2012年04月

2012年04月23日

izumozaki出雲崎町は新潟県のほぼ中央に位置し、
遠く神話時代に大国主命によって
開拓されたと伝えられており、
紙風船の生産量は日本一、
良寛生誕地・芭蕉詠嘆地・江戸時代天領地
として歴史の深い町でもあります。
特に江戸時代は天領地として
佐渡の金銀荷揚げや北前船の
寄港地として栄華を極め、
多くの人々が行き交い、
妻入りの街並が形成され、
今も面影を残しています。
●撮 影 日 : 6月9日(土)〜10(日) 1泊2日
上越新幹線とき307号東京発午前7時48分→→→長岡着午前9時26分
●集合場所:JR長岡駅改札口
●集合時間:午前9時30分
●参加費用:25,000円
※参加費には宿泊代、移動バス代含む ※ 長岡駅までの交通費は各自負担
●定  員:10名
●講師:工藤裕之氏が同行
(工藤氏は、雑誌「DiscoverJapan」創刊以来、
出雲崎町内の取材撮影を行なっているフォトグラファーです)

スケジュール(予定)
【1日目】
長岡〜妻入りの町並み〜良寛と夕日の丘公園〜漁港
宿泊:割烹・お宿たまきや(予定)
TEL: 0258-78-2171 新潟県出雲崎町大字尼瀬183番地
【2日目】
小木ノ城跡〜田園風景と古民家〜長岡
※天候により撮影場所を変更することもありす。
解散時間/午後6時
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822
(アートグラフ・フォトスクール宛)

2012年04月20日

須賀教室「四季彩々展」
期間/ 5月14日(月)〜5月19日(土)
時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
須賀 一 写真教室の「四季彩々展」は
テーマの多彩さで毎年好評を頂いております。
各自が取り組むテーマを上手に昇華させている
自由な雰囲気の中で醸成された結晶を
今年も是非ご高覧くださいますよう
お待ちしております。

tomioka1富岡畦草写真展 
輝いていた時代「昭和30年代の銀座界隈」定点撮影の記録から
期間/ 5月1日(火)〜5月12日(土)
   ※5/3(木)〜5/6(日)はGWの為、休館
時間/月~金 午前10:00~午後7:00
   土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
富岡 畦草(トミオカ ケイソウ) 1926年、三重県に生まれる。
1948年、新聞写真記者となり、1951年に官庁広報に移る。
身辺社会の記録写真を心がけながら、
国際写真サロンにも美術写真を出品。
定点観測式撮影法(定点撮影)という
写真記録の発想と実践に対し、
1958年に日本写真協会第1回新人賞を受賞
昭和30年代の銀座界隈をモノクロで定点撮影。
輝いていた時代記録から作品約30点を展示。