2011年12月

2011年12月27日

tetunorekisimuraunnnann








撮影日程:平成24年4月7日(土)〜4月9日(月) 3日間
鉄の歴史村(写真コンテスト) 世界遺産石見銀山撮影会
●撮影場所まではチャターバスで撮影ポイントに案内いたします。
●集合場所:出雲空港  JR松江駅
●集合時間:出雲空港午前9時 JR松江駅午前10時
●実施定員:10名   
●参加費用:26,000円
(1泊2日 朝2・夕2食付・バス代含)
出雲空港、JR松江駅までの交通費は含まれていません。各自負担
【第1日目(4/7)】
松江駅〜出雲空港〜鉄の歴史村
鉄の歴史村(雲南市吉田町:菅谷たたら山内、鉄山師の町並み撮影)
(宿泊)田村旅館(雲南市吉田町)
【第2日目(4/8)】
雲南市吉田町〜大田市大森町(石見銀山)へ移動
石見銀山遺跡、町並み撮影
(宿泊)三瓶温泉「さひめ野」http://sahimeno.jp/
【第3日目(4/9)】
大田市大森町〜出雲大社
出雲大社〜出雲空港〜松江駅
●お申し込み:Tel.03-3538-6630 Fax.03-3538-6822
●天候により撮影場所を変更する事があります。
 悪しからずご了承くださいませ。

unnnann 1unnnann2

2011年12月26日

花井尊・柿本正人 二人展「 震災よ ! 」
期間/2012年
3月5日(月)〜3月17日(土)

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
昨年3月11日(金)日本の宮城県沖を震源地として、
国内観測史上最大となるマグニチュード (Mw)9.0を記録する
東北地方太平洋沖地震が発生して1年の時が過ぎました。
元報道カメラマン二人が、激しい写真とは一味違う、
「ともかく記録、ともかく伝える」をモットーに被災地を
撮影して回った写真40点で繰り広げる写真展です。

sinnsai1sinnsai

「東北芸術工科大学・映像コース写真ゼミ 卒業修了制作展」
高橋里衣 折原亜希子 弦巻航平 齋藤真理         
http://www.tuad.ac.jp/adm/mediaarts/

 期間/ 2012年
2月27日(月)〜3月3日(土)

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
雄大な自然に囲まれた山形にある芸術大学で写真を専攻しています。
さまざまなメディアに触れ、写真にとらわれない
自由な表現を多く学んできました。
このたびはその成果を、作品にして展示します。ぜひご覧ください。

saitou齋藤真理





takahasi高橋里衣





turumaki弦巻航平






orihara折原亜希子

花散歩II 第四回写真展          

期間/2012年
2月20日(月)〜2月25日(土)

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
我々のクラブは70歳代を中心とし、野生の花々を主として撮影。
対象として活動しています。クラブ編成後11年を経過しました。
昨今、異常気象の影響を花々の開花期で感じながら、その生命力
の強さに驚き、写真でそれを表現するべく活動していますが、
皆さんにどれだけそのことを伝えることが写真展で出来るでしょうか。
                      

2011年12月22日

toripurukawasima1kawasima2kawasima3kawasima4











『トリプルファンタジー』
作家名/ 川島小鳥・fumiko imano・森栄喜
期間/2012年
1月20日(金)〜2月10日(金)

時間/月〜金曜日:午前9時30分-午後5時30分
   土曜日:午前9時30分-午後4時30分
   
会場/
写真弘社 アートプリント・ギャラリー
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-8-9
神田サービスセンター2F
TEL: 03-3254-3704 / 03-3254-3705
http://www.shashinkosha.co.jp/servicecenter.htm

内容/
写真弘社神田サービスセンター2Fにオープンした
アートプリント・ギャラリーでは、
注目の若手写真作家3名による企画展を開催。
『見にいらした方々にファンタジーな気持ちになってもらおう。』
をコンセプトに、
新作未発表作品を展示構成、それぞれのファンタジーを表現します。
銀塩プリントの美しさを堪能していただき、若手写真家の息吹を
感じていただきたいと願っております。
尚、写真弘社のホームページにて作家のギャラリー滞在スケジュールや
イベントを近々に告知予定。
作家関連グッズや限定オリジナル作品も展示販売致します。

