ギャラリー情報

2016年06月05日

第7回 写真のまち尾道四季展
期間/6月24日(金)〜6月30日(木)    
6月26日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土曜日、午前11:00~午後5:00
内容
最終日 午前10:00~午後5:00
内容
広島県尾道市フォトコンテスト入賞カラー作品30点。
映画や小説で有名な町。毎月お祭りや行事が多く
フォトジェニックな尾道を舞台とした作品です。
島と島を結ぶ、瀬戸内しまなみ海道。
サイクリストの聖地として国内外から注目を浴びています。
平成17年,18年,尾道市と向島町,御調町,因島市瀬戸田町が合併され、
尾道旧市内の写真作品みならず瀬戸内海の島々も
撮影舞台となっています。
平成27年、尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市尾道が、
「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されました。
この機会に是非、瀬戸内に面した尾道の旅情ある写真作品をご覧下さい。

「鉄の歴史村(島根県雲南市吉田町)」写真展
「たたらの里を訪ねる」
期間/7月8日(金)〜7月21日(木)    
7月10日(日)休館
7月17日(日)休館
7月18日(月祝)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土曜日、
最終日 午前11:00~午後5:00
内容
日本古来の製鉄法「たたら製鉄」の村としての面影を
色濃く残す「鉄の歴史村(島根県雲南市吉田町)」。
『街道をゆく』(司馬遼太郎著)でも、
「もし桃の花がひらいていれば桃源郷というに
ふさわしく、…奥地というよりも、隠れ里といっ
たほうがふさわしい。」と記されています。
この独特の景観を素材として、「写真」という作品から
地域の魅力を引き出していたいと、
ひろく写真コンテストへの作品を募集いたしました。
その入賞作品を、ギャラリー・アートグラフ(東京都銀座)
にて紹介致します。

東急セミナーBE青葉台
三輪薫の素敵な写真の撮り方教室
第19回写真展「和気あいあい」
期間/7月1日(金)〜7月7日(木)    
7月3日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、
最終日 午前10:00~午後5:00
内容
横浜市青葉台駅前の「東急セミナーBE青葉台」
写真講座の19回目の写真展です。
デジタル時代ならではの和紙や画材紙にも
プリントした自然風景と花を28点展示します。

2016年06月04日

HOLLY WOOD写真展
期間/6月10日(金)〜6月23日(木)    
6月12日(日)休館
6月19日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土曜日、
最終日 午前11:00~午後5:00
内容
映画が19世紀末に発明されて以来、アメリカハリウッドは、
映画史上揺るぎない金字塔をうちたててきました。
THE KOBAL COLLECTION はカナダ生まれの
ジヨン・コバールがニューヨークーで映画に関する
あらゆる資料を収集しはじめる。
質・量ともに非常にすぐれたコレクションとして名高い。
1900年初期から50年代の黄金時代と呼ばれてきたハリウッドの
男優・女優たちのポートレート、スチール、オフセットの写真は
シネマ関係のあらゆる本の情報源になっている。
倉持五郎が1988年にコバール・コレクションを訪れその中から
選び抜かれたオフセット印刷モノクロ30点を展示。

写真展を開催したいけど時間が取れない方
おまかせパックプランはいかかでしょうか。
・半切プリント 30〜35枚 
・バックシート貼りオーバーマット加工 管理費       
 挨拶パネル・キャプション制作 DM制作(1,000枚定型) 
・レンタル額 展示撤去費用が含まれます
 パックプランの半切プリントは、データからの
・ラムダプリント(光沢・半光沢)となります
・パックプランのプリント制作は、
 見本をお持ちいただくか弊社技術者にお任せ下さい。
・管理費にはプレスリリース、HP掲載、立て看板、
 タイトルボードを含みます。
おまかせパックプラン写真展の予算は30万+消費税になります。
詳細については
TEL03-3561-6109
FAX03-3538-6822
担当:松渕(マツブチ) 吉木(ヨシキ)


2016年05月11日

ギャラリー・アートグラフ企画展
谷田梗歌(たにだこうた)写真展
「尾道とおり道vol.4 〜祀(まつり)〜」
期間/5月27日(金)〜6月9日(木)    
5月29日(日)休館 6月5日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後7:00
時間/土曜日 午前11:00~午後6:00
最終日 午前11:00~午後5:00
内容
2009 年に東京および尾道市にて開催されて以来、
谷田梗歌写真展「尾道とおり道」シリーズの第4 弾となります。
本展はシリーズ構成5 回のうち4 回目。
尾道の宗教都市としての一面にスポットをあてる予定です。
「坂と古寺の町」と言われる尾道では,寺社はもちろん,
そこかしこに祠が祀られるなど,神仏との縁を感じさせます。
これは,尾道を採り上げていく上で不可避の側面です。
なお,本シリーズは尾道市旧市街を中心に「とおり道」を
追った写真で構成されたものです。
この道をとおり,この街に携わった人たちへの敬意を含み,
継続して取り組んできました。
今後、さらに第5 弾として尾道の商業都市としての一面を採り上げて完結とする予定で、
最終的に写真集としてまとめる構想となっています。
全倍(600×900mm)サイズの写真作品を12 点展示する予定です。
なお,この写真作品は特に単写真とも組写真とも
それら全体でひとつの組写真として鑑賞されるように構成されます。

