読書感想「私が見た最高の選手、最低の選手」


【評価】★★★
人気ブログランキングバーナーにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
ノムさんこと野村克也さんの本です。
投手編、捕手編、一塁手編、二遊間編、三塁手編、外野手編、打者編、監督編、あとがきにかえて。
巻末には「ノムさんのボヤキ付き 歴代ベストナイン一覧」がついています。
題名が「最高の選手、最低の選手」ですから、最低の選手をボロクソに言ってるのかな、と思うのですが、
基本は最高の選手ばかりで、記録に残らないが、記憶に残る、いまいち「最高」になりきれない選手を、「どうして最高の選手になれなかったか」という分析をしている感じがしました。
清原の分析などは、なかなか面白いものがありました。
とりあえず、ひたすら具体的に、名指しで批評しているので、面白いです。



人気ブログランキングバーナーにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村