出展作家

川島小鳥(かわしまことり)
1980年東京生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、
沼田元氣氏に師事。
2011年3月、写真集『未来ちゃん』(ナナロク社)を刊行と同時に、
写真集『BABY BABY』(学研教育出版)を復刊。
2010年度第42回講談社出版文化賞写真賞を受賞。
2012年1/26〜2/1 写真展「RUN RUN まこと」
キヤノンギャラリー銀座(全国巡回)を開催予定。
http://kawashimakotori.com/

川島小鳥物販リスト
未来ちゃん
BABYBABY(確認中)
RUNRUNまこと



fumiko

fumiko imano

1974年生まれ 2002年南仏の国際イエールフェスティバルに
入選して以来セルフポートレート中心の作品を作り続ける。
自費出版で"fumiko imano 1974-2004"(2005),
“I Hate Photography!"(2009),
"i am difficult to make"(2011),
"circa"(2011, 出版 new accident)
2002年から続けている双子プロジェクトの写真の個展
"We Oui!"を、シンガポールのM1 Fringe Festivalの招待で、
Singapore National Museumにて2012年2/15〜26まで開催予定。
http://www.fumikoimano.com
http://fumikoimano.blogspot.com
http://www.youtube.com/fumikoimanox
http://www.lulamag.com/scrapbook/
http://girl.houyhnhnm.jp/blog/fumiko_imano/

fumiko imano物販リスト
ミニ本"fumiko imano 1974-2004"(2005),
“I Hate Photography!"(2009),
"i am difficult to make"(2011),
"i am difficult to make"のポスター
new accident 出版 "circa"
バッグ
Tシャツ



プロフィール
森栄喜(もりえいき)
1976年金沢市生まれ。
Parsons The New School for Design (アメリカ)写真学科卒業。
近刊に"CROWS AND PEARLS"(Edition Nord, 日本, 2OO9)、
"tokyo boy alone"(Revolution Star Publishing and Creation Co., Ltd.,
台湾, 2O11, 日本販売ナナロク社) また2O11年は
Vanilla Gallery, Impossible Project Space, Zen Foto Gallery(日本),
VZ Gallery(イギリス),
WestLicht(オーストリ ア)でのグループ展に参加、
台湾でも三カ所で個展を開催。
2012年夏、新しい写真集がナナロク社から出版予定。
http://www.flickr.com/photos/eikimori
http://www.eikimori.com
http://www.ossu.jp

森栄喜物販リスト
CROWS AND PEARLS
tokyo boy alone
OSSU

写真展についての詳細は下記のURLをご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/shashinkosha/archives/55501597.html
・平日9:30〜17:30
・土曜(営業日)9:30〜16:30
・日曜祝日休館
※1月28日は休館


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

アートプリント・ギャラリー   
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-8-9
写真弘社 神田サービスセンター2F
TEL: 03-3254-3705

月-金曜日 9:30〜17:30
土曜日(営業日) 9:30〜16:30
日曜・祝日休み
http://www.shashinkosha.co.jp/

アクセスマップ
http://livedoor.blogimg.jp/shashinkosha/imgs/3/a/3a07414d.jpg" title="APG_地図" target="_blank">APG_地図

2011年12月21日

年末年始のご案内
弊社年末年始の営業日時は下記の通りとなります。
平成23年
12月24日(土))(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時)  
12月25日(日)休業
12月26日(月)(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時) 
12月27日(火)(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時)
12月28日(水)(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜17時)
12月29日(木)(神田店9時〜17時) (銀座店10時〜17時)
12月30日(金)年末年始休業
12月31日(土)  ”  
平成24年   
1月1日(日)元旦  ” 
1月2日(月)    ”
1月3日(火)    ”  
1月4日(水) 年末年始休業
1月5日(木)(神田店10時〜17時) (銀座店11時〜17時)  
1月6日(金) (神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時)    
1月7日(土) (神田店9時〜17時) (銀座店10時〜17時)
どうぞ宜しくお願い申しあげます。

