2016年12月

2016年12月26日

銀座ソーシャル映画祭映画祭
第34回「銀座ソーシャル映画祭」を開催します。

年が明けた1月18日(水)に2017年の新春第1弾は
『ポバティー・インク』を初上映します。
今回もギャラリー・アートグラフ銀座をご厚意でお借りします。
また有志の協力で運営しており専門ではありません。
至らない点も多くございますが、ご了承ください。

第34回の上映映画は、
『ポバティー・インク-あなたの寄付の不都合な真実-』です。
公式サイト: http://unitedpeople.jp/povertyinc/

「貧しい気の毒な人たちのために手を差し伸べよう」
「彼らは無力で何もできない」
そんなイメージを謳い、繰り広げられてきた営利目的の途上国開発は、
今や数十億ドルに及ぶ巨大産業となっている。
その多くの援助活動が失敗に終わり、
援助の受け手がもともと持っている能力やパワーも損ないさえする。
私たちの「支援」がもたらす問題は?
正しい支援のあり方とは?途上国とどう向き合うべきなのか?
ハイチやアフリカを主な舞台に、
“支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリーです。

★【ご注意】facebookの「参加」だけではお申込みになりません★
必ず下記のフォームにお申し込みください。
http://ptix.co/2hXKBkq

<日時> 2017年1月18日(水)
18:30開場、19:00開演(上映+ダイアログ)、21:00交流会

<会場> ギャラリー・アートグラフ銀座(銀座サービスセンター1F)
http://www.shashinkosha.co.jp/servicecenter.htm#ginza

入場料: 1000円(上映+トークセッション)
交流会: 1500円(アルコール・ドリンク、軽食有) 
トークセッション終了後開始
定員: 30名
※終了後に、来場者が交流できる時間と軽食をご用意します。

<主催> 中越パルプ工業(株)
<共催> (株)オルタナ、ギャラリー・アートグラフ銀座
―――――――――――――――――――――――–
※映画専用のプロジェクター・スクリーン、会場ではありませんので、
一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※申し訳ございませんが託児所は設けておりません。
未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。

【お問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局
E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、
銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、
考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、
一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。


2016年12月24日

66 写真弘社フォトグラフスコレクション展
写真弘社カレンダーの名作(大正〜昭和初期)

期間/2017年1月4日(水)〜1月19日(木)
日、祝日休館
1月8日(日)1月9日(祝月)休館
1月15日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土.最終日   午前10:00~午後5:00

1950年の創業以来、写真弘社は
プロフェッショナル写真の制作を引き受けてまいりました。
写真制作を始めて今年で66年目にあたります。
熟達した技術と感性とで、わが国の名だたるプロ写真作家の名作を
手がけてきました。
展示作品は
日本の写真芸術の創世記、大正、昭和初期に
活躍した写真家の作品を36年に渡り写真弘社カレンダーとして
紹介して来た作品(レプリカ)を展示すると共に
当時の掲載カレンダーを展示します。

展示作家10名
小石 清, ハナヤ勘兵衞, 高山正隆, 津坂淳
松尾 才五郎, 田村 栄, 花和 銀吾, 安井 仲治,
中山 岩太, 唐 武
作品展示数モノクロ18点
今年、日本写真協会より写真弘社は
ラボとして初めて功労賞を授与されました。
多くの方々からお祝いのメッセージを頂戴いたしました。
この場をお借りいたしまして厚く御礼を申しあげます。

プロ・アマ写真家とともに、写真文化のさらなる発展と繁栄に貢献しつづけます。
多くのアーティスト作品をご覧頂き販売、レンタルのご要望にお答え
しております。
作品を愛好家の方々の要望にお応えしギャラリー・アートグラフが
リース・販売の許可を作家よりいただきました。
手軽にアート作品に触れる機会が増える事と確信いたします。
お部屋に飾るだけでなく、事務所や会議室・応接室の装飾として、
また店舗やウィンドウディスプレイにもご利用いただけます。
お手軽なレンタルを利用してシーズンごとの差し替えも楽しめます。
作品の展示、取付作業にも応じておりますので一度ご相談下さい
ます様ご案内申し上げます。


hatakedamonokuro畠田冴子講師
2017年1月〜3月モノクロ撮影会
モノクロ撮影会1月9日(祝月)
●☞ 1月9甘酒横丁〜水天宮

●集 合:10 時 
人形町駅A6出口地上
東京メトロ日比谷線 大江戸線
●講評会
1月21日(土)10 時30分 〜
●参加費 講評会含:3,000円 

モノクロ撮影会2月12日(日)
●☞ 砂町銀座
●集合:10時
JR錦糸町南口
JR総武線 東京メトロ半蔵門線
●講評会
2月25日(土)10時30分〜
●参加費 講評会含:3,000円 

