shellkit

北米輸入住宅ワークショップ by ymm

北米住宅を作り上手に住むための情報!! 窓の選び方、キッチンの作り方、ドアノブの決め方、知らないで建てて後悔しないための問題解決。輸入サッシとドアのパーツとメンテナンスの情報も・・・

9 Mar

ドアを楽しもう!

「判で押したようなインテリアは嫌だなー!」
室内のリモデリングを考えていて、こんな思いが頭をよぎったことはありませんか。
ちょっとしたアイデアと工夫で、ドアは様々な表情を持ちます。あなた好みのドアが空間に個性を運んでくれます。

_1010744


お客様のためにドアをデザインすることがあります。理想的な部屋の雰囲気やライフスタイルを完成させるために必要なドアの役割があります。デザイナーがお客様との会話から個性と好みを汲み取り、ご提案させていただきます。

_1010701_1020805


_1010751_1010704P1010127


フローリングや壁紙を選ぶのと同じようにドアを選べるのが、ワイ・エム・エムのカスタムリモデリングです。

_1010707





輸入サッシ、ドア、輸入建材、リモデルについてのご相談はワイ・エム・エムへ

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25
16 Nov

出窓再生 ボウウインドウ

Bow5402

ボウウインドウが開閉できなくなりました。ケースメント5連の出窓で、中央3枚はFIX, 両サイド2枚が開閉する仕様です。この窓を作ったメーカーの工場は既にありません。

Bow5401

Bow5403


開閉できる窓はオペレーターが回転しなくなって、開閉が困難な状態。ペアガラスの中は曇り始め、木部には腐食が見られました。出窓本体も少し外側に傾いでいる状態でしたが、なんとか使える様子。

本体とサッシのアルミカバーを再利用して、金物類と木部とガラスは全て新しくするご提案をしました。木部とガラスまで新しくするということは、普通はできませんが、この窓は比較的作りがシンプルなため(現場が当社から近いこともあって)、可能な条件が整っていました。

格子入りのペアガラス(輸入手配)の入荷を待って、工事開始です。

Bow5413

新しい木製サッシに純正のアルミカバーをハメるのは大変な作業ですが、塗装で仕上げをして延べ一週間ほどで完成です。

Bow5421


Bow5422




輸入サッシ、ドア、輸入建材、リモデルについてのご相談はワイ・エム・エムへ

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25
19 Aug

カスタムリモデリング 

001

ワイ・エム・エムでは、2017年10月から国内工場でデザインキャビネットの製造を始めます。このキャビネットはカスタムリモデリング・サービス(京阪神地区限定)でご提供できます。

002


これにより輸入のための期間が短縮され、短期間でライフスタイルのあるリモデリングが可能になる他、手作りの良さを活かして細かなところまでご要望を実現できる体制になります。(米国製キャビネットの輸入も引き続き承っています。)

レンダリング VG Kitchen

ワイ・エム・エムのカスタムリモデリング・サービスは、例えば「キッチン」を(流し台ではなく)キャビネットと設備機器のある一つの部屋として捉え、部屋全体の雰囲気と生活される方のライフスタイルを大切にしています。オリジナルのデザインフローリングもご用意しています。
IMG_1341



輸入サッシ、ドア、輸入建材、リモデルについてのご相談はワイ・エム・エムへ

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25


17 Aug

キッチン リモデル

KitchenRemodel01


キッチン・リモデルの計画を進めています。

1984年に建築された関西の邸宅です。まだ「輸入住宅」のカテゴリーが無かった時代に、住んでいたニューヨーク郊外の家をモデルに、設計モジュール、工法、建材までをアメリカから直輸入して建築されました。

当時、キッチンキャビネットやカウンタートップも輸入したのですが、まだ情報が限られていて選択肢は少なかったとのこと。そこで、今回はフルチョイスでということで、素材、樹種、デザインから色まで好きなモノにこだわりたいとのことで、

idea02


「こんな感じで・・・」とこの一枚の写真を見せていただきました。ただし、現在の色合いも気に入っているので両方のイメージを比べてみたいと仰られました。カウンタートップは人工大理石ではなくポストフォームの方がお好きで、シンクもステンレスではなくホーロー製に、魚焼きグリルとオーブンは不要、などなど、デザインのポイントとなる部分のお好みを教えていただきました。

KitchenRemodel02


ワイ・エム・エムでは、専用ソフトでキッチンをプランします。流し台セットではなく「キッチン」という名のお部屋としてプランを作ります。ご提案では、配置と完成イメージと予算が同時進行します。プラン変更の都度、平面図と立面図と完成イメージ(カラーレンダリングパース)とお見積りをご提示します。

最初のご提案です。同じプランですが、キャビネットのドアデザインと素材と色を変えて2通り作っています。
GreenCherry111

仝什澆汎韻献ぅ瓠璽犬任后

YellowMaple

△見せいただいた写真のイメージに近づけました。
作業台(右手前)は今回新しく設置をご要望いただいたもので、ウッドブロックカウンターをご提案しました。


キャビネットの素材と仕上げ色を実物でご確認いただいて、メープルにSage(セージ)色ペイントをお選びいただきました。ウッドブロックはやんわりと却下いただきポストホームに、作業台上のウォールキャビネットをオープンシェルフに決りました。
目に見えないところでは、キャビネットBoxを強固な合板仕様に、ドアヒンジと引出し金物は途中で手を放しても自動的に閉まるインモーションをご選択されました。