2011年12月20日

mariakarasu特別企画展木之下 晃写真展 「最後のマリア・カラス」
期間/2012年
2月6日(月)〜2月18日(土)
2月11日(祝土),12(日)休館

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
このたびギャラリー・アートグラフ銀座では木之下晃さんの写真展を開催いたします。
木之下晃さんは半世紀近くにわたって、音楽の写真を撮影しています。
今回は、その木之下さんの膨大な音楽写真アーカイヴスの中から、「マリア・カラス」の写真展を開きます。
史上最高の名歌手であるマリア・カラスが亡くなって35年が経ちますが、今もその人気は世界中で劣えていません。そのカラスの最後のステージとなったのが、1974年の日本公演でした。木之下さんは公式カメラマンとしてそのカラスの最後のステージ姿を撮影していました。今回、多くの未発表作品とともにカラスの栄光の姿を偲びたいと思って、この写真展を開催いたします。
会場では、木之下さんのオリジナル・プリントと共に同時に響文社から発表された「最後のマリア・カラス」も販売されます。

文・なかにし 礼
不世出のソプラノ歌手マリア・カラス、最後の姿が写真集になった!
マリア・カラスの公式コンサートの最後は1974年の秋に開催された日本公演だった。
その際の公式カメラマンは木之下晃氏。「このとき“神”が私に、マリア・カラスの最後の姿を残させようとシャッターを押させたような気がしてならない」と木之下氏は振り返る。
『最後のマリア・カラス』を撮影した印象だ。偶然にもマリア・カラス33回忌、36年振りの秘蔵写真一挙公開。全神経を集中した瞬間瞬間の姿が神々しく撮影されている。
反り返った手の親指からさえ声が歌が響き舞い上がる。技芸天の見えざる美を撮影した写真には魂が震える。オペラを愛する人々への最高の贈り物木之下晃、渾身の音楽写真集!
木之下写真叢書・1


『最後のマリア・カラス』
写真・木之下 晃(木之下アーカイヴス)
「むしょうに美しい。まるで天上から舞い降りてくるような声だ。
それは天に昇りつめたことのある人にしか歌えない歌だった。
木之下晃のカメラは、そんなマリア・カラスをこの上なく捉えている」
            なかにし礼「天上の音楽 マリア・カラス」本文より


2011年12月19日

digitaruデジタルクリエイティブフォト
2011年12月/14日(水)スタート
ベストプリントのための画像処理
●開講日程:12月14日(水),
2012年/1月11日(水)、 1月25日(水),
2月8日(水), 2月22日(水), 3月14日(水)、
●開講時間:14:00〜16:00
●場  所:アートグラフ・フォトスクール
●担当講師:原 文男 (埼玉県美術家協会会員・川越美術家協会会員)
●実施定員:5名
●参加費用:会員 30,000円
メディアプロジェクタ−を使ってベストプリントのための
画像処理を行います。

2011年12月17日

IPCC写真倶楽部展 思いのまま
期間/2012年
1月30日(月)〜2月4日(土)

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
創設以来13年。IPCC社員及びOB、OGによる写真倶楽部として
国内外での撮影会、写真コンテストへの参加、
福田健太郎先生の指導会等を通して、この1年間、
自由なテーマで、思いのままに撮影した個性溢れる作品を紹介。


hasimoto橋本喜久三写真展 東京湾三番瀬に生きる
期間/2012年
1月23日(月)〜1月28日(土)

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
東京湾最奥部三番瀬は周囲の埋立により漁業環境として多くの課題を抱えています。
この海域には漁場の再生を願いながら漁を続けている多くの人々がいます。 
再生は長い道のりで、継続的な関心が必要です。
ささやかな支援として、三番瀬を生活の場としてノリ養殖をする人々の姿を
展示しようとするものです。