読書感想「ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン」


【評価】★★★★
人気ブログランキングバーナーにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
小塚昌彦先生の本です。
つっても、まあ、わからんですかね。
あの「小塚明朝」を作った小塚先生…といっても、わからんよなぁ。
印刷とかデザイナーなら、知ってるかもしれませんが、
普通に生活するぶんには、絶対に知らないだろう、フォントの話でしたね。
活字印刷の「活字」から、昨今のデジタルによる「フォント」まで、実はこれらの「字」には、デザイナーがいるんですねー。
知りませんでしたよ。
フォントの話だけでなく、文字の文化史といいますか、そういうレベルにまで話がいきまして、いやぁ、おもしろい。
とりあえず、とても勉強になった本でした。
みんな、フォントをなめちゃいかんぜよ。



人気ブログランキングバーナーにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村