ギャラリー情報

2017年09月16日

旅倶楽部写真展
期間/9月19日(火)〜9月22日(金)    
時間/9月19日(火曜日)午後12時〜午後6時
(水〜金曜日)午前10:00~午後6:00
(最終日)午前10:00〜午後5:00

内容
ドイツ・デュセルドルフから
オーストリア・ザルツカンマーグート地方を
列車で巡る旅写真26点
ザルツカンマーグートとは「塩の宝庫」と言う意味で
ハプスブルグ家の直轄の御領地として帝国を支え続けた。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台として
世界に知られています。
大小数多くの湖水が点在しオーストリアの景勝地である。
DB, QBBの列車を乗り継ぎながらの旅写真です。


2017年09月13日

熊切大輔写真展「東京動物園-アンリアルな動物たちの生態-」
期間 9月29日(金)〜10月5日(木)
時間 月〜金曜日 午前10:00から午後6:00
   土・日・最終日 午前10:00から午後5:00

内容
リニューアルしたギャラリー・アートグラフにて熊切大輔さんの写真展を開催いたします。
10月1日(日)にはギャラリートークも予定しております。
(ゲストにはビッグな動物写真家がいらっしゃるようです。)

0913_kumakiri


2017年09月07日

第46回銀座ソーシャル映画祭を9月27日(水)に開催します。
★【ご注意】facebookの「参加」だけではお申込みになりません★
必ず下記のフォームにお申し込みください。
http://peatix.com/event/301093

第46回の上映映画は、「ザ・トゥルー・コスト」です。
過去、第21回、第22回、第37回に続き4度目の上映です。
公式サイト:http://unitedpeople.jp/truecost/

**********
これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、
そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、
そして権力と貧困の物語でもある。
全世界へと広がっている複雑な問題だが、
私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。
本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、
「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」
という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を
当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画です。
(2015年/93分 アメリカ)
**********

会場はいつもの「ギャラリー・アートグラフ銀座」を
お借りして、来場者が交流できる時間と、手作りの軽食をご用意しています。
交流会にもぜひご参加ください。

<日時> 2017年9月27日(水)
     18:30開場 19:00開演 上映+トークセッション
     21:00交流会
<会場>  ギャラリー・アートグラフ銀座
     (東京都中央区銀座2-9-14 銀座ビル1F) 
http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php#access-link
入場料: 1,000円
交流会: 1,500円(アルコール・ドリンク、軽食有)
トークセッション終了後開始
定員: 30名
※終了後に、来場者が交流できる時間と軽食をご用意します。
<主催>中越パルプ工業(株)
<共催>銀座ギャラリー・アートグラフ

※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、
銀座の街の音が聞こえてきたりすることも想定されます。
あらかじめ了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。
【問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局
E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。
★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、
社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、
考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、
一社員がはじめた活動です。
定期的にステキな映画をお届けしていきます。


2017年08月24日

東京工芸大学生 
バライタファインプリントゼミ展
期間/8月26日(土)〜8月31日(木)
   9月1日(土)〜9月7日(木)   
   9月3日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、午前10:00~午後5:00
最終日 午前10:00~午後5:00
内容
東京工芸大学写真学科3年生、
バライタファインプリントゼミです。
モノクロフィルムで撮影することにこだわって制作し
特有の粒状感やトーン、銀の物質感で表現したいからです。
展示タイトルの「Water 〜水〜」とは、
直接的なテーマが水というわけではなく、
それぞれの作品が一つのまとまり“流れ”となると言う
意味を込めてWaterとしました。
写真と水は共通点があります。
写真一枚は人に伝えられる情報量が限られていますが、
多くなるにつれて人に伝えられる事が増えていきます。
水と水が一緒になることで大きな流れになるように、
私たちの写真も誰かに何かを伝えられるのではないかと思います。

kougeidai

kougeidai

2017年08月17日

友愛国際写真コンクール展
期間/8月18日(金)〜8月24日(木)
8月20日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
日、土,最終日 午前10:00~午後5:00
内容
日本友愛協会と中国国際青年交流センター、
北京市青年連合会が主催する
友愛国際写真コンクール写真展が8月18日から24日まで
東京・銀座のギャラリー・アートグラフで開催されます。
http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php#access-link <http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php#access-link>

これまで北京で2014年から2016年度に3回行われたコンクールには、
40カ国から30,000点以上の応募がありましたが、
残念ながら日本からの応募が少なく、東京展を機会に、
日本からの応募に期待が寄せられています。

2017年国際写真コンクールの締め切りは
今年9月20日です。
北京での展覧会は11月末の予定です。
上位入賞者は北京の受賞式に招待されます。

★投稿先は日本友愛協会ホームページ投稿専用サイト
https://yuaikyoukai.com/photo/ <https://yuaikyoukai.com/photo/>
「応募要項」
テーマ:友愛、平和、緑(環境保護)、人と自然
応募資格:国籍を問わず、年齢13歳以上の方ならどなたでも応募できます
募集期間:2017年6月20日(火)〜9月20日(水)
作品審査:2017年10月〜11月上旬
授賞式:2017年11月末(予定)北京にて(上位入賞者は受賞式に参加)
作品のテーマ、説明(撮影日時、場所など)、氏名、連絡先住所、
電話番号、メールアドレスなどを入力 ※ひとり3作品まで
賞・賞金
友愛賞80,000円、1等賞100,000円、2等賞50,000円、3等賞30,000円
その他ネット人気賞、携帯クリエーション賞、携帯感動賞など賞状と賞金の授与
主催:(一財)日本友愛協会・中国国際青年交流センター
TEL03-5684-3188 FAX03-5684-3186

