LOOPER


 30年後の自分が会いにくる。
 30年後というと僕はもう65歳。そろそろ定年退職を迎えている頃でしょうか?

 未来から来る自分にはちょっと尋ねてみたい事がありますね。例えば年金はちゃんと貰えそうかだとか、老後の生活に困らない程度の貯蓄はあるのかないのかとか・・・って、全部お金絡みですね。
 別に娘はちゃんと結婚しているのかどうかなんて事は、後々の楽しみに取っておきたいから聞きたくない。だけど「〇〇の株は上がるから、今のうちに仕込んで長期でホールドだ」なんて情報は少し聞いておきい。そうすれば来年から開始される非課税口座を使って、全力投資するのに。
 未来の自分、やって来ないかなぁ〜。まぁ、やってこないという事は、30年後には自分は死んでいるからという可能性も十分に考えられるわけですが・・・そう考えると、なんか嫌だな。

 ってことで、ちょっと前にも似たような出だしの文章を書いたような気もしますが、ライアン・ジョンソン監督作品『LOOPER ルーパー』です。

 実はこの映画のDVDと一緒に借りていた映画が『時をかける少女』。つまり30年後の自分が現世にやって来る映画と30年前の世界にタイムスリップする映画を同時に借りていたわけです。別に意図したわけではないのですけど、映画を観ている際にフトこの偶然に気が付きました。
 無意識の領域で関連付けされた二本の映画を借りようとする意志が働いたのでしょうか?関連があればこうやって感想を書く際にダラダラと文字を埋める事が出来るわけですし。

 ルーパーと呼ばれる30年後から送られてくる人間を殺害する仕事を請け負っているジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)。彼は決められた時刻に決められた場所で淡々と仕事をこなしていたのだが、ある日未来から送られてきたのは30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。動揺したジョーは、30年後の自分を取り逃がしてしまい・・・。

 物語の設定はとても面白いと思いますね。
 タイムトラベルの技術は開発済みなものの、公には禁止されている。しかし犯罪組織は密かにこの技術を使って30年前に殺害したい輩を送り込み、殺処分をしてもらっていた。報酬の銀の延べ棒と引き換えに。
 この現世で未来から送り込まれてくる人間の殺処分を行っている殺し屋を「ルーパー」と呼ぶわけですが、彼らも特殊な仕事故にいずれ殺処分されることを契約で同意している。その契約によって30年後の自分をいずれは自らの手で殺害する事になる。その時には金の延べ棒という報酬と引き換えに・・・つまりこの金の延べ棒が退職金代わりであると同時に余命30年の宣告でもあるわけです。

 そんな中、ジョーは30年後の自分と相対する事になる。
 一瞬の隙が出来て30年後のジョーを取り逃がしてしまう現世のジョー。無論、未来の人間を逃してしまうとほんの些細な事からでも未来が変わってしまう可能性があるため、絶対に許されない。下手すれば処刑されてしまう。そこで現世界のジョーは、30年後のジョーを追う。一方、30年後のジョーにはある目的があって、それを遂行しようとするわけです。

 あまり内容に触れすぎると映画を観た時の面白みが少なくなってしまいそうな映画なので、ここでは敢えて深くは触れ無い事にしますが、「いわゆるタイムパラドックスの面からいって、この映画は正しいのだろうか?」という疑念は所々で湧きます。未来と現在の世界に齟齬が生じているのではないかなって思う部分も実際にあるのです(ジョーの友人の件とか)。
 でもそんな疑問を30年後のジョーは「タイムパラドックスなんて非常に複雑で難解なんだから、ゴチャゴチャ考えるな!」と一喝してしまう。余り重箱の隅をつつくような見方をしては、きっとダメなんでしょう。でも、「台詞でそれを言っちゃあ、お終いよ」って気もしないでもないのですが・・・。

 30年後のジョーと相対した現世界のジョー。彼の心に一瞬隙が出来たのは、きっと30年後の自分の姿を見てだったのでしょうね。今は髪の毛がふさふさなのに、30年後はつるっ禿!
 確かに男ならかなり動揺してしまう事でしょう。僕も目の前に禿げあがった30年後の自分が現われたとしたら、相当ショックを受けるでしょうし。とりあえず現世界のジョーは「退職金で育毛剤を買おう!」ときっと思ったはずですね。取り敢えずスカルプDから始めよう。そうすれば未来はきっと変えられる!

 ★★★

 2013 #78

 ↓少しでも心に響くものがあるようでしたらクリックを↓
 人気blogランキングへ