2015年10月

2015年10月29日

『富岡畦草+三智子+碧美:親子三代によるEXHIBITION2015』
−東京×ウィーン
(PHOTO)+(DRAWING)+(ARCHITECTURE)
各世代が描く都市の歴史・景観・変化・表情〜次世代へ引き継ぐ思い−
期間/12月18日(金)〜12月24日(木)
12月20日休館 23日(祝,水) 開館
時間/月〜土曜日 午前11:00~午後6:00
最終日 午前11:00~午後4:0012月19日 (土)スケジュール
14:00〜15:00<※入場無料> 

京都大学iPS細胞研究所国際広報室職員によるトークセッション
『iPS細胞研究の医療応用を目指して』 
16:00〜17:00<※入場無料>
未来への継承トーク:東京と世界遺産都市ウィーンとの比較
『富岡畦草+碧美=記録写真×建築−二つの都市の発生〜発展〜継続〜未来へつなぐ思い』
17:00〜18:00
ミニパーティー:会費1,000円(ワンドリンク+オードブル)作家との懇親会
内容
戦後70年を迎え、私たち親子三代で初の企画展を開催致します。
初代記録写真家富岡畦草は89歳になった現在もなお戦後の
復興から街の変貌を撮り続けております。
その意思を引き継ぐべく、
二代目三智子、三代目碧美へと、次世代へ残すべき遺産について、
それぞれの分野で試行錯誤を重ねて参りました。
この度、三代目が昨年8月より11ヶ月間、オーストリアはウィーン大学に
給費留学生として派遣され、ウィーンの実態調査をまとめたものも
発表させていただきます。
2015年は、ウィーンのリンク通り開通150周年を記念して
「ヒトラーの幻の都市計画展」も開催された節目の年に当たりますが、
特に国連IAEA事務局で活躍する20代の女性を訪問した際、
わが国の原子力問題の解決に向けての若者の決意に、
私たち母娘の心は大きく揺さぶられました。
世界二大都市の成り立ちとしてウィーンの旧市街調査研究を機に、
わが国は元より人類の未来に何を残すべきか、
記録写真と絵画(プラチナ画)と建築(研究調査論文+都市計画案)の
各分野からの提案をさせていただくものです。
トークセッションでは、未来に残すべき遺産について
会場にお越しの皆様と一緒に考えたく、
多くの皆様のご来場をお待ちしております。
なお、企画展における収益金については、京都大学iPS細胞研究基金に
引き続き寄付させて頂く予定です。

2015年10月24日

宮内勝廣写真展 「舞妓つれづれ」
期間/12月11日(金)〜12月17日(木)    
 12月13日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
四季折々にふれて「京都芸舞妓の日常」
〜化粧中の妖艶な容姿をはじめ、普段の装い、
時折の表情、美しい所作など〜を内容とす
る30余点をご披露いたします。


高輪写真映像研究所写真展
「TOWN4」Ver2
期間/12月4日(金)〜12月10日(木)    
 12月6日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
「TOWN4」Ver2(高輪写真映像研究所)二回目の写真展を
開催できないかと模索中に代表の花井尊さんが急逝しました。
虚無感の中、「写真展を開催せねば」とJPS会員の
天神木健一郎さんを迎え、4人で再出発します。
題名は前回同様「TOWN4」です。
荒地陽子、柿木正人、高岡登、天神木健一郎と
個性バラバラなメンバーですが、個々が今を見つ
め表現をしていくのかをご期待ください。


2015年10月23日

第30回 写団季節風写真展
期間/11月27日(金)〜12月3日(木)    
  11月29日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
山梨県北杜市の写真の数々を展示いたします。
瑞牆山と八ヶ岳南麓周辺の数々の写真。
今年春に企画した、福島県南会津地区
での矢の原湿原、曲がり屋周辺の数々の写真。
冬景色 棚田の桜の写真です。風景ならではの一期一会の出会い、
季節ならではの景色を、会員それぞれの感性とこだわりを以て、
撮り収めた作品の数々を、ご高覧いただきたくご案内申し上げます。


tokyosinsai東京大空襲写真展  
東方社撮影
期間/11月20日(金)〜11月26日(木)    
  11月22日(日)休館
 11月23日(月 祝)開館
時間/火〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,月曜日(祝)、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
東方社は、戦時下、陸軍参謀本部の傘下で写真宣伝物を
制作していた団体ですが、東京空襲の被害写真の撮影にも
携わっていました。
現在、東方社のカメラマンが撮影した東京空襲関連写真が
950点ほど確認されています。
本写真展では、その中から銀座空襲を中心に
主要な空襲の被害写真を展示します。
東京空襲、そして戦争について考えていただく一助になるものと思います。
tokyosinsai


