2010年10月02日

ネガティブ川柳

先日、とある病院に行った時のこと。

病院内にある廊下を歩いていますと、壁のところどころに。
七夕で願い事を書くような短冊が、いくつも貼り付けられているスペースがありました。

ん・・なんだこれ。

そう思って、近くによって見てみると。
5・7・5の川柳が、短冊一つにつき、一句書かれておりました。

思うに、入院患者さんや、外来患者さん、またはその付き添いのご家族だとか。
その病院の職員さんなどから、川柳を募集して。

それらを、廊下で発表するという趣向なのでしょう。

最初に眼に入った、緑色の短冊には。
黒い筆文字で、このような句が書かれておりました。


「閉鎖した 子供は学級 俺、職場」


えぇぇぇぇぇぇ!?

そう思い、その横の短冊を見ると。
こちらには、水色の短冊にこんな句が書いてありました。


「子供すら 店長なのにと 妻が言う」


えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?

廊下を歩きながら、一通り見てみますと。
大体、こんな感じの句が、九割ほどを占めておりました。


「地デジ買い 財布の厚さも 薄型に」


などという、世の中への風刺めいたものもありましたが。
そのほとんどが、ネガティブ川柳。

まぁ、しかし、こうした川柳はそうしたものだと、思うのですよ。

自分でこんなブログを書いていて、アレなのですが。
自虐的な手法というものは、人を楽しませる手段としては。

最も安易なものの、一つであると思うのです。

5・7・5 もしくは 5・7・5・7・7 という文字数は。
日本語を使う上では、一番リズムの良い拍子なわけでして。

その、たった17文字、ないしは、31文字の中に。
美しく、抒情的な世界を表現するのであれば。

それは、俳句や短歌として造れば良いわけでして。

川柳ってのは、日常の中のささやかなことを。
コミカルに描くものなのだと、しふろさんは思っていますから。

廊下の壁に貼られた、いくつもの短冊を見ながら。
えぇぇぇぇぇ!? と思いながらも、クスッと笑いながら歩いていました。

そんな中、ひとつの川柳がありました。

先ほども言いましたが。
それらの川柳は、病院内の通路に貼られた川柳です。

そして、この句。























「年賀状 生きてる証に 投函す」























おぉうっ・・・・。

―しふろさんの中での、ネガティブ度No1の一句でした。


(.・^・)y~~


--リネ--


10・1・1





狩りジョインで、クランを抜けた後。

クランにリジョイン致しますと。
突然、こんな称号に。

なになに、これどういう意味だろうと考えまして。
ひとつの結論に、至ったわけです。























10・1・2




先生(プリ)が、明日買い物をしたときに。
忘れないように、つけただけでした。

全然、違った。

普通に、わさびだった。
どの方角から見ても、香辛料の意味だった。




<お約束> 

*注:コメント・トラックバック欄の名前や本文内のリンクは絶対踏まないように!



私は、リンク先が普通のサイトなのか。
はたまた、ドカンと地雷なのか、見分ける術を持ちません。

また、もしもそれが地雷だった時。
それから身を完全に守る術も心得てません。

そんな状況下。
ちょっとしたワンクリックから。

ウィルスを貰い、ハッキングを受けた方が。
身近の方や聞いた話だけでも、結構な数に上っております。

よって、名前のところにリンクをお貼りになっても。
私が、それをクリックすることはありませんし。

当サイト内では、クリックしないようにと。
呼びかけることとしております。

好意からだったら、本当にごめんなさい。
好意からなのか作為なのかすら。

判別するのも難しい状況となってきております。
そのため、こう言わせていただくことといたしました。

皆様、たとえ知っている方の名前であったとしても。
不用意なリンクは踏まないように、お気を付けくださいませ。


大変失礼いたしました。

(.・^・)y~~


shefro_fni at 15:20│Comments(0)TrackBack(0) 日常とリネ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