ギャラリー情報

2016年05月11日

ギャラリー・アートグラフ企画展
谷田梗歌(たにだこうた)写真展
「尾道とおり道vol.4 〜祀(まつり)〜」
期間/5月27日(金)〜6月9日(木)    
5月29日(日)休館 6月5日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前11:00~午後5:00
内容
2009 年に東京および尾道市にて開催されて以来、
谷田梗歌写真展「尾道とおり道」シリーズの第4 弾となります。
本展はシリーズ構成5 回のうち4 回目。
尾道の宗教都市としての一面にスポットをあてる予定です。
「坂と古寺の町」と言われる尾道では,寺社はもちろん,
そこかしこに祠が祀られるなど,神仏との縁を感じさせます。
これは,尾道を採り上げていく上で不可避の側面です。
なお,本シリーズは尾道市旧市街を中心に「とおり道」を
追った写真で構成されたものです。
この道をとおり,この街に携わった人たちへの敬意を含み,
継続して取り組んできました。
今後、さらに第5 弾として尾道の商業都市としての一面を採り上げて完結とする予定で、
最終的に写真集としてまとめる構想となっています。
全倍(600×900mm)サイズの写真作品を12 点展示する予定です。
なお,この写真作品は特に単写真とも組写真とも
それら全体でひとつの組写真として鑑賞されるように構成されます。

谷田梗歌(たにだこうた)プロフィール
1977 年、横浜市生まれ。2002 年、日本大学大学院修了。
大学院在学中より氷の写真を撮り続け、独自の世界を展開する。
大学院を修了したのち一般企業へ就職するも、
2006 年に写真作家として活動を開始。
当初から現代美術や日本画などの作家とグループ展を行うなど、
ジャンルの枠に囚われぬ活動姿勢を見せる。
また近年は氷に次ぐテーマとして、
尾道市街の風景を精力的に撮っている。
個展 2007 年 氷幻想 (画廊はね,東京都)
2008 年 氷の肖像
(森岡書店,東京都)
2009 年 氷時間
(SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
尾道とおり道
(ART SPACE はね,東京都)
ICE Shadow (ART SPACE はね,東京都)
尾道とおり道 (Gallery プチポワン,広島県)
2010 年 Sound of IICE
(森岡書店/GALLERY SPACE FACTORY,東京都)
2011 年 氷の肖像vol.2
(SAN-AI GALLERY +contemporary art,東京都)
尾道とおり道vol.2 君に続く坂道
(ギャラリー・アートグラフ,東京都)
2012 年 尾道とおり道vol.2 君に続く坂道
(Gallery プチポワン,広島県)
ICE Shadow vol.2 (SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
2013 年 ICE Shadow vol.3
(SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
尾道とおり道vol.3 雨色時間
(ギャラリー・アートグラフ,東京都)
2014 年 氷の肖像vol.3
(SAN-AI GALLERY +contemporary art ,東京都)
2015 年 氷の肖像vol.4 (ギャラリー・アートグラフ,東京都)
その他、2006 年以降、東京、ニューヨーク、パリ、マドリッド、
台北、ソウルなどでグループ展・アートフェアに多数出品。入賞・入選多数。
作品収蔵 大阪芸術大学藝術研究所、清里フォトアートミュージアム


フォトクラブ<ルミエール>第19回写真展

期間/5月20日(金)〜5月26日(木)    
5月22日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
平均年齢が80歳に近いクラブメンバー10人が、
それぞれこの1年間の行動と学習の中から興味をもった被写体を、
光と色彩にこだわりながら撮った自画自賛の作品を3枚セットで
展示しました。

第20回グループモメント写真展 “ま・な・ざ・し”

期間/5月13日(金)〜5月19日(木)    
5月15日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
“一瞬はドラマ” がグループの合い言葉です。
日々の生活の中での発見を切り取りシャッターを押してきました。
20回目の記念の展覧会になりますが、
諸々の事情でこれがグループとして、最後の展覧会です。
たくさんの方に観ていただければ幸いです。

