July 11, 2010

Body Change @Tipness - Result

Today was the final personal training session of Body Change Program at Tipness. After working out for 8 weeks, I lost 2kg of fat, moreover 4kg of fat compared to January, without losing muscle weight!

ついに8週間続いたBody Changeのパーソナルセッションが今日で最終回でした。週1回のパーソナルトレーニング、プラス週1は自主トレ、週2回のペースで通って、今日最終測定してきました。

結果は、、、じゃじゃ〜ん、筋肉量はそのままキープで脂肪だけ2キロ落とすことに成功しました〜!今年あたまと比べるとなんと脂肪量3.9キロ減! 1ヶ月経過時の中間測定がよくなかったので、どうなることかと思ったけど、最後の最後にググッと減りました。

このプログラム始めた当初の食行動評価では、夕食後にお菓子を毎晩食べていたので、とりあえずお菓子を週5に減らしましょうという課題が与えられたけど、今はお菓子週1、2になりました。特に我慢したっていう意識はなく、夕食後のお菓子が癖になっていたのを止めただけ。とにかく仕事で疲れを感じるとお菓子っていう流れになってたので、それが断ち切れてよかった。今はあまりお菓子を食べたいって気持がなくなったみたいです。

これ、左から 1. 年初、2. プログラム開始時、3. 1ヶ月経過時、4. 最終回(2ヶ月)。体脂肪率6.2%減♪
body change2


これは「体重、筋肉、脂肪」のバランスチェック。始めた当初は肥満型だったのが、太りにくい理想の体にチェンジ♪

body change1


指導してくれたトレーナーさんと「やったね〜!!!」とガッチリ握手して喜びあいました。

初回酸欠状態になっちゃったり、どうなることかと思ったけど、続けてよかった。こんなダメダメちゃんに付き合ってくれたトレーナーさん、ほんとありがとう!またBody Change第2弾やる時はよろしくお願いしま〜す。(って見てないけどね。)

これからの課題は今回の結果をキープで、気になる部分を引き締め。せっかくがんばったんだから、リバウンドしないようにしなくちゃね。

sharumi at 20:50|PermalinkComments(0)clip!日々の生活 

June 13, 2010

Body Change @Tipness

It's been a month since I started Body Change Program at Tipness. I've already lost 2kg since January but I want to lose a little more. More precisely I want to lose fat rather than losing weight.That's why I decided to work out with a personal trainer. It's a very tough training though...

body change


今日はTipnessのBody Changeの中間測定だった。年初からはもう2キロ落としたので、ちょっとここの所体重を落とすのは難しくなってきている。パーソナルトレーナーSさんは、体重的には維持でいいんじゃないかと言ってるけど、わたし的には以前のベスト体重まであとマイナス1kg~1.5kgを目指したい。

1ヶ月前の測定がけっこうよかったので、今回は0.5kg体重が増えていた。でも、脂肪量を減らして引き締め&筋肉量アップが目標なので、少しの体重増加はあまり気にしない。今回うれしかったのが、ウエスト周りが2センチマイナス、内臓脂肪レベルの数値が良くなったこと。腹筋をみっちりやらされてるから、やっぱり効果があったかな ^^ 自分でもウエスト周りとかは前よりすっきりしてきたと感じているから、この調子でがんばる!

筋肉量バランス的には、上半身の筋肉は標準より強いけど、脚の筋肉が弱いらしい。なので、トレーニングのメニューも下半身メイン。これが辛いんだ〜。きょうは金曜日の筋肉痛が残ってたところにトレーニングだったから尚更辛かった。

でも自分で決めて始めたことだから、あと1ヶ月がんばります!

