2014年03月

2014年03月26日

第15回 POTyeの会写真展
期間/4月18日(金)〜4月24日(木)
     4月20日(日)休館
時間/月~金 午前10:00~午後6:00
時間/木曜日、土曜日 午前10:00~午後5:00
内容
年に一回開くグループ展です。
メンバーは主に元新聞社あるいは
雑誌社のカメラマンとして30年以上経験のある者で
構成されています。リタイヤした後も「写真を忘れないでおこう」と、
各自が自由な発想で撮影した作品を持ち寄ります。


アートグラフィー展VIII
期間/3月28日(金)〜4月3日(木)
      3月30日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土.最終日   午前10:00~午後5:00
内容
アートグラフィー展は今回で8回目になりました。
多くのアーティスト作品をご覧頂き販売、レンタルのご要望にお答え
しております。
作品を愛好家の方々の要望にお応えしギャラリー・アートグラフが
リース・販売の許可を作家よりいただきました。
手軽にアート作品に触れる機会が増える事と確信いたします。
お部屋に飾るだけでなく、事務所や会議室・応接室の装飾として、
また店舗やウィンドウディスプレイにもご利用いただけます。
お手軽なレンタルを利用してシーズンごとの差し替えも楽しめます。
作品の展示、取付作業にも応じておりますので一度ご相談下さい
ます様ご案内申し上げます。

アートグラフィ展、吉田昭二写真展 
花 宇 宙 Flowering Universe
期間/4月4日(金)〜4月17日(木)
   4月6日(日)13日(日)休館
時間/月〜水曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土.木最終日 午前10:00~午後5:00
プロフィール
http://fotonoma.jp/photographer/2000_12yoshida/index.html
樋口忠男氏に師事した後、
1963年吉田昭二写 真事務所設立。
広告写真やヌードなど多方面に渡り活躍する一方で、
独創的に「花」を表現した写 真など、幻想的で独特な映像美を
創造した写真の撮影を続けている。
全国カレンダー展・国際カレンダー展など多数受賞。
写真集        1987 「 土からの使者たち」出版(光村印刷)
           1990 「 花たち」出版(グラフイック社)
           1991 「 花たちの肖像」出版(グラフイック社)
           1992 「 ハロー! Cats」出版(グラフイック社)
           1994 「 奇妙な果実園」出版(平凡社)
           1997 「 花色衣」出版(誠文堂新光社)
           2003 「 花化粧」出版(日本カメラ社)
           2007 「 花宇宙」出版(日本カメラ社)
           2012 「 Beat 2」出版(日本カメラ社)
作品コレクション   Perimeter Gallery シカゴ U.S.A.
           Susan Spiritus Gallery カリフォルニア U.S.A.
           スタンフォード大学美術コレクション
           コロンビア大学図書館
           カリフォルニア大学 (UCLA) メディカルセンター
           スタンフォード大学メディカルセンター

2014年03月20日

kumakirizemi熊切圭介ゼミ
http://k2-labo.com/root/kumakiri_keisuke
●開講日:4月16日(水) 
●実施定員:15名 
●受講料:30,000円
●日 程:4月16日・5月7日・5月21日
    6月4日・6月18日・7月2日 
    (隔週水曜  全6回)途中入会可   
●時 間:10:30〜12:30
●第1回:講座を始めるにあたって 
写真というメディアの面白さ、主題と表現について
●第2回: 作品講評各人の作品内容検討
●第3回: 作品講評テーマの方向性を探る
●第4回:写真集について注目の写真家の作品集、写真集を見る
●第5回:写真展を見る写真展を通じて写真家の考え方に触れる
●第6回:組み写真の方法論複数の写真を
どう構成するか,レイアウトの問題を含め

お電話、FAXでも受け付けております。
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822

プロフィール
1934年 東京・下谷西町に生まれる。
1958年 日本大学芸術学部写真学科卒業。
のちにフリーランスの写真家として週刊誌を中心に月刊誌、
グラフ誌など主にジャーナリズムの分野で活動する。
同時に単行本、美術全集等の撮影を行う。kumakirizemi


2014年03月11日

tomioka1写真界重鎮の指導で、写真集づくりをめざします。
富岡畦草ゼミ
●開講日:5月16日(金) 
●実施定員:15名 
●受講料:30,000円
●日 程:5月16日・6月20日・7月18日
     9月26日・10月17日・11月21日  
    (月1回 金曜日  全6回)   
●時 間:14:00〜16:00      
●お申し込み先:
    TEL03-3538-6630 FAX03-3538-6822
第1回 5月16日(金) 講座を始めるにあたってオリエンテーション
         「定点観測式撮影法」から見る写真の多様な活用法
第2回 6月20日(金) 写真の絵画的表現方法:「光と影で描く芸術とは」
         各自作品テーマ・内容の検討
第3回 7月18日(金) 銀座周辺撮影実習:2回目ゼミレクチャーの実践として
第4回 9月26日(金) 作品講評:撮影実習作品を持参、発表と意見交換
         オリジナル写真集作成についてのレクチャー
第5回10月17日(金) 作品講評:組み写真の方法論
          写真作品と文章力でオリジナル写真文集づくり
第6回11月21日(金) 作品講評:完成した写真文集〜出版物への考案
プロフィール
提案富岡畦草さんは、同じ場所で時系列的に写真を撮り続けて
時代の変化を記録するという「定点観測式撮影法」の先駆者。
新聞社のカメラマンの傍ら、戦後占領期の人事院から依頼されて
復興期の日本、特に高度成長期の東京の変貌をカメラに収めてきた。
1952年(昭和27年)から始めて、撮影した数は40万コマを超える。
87歳の現在も現役で取材を続ける。
「敗戦国日本が二度と道を踏み外さないように見守るのも、
 生き残った人間の責任」と、
変わる東京の景色を日々見つめている。
tomioka1


2014年03月04日

saekomonokuronitiyousaeko2014年畠田冴子講師
4月〜6月
日曜撮影会,モノクロ撮影会

日曜撮影会4月6日(日)
●☞馬事公苑

●集合場所:11時 用賀駅改札
東急田園都市線
●講評会
4月12日(土)11時 〜 


モノクロ撮影会4月20日(日)
●☞神田教会

●集合場所:午前11時 JR水道橋駅東口
JR総武線 都営地下鉄三田線 
●講評会
4月26日(土)11 時 〜 

日曜撮影会5月4日(日) 
●☞六義園

●集合場所:10時 JR 駒込駅
●講評会
5月10日(土)11時 〜


モノクロ撮影会5月18日(日)
●☞野毛山動物園

●集 合:午前11 時 JR桜木町駅
●講評会
5月24日(土)11 時 〜
    

日曜撮影会6月1日(日) 
●☞ 生田緑地公園

●集合場所:11時 JR中央線 向ヶ丘遊園南口
小田急小田原線
●講評会
6月7日(土)11時 〜

モノクロ撮影会6月15日(日)
●☞西荻窪

●集合場所:午前11 時 JR中央線西荻窪駅 
●講評会
6月21日(土)11 時〜

お電話、FAXでも受け付けております。
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822

☆ 冴子先生プロフィール ☆
初心者の方にも、親切に的を得たアドバイスをされていますので、
安心して上達できますよ。
♪ アートグラフより一言 ♪
冴子先生は、よい意味で先生らしくなく、生徒さんから絶大な
人気を誇っています。
同時に、NHK学園、ミノルタ写真教室、東芝写真部、
富士フィルムなど写真サークルの講師を勤める。
東京綜合写真専門学校卒。日本経済新聞はじめ、
数多くの写真関連雑誌などに執筆。
saekomonokuronitiyousaeko