2016年04月23日

アートグラフィー展XVIII
期間/5月6日(金)〜5月12日(木)
      5月8日(日)休館

時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土.最終日   午前11:00~午後5:00

韓 靜是(Han Chungshik)静謐
アートグラフィー展は今回で18回目になりました。
多くのアーティスト作品をご覧頂き販売、レンタルのご要望にお答え
しております。
作品を愛好家の方々の要望にお応えしギャラリー・アートグラフが
リース・販売の許可を作家よりいただきました。
手軽にアート作品に触れる機会が増える事と確信いたします。
お部屋に飾るだけでなく、事務所や会議室・応接室の装飾として、
また店舗やウィンドウディスプレイにもご利用いただけます。
お手軽なレンタルを利用してシーズンごとの差し替えも楽しめます。
作品の展示、取付作業にも応じておりますので一度ご相談下さい
ます様ご案内申し上げます。


2016年04月14日

ギャラリー・アートグラフ企画展
杵島 隆 写真展
古い記憶
期間/4月15日(金)〜4月28日(木)    
4月17日(日)24日(日) 休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前11:00~午後5:00
杵島隆作品販売ゼラリンシルバープリント半切
内容
内容/ヌード、和服、歌舞伎、蘭をはじめとする花等々と
幅広い分野で活躍した杵島隆。
没後5年になる。全経歴の作品から、
1950年代のものを中心に選りすぐった作品で構成。
作品はモノクロ。
特別企画展によせて
写真弘社主催の堂が島の蘭の撮影会で初めてお会いしたのが十数年前でした。
大判カメラで光りを読み、蘭の花の精を感じ、私が見ている蘭ではない作品が
ファインダーに写し出されたのを感激しながら見せていただいたのを覚えてています。
杵島ゼミの講座では、撮影する瞬間の記憶、作品に理論的で適格な評価を、
ユーモア−を交えて大らかに講議してくださいました。
亡くなられて早5年が過ぎてしまいました。
いつも変わらぬポリシーと作品創りに飽くなき精神力で
取り組まれている杵島隆先生を偲ぶ写真展です。

今回の個展は1950年代の作品の中からセレクトした作品です。
1950年は朝鮮戦争が勃発した年です。
1920年にアメリカで生まれアメリカと日本の狭間に
戦争とゆう激動の時代を特別攻撃隊に入隊。
終戦が後一週間伸びていたら、きっと自分も
出撃していただろうと。
杵島作品のには、このような厳しい歴史的背景の中、
生命を超えて突き抜けるような美しさが
あふれています。                     
                                  
                   ア−トグラフ 柳澤由利


2016年03月23日

第23回銀座ソーシャル映画祭
上映映画は,「Girl Rising〜私が決める、私の未来〜」です。
お申し込みは,こちらから→ http://goo.gl/forms/rdP64J8HZi
日程:4月4日(金)
時間:午後7時〜
上映場所:ギャラリー・アートグラフ銀座
http://www.shashinkosha.co.jp/servicecenter.htm
内容
生まれた環境やタイミングによって、女の子たちを待ち受ける高くて
非情な壁。
映画『Girl Rising 〜私が決める、私の未来〜』は、
早すぎる結婚や、震災、貧困、カムラリ家事使用人、性的虐待や
女子教育を阻む様々な障壁など世界の女の子が
直面する状況、そして彼女たちの持つ可能性が
描かれています。
映画には9カ国から9人の女の子が登場。
各国出身のディレクターが、自国の女の子を取材し、
全て実話に基づいて制作しました。
7人は本人が登場しますが、事情により顔を見せられない
2人のストーリーは、
他の女の子が演じています。...
ゲストには、この映画の日本語字幕制作を担当した
公益財団法人プラン・ジャパン(https://www.plan-japan.org/)より
寺田聡子氏をお迎えします。
困難に立ち向かう女の子たちからパワーをもらいつつ、
世界の女の子について一緒に考えてみませんか?