作品のテーマ、説明(撮影日時、場所など)、氏名、連絡先住所、
電話番号、メールアドレスなどを入力 ※ひとり3作品まで
賞・賞金
友愛賞80,000円、1等賞100,000円、2等賞50,000円、3等賞30,000円
その他ネット人気賞、携帯クリエーション賞、携帯感動賞など賞状と賞金の授与

主催:(一財)日本友愛協会・中国国際青年交流センター

◆友愛・平和・緑」テーマの国際コンクール写真展、
東京で開幕=「友愛」理念普及へ、
写真募集―鳩山元首相の日本友愛協会と中国国際青年センター
http://www.recordchina.co.jp/b187988-s136-c30.html

TEL03-5684-3188 FAX03-5684-3186


2017年08月10日

第45回銀座ソーシャル映画祭を8月23日(水)に開催します。
★【ご注意】facebookの「参加」だけではお申込みになりません★
必ず下記のフォームにお申し込みください。
http://ptix.co/2uMh0QM
第45回の上映映画は、「ポバティー・インク」です。
過去、第34回、第35回、第41回に続き4度目の上映です。
公式サイト:http://unitedpeople.jp/povertyinc/
**********
私たちの「支援」がもたらす問題は?正しい支援のあり方とは?
途上国とどう向き合うべきなのか?ハイチやアフリカを主な舞台に、
“支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリー。
世界で11以上の賞を獲得。
(2014年/91分/米国)
**********
会場はいつもの「ギャラリーアートグラフ銀座」をお借りして、
来場者が交流できる時間と、手作りの軽食をご用意しています。
交流会にもぜひご参加ください。
<日時>  2017年8月23日(水)
      18:30開場 19:00開演 
上映+トークセッション
      21:00交流会
<会場>  ギャラリーアートグラフ銀座
     (東京都中央区銀座2-9-14 銀座ビル1F)
http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.php#access-link
入場料: 1,000円
交流会: 1,500円(アルコール・ドリンク、軽食有)トークセッション終了後開始
定員: 30名
※終了後に、来場者が交流できる時間と軽食をご用意します。
<主催>中越パルプ工業(株)
<共催>ギャラリーアートグラフ銀座
※映画専用の機材・会場ではありませんので、
一部見えにくかったり、銀座の街の音が聞こえてきたりすることも
想定されます。あらかじめ了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。
【問い合わせ】
銀座ソーシャル映画祭 事務局
E-mail : ginzasocialfilm★gmail.com (★を@に変更してください)
※お問い合わせ事項は中越パルプ工業(株)と共有・ご返答いたします。
★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、
社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、
考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。
定期的にステキな映画をお届けしていきます。


2017年07月26日

第4回京都大学iPS細胞研究基金のためのチャリティ企画展 
若手アーティストの卵たち展
Charity Exhibition
"TAMAGOTACHI" presented
by Young Artistsn in Japan
for Kyoto University iPS Cell Research Fund
         期間/8月11日(金)〜8月17日(木)    
時間/ 11:00~18:00
最終日 11:00~17:00
トークセッション
2017年8月11日(金) 14:00〜15:00
<活動趣旨>
 参加メンバーである"卵たち"はヒーリングアートを授業等で学んできた若者たちで構成されています。難病患者への癒しの提供を目的としたヒーリングアートを通して、難病治療に役立つ可能性があるiPS細胞への関心を高めたことが本企画展のきっかけになりました。iPS細胞は今後の再生治療や新薬の開発に活用できると考えられ、大きな期待をされています。そのようなiPS細胞の研究開発をより一層進めていくためには更なる協力が必要不可欠です。
 本企画展はアートを通じて寄付活動を行うことで、iPS細胞についてより知っていただき、協力の輪を広げることを目的としています。そして次世代を担うアーティストの卵たちの作品も見所のひとつです。会期中、作者との懇親会も実施いたしますので、ぜひお越し下さい。

<ヒーリングアートからチャリティ活動への経緯と発展について>
 iPS細胞研究所所長山中伸弥先生の研究成果を知ったのは2006年8月。死期が刻々と迫っていた姉にこの夢のような報道を複雑な想いで伝える中、私たち姉妹の決意は未来の命に託す願いに変わっていきました。学校教育現場に長く身を置いてきた私たち姉妹は、医学の発展を心より待ち侘びながら、未来を担う子どもたちを明るい方向へ導くためにはどうすべきか、ベッドサイドで最期まで語り尽くしました。姉を看取った後も山中伸弥先生の研究成果を見守りつつ、医療現場の声を吸い上げながら、高等学校美術授業において入院患者さんと病院スタッフに向けて「ヒーリング(癒し)アート」の観点から制作した作品を贈る
プロジェクトを立ち上げました。ご協力いただいている医療機関にお贈りした生徒の作品は9年間で2,550点に上ります。
その後、書道選択の卒業生も加わり、第4回目を迎える今年度は総勢19名の参加となります。
 世界中で戦争やテロが止まず、人々の平穏な生活が望めない現代社会においてアートを通じて「命の大切さ」を考える活動を広めたいと思います。
<若手アーティストの卵たち展代表 冨岡三智子>


<参加者所属一覧>
・関東学院大学文学部英語英米文学科在学
・駒澤大学経済学部商学科在学
・女子美術大学芸術学部デザイン・工芸科プロダクトデザイン専攻在学/ヴィジュアルデザイン専攻在学2名/芸術学科卒業/美術学科表象専攻卒業2名
・専修大学文学部日本文学文化学科在学
・多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻在学2名/グラフィックデザイン学科卒業
・東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻環境設計第2研究室在学
・東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修了
・日本大学生物資源科学部生命農学科在学
・立教大学法学部国際ビジネス法学科卒業

<制作指導および賛助出品>
日本画家 富岡三智子(本名 鵜澤三智子) 
     東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業 神奈川県立横浜平沼高等学校美術科教諭
書道家  鈴木麗薫   (本名 鈴木かおる) 
     横浜国立大学教育学部美術科書道卒業 同大学大学院教育学部教育学科修了 神奈川県立横浜平沼高等学校書道科講師


2017年07月25日

 Araki荒木経惟写真展「東京は、秋」
Araki Nobuyoshi photo exhibition Tokyo in Autumn
期間/7月28日(金)〜8月10日(木)    
   7月29日(日) 8月6日(日) 日曜休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、午前10:00~午後5:00
最終日 午前10:00~午後5:00
内容
写真集『東京は、秋』より抜粋した作品を
ゼラチンシルバープリントにて展示。
荒木経惟氏より寄贈された引き伸ばし機も展示予定。
同時期開催
「写狂老人 A」東京オペラシティアートギャラリー
「センチメンタルな旅1971−2017ー」東京都写真美術館
「花幽園」RAT HOLE GALLERY


2017年07月12日

Ben Simmons:
Japan Eye" Photography Exhibition
Japan soulベン・シモンズ写真展
ベン・シモンズが観た日本 「日本の魂」
期間/7月14日(金)〜7月20日(木)
7月16日 (日)休館 7月17日 (祝月)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
土,最終日 午前10:00~午後5:00

ベン・シモンズ プロフィール
ベン・シモンズはジョージア州コロンバス市で育ち、
ニューヨーク州北部の大学で写真と心理学を学んだ後、特別奨学金を得てフロリダ大学の大学院へ。
写真と美術史の修士号を取得し、
ノースキャロライナ州,
ペンランド・クラフト・スクールで教鞭を取りました。
その後, 日本へ渡り、現在に至っています。
日本建築に美意識を持った彼は東京から南下すること1時間。
相模湾三浦半島に活動母体のベン・シモンズ・フォトグラフィー社を設立。
ベン・シモンズは日本中の素晴らしい情景を世界に発信しています。
デザイン性と示唆に富む作品を強みとし、世界各地の撮影プロジェクトや
フォト・エッセイ、写真集、オリジナルプリントなどを手がけています。
JAPAN EYE/JAPAN SOUL
The work of photographer Ben Simmons

Ben Simmons grew up in Columbus, Georgia.
He studied photography and psychology at university
in upper New York State, then completed a Master of
Fine Arts degree in photography and art history
on fellowship at the University of Florida.
Ben taught photography at Penland School of Crafts
in North Carolina, before traveling to Japan in search of adventure.

Ben Simmons Photography Inc. is based in Cosmos Studio,
a former fisherman’s residence on Sagami Bay,
south of Tokyo on Miura Peninsula.

Ben specializes in evocative graphic images for assignments,
photo-essays, books, and original prints.


2017年07月07日

第7回 写真のまち尾道四季展
期間/7月21日(金)〜7月27日(木)    
7月23日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、午前10:00~午後5:00
最終日 午前10:00~午後5:00
内容
広島県尾道市フォトコンテスト入賞カラー作品30点。
映画や小説で有名な町。毎月お祭りや行事が多く
フォトジェニックな尾道を舞台とした作品です。
島と島を結ぶ、瀬戸内しまなみ海道。
サイクリストの聖地として国内外から注目を浴びています。
平成17年,18年,尾道市と向島町,御調町,因島市瀬戸田町が合併され、
尾道旧市内の写真作品みならず瀬戸内海の島々も
撮影舞台となっています。
平成27年、尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市尾道が、
「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されました。
尾道市は、平成27・28年度、2年連続で日本遺産に認定されました。
日本遺産に認定された尾道を、写真によりもっとPRするため、
「第7回写真のまち尾道四季展」の作品を展示しています。
この機会に是非、瀬戸内に面した尾道の旅情ある写真作品をご覧下さい。
http://www.onomichi-photo.jp