イレブンフォトクラブ写真展 
(大野善廣氏の卒寿を祝って)
期間/11月13日(金)〜11月19日(木)    
  11月15日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
イレブン フォト クラブの第二回の写真展をご案内します。
自然の四季を豊かな感性でとらえた映像を展示します。
今年、卒寿を迎える仲間もいる元気なグループの写真をお楽しみください。


第12回 “エンジョイフォトサークル”写真展 
「四季彩々 人と自然と」
期間/11月6日(金)〜11月12日(木)    
  11月8日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
写真展「四季彩々 人と自然と」は、
今年設立20周年を迎えたエンジョイフォトサークルの記念写真展です。
いつも「前回より良い写真展」を目指して、取り組んでまいりました。
ぜひご観覧いただければ幸いです。


2015年10月22日

classickクラシックカメラ写真展
応募作品で入選された方は
平成28年2月12日(金)〜18日(木)
銀座ギャラリー・アートグラフにて
クラシックカメラ写真展に展示させていただきます。
作品募集
募集期間 平成28年1月9日(土)まで
作品応募要項
1. 題材は自由ですが、クラシックカメラで撮影した作品に限ります。クラシックカメラの定義は、
フィルムカメラであること。
年代、フィルムサイズは問いません。
2. 応募作品は四切サイズとし、カラー・モノクロは問いません。
3. 応募作品は、銀塩プリントに限ります。
4. 応募は無料ですが、展示決定の場合は、
作品1点につき10,800円の出展料を頂きます。

5. 応募方法は、作品裏面に
「題名・クラシックカメラ名・年代・氏名・住所・連絡先電話番号」を
明記した票を添付して下さい。
6. 添付してある応募票をクリックしてください。
7. 応募作品の返却をご希望の方は、
返却用封筒に切手を貼付したものを同封して下さい。
同封のない方は返却できませんので、ご了承下さい。
8. 展示作品は、プロ写真家・写真編集者による審査会により、
決定いたします。
9. 展示作品は、半切サイズ、モノクロ・バライタ仕上げ
またはカラー・RPPプリント仕上げ、
オーバーマット、アルミ額装にて、展示いたします。
10.展示作品は、期間終了後、ご本人に着払いで返却いたします。
classick

2015年10月08日

maiko紅葉の京都・舞妓を撮る
◎撮影日
平成27年12月4日(金)
◎集合時間:10:30
◎集合場所:京都 白河院
◎舞妓:祇園東(舞妓, 叶紘さんです。)
◎撮影場所:京都 白河院
◎撮影時間:11:00~13:00
◎参加費用:30,000円(白河院にて昼食込み)
※参加費には交通費、宿泊代は含まれません
◎定  員:15名
◎お申し込み
TEL03-3538-6630
◎お振込先:みずほ銀行 神田駅前支店 
普通口座 1655268 株式会社 芸術写真
アクセス
●京都 白河院 (〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町16)
アクセス
◆JR京都駅・阪急河原町駅・京阪三条駅から市バス[5]で『法勝寺町』で下車すぐ前。◆京都駅から市バスターミナルA-1の番「岩倉」行きバスで「岡崎法勝寺町」下車すぐ前。
紅葉真っ盛りの京都。「京都 白河院」は池泉回遊式の本格的な
山水庭園と数奇屋造りの別館を有す京都らしい閑雅な所です。
庭園は平成15年4月1日付けで、京都市指定名勝となりました。
また近くには南禅寺・永観堂・銀閣寺・平安神宮・美術館等があり
京都撮影の拠点に最適です。
maiko