★★銀座ソーシャル映画祭とは・・・★★
中越パルプ工業株式会社が主催する、銀座を拠点にした、
社会派映画の上映会です。
多くの人に社会課題と自分との接点を増やしてもらいたい、
考えるきっかけを作ってもらいたいと思い、一社員がはじめた活動です。
不定期ながらも素敵な映画をお届けしていきます。
おかげさまで、毎回、素敵な人が集まる交流の場となっています。
お気軽にご参加下さい。



2016年03月10日

kogeiギャラリー・アートグラフ企画展
「仲間たち」
東京工芸大学 写真学科 3人展
稲葉諒 ・岡本創 ・小俣文乃写真展
期間/3月18日(金)〜3月24日(木)    
3月20日(日)開館
3月21日(祝・月 )休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
「仲間たち」
東京工芸大学 写真学科 3年生
稲葉諒 ・岡本創 ・小俣文乃写真展
内容
本展は東京工芸大学で写真を学んでいる写真学科3年生、3人による写真展示です。
この時代に写真を学ぶ意味とは?社会と写真と、どう関わっていくのか?
4月から4年生になる学生の、私たちなりの考えの形です。

kogei

2016年03月03日

第三回アイ銀座写真塾写真展
“思いのままに”
期間/4月8日(金)〜4月14日(木)    
4月10日(日)休館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土曜日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
写真塾のメンバーそれぞれが、個性を生かし
“思いのままに”撮影した写真展です。
好奇心に満ちた眼が切り出したシーン。
それぞれの思いが投影され写し出された写真は
常にはない特異な印象と個性に満ちています。
一見理解不能と思われたならこころで感じて見てください。
きっと共鳴できる何かを感じていただけると思います。
それぞれの個性あふれる作品をこころゆくまでお楽しみ頂けたら、
嬉しく思います。
JPS会員・写真塾講師  岩本恵次


「震災よ!」東日本大震災から5年 
柿木正人写真展
期間/3月11日(金)〜3月17日(木)    
3月13日(日)開館
時間/月〜金曜日 午前10:00~午後6:00
時間/土、日、最終日 午前10:00~午後5:00
内容
東日本大震災から5年、被災地は復興が形になって見え始めました。
一方で、原発事故の影響により、福島県の11の市町村
が避難指示区域となり、除染作業が続けられています。
元報道カメラマン柿木正人は、
相変わらず東北に出かけてきました。
何が変わったのか、変わらないか。
身の丈の目線で記録して発表する。
私たち自身が「忘れない」ための作業です。


2016年02月26日

Ben Simmons: Japan Eye" Photography Exhibition
Japan soulベン・シモンズ写真展
ベン・シモンズが観た日本 「日本の魂」
期間/3月25日(金)〜4月7日(木)
3月27日 (日)休館 4月3日 (日)休館
時間/月〜金曜日 午前11:00~午後6:00
土,最終日 午前11:00~午後5:00
ベン・シモンズ プロフィール
ベン・シモンズ写真展
ベン・シモンズが観た日本 「日本の魂」
ベン・シモンズはジョージア州コロンバス市で育ち、
ニューヨーク州北部の大学で写真と心理学を学んだ後、特別奨学金を得てフロリダ大学の大学院へ。
写真と美術史の修士号を取得し、
ノースキャロライナ州,
ペンランド・クラフト・スクールで教鞭を取りました。
その後, 日本へ渡り、現在に至っています。
日本建築に美意識を持った彼は東京から南下すること1時間。
相模湾三浦半島に活動母体のベン・シモンズ・フォトグラフィー社を設立。
ベン・シモンズは日本中の素晴らしい情景を世界に発信しています。
デザイン性と示唆に富む作品を強みとし、世界各地の撮影プロジェクトや
フォト・エッセイ、写真集、オリジナルプリントなどを手がけています。
JAPAN EYE/JAPAN SOUL
The work of photographer Ben Simmons

Ben Simmons grew up in Columbus, Georgia.
He studied photography and psychology at university
in upper New York State, then completed a Master of
Fine Arts degree in photography and art history
on fellowship at the University of Florida.
Ben taught photography at Penland School of Crafts
in North Carolina, before traveling to Japan in search of adventure.

Ben Simmons Photography Inc. is based in Cosmos Studio,
a former fisherman’s residence on Sagami Bay,
south of Tokyo on Miura Peninsula.

Ben specializes in evocative graphic images for assignments,
photo-essays, books, and original prints.