読書感想「心にグッとくる日本の古典2」


【評価】★★★
人気ブログランキングバーナーにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
黒澤弘光先生、竹内薫さんの本です。
今回は「大和物語」の「螢」「姨捨」、「源氏物語」の「若紫」、「平家物語」の「木曾殿最期」、「徒然草」の「兼好法師の死生観」、「万葉集」の「山上憶良」となっております。

今回も黒澤節ですが、なんか後半、「徒然草」と「万葉集」は、特定の教材を素材とするのではなく、「徒然草」の作品全般、「万葉集」の山上憶良の歌を対象にしている感じがします。
黒澤先生のお考えはわかるのですが、個人的には、あくまで教科書の特定の教材を素材にしてほしかったな、と思うんですよね。
というのも、この本を読んでいると、自分の受けてきた古典の授業がいかに貧しかったか、が感じられて、
黒澤先生のもとで、学び直したいとさえ思えるんですよ。
ですから、ちゃんと教科書の特定の教材を使っていただけると、「ああ、これ、高校で勉強したんだけど、授業わかんなかったんだよなー」と改めて「学び直し」ができる趣向があって、良いと思うんですよね。

黒澤先生の授業がとても面白いのは、間違いないんですよ。
たぶん、名物教師だったんでしょう。
「ああ、オレもこういう先生に教わりたかったなぁ」と思わせてくれる。
でも、ふと思ったんですが、黒澤先生の教え子に、古典の研究者って、どれくらいいるんだろう。
エリート養成の筑波大附属ですから、みんな東大に行って官僚というのが既定路線なのかもしれませんが、
でも、黒澤先生の古典が忘れられず、古典の研究者になりました、という人がいても良いような気がします。

なんか、教え子が竹内薫という、何をやってんだかよくわからない人っていうのもなぁ……。



人気ブログランキングバーナーにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村