2012年02月

2012年02月25日

fotoclinikフォトクリニック
ビギナーからベテランまであなたの個性を
伸ばします。
あなたの作品を、マンツーマンで添削指導します。

●担当講師:酒井 憲太郎
元朝日新聞社で写真記者として活躍し、
コンテストの審査員もつとめる。

●担当講師:須賀 一
二科会会員、特に上野界隈を中心に撮影。
著書『谷中散歩道』。

●担当講師:原 文男
ベストプリントのためのデジタル
データの画像処理.(1時間6,000円)

●プリントアドバイザー:岩崎 光正 
写真弘社プリント40年のキャリア
(プリントご注文のお客さま無料)

●プリントアドバイザー:柳澤 由利
アートグラフ国内、海外撮影会企画担当

2012年02月22日

チャリティースライドトークショウの一部変更お知らせです
参加費が変更になります。
昨年のチャリティートークショウより金額が高くなってしまいましたので、
2011年と同様の参加費おひとり様1,000円に変更させていただきます。
開催日時、場所、内容等は変更ございません。なにとぞよろしくお願いいたします

タイトル 素晴らしきかなわが祖国日本 spirit of Nippon
http://aiharap.exblog.jp/17215763/
3・11震災からもうすぐ1年が過ぎます。
いまだに被災地の復興はまだまだ遠い未来です。
だんだん日常に東京の人も戻り、すこし被災地のことを
忘れがちになりつつある方もいると思いますし、
被災地はより多くの支援を今もまだ必要としています。

そんな思いを込めて、再びチャリティースライドトークショウを行います。
今回はこの数年で撮影しました、日本の風景です。
数年後「しずくの国 日本 Spirit of Nippon」を開催予定にしています。
その撮影途上の新作をお見せいたします。
またご来場の方にはお土産で2Lサイズのオリジナルサイン入りプリントを差し上げます。

また会場では、チャリティープリント販売のお申し込みもする予定です。
ぜひ皆様ふるってご参加ください。皆様の力を日本の未来にお願いいたします。

日時 2012年3月29日 19時〜20時30分
場所 アートグラフ銀座 03−3538−6630 担当 柳澤由利
参加費 1,000円
募集人数 30名
お申込み お問い合わせ
アートグラフ銀座 03−3538−6630 担当 柳沢由利までお願いいたします
aihara5


aihara4


aihara3


aihara2


aihara1

2012年02月10日

杵島 隆・ハン・チョンシク写真展
 期間/ 3月19日(月)〜3月31日(土)
【3月20日(祝、火),25日(日)休館】

時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
杵島隆
杵島 隆作品は1950年代の作品からセレクトした写真展です。
1920年にアメリカで生まれアメリカと日本の狭間に
戦争とゆう激動の時代を特別攻撃隊に入隊。
終戦が後一週間伸びていたら、
きっと自分も出撃していただろうと。
杵島作品のには、このような厳しい歴史的背景の中、
作品は生命を超えて突き抜けるような美しさがあふれています。
kijima






ハン・チョンシク
30年以上に渡って心象写真を追求して来ましたがその主題として
常に自然を意識し、自然を見つめながら自からの心情を画像に表現
する努力を続けてきました。
「海の辺りで」は見えるから存在するのではなく、
見えないから存在しないでもない存在それは因と縁の廻り
合わせが成せるひと時の幻影、やがて因縁も尽き果て消え失せる
水泡のようなもの
と意を込めた心象風景です。   
 HAN

2012年02月03日

tominagamiyake







冨永 晋 写真展「零度の領界」
作家名/ 冨永 晋
HP http://www.shintominaga.com
期間/2012年
   2月15日(金)〜3月9日(金)
時間/月〜金曜日:午前9時30分-午後5時30分
   土曜日:午前9時30分-午後4時30分
   休館日 日曜および2月25日(土)

会場/写真弘社(神田サービスセンター2F) アートプリント・ギャラリー
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-8-9
神田サービスセンター2F
TEL: 03-3254-3704 / 03-3254-3705


内容/写真弘社神田サービスセンター2Fにオープンした
アートプリント・ギャラリーでは、
冨永 晋 写真展「零度の領界」開催いたします。
オープニング・パーティ
2月17日(金)18:00〜20:00


冨永 晋『零度の領界』
三宅島は約20年間周期で噴火している火山島で、
私は2006年から現在まで島を
訪れ撮影しています。
噴火後の約5年間、人のいない時間が経過した島の
景色は、どう変貌しているのだろうか。
そして、これからこの景色はどのように変わっていくのだろうか。
『自然が形作った風景、人の手が入った風景、そして自然の力に
より破壊された風景』と考えると、そこにある風景は『0度の景色』
ではないのだろうか。
破壊と再生が繰り返されている場所。
そんな景色を紡ぎ撮ろうと思い撮影しました。

プロフィール
1978年 宮崎県出身 東京都在住
2000年 法政大学経営学部 卒業
2002年 日本写真芸術専門学校 卒業
      写真家 鈴木邦弘氏に師事。同校助手を経て、写真家として活動中

写真展
2011年 『冨永晋・江平龍宣 写真展』 Gallery 216 (東京都)
       『静寂の街』 art space 色空 (宮崎県)
      『零度の領界』 コニカミノルタプラザ (東京都)
2012年 ヨコハマフォトフェスティバル2012 オープンポートフォリオレビュー
参加

作品収蔵
清里フォトアートミュージアム 2011
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
アートプリント・ギャラリー   
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-8-9
写真弘社 神田サービスセンター2F
TEL: 03-3254-3705

月-金曜日 9:30〜17:30
土曜日(営業日) 9:30〜16:30
日曜・祝日休み
http://www.shashinkosha.co.jp/
アクセスマップ
http://livedoor.blogimg.jp/shashinkosha/imgs/3/a/3a07414d.jpg APG_地図