June 12, 2010

La nuit a Paris

Je me suis promene dans la nuit jusqu'a la Tour Eiffel. C'etait le jour ou il y avait un match de foot "playoff", France vs. Ireland. La fameuse "Main de Dieu" d'Henri...

tour eiffel



会社の同僚の奥様がスノードームを集めているので、なにかいいものがあるかな?と思いエッフェル塔までお散歩した。

ちょうどこの日は、ワールドカップの出場権をかけ、フランス対アイランドの試合があった日。パリのカフェには、アイルランド・サポーターたちがビールを飲んで試合前の時を楽しんでいた。

tour eiffel2


エッフェル塔のふもとでもアイルランド・サポーターたちがたむろしていた。ビールをたくさん飲んでできあがってるからか、そこら辺で立ちションした。いやだわ〜。

警備隊までいて、なんだか物々しい雰囲気。
ireland


ホテルに帰って試合を観戦した。そう、例のアンリの「神の手ゴール」で物議を醸した試合だ。

henri


ちょうど私が泊まっていたホテルの真向かいにアイルランドパブがあったので、さぞうるさいだろうと思いきや、こちらには仮装した熱狂サポーターはいなくて、試合が終わってもこれといった騒動はなかった。

irish pub


June 08, 2010

Autumn in Paris

Quelques images de Paris en automne...

前の晩、ライブで興奮したし、Fさんと楽しい時を過せたので、ハイな気分のせいかあまり眠れなかった。オランジュリー美術館見学の後、少し眠気を感じた。

けど、オランダと比べたら寒すぎず快適な気候だったので、カメラ散歩をした。

orangerie


parc


parc2


Fさんに前の晩のお礼のメールを出したら、すぐにiPhoneに返事が来た。出来たてホヤホヤのプロモ用DVDが自宅に届いたとのこと。私が帰国する前に是非持って帰って欲しいとのこと。彼の自宅付近までピックアップに行った。

待ち合わせ場所に颯爽と自転車で登場したFさん。全身ユニクロだったけど、日本では売っていないような紫のチェック柄のパンツでコーディネートして、さすがオシャレなフランス人でした。息子さんを迎えに行くとのことで、颯爽と自転車で立ち去った。

その後、ホテル付近のカフェで軽くワインを楽しみながら食事をした。旅行してる最中はほんとあっという間に時間が経っちゃうな。パリ2日目ももう終わっちゃう。

cafe


June 02, 2010

Sous le ciel de Paris

Le lendemain matin, j'ai marche jusqu'a l'Orangerie au long de la Seine. Je me sentais si bien sous le ciel bleu car j'en avais assez du ciel gris en Hollande...!

ライブの次の日はちょっと朝寝坊。オランダ、ベルギーでは毎朝曇り空だったので、久々に青空を拝めて気分が晴れやかになった

青い空でも、爽やかな夏の空とは違う、深い感じの蒼色な気がする。

ciel de paris


ここの所、パリでは7区に宿をとることにしている。おいしいパン屋さんとかあるし、色々アクセスも便利なので。セーヌ川に沿って歩いて、オランジュリー美術館に行くことにする。

alexandre III


実はオランジュリーって、初めてのパリ旅行以来訪れていなかった。長いこと改装工事をしていた気がする。

お目当てはやはり睡蓮の間。

さすがに睡蓮の連作を展示するためのスペースなので、天井から光が最大限に取り込まれるように設計されている。以前訪れた時の展示室はなんとなく暗くて落ち着いた印象があったけど(はるか昔の記憶だけど)今回明るい光の中で鑑賞した睡蓮は透明感溢れる感じでだいぶ印象が違う。晴れた日に行くことができてよかった。

nymphea


nymphea2


映像室でモネのドキュメンタリーも観たのだけれど、晩年は白内障かなにかで目がほとんど見えていなかったらしい。それでも睡蓮の連作に取り組んだことを知り、荒々しい筆のタッチに執念を感じた。

nymphea3


sharumi at 23:23|PermalinkComments(0)clip!フランス | Lumix LX3

May 22, 2010

Sapporo Katsunuma Winery

I experienced disbudding of Chardonnay.

vineyard


今日は恵比寿にあるワインショップPARTY主催のワイナリーツアーに参加した。行く先はサッポロワイン勝沼ワイナリー。

polaire


この時期に行われる芽かきの作業を体験してきました。

どの芽をとるべきか説明している山梨の栽培責任者田中さん。
mekaki



これが友達と一緒に芽かき作業を終えた木。きれいにできていると褒められました♪

vineyard2


sharumi at 22:31|PermalinkComments(0)clip!日々の生活 | Lumix LX3

May 21, 2010

Live at New Morning, Paris

J'etais au concert de PSP (Simon Phillips, Philippe Saisse, Pino Palladino) at New Morning, Paris.

