TheTraibe

 彼是20年ほど前の事でしょうか。一時期、手話に注目が集まった時期が有ります。このように書くとあの曲が頭に流れてくる方も多いのではないでしょうか?

 碧いウサギ ずっと待ってる 独りきりで震えながら〜♪
 淋しすぎて死んでしまうわ 早く温めてほしい〜♪

 これですよ、これ。酒井法子の歌う『碧いうさぎ』。当時放映されていた『星の金貨』というTVドラマの大ヒットに伴って、主題歌であったこの曲も大ヒットしたわけです。
 この当時からですよね、「兎は寂しい思いをさせると死んでしまう」なんて風説が流布されたのは。ウサギを飼っていたから解りますが、兎って意外に自分勝手というか、犬よりは猫の近い生き方の動物だと思います。機嫌が良いとすり寄ってくるし、そうでない時は「触るな」と言わんばかりの態度を取ったりもする。
 寂しいと死んでしまう。そんな事は絶対に有りませんから!

 因みに、清純派とされていた酒井法子はドラッグをやっていた事が明らかになり、芸能界をほぼ追放されてしまいました。最近、映画やテレビで見かけることもありません。その当時のワイドショーでこの不祥事を取り上げる際にバックに『碧いうさぎ』が良く流れていまして、僕よりもう一世代後に産まれた人にとっては「ドラッグやっている人が歌っていた曲」といった認識の方が強いのかも。
 時代が変われば、曲の受け取り方も変わってしまうという事なのでしょうかね?

 ってことでミロスラブ・スラボシュピツキー監督作品『ザ・トライブ』です。続きを読む