2018年05月

2018年05月20日

yukatamaiko文月の京都・浴衣舞妓を撮る
◎撮影日
平成30年7月13日(金)
◎集合時間:10:30
◎集合場所:北野天満宮社務所前 
      〒602-8386 京都市上京区馬喰町
◎舞妓:上七軒(舞妓, 勝貴さんです。)
◎撮影場所:北野天満宮、
◎撮影時間:11:00~13:00
◎参加費用:25,000円
※参加費には交通費、宿泊代は含まれません
◎定  員:12名
◎お申し込み
TEL03-3538-6630
◎お振込先:みずほ銀行 神田駅前支店 
普通口座 1655268 株式会社 芸術写真
アクセス
◆京都駅から:京都市営バス50系統で約27分>
上七軒停留所下車
◆地下鉄烏丸線今出川駅から:京都市営バス203系統(反時計回り)で約7分>
上七軒停留所下車
◆JR二条駅から:京都市営バス55系統で約10分(時計回り)>
上七軒停留所下車
◆JR円町駅から:京都市営バス203系統で約7分(時計回り)>
上七軒停留所下車   
●宿泊御希望がございましたら、四条大宮のホテルを御紹介いたいます。
少人数の撮影会です。
撮影の時間は各おひとりづつ撮影していただく時間を取ります。
また、撮影のアシストはありませんので参加者の方々で
ご協力の程宜しくお願い申しあげます。


saitou齋藤利江写真展 三丁目写真館
〜昭和30年代の人・物・暮らし〜
期間/6月1日(金)〜6月7日(木)
時間/月〜金10:00〜18:00
土曜日・日曜日・最終日 10:00〜17:00

6月2日(土)午後2時〜午後3時まで
齋藤利江ギャラリートーク
参加費¥1,000
お問い合わせ先:ギャラリー・アートグラフ
TEL.03-3538-6630
内容
ちょうど六十歳となった日。
父の遺品を整理していると、
私が写真家を目指していた十代の頃に撮影したネガが出てきました。
写真家になることに猛反対した父でしたが、
ネガは大切に保管してくれていたのです。
それからは、このネガが一人歩きし出したかのように
国内外で数多くの写真展や講演会が開催され、
人気コミック“三丁目の夕日(西岸良平氏作)
”シリーズに写真コラムの連載も始まりました。
今春、その一部がまとめられ
『三丁目写真館〜昭和30年代の人・物・暮らし〜』として発刊されました。
何もかも便利になった現代ですが、
見失っていることや、失くしたものがあると思います。
今回の写真展で、その“何か”を感じていただけましたら幸いです。
                        齋藤利江

saitou


2018年05月07日

第8回 写真のまち尾道四季展
期間/7月6日(金)〜7月12日(木)    
7月8日 (日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、午前10:00~午後5:00
最終日 午前10:00~午後5:00
内容
広島県尾道市フォトコンテスト入賞カラー作品31点。
フォトジェニックな尾道を舞台とした作品です。
島と島を結ぶ、瀬戸内しまなみ海道。
サイクリストの聖地として国内外から注目を浴びています。
また、尾道市は、尾道水道が紡いだ中世からの
箱庭的都市(平成27年度)及び
「日本最大の海賊の本拠地:芸予諸島―よみがえる村上海賊
“Murakami KAIZOKU”の記憶 (平成28年度)」として認定されました。
この機会に是非、瀬戸内に面した尾道の旅情ある写真作品をご覧下さい。
http://www.onomichi-photo.jp