買い物後ホテルに一回戻った。かなり頭が痛くて辛い。こちらのライブは開始が21時とか21時半なので、仮眠を取ることにした。

目覚ましをかけておいたが寝過ごしてしまった!夕飯食べる時間もない。ライブ会場に行けないかと思うくらい頭痛はピークに達している。いつも飲んでいる頭痛薬がまったく効かない。でもせっかく招待されたし、Fさんとも会いたいし、がんばってベッドから起き上がった。

ホテルのある通り。
rue saint dominique


New Morningに到着した。椅子席も用意されていたけど、ステージ近くでライブを堪能したい人は1段下にあるスタンディングのスペースに移動する感じ。椅子こそないけど、ライブハウスのキャパ的にもクアトロに近い感じかもしれない。

もうライブは始まっていたが、せっかく来たんだから人ごみをかき分けてスタンディング席に紛れ込んだ。

この人達のCDはもちろん持っていないし、事前学習などまったくしていなかったけど、かなり楽しめたライブだった。

Dave BrubeckのTime Outの1曲目に入っているBlue Rondo a la Turkをハードに豪快に演奏して、超カッコ良かった!

日本でのジャズライブのお客さんはけっこうみんな大人しいと常日頃から思っていて、あまり乗れなくてフラストレーションを感じることがあるけれど、こちらのお客さんはほんとうにノリノリな感じ。みんな心から音楽を楽しんでる感じで、こういう雰囲気は大好きだ。

Simon Phillips。
Simon Phillips


Pino Palladino。
pino palladino


PSP


ライブが終わる頃にはすっかり頭痛も吹き飛んでた。で、ライブに夢中になって、すっかりピアニストFさんと待ち合わせていたのを忘れそうになった(嘘)

彼は出口付近の椅子に座っていた。4年半ぶりの再会だ。彼のマネージャーさんも一緒にいたので、是非日本でコンサートやるようにがんばってください、と念を押しておいた。

FさんにPino Palladinoに挨拶したい?と聞かれて、素晴らしいライブだったから感想も言いたいし、2人で楽屋に行った。でもPinoさんは既にライブ会場を後にしていた。じゃカフェにでも行こうかということになり歩いていたら、ライブハウスからさほど離れていないカフェでPinoさんを発見した。挨拶をして握手をしてもらった。ステージ写真からも分かるとおり、グリーンジャイアントぐらい大きかった(笑)。たぶんなにかして身体を鍛えているんだろう。無駄肉がないし、すごく若々しい。ほんの少ししか言葉は交わさなかったけど、いい人だっていうのが伝わってきた。

それからFさんと別のカフェで、ワインを片手にお互いの近況報告をした。iPhoneで写真を見せ合ったり、家族の話とか身近な話題ばかりに花が咲いて、すっかり音楽の話をするのを忘れてしまった!私ってだめなファンかも。

recruitement cafe


May 18, 2010

Un apres-midi a Paris

Ca fait deja 4 ans et demi que j'ai pas visite Paris...! Mais Paris m'accueille a bras ouvert, il me semble... Je me sens tres bien a Paris!

なんと4年半ぶりのパリ!父の病気のこととかあったので、ここ2年ぐらいは遠くに行っていなかったのです。

Gare du Nordから7区のホテルまではタクシーで移動。Rue Madeleine > Rue Royale > Place Vendome > Place de la Concordeとパリでのショッピング王道ルートを車内から眺めた。

ホテルに到着し、もうかれこれ10年ぐらい親交を深めているピアニストFさんに電話をいれた。残念ながら今回の滞在中には彼のライブを聴くことはできないけれど、再会する約束はしていたのだ。

電話口には懐かしい声。「今日はなにか予定ある?New Morningには行ったことある?今日友人のライブに招待されてるから君も来ないかな?と思って」もちろん行きますとも〜!でも僕は仕事があるから23時ぐらいにしか行けないけど、じゃNew Morningでね!」

ということで、夜までのフリータイムはショッピングタイムにした。ついでに「オランダ絵画黄金期」という展覧会がマドレーヌ広場にあるPinacothequeでやっていると情報を得たので、行ってみることにした。

vermeer


あっ!Vermeer。これはMaurithuisで貸し出されていて見れなかった絵だ。こんなところで出会えるとは、なんて奇遇なんだろう!