その後、二回目のご提案をしました。
C20141016

オープンシェルフキャビネットの背板に縦のストライプ入りにして、他のキャビネットの扉と同じイメージにしました。



以下、完成後の写真です。
IMG_1966

IMG_1963

IMG_1965

IMG_1964



輸入サッシ、ドア、輸入建材についてのご相談はワイ・エム・エムへ

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25
12 Aug

壁の断熱力

最初はアルミクラッド木製窓ガラスの結露からでした。

IMG_1133


小屋裏の窓のガラス結露がひどく結露する。というご相談でした。その窓は北面に設置されており、隣家とも距離があって冬は北風が強く吹き付ける環境で、普通のペアガラスが使用されていました。

beforeKK


外壁のモルタルも通常の半分の厚みしかなく、窓廻りの防水処理も疑いたくなる状態でしたので、お施主様には、
・漏水が疑われる窓は、取り外して防水処理をやり直す。
・結露する窓のガラスはLow-Eにアップグレードする。
などの工事をご提案しました。
窓を取り外す際、窓廻りの構造躯体が腐っていることが予想されるので、スタッド(間柱)、断熱材、合板の入換を覚悟していただきました。

結果、北側の2階と妻壁の60%は合板を張り替えました。スタッドと断熱材も一部入れ替えを行いました。

IMG_1083


窓を入れ替える箇所のトリムのデザインと施工は、建物の雰囲気が少しでも良くなるように気をつけて行いました。

IMG_1040


輸入住宅を新築する時には「快適で合理的な生活」を夢に見ておられたはずです。この工事で少しでもそれに近づいていただくことができたとしたら、私達としても喜ばしい限りでございます。




(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25
11 Aug

窓のカラーコーディネート

IMG_1731


来年でご新築から20年を迎える建物です。この間に「UV(有害紫外線)ブロック」「省エネ性能」といった窓ガラスの技術は目覚ましい進歩を遂げました。ペアガラスがまだ珍しかった時代から、最低でもLow-Eガラスの時代になりました。

気象条件などの影響で、窓の大小を問わずペアガラスの中が曇ったり、水が入るなどの不具合が発生しているケースも少なくありません。

IMG_1724


ガラスの性能をグレードアップする機会に、個性的なカラーコーディネートを実行されたお施主様があります。オリジナルは外側がホワイトのアルミクラッド窓です。

ガラスのグレードアップは、窓の本体枠に不具合がなければ技術的な難しさはありません。交換用サッシュを供給できる窓メーカーがあれば簡単に行うことができます。

IMG_1722


もちろん窓本体の枠はそのままです。ペアガラスは、耐ハリケーン仕様やLow-E#4を壁の方角によって使い分けました。そして、アルミクラッドは「グリーン」を選択されたのです。

IMG_1744


IMG_1728


ホワイトとグリーンのコントラストが外壁のレンガタイルとマッチして、素晴らしい雰囲気が出来上がりました。さらに、室内側の木部には「フェラーリの車体の似た赤」で塗装しました。

IMG_1785


後世に残る建物になるような予感さえします。


(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25
3 Jan

ダイレクトFIX窓のガラス交換

カナダ製の某アルミクラッド窓です。ダイレクトピクチャーと呼ばれるタイプのFIXガラス窓で、窓本体枠に直接ガラスを嵌め込んであります。

KY020


そのガラスのスペーサー(ペアガラスの間にある部材)に異変か生じてペアガラス内部で変形して膨らんできていました。この症状は、1990年代に採用されたスペーサーによくみられる現象です。
KY003

KY002

問題はガラスをペアガラスを交換する方法です。窓を作る際は、室内側の木枠が先にあって、ガラスを入れてからコーキングをして、アルミ製の押縁を外部側から接着剤で固定する順で作られていますので、ガラスを交換するときは、その逆をやれば良いのですが、アルミ製の押縁はかなり頑丈に固定されているため、撤去すると再利用ができなくなります。しかも、この窓を作った効用は親会社の都合で閉鎖されてしまっているので、交換用の押縁は入手できません。

したがって、この場合のペアガラス交換は窓の(外側からではなく)室内側から行うしかありません。
ペアガラスはしっかりと採寸して輸入手配します。

ケーシングと撤去して、木製枠を室内側の部分だけカットして取り外します。
KY009


ガラスを入替えた後、先に取り外した木製枠を再取り付けして、ケーシングを復旧すれば作業完了です。
KY024


他の業者さんから窓の全部交換を言われたそうですが、ガラスだけの交換で済みました。
また輸入住宅が再生しました。

輸入サッシ、ドア、輸入建材についてのご相談はワイ・エム・エムへ

国土交通省は、省エネ住宅ポイント制度を継承した「住宅ストック循環支援事業」を開始します。私達ワイ・エム・エムもこの事業に参加しています。

(株)ワイ・エム・エム  http://www.shellkit.co.jp/
〒659-0021 兵庫県芦屋市春日町13-5-506
TEL:0797-25-7930 
E-mail: office@shellkit.co.jp


badge181_25
Recent Comments
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました