2014年11月

2014年11月13日

ファインダーを覗いて絵を描こう  
岡田紅師会 第5回写真展
期間/1月16日(金)〜1月22日(木)1月18日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
富士山をこよなく愛しつづけた日本の山岳写真のくさわけでも有る、
故岡田紅陽先生並びに師弟榑沼光長先生を師と仰ぎ、
写真撮影技法の向上と普及と相互理解をはかり
写真を通じ地域文化活動に貢献すると共に
紅陽先生の写真哲学を後世に伝承してゆく事を目的としております。
今回の写真展は全紙、24点展示いたします。


2014年11月12日

年末年始のご案内
弊社年末年始の営業日時は下記の通りとなります。
平成26年
12月23日(祝火) 休業
12月24日(水)(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時) 
12月25日(木)(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時) 
12月26日(金)(神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時)
12月27日(土)(神田店9時〜17時) (銀座店10時〜18時)
12月28日(日) 休業
12月29日(月)(神田店9時〜17時) (銀座店9時〜17時)
12月30日(火) 休業 
12月31日(水) 休業
平成27年   
1月1日(木)元旦 休業 
1月2日(金) 休業
1月3日(土) 休業
1月4日(日) 休業  
1月5日(月) (神田店10時〜17時) (銀座店11時〜18時)  
1月6日(火) (神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時)  
1月7日(水) (神田店9時〜18時) (銀座店10時〜19時)  
どうぞ宜しくお願い申しあげます。


2014年11月06日

kobayasiパリの写真界の最新事情
このセミナーは。こういう方にお勧めです。
・パリフォト開催時期にパリに行って写真界の
最先端の状況を見て感じ取りたい方
・海外で写真作家デビューをしたい方
海外デビューのための個別相談にも対応いたします

今年のパリフォト、パリ写真月間、
fotofeverのレポートと海外デビューの方法
毎年11月中旬にフランスのパリで開催される
世界最大の写真フェア「パリフォト」。
それと同時期にパリ市内の各所では様々な
写真イベントが開催されパリは世界中から
写真好きが集まる街になります。
このセミナーでは、パリフォトを通してみた写真界の
最新事情のレポートと、海外で写真家として
デビューするためのきっかけを作る方法を
ご紹介します。

●講 師:小林 貴
●講演日:12月13日 (土)or 12月20日 (土)
●時 間:13日(土)18:00〜19:30  
20日(土)18:00〜19:30 
●実施定員:20名 
●参加費:各2,000円 (ワンドリンク付き)
●会 場:アートグラフ・フォトスクール (写真弘社)
   東京都中央区銀座2-9-14銀座ビル2F
http://www.shashinkosha.co.jp/img/servicecenter/map_ginza02.gif

●申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822
e-mail info@interart7.com
お電話、FAX、 メールで受け付けております。

小林貴プロフィール
株式会社インターアート7 代表
今までに多くの写真コンテストの企画、審査に携わる。
日本の写真作品をグローバルな視点から海外へ紹介し、作家のマネージメント、
アート関連イベントの企画などを展開する株式会社インターアート7を設立。 
ヨーロッパを中心に契約作家の作品のアートフェアでの紹介や、
現地のギャラリー・コレクターへの展開を積極的に行っている。
東京写真月間運営委員
東川町フォトフェスタ パリデビューチャレンジ審査委員
fotofever brussels 2013 ポートフォリオレビュー レビュワー
kobayasi


2014年11月05日

Our Country Life in New Zealand
̶ ニュージーランド田舎暮らし ̶
みつばちと動物たちと私たち
齋藤利江(母)& 宇田弓子(娘)写真展
Photo Exhibiton by Toshie Saitou & Yumiko Uda
期間/12月5日(金)〜12月10日(水)
      12月7日(日)開館
時間/金〜水曜日 午前11:00~午後6:00

内容
ニュージーランドに家族で移住、養蜂を始めて17年の歳月が流れました。
馬や羊などの動物たちとの試行錯誤のドタバタ田舎暮らしもやっと慣れた
と思ったら、3人の娘たちはそろそろ巣立ちの頃。
今までの思い出をまとめ始めた私に写真展のお誘いがあり、
この度、写真展を開催する運びとなりました。
私たちのたわいないの暮らしの一コマです。
ニュージーランド気分を味わっていただけるように
会場には、はちみつやニュージーランドワインなども用意いたします。
どうぞお楽しみに!
It has now been 17 years since our family moved to New Zealand
and started working on bee keeping.
We struggled at the beginning
but now we are enjoying living here
on our little farm in Nelson with our sheep, chickens,
horse and a dog.