モノクロ撮影会3月12日(日)
●☞ 3月12日椿山荘〜商店街

●集合:10時 有楽町線 
    江戸川橋改札
●講評会
3月25日(土)10時30分〜
●参加費 講評会含:3,000円 
お電話、FAX、e-mailでも受け付けております。
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822
e-mail:artgraph_g@yahoo.co.jp


☆ 冴子先生プロフィール ☆
初心者の方にも、親切に的を得たアドバイスをされていますので、
安心して上達できますよ。
♪ アートグラフより一言 ♪
冴子先生は、よい意味で先生らしくなく、生徒さんから絶大な
人気を誇っています。
同時に、NHK学園、ミノルタ写真教室、東芝写真部、
富士フィルムなど写真サークルの講師を勤める。
東京綜合写真専門学校卒。日本経済新聞はじめ、
の写真関連雑誌などに執筆。

hatakedamonokuro

2016年12月22日

kumakiri熊切圭介ゼミ
http://k2-labo.com/root/kumakiri_keisuke
●開講日:平成29年 2月1日(水)スタート 
●実施定員:15名 
●受講料:30,000円
●日 程:平成29年
2月1日・2月15日・3月15日
4月5日・4月19日・5月17日 
    (隔週水曜  全6回)途中入会可   
●時 間:10:30〜12:30
●第1回:講座を始めるにあたって 
写真というメディアの面白さ、主題と表現について
●第2回: 作品講評各人の作品内容検討
●第3回: 作品講評テーマの方向性を探る
●第4回:写真集について注目の写真家の作品集、写真集を見る
●第5回:写真展を見る写真展を通じて写真家の考え方に触れる
●第6回:組み写真の方法論複数の写真を
どう構成するか,レイアウトの問題を含め
お電話、FAXでも受け付けております。
◎申込み先:TEL.03-3538-6630  FAX.03-3538-6822
E-mail : artgraph_g@yahoo.co.jp

プロフィール
1934年 東京・下谷西町に生まれる。
1958年 日本大学芸術学部写真学科卒業。
のちにフリーランスの写真家として週刊誌を中心に月刊誌、
グラフ誌など主にジャーナリズムの分野で活動する。
同時に単行本、美術全集等の撮影を行う。

kumakiri

2016年12月20日

simonitaア―トグラフフオトスクール× 下仁田町観光協会コラボ企画
「標高1000m!神津牧場で星空、
レトロな街下仁田(群馬)で農村原風景の撮影」
平成29年1月28日(土)〜1月29日(日)
標高1000m、日本最古の神津牧場で撮影!!
・主な撮影ポイント
牧場からのパノラマ風景、牛の行進、牧場、高原での星空撮影
・神津牧場ロッジに宿泊、思う存分 夜空を撮影できます。
・レトロな町、下仁田(群馬)で農村原風景の撮影
天候により撮影場所が変わります。悪しからずご了承ください。

●集合場所:JR高崎線 高崎駅東口 交番前集合
●集合時間:10:30 AM
●参加費用:15,800円
(1泊2日 夕1食付・朝1・バス代含)
高崎駅までの交通費は含まれていません。各自負担
●宿泊施設:神津牧場ロッジ
〒370-2626 群馬県甘楽郡下仁田町南野牧250
TEL +81 274-84-2363
●撮影場所までは下仁田観光協会のチャターバスで撮影ポイントに案内いたします。
※少人数限定ツアーですので定員(15名)になりしだい締め切りとさせていただきます。
●お申し込み(アートグラフフォトスクール)
Tel.03-3538-6630 Fax.03-3538-6822
●お振込先
みずほ銀行 神田駅前支店 株式会社芸術写真 普通 1655268

simonitasimonita

年末年始のご案内
銀座サービスセンター年末年始の営業日時は下記の通りとなります。
平成28年
12月23日(祝金) 休業
12月24日(土)(銀座サービスセンター10時〜18時)
12月25日(日)休業
12月26日(月)(銀座サービスセンター10時〜19時)
12月27日(火)(銀座サービスセンター10時〜19時)
12月28日(水)(銀座サービスセンター10時〜19時)
12月29日(木)(銀座サービスセンター10時〜17時)
12月30日(水)年末年始 休業
12月31日(木) 年末年始 休業
平成29年   
1月1日(日)元旦 年末年始 休業 
1月2日(月) 年末年始 休業
1月3日(火) 年末年始 休業
1月4日(水) (銀座サービスセンター10時〜17時)
1月5日(木) (銀座サービスセンター10時〜19時)
銀座サービスセンター  
〒104-0061東京都中央区銀座 2-9-14 2F
TEL:03-3561-6109/ FAX:03-3538-6822


