2016年02月

2016年02月26日

Ben Simmons: Japan Eye" Photography Exhibition
Japan soulベン・シモンズ写真展
ベン・シモンズが観た日本 「日本の魂」
期間/3月25日(金)〜4月7日(木)
3月27日 (日)休館 4月3日 (日)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
土,最終日 午前11:00~午後5:00
ベン・シモンズ プロフィール
ベン・シモンズ写真展
ベン・シモンズが観た日本 「日本の魂」
ベン・シモンズはジョージア州コロンバス市で育ち、
ニューヨーク州北部の大学で写真と心理学を学んだ後、特別奨学金を得てフロリダ大学の大学院へ。
写真と美術史の修士号を取得し、
ノースキャロライナ州,
ペンランド・クラフト・スクールで教鞭を取りました。
その後, 日本へ渡り、現在に至っています。
日本建築に美意識を持った彼は東京から南下すること1時間。
相模湾三浦半島に活動母体のベン・シモンズ・フォトグラフィー社を設立。
ベン・シモンズは日本中の素晴らしい情景を世界に発信しています。
デザイン性と示唆に富む作品を強みとし、世界各地の撮影プロジェクトや
フォト・エッセイ、写真集、オリジナルプリントなどを手がけています。
JAPAN EYE/JAPAN SOUL
The work of photographer Ben Simmons

Ben Simmons grew up in Columbus, Georgia.
He studied photography and psychology at university
in upper New York State, then completed a Master of
Fine Arts degree in photography and art history
on fellowship at the University of Florida.
Ben taught photography at Penland School of Crafts
in North Carolina, before traveling to Japan in search of adventure.

Ben Simmons Photography Inc. is based in Cosmos Studio,
a former fisherman’s residence on Sagami Bay,
south of Tokyo on Miura Peninsula.

Ben specializes in evocative graphic images for assignments,
photo-essays, books, and original prints.


2016年02月25日

kumakiri熊切圭介ゼミ
http://k2-labo.com/root/kumakiri_keisuke
●開講日:2016年3月2日(水)スタート 
●実施定員:15名 
●受講料:30,000円
●日 程:2016年
3月2日・3月23日・4月6日
4月27日・5月11日・5月25日 
    (隔週水曜  全6回)途中入会可   
●時 間:10:30〜12:30
●第1回:講座を始めるにあたって 
写真というメディアの面白さ、主題と表現について
●第2回: 作品講評各人の作品内容検討
●第3回: 作品講評テーマの方向性を探る
●第4回:写真集について注目の写真家の作品集、写真集を見る
●第5回:写真展を見る写真展を通じて写真家の考え方に触れる
●第6回:組み写真の方法論複数の写真を
どう構成するか,レイアウトの問題を含め
お電話、FAXでも受け付けております。
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822
E-mail : artgraph_g@yahoo.co.jp

プロフィール
1934年 東京・下谷西町に生まれる。
1958年 日本大学芸術学部写真学科卒業。
のちにフリーランスの写真家として週刊誌を中心に月刊誌、
グラフ誌など主にジャーナリズムの分野で活動する。
同時に単行本、美術全集等の撮影を行う。

kumakiri


2016年02月24日

hanabitoriクラブ花日和 第2回写真展
期間/3月4(日金)〜3月10日(木)
3月6日(日)開館
会期中無休
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,日,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
クラブ名称を花散歩兇らクラブ花日和に変更した
二回目の展示会である。
私達は多くの写真愛好家がフイルムからデジタルに
変更する中でフイルムの良さにこだわり、野の花の姿を
フイルム一枚々に丁寧に写し撮る事に注力して活動しています。
デジタル時代であるからこそアナログにこだわって
見る事も必要と感じて撮影に臨
んで撮影をしています。


2016年02月10日

Ben Simmons: Japan Eye" Japan soul Photography Exhibition
ベン・シモンズが観た日本


期間/ 3月25日(金)〜4月7日(木)
3月27日(日) 4月3日(日)休館
時間/月~金 午前11:00~午後6:00
   土曜日、最終日 午前11:00~午後5:00
内容
ジョージア州コロンバス市で育ち、
ニューヨーク州北部の大学で写真と心理学を学んだ後、
特別奨学金を得てフロリダ大学の大学院へ。
写真と美術史の修士号を取得し、
ノースキャロライナ州のペンランド・クラフト・スクールで
教鞭を取りました。その後, 日本へ渡り、現在に至っています。
相模湾からやや奥まった、桃の木や竹の茂る「桃庵」に住み、
世界各地の撮影プロジェクトやフォト・エッセイ、写真集、
などを手がけています。
ベン・シモンズの観た日本をデザイン性と示唆に富む作品30点を展示。
http://www.bensimmonsphoto.com/?l=ja&p=bio
http://www.bensimmonsphoto.com/?p=work

Ben Simmons grew up in Columbus, Georgia.
He studied photography and psychology at university in upper New York
State, then completed a Master of Fine Arts in photography and art history on
fellowship at the University of Florida.
Ben taught photography at Penland School of Crafts in North Carolina
before traveling to Japan in search of adventure.
Ben Simmons Photography Inc. is based in a renovated seacoast retreat,
Momo-an Studio, perched on a hill of peach trees and bamboo above Sagami
Bay an hour south of Tokyo.
Ben specializes in evocative graphic images for assignments,
photo-essays, books, and original prints.

第21回銀座ソーシャル映画祭を2月22日(月)に開催します。
...
★【ご注意】facebookの「参加」だけではお申込みになりません★
必ず下記のフォームにお申し込みください。
http://goo.gl/forms/IxDO1OLOax

第21回の上映映画は、「ザ・トゥルー・コスト」です。
公式サイト: http://unitedpeople.jp/truecost/
**********
これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。
**********

今回は、ユナイテッドピープルのアーヤ藍さんをゲストにお迎えします。
いつものように、上映会場で来場者が交流できる時間と手料理をご用意しています。交流会にもぜひご参加ください。

<日時>  2016年2月22日(月)
      18:30開場 19:00開演 上映+トークショー
      21:00交流会

<会場>  ギャラリー・アートグラフ銀座
     (東京都中央区銀座2-9-14)
http://www.shashinkosha.co.jp/servicecenter.htm#ginza

入場料: 1000円
交流会: 1500円(アルコール・ドリンク、軽食有) ダイアログ終了後開始
定員: 30名
※終了後に、来場者が交流できる時間と軽食をご用意します。

<主催>中越パルプ工業(株)
<共催>(株)オルタナ、ギャラリー・アートグラフ銀座

※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、銀座の街の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。
※交流会に提供する料理を会場後方のキッチンで準備します。静穏を心がけていますが、若干の調理音はご容赦いただけますと幸いです。

【問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局(担当:渡邊)
E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、
考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、
一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。
最近の投稿

銀座ソーシャル映画祭 ― 残り席が僅かになりました。お申し込みはお早めにお願いします。
定員になり次第、締め切らせていただきますので、ご了承ください。
2月7日 23:06
続きを読む