谷田梗歌(たにだこうた)プロフィール
1977 年、横浜市生まれ。2002 年、日本大学大学院修了。
大学院在学中より氷の写真を撮り続け、独自の世界を展開する。
大学院を修了したのち一般企業へ就職するも、
2006 年に写真作家として活動を開始。
当初から現代美術や日本画などの作家とグループ展を行うなど、
ジャンルの枠に囚われぬ活動姿勢を見せる。
また近年は氷に次ぐテーマとして、
尾道市街の風景を精力的に撮っている。
個展 2007 年 氷幻想 (画廊はね,東京都)
2008 年 氷の肖像
(森岡書店,東京都)
2009 年 氷時間
(SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
尾道とおり道
(ART SPACE はね,東京都)
ICE Shadow (ART SPACE はね,東京都)
尾道とおり道 (Gallery プチポワン,広島県)
2010 年 Sound of IICE
(森岡書店/GALLERY SPACE FACTORY,東京都)
2011 年 氷の肖像vol.2
(SAN-AI GALLERY +contemporary art,東京都)
尾道とおり道vol.2 君に続く坂道
(ギャラリー・アートグラフ,東京都)
2012 年 尾道とおり道vol.2 君に続く坂道
(Gallery プチポワン,広島県)
ICE Shadow vol.2 (SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
2013 年 ICE Shadow vol.3
(SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
尾道とおり道vol.3 雨色時間
(ギャラリー・アートグラフ,東京都)
2014 年 氷の肖像vol.3
(SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
2015 年 氷の肖像vol.4 (ギャラリー・アートグラフ,東京都)
その他、2006 年以降、東京、ニューヨーク、パリ、マドリッド、
台北、ソウルなどでグループ展・アートフェアに多数出品。入賞・入選多数。
作品収蔵 大阪芸術大学藝術研究所、清里フォトアートミュージアム


フォトクラブ<ルミエール>第19回写真展

期間/5月20日(金)〜5月26日(木)    
5月22日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
平均年齢が80歳に近いクラブメンバー10人が、
それぞれこの1年間の行動と学習の中から興味をもった被写体を、
光と色彩にこだわりながら撮った自画自賛の作品を3枚セットで
展示しました。

第20回グループモメント写真展 “ま・な・ざ・し”

期間/5月13日(金)〜5月19日(木)    
5月15日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
“一瞬はドラマ” がグループの合い言葉です。
日々の生活の中での発見を切り取りシャッターを押してきました。
20回目の記念の展覧会になりますが、
諸々の事情でこれがグループとして、最後の展覧会です。
たくさんの方に観ていただければ幸いです。

2016年04月23日

アートグラフィー展XVIII
期間/5月6日(金)〜5月12日(木)
      5月8日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土.最終日   午前11:00~午後5:00

韓 靜是(Han Chungshik)静謐
アートグラフィー展は今回で18回目になりました。
多くのアーティスト作品をご覧頂き販売、レンタルのご要望にお答え
しております。
作品を愛好家の方々の要望にお応えしギャラリー・アートグラフが
リース・販売の許可を作家よりいただきました。
手軽にアート作品に触れる機会が増える事と確信いたします。
お部屋に飾るだけでなく、事務所や会議室・応接室の装飾として、
また店舗やウィンドウディスプレイにもご利用いただけます。
お手軽なレンタルを利用してシーズンごとの差し替えも楽しめます。
作品の展示、取付作業にも応じておりますので一度ご相談下さい
ます様ご案内申し上げます。


2016年04月14日

ギャラリー・アートグラフ企画展
杵島 隆 写真展
古い記憶
期間/4月15日(金)〜4月28日(木)    
4月17日(日)24日(日) 休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前11:00~午後5:00
杵島隆作品販売ゼラリンシルバープリント半切
内容
内容/ヌード、和服、歌舞伎、蘭をはじめとする花等々と
幅広い分野で活躍した杵島隆。
没後5年になる。全経歴の作品から、
1950年代のものを中心に選りすぐった作品で構成。
作品はモノクロ。
特別企画展によせて
写真弘社主催の堂が島の蘭の撮影会で初めてお会いしたのが十数年前でした。
大判カメラで光りを読み、蘭の花の精を感じ、私が見ている蘭ではない作品が
ファインダーに写し出されたのを感激しながら見せていただいたのを覚えてています。
杵島ゼミの講座では、撮影する瞬間の記憶、作品に理論的で適格な評価を、
ユーモア−を交えて大らかに講議してくださいました。
亡くなられて早5年が過ぎてしまいました。
いつも変わらぬポリシーと作品創りに飽くなき精神力で
取り組まれている杵島隆先生を偲ぶ写真展です。

今回の個展は1950年代の作品の中からセレクトした作品です。
1950年は朝鮮戦争が勃発した年です。
1920年にアメリカで生まれアメリカと日本の狭間に
戦争とゆう激動の時代を特別攻撃隊に入隊。
終戦が後一週間伸びていたら、きっと自分も
出撃していただろうと。
杵島作品のには、このような厳しい歴史的背景の中、
生命を超えて突き抜けるような美しさが
あふれています。                     
                                  
                   ア−トグラフ 柳澤由利