銀座ギャラリー・アートグラフ
平成28年12月26日(月)(10時〜17時)迄開館
12月27日(火)〜1月3日(火)休館
平成29年1月4日(水) (10時〜17時)より開館
銀座ギャラリー・アートグラフ
〒104-0061東京都中央区銀座 2-9-14 銀座ビル 1F
TEL:03-3538-6630
どうぞ宜しくお願い申しあげます。


2016年12月18日

classikクラシックカメラ写真展
クラシックカメラ写真展に貴方の作品を応募してみませんか!!
応募作品で入選された方は
平成29年2月10日(金)〜16日(木)
銀座ギャラリー・アートグラフにて
クラシックカメラ写真展に展示させていただきます。
作品募集
募集期間 平成29年1月10日(火)まで
作品応募要項
1. 題材は自由ですが、クラシックカメラで撮影した作品に限ります。クラシックカメラの定義は、
フィルムカメラであること。
年代、フィルムサイズは問いません。
2. 応募作品は四切サイズとし、カラー・モノクロは問いません。
3. 応募作品は、銀塩プリントに限ります。
4. 応募は無料ですが、展示決定の場合は、
作品1点につき10,800円の出展料を頂きます。

5. 応募方法は、作品裏面に
「題名・クラシックカメラ名・年代・氏名・住所・連絡先電話番号」を
明記した票を添付して下さい。
6. 添付してある応募票をクリックしてください。
7. 応募作品の返却をご希望の方は、
返却用封筒に切手を貼付したものを同封して下さい。
同封のない方は返却できませんので、ご了承下さい。
8. 展示作品は、プロ写真家・写真編集者による審査会により、
決定いたします。
9. 展示作品は、半切サイズ、モノクロ・バライタ仕上げ
またはカラー・RPPプリント仕上げ、
オーバーマット、アルミ額装にて、展示いたします。
10.展示作品は、期間終了後、ご本人に着払いで返却いたします。
classik

2016年12月13日

銀座ソーシャル映画祭映画祭
2/15 第36回「銀座ソーシャル映画祭」を開催します

2月15日(水)に『ポバティー・インク』を再上映します。
1月にGSFFで初上映しましたが、初めて参加いただいた方も多く、
内容も好評だったため、早速2月にも再上映することとしました。
前回興味がありご都合が合わなかった方も是非ご参加ください。

今回もギャラリー・アートグラフ銀座をご厚意でお借りします。
また有志の協力で運営しており専門ではありません。
至らない点も多くございますが、ご了承ください。

第36回の上映映画は、
『ポバティー・インク-あなたの寄付の不都合な真実-』です。
公式サイト: http://unitedpeople.jp/povertyinc/

「貧しい気の毒な人たちのために手を差し伸べよう」
「彼らは無力で何もできない」
そんなイメージを謳い、繰り広げられてきた営利目的の途上国開発は、
今や数十億ドルに及ぶ巨大産業となっている。
その多くの援助活動が失敗に終わり、
援助の受け手がもともと持っている能力やパワーも損ないさえする。
私たちの「支援」がもたらす問題は?
正しい支援のあり方とは?途上国とどう向き合うべきなのか?
ハイチやアフリカを主な舞台に、
“支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリーです。

★【ご注意】facebookの「参加」だけではお申込みになりません★
必ず下記のフォームにお申し込みください。
http://ptix.co/2kq0TBk

<日時> 2017年2月15日(水)18:30開場、19:00開演(上映+ダイアログ)、21:00交流会

<会場> ギャラリー・アートグラフ銀座(銀座サービスセンター1F)
http://www.shashinkosha.co.jp/servicecenter.htm#ginza

入場料: 1000円(上映+トークセッション)
交流会: 1500円(アルコール・ドリンク、軽食有) トークセッション終了後開始
定員: 30名
※終了後に、来場者が交流できる時間と軽食をご用意します。

<主催> 中越パルプ工業(株)
<共催> (株)オルタナ、ギャラリー・アートグラフ銀座
―――――――――――――――――――――――–
※映画専用のプロジェクター・スクリーン、会場ではありませんので、
一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※申し訳ございませんが託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。

【お問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局
E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。
【お問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局
E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、
銀座を拠点にした、社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、
考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、
一社員がはじめた活動です。定期的にステキな映画をお届けしていきます。