展覧会は平日昼間にもかかわらず賑わっていた。

そのあとBoulevard Haussemann でショッピングした。

Noelに向けたクリスマス商戦。ライバル店がきれいなデコレーションで競い合っていた。

printemps



マリオネット。by Chanel
chanel


by Dior
dior


galerie lafayette


to be continued...

sharumi at 23:45|PermalinkComments(0)clip!Lumix LX3 | フランス

May 17, 2010

De Bruxelles a Paris

Le dernier jour a Bruxelles. Je suis enfin arrivee a Paris dans l'apres-midi du 17 november 2009!

ブリュッセル最終日の朝。ホテルでグランプラスを眺めながら朝食をとった。

petit dej a bruxelles


ホテルのオーナーはとても親切で話し好きだった。フロントにあったジャズクラブのフライヤーを見ていたら、「ジャズが好きなのかい?日本人のジャーナリストで毎年ブリュッセルに来るときは必ずうちのホテルにとまるお客さんがいて、すぐ近くにあるジャズクラブに行くって」ってプチ情報を教えてくれた。何日か違いでそのジャズクラブで興味があるライブもやっていたので残念だった。

予約していたThalysはお昼発だし、ちょっと街を散策することにした。

前回ブリュッセルを訪れたとき、母と買い物をしたGrand Sablonにあるアンティークショップにも行きたかったけど、午前中だしまだ店はオープンしていない。前回満席で入れなかったPierre Marcoliniにも行きたかったな。ま、今は日本でも食べられるからいいか?

グランプラスから10分ぐらいのところにある芸術の丘「Mont des Arts」に行ってみることにした。

途中で立ち寄った「Eglise de Madeleine」

eglise de madeleine


eglise de madeleine2


そして芸術の丘に到着。そうしたら前の晩にレストランで隣の席にいたバルセロナのファミリーにばったり会った。彼らも昼の便でバルセロナに向けて出発するそう。この方たちにはチョコレートの店でも会ったから行動パターンが似ているのかも。

mont des arts


そうこうしてるうちに、出発の時間が迫ってきた。ブリュッセル南駅からいよいよパリに向けて出発!

初めてThalysに乗った。車両のシートとかがFucha Pinkで統一されていてステキなインテリアでした。日本じゃあの色使いはきっと採用されないでしょう。そしてあっという間にGare du Nordに到着〜!

gare du nord


sharumi at 22:37|PermalinkComments(0)clip!Lumix LX3 | ベネルクス

May 15, 2010

ブリュッセルの夜

グランプラスからすぐのイロ・サクレ。日本語で呼び込みしてましたがスルー。ぼったくりレストランもあるそうだから要注意です。

brussels_promenade

Fruits de mer。

brussels_promenade2

これはちょっとどうなの?

brussels_promenade3


もう少し街を散策しようかと思ったけど、やはり頭がフラフラするので、ホテルに戻ってちょっと休憩した。

夕暮れ時にホテルの窓から眺めたグランプラス。とっても綺麗だった〜。グランプラスがヨーロッパで一番美しい広場だ、って言ったのは誰だったかな?ジャンコクトー?うろ覚えですみません。

brussels_nuit


夜はグランプラスのレストランでワーテルゾーイを食べた。クリームっぽくコテコテしてるのかと思ったら、思ったよりあっさりしていてこれはとってもおいしかった!

waterzooi


レストランの席の隣にはバルセロナから来ていた日本人家族が座っていて、まだ小さな息子さんが「ジビエ、ジビエ」と連呼していた。きっと覚えたてのフランス語を使いたかったに違いない。かわいかった。