです。


次にモンク版。

つまり、競技が違うんです。良し悪しの問題でも、善悪の問題でもなく、オスカーとモンクでは単純にピアノを弾く目的が異なると考えるべきなのでしょう。優劣などつきません。つくはずがありません。つける意味が全くありません。二人とも生まれてきてくれてありがとう、ピアニストになってくれてありがとうとしか言いようがない訳です。