Now its time for our three daughters to leave home and personally,
I think that this is a good time to have a photo exhibition
to look at the past memories we've had together.
These are the photos from our daily life.
Hope you enjoy them.

Yumiko Uda


itinomiyaichinomiya加納典明写真展開催会場
ARTGRAPH PRESENTS
SUNDAY
AFTERNOON LIVE
一ノ宮頼子with
スティーヴ・エトウ
「街影月影」

2015年1月11日(日) 
15:00open 15:30start
料金 3,000円
(1ドリンク 軽食付き)
出演 一ノ宮頼子(Vo,Pf)、スティーヴ・エトウ(Per)
予約・問い合わせ
ARTGRAPH 03-3538-6630
30名様限定
ichinomiyaichinomiyaitinomiya

kumakirizemi熊切圭介ゼミ
http://k2-labo.com/root/kumakiri_keisuke
●開講日:11月19日(水) 
●実施定員:15名 
●受講料:30,000円
●日 程:11月19日・12月3日・12月17日
2015年 1月7日・1月21日・2月4日 
    (隔週水曜  全6回)途中入会可   
●時 間:10:30〜12:30
●第1回:講座を始めるにあたって 
写真というメディアの面白さ、主題と表現について
●第2回: 作品講評各人の作品内容検討
●第3回: 作品講評テーマの方向性を探る
●第4回:写真集について注目の写真家の作品集、写真集を見る
●第5回:写真展を見る写真展を通じて写真家の考え方に触れる
●第6回:組み写真の方法論複数の写真を
どう構成するか,レイアウトの問題を含め
お電話、FAXでも受け付けております。
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822

プロフィール
1934年 東京・下谷西町に生まれる。
1958年 日本大学芸術学部写真学科卒業。
のちにフリーランスの写真家として週刊誌を中心に月刊誌、
グラフ誌など主にジャーナリズムの分野で活動する。
同時に単行本、美術全集等の撮影を行う。
kumakirizemi

2014年11月04日

「18才の静物 加納典明」新春企画展
1月10日(土)18:00〜「イベント開催」
期間/2015年1月5日(月)〜1月15日(木)
     1月11日(日) 12日(祝,月)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
東京でNo.1の写真家になるんだ!!
と青雲の志を懐き、写真家 杵島隆さんに縁を得て、
助手にして貰うべく18才の終わりに撮影した、
文字通り初めての作品です。
豊かとはいえない環境で撮りたい物も手に入らず
悶悶としながらの静物写真撮影だった。
しかし18才の絶対意志と希望は揺るぐことなく
結果として今日まで写真の道を歩いてこられた
全ての原点が此処にある。

加納典明プロフィール
1942年名古屋市生まれ。62年写真家 杵島隆に師事。
63年フリーランスの写真家 として独立し、
雑誌、広告業界を主な活動の場とする。
69年New Yorkにて前衛芸術家・草間彌生が主催する、
性を題材としたパフォー マンス・イベントを撮影し、
性差別や人種差別への問題提起を喚起すべく個展 「FUCK」を
大日本印刷DICビル画廊にて発表、一躍有名となる。
70年代には主に広告、雑誌などの撮影を通じて写真家としての地位を確立。
また テレビや映画等に出演するなど写真家の枠を超えた活動が注目される。
90年以降は主に女性ヌードを中心に撮影、
一連の過激なヌード表現で物議を醸し、
社会現象とまでになる。
93年『月刊THE TENMEI』創刊。
公称80万部という 記録的な売り上げを果たす。
94年写真集『きクぜ』発売。
加納典明責任編集 「SUPER TENMEI」
(加納典明&北野武&伊集院静&荒木経惟の4人による共作雑誌)発売。
2011年 個展「片目のツァラトゥストラ」開催。
写真を超えたアート作品を初披露、
この個展から写真展のみならずアート作品展をも開催するようになる。
同年には写真展「SCANDAL extra 杵島隆×加納典明」開催。
12年 全国4都市にて個展「カオ」開催。
また1969年のデビュー作・写真集「FUCK」が約40年の時を経て発売となる。
13年 初の海外個展「神威龍」を台北(台湾)にて2箇所同時開催、
また同年秋にはパリ・マレー地区にて個展を開催するなど
精力的に創作活動を展開している。
アートワーク以外にも14年に約25年振りの8耐参戦(チーム監督)など、
現在も写真家の枠を超えた活動領域やその言動が注目されている。

■加納典明オフシャルサイト:http://tenmeikanoh.com
■加納典明Facebook:https://www.facebook.com/